ローマ旅行記(ブログ) 一覧に戻る
結婚41周年を記念して、イタリア縦断8日間のツアーに参加しました。妻は初イタリアですが私は47年振りのイタリア再訪です。1972年大学卒業記念旅行として友人と12日間のヨーロッパ4カ国のツアーに参加しました。その当時は日本からイタリアには直行便などなく、BOAC英国航空のボーイング707で羽田を飛び立ちアンカレッジで給油しイギリスのヒースロー空港で乗継いだ後、イタリアのレオナルドダビンチ空港に降り立ちました。ローマ、ナポリ、ポンペイ、フィレンツェ、ミラノを観光し、その後スイス、フランス、イギリスを周遊し日本に帰ってきました。今回の旅はローマ、ミラノ、ベローナ、ベネチア、フィレンツェ、ピサ、ローマ、ナポリ、ポンペイを旅してきました。47年振りに再訪した都市もあれば初めて訪れた都市もあり、サプライズあり、ハプニングありのとても記憶に残る旅となりました。<br /><br />今回は第四弾のローマ編です。

47年ぶりのイタリア再訪 ④ ローマ編

12いいね!

2019/11/28 - 2019/12/05

2169位(同エリア6429件中)

0

61

虎次郎

虎次郎さん

結婚41周年を記念して、イタリア縦断8日間のツアーに参加しました。妻は初イタリアですが私は47年振りのイタリア再訪です。1972年大学卒業記念旅行として友人と12日間のヨーロッパ4カ国のツアーに参加しました。その当時は日本からイタリアには直行便などなく、BOAC英国航空のボーイング707で羽田を飛び立ちアンカレッジで給油しイギリスのヒースロー空港で乗継いだ後、イタリアのレオナルドダビンチ空港に降り立ちました。ローマ、ナポリ、ポンペイ、フィレンツェ、ミラノを観光し、その後スイス、フランス、イギリスを周遊し日本に帰ってきました。今回の旅はローマ、ミラノ、ベローナ、ベネチア、フィレンツェ、ピサ、ローマ、ナポリ、ポンペイを旅してきました。47年振りに再訪した都市もあれば初めて訪れた都市もあり、サプライズあり、ハプニングありのとても記憶に残る旅となりました。

今回は第四弾のローマ編です。

旅行の満足度
5.0
観光
4.5
ホテル
5.0
グルメ
4.0
ショッピング
4.0
交通
4.0
同行者
カップル・夫婦(シニア)
一人あたり費用
20万円 - 25万円
交通手段
観光バス 徒歩
航空会社
ルフトハンザドイツ航空
旅行の手配内容
ツアー(添乗員同行あり)
利用旅行会社
阪急交通社

PR

  • ホテルの朝食です。ヨーグルトの器がボウルとは・・・

    ホテルの朝食です。ヨーグルトの器がボウルとは・・・

  • 一路ローマに向けフィレンツェを出発です。ローマまでは280㎞、約4時間の高速道路での移動です。イタリアの鉄道と並走です。時折イタリア高速列車イタロらしき車両とすれ違います。

    一路ローマに向けフィレンツェを出発です。ローマまでは280㎞、約4時間の高速道路での移動です。イタリアの鉄道と並走です。時折イタリア高速列車イタロらしき車両とすれ違います。

  • トイレ休憩で立ち寄りの土産物店です。

    トイレ休憩で立ち寄りの土産物店です。

  • カフェカプチーノでエネルギー補給、ホット一息です。

    カフェカプチーノでエネルギー補給、ホット一息です。

  • 再びローマに向け疾走です。崖の上に小さな集落がありました。イタリアではよく見かける風景です。

    再びローマに向け疾走です。崖の上に小さな集落がありました。イタリアではよく見かける風景です。

  • ローマで最初に訪れたのは、最近全面改装されたテスタッチョ市場です。昼食とお買い物の時間です。

    ローマで最初に訪れたのは、最近全面改装されたテスタッチョ市場です。昼食とお買い物の時間です。

  • 肉屋、魚屋、八百屋、ワイン、オリーブオイル、チーズ等の専門店が立ち並んでいます。

    肉屋、魚屋、八百屋、ワイン、オリーブオイル、チーズ等の専門店が立ち並んでいます。

  • 八百屋では日本ではお目にかかれないイタリア野菜がたくさん並んでいます。

    八百屋では日本ではお目にかかれないイタリア野菜がたくさん並んでいます。

  • チーズ専門店です。人だかりができています。人気店のようです。

    チーズ専門店です。人だかりができています。人気店のようです。

  • ここでパルミジャーノ・レッジャーノを購入しました。かなり大きい塊が2つで15ユーロです。

    ここでパルミジャーノ・レッジャーノを購入しました。かなり大きい塊が2つで15ユーロです。

  • ワインの量り売りのお店でモデナ産のバルサミコ酢を購入しました。フラスコタイプの瓶に入っていたので思わず手にしました。2つで15ユーロでした。

    ワインの量り売りのお店でモデナ産のバルサミコ酢を購入しました。フラスコタイプの瓶に入っていたので思わず手にしました。2つで15ユーロでした。

  • オリーブオイル専門店でエキストラ・バージン・オリーブオイルを購入

    オリーブオイル専門店でエキストラ・バージン・オリーブオイルを購入

  • トリュフ塩も買いました。トリュフの香りがとても強烈です。パンにオリーブオイルとトリフ塩をかけて食べるのがとても美味しいですよ。イタリア気分に浸れます。

    トリュフ塩も買いました。トリュフの香りがとても強烈です。パンにオリーブオイルとトリフ塩をかけて食べるのがとても美味しいですよ。イタリア気分に浸れます。

  • 昼食はイタリアンハムと野菜の入ったパニーニとコロッケです。市場の真ん中のフードコートでいただきました。とてもイタリアンぽくて美味しかったです。

    昼食はイタリアンハムと野菜の入ったパニーニとコロッケです。市場の真ん中のフードコートでいただきました。とてもイタリアンぽくて美味しかったです。

  • 47年前にイタリアの旅で訪れたローマ市街を一望できるジャニコロの丘での記念写真です。イタリア統一に貢献したジュゼッペ・ガルバルディを称えた「ガルバルディの騎馬像」です。今回の旅では訪れませんでした。

    47年前にイタリアの旅で訪れたローマ市街を一望できるジャニコロの丘での記念写真です。イタリア統一に貢献したジュゼッペ・ガルバルディを称えた「ガルバルディの騎馬像」です。今回の旅では訪れませんでした。

  • お馴染みのコロッセオです。残念ながら車窓からの鑑賞でした。

    お馴染みのコロッセオです。残念ながら車窓からの鑑賞でした。

  • 市内を流れるテヴェレ川を渡ってバチカン市国に向かいます。<br />

    市内を流れるテヴェレ川を渡ってバチカン市国に向かいます。

  • バチカンに到着です。世界最小の独立国です。カトリック教会の総本山サンピエトロ大聖堂です。遥か47年前の記憶が蘇ってきました。

    バチカンに到着です。世界最小の独立国です。カトリック教会の総本山サンピエトロ大聖堂です。遥か47年前の記憶が蘇ってきました。

  • サンピエトロ広場です。円柱が支えている柱廊の上には140体もの聖人像が乗っています。

    サンピエトロ広場です。円柱が支えている柱廊の上には140体もの聖人像が乗っています。

  • サンピエトロ大聖堂のクーポラが聳え立っています。

    サンピエトロ大聖堂のクーポラが聳え立っています。

  • 47年前のサンピエトロ大聖堂と広場です。広場の中まで観光バスが乗り入れていますね。今と大違いです。

    47年前のサンピエトロ大聖堂と広場です。広場の中まで観光バスが乗り入れていますね。今と大違いです。

  • 大聖堂の中はこれまでに訪れた各地の聖堂にはない豪華さです。高さ132.5m、幅42mととても巨大で、ここの部分だけで普通の教会がすっぽりと入ってしまう大きさです!

    大聖堂の中はこれまでに訪れた各地の聖堂にはない豪華さです。高さ132.5m、幅42mととても巨大で、ここの部分だけで普通の教会がすっぽりと入ってしまう大きさです!

  • ミケランジェロが設計したしクーポラの内部です。とてつもなく大きいですね。

    ミケランジェロが設計したしクーポラの内部です。とてつもなく大きいですね。

  • クーポラの真下にある大天蓋です。ちょうどこの下に、聖ペテロの墓があるそうです。

    クーポラの真下にある大天蓋です。ちょうどこの下に、聖ペテロの墓があるそうです。

  • 聖ペトロの像です。サン・ピエトロ大聖堂は、もともと聖ペトロの墓を祀る聖堂として建てられています。信者が祈りを捧げる際に、像の足に触れるため、足が摩擦によってピカピカになっています。相方はカトリック信者ではありませんが足をナデナデです。

    聖ペトロの像です。サン・ピエトロ大聖堂は、もともと聖ペトロの墓を祀る聖堂として建てられています。信者が祈りを捧げる際に、像の足に触れるため、足が摩擦によってピカピカになっています。相方はカトリック信者ではありませんが足をナデナデです。

  • ミケランジェロが若干23歳の時の作品「ピエタ像」(慈悲などの意)。十字架から降ろされたイエスの亡骸を胸に抱き、悲しみの表情を浮かべる聖母マリアの姿です。解説書によると、マリアの胸元にはミケランジェロのサインが刻まれており、彼のサインが残る唯一の作品だそうです。

    ミケランジェロが若干23歳の時の作品「ピエタ像」(慈悲などの意)。十字架から降ろされたイエスの亡骸を胸に抱き、悲しみの表情を浮かべる聖母マリアの姿です。解説書によると、マリアの胸元にはミケランジェロのサインが刻まれており、彼のサインが残る唯一の作品だそうです。

  • 「サン・ピエトロ」大聖堂内で一番好きな絵画は、ラファエッロの祭壇画『キリストの変容』のレプリカです。大きさは・・・405cm×278cm。<br />本物は「ヴァチカン美術館」にあるそうです。

    「サン・ピエトロ」大聖堂内で一番好きな絵画は、ラファエッロの祭壇画『キリストの変容』のレプリカです。大きさは・・・405cm×278cm。
    本物は「ヴァチカン美術館」にあるそうです。

  • バチカン市国は、一切の軍事力は保持していないので、警察力も永世中立国であるスイスからの傭兵である「市国警備員(スイス人衛兵)」が担当しています。

    バチカン市国は、一切の軍事力は保持していないので、警察力も永世中立国であるスイスからの傭兵である「市国警備員(スイス人衛兵)」が担当しています。

  • 47年前のサンピエトロ大聖堂前の広場の噴水を背景にパチリ。

    47年前のサンピエトロ大聖堂前の広場の噴水を背景にパチリ。

  • 47年後も全く変わっていないですね。

    47年後も全く変わっていないですね。

  • 47年前のバチカン市国の警備員とのツーショット

    47年前のバチカン市国の警備員とのツーショット

  • 47年の時を超えて「バンザイ」

    47年の時を超えて「バンザイ」

  • イタリアとの入出国は自由で国境線もガードレール風の柵があるだけです。イタリアとバチカンの国境を跨いでピース

    イタリアとの入出国は自由で国境線もガードレール風の柵があるだけです。イタリアとバチカンの国境を跨いでピース

  • バチカンのすぐ傍にあるサンタンジェロ城です。まるでチョコレートケーキのようです。

    バチカンのすぐ傍にあるサンタンジェロ城です。まるでチョコレートケーキのようです。

  • サンタ・マリア・イン・コスメディン教会が見えてきました。映画「ローマの休日」でおなじみの「真実の口」があります。

    サンタ・マリア・イン・コスメディン教会が見えてきました。映画「ローマの休日」でおなじみの「真実の口」があります。

  • 長蛇の列ができていましたが、ローマに来たならこれをしなくては!!<br />オードリー・ヘプバーンとグレゴリー・ペックになった気分で、ハイポーズ!!!

    長蛇の列ができていましたが、ローマに来たならこれをしなくては!!
    オードリー・ヘプバーンとグレゴリー・ペックになった気分で、ハイポーズ!!!

  • サンタ・マリア・イン・コスメディン教会からトレビの泉に歩いて移動の途中に見覚えのある建物の前を通りかかりました。<br />現在のイタリア共和国の前身、イタリア王国(1861~1946)の初代イタリア国王となったヴィットーリオ エマヌエーレ2世によるイタリア統一の功績を讃えて造られたヴィットーリオ エマヌエーレ2世記念堂です。<br />

    サンタ・マリア・イン・コスメディン教会からトレビの泉に歩いて移動の途中に見覚えのある建物の前を通りかかりました。
    現在のイタリア共和国の前身、イタリア王国(1861~1946)の初代イタリア国王となったヴィットーリオ エマヌエーレ2世によるイタリア統一の功績を讃えて造られたヴィットーリオ エマヌエーレ2世記念堂です。

  • ヴィットーリオ エマヌエーレ2世記念堂の47年前の佇まいです。47年前も全くその姿のままですね。

    ヴィットーリオ エマヌエーレ2世記念堂の47年前の佇まいです。47年前も全くその姿のままですね。

  • ローマ観光のハイライト、トレビの泉に到着です。陽も暮れライトアップされた泉はこれぞイタリア・これぞローマって感じでしょうか。

    ローマ観光のハイライト、トレビの泉に到着です。陽も暮れライトアップされた泉はこれぞイタリア・これぞローマって感じでしょうか。

  • 47年前のトレビの泉に佇む日活の映画スター気取りです。コインを投げ入れたおかげで再びローマを訪れることができました。グラッエです。

    47年前のトレビの泉に佇む日活の映画スター気取りです。コインを投げ入れたおかげで再びローマを訪れることができました。グラッエです。

  • 今や初老のオヤジですが、お約束のコイン投げもさせていただきました。いうまでもなく1枚です。今度はいつ訪れることになるのやら・・・・

    今や初老のオヤジですが、お約束のコイン投げもさせていただきました。いうまでもなく1枚です。今度はいつ訪れることになるのやら・・・・

  • 相方もコイン投げにトライです。3枚投げたかも・・・とても嬉しそうです。

    相方もコイン投げにトライです。3枚投げたかも・・・とても嬉しそうです。

  • トレビの泉のすぐ横にある、「BAR TREVI」です。ツアーの皆さんがこぞって入っていきます。

    トレビの泉のすぐ横にある、「BAR TREVI」です。ツアーの皆さんがこぞって入っていきます。

  • お目当ては言うまでもなくジェラートです。

    お目当ては言うまでもなくジェラートです。

  • お馴染みのスペイン階段にやってきました。すぐ傍にスペイン大使館があることから命名されたそうです。本によると正式名は「トリニタ・ディ・モンティ階段」というそうです。47年前は階段に座れましたが、今は座り禁止になっています。オードリー・ヘプバーンとグレゴリー・ペックが階段の上から降りてきたような・・・気がしました。

    お馴染みのスペイン階段にやってきました。すぐ傍にスペイン大使館があることから命名されたそうです。本によると正式名は「トリニタ・ディ・モンティ階段」というそうです。47年前は階段に座れましたが、今は座り禁止になっています。オードリー・ヘプバーンとグレゴリー・ペックが階段の上から降りてきたような・・・気がしました。

  • 階段前のバルカッチャの噴水です。

    階段前のバルカッチャの噴水です。

  • 階段の通称にもなったスペイン大使館です。

    階段の通称にもなったスペイン大使館です。

  • 通りがイルミネーションに覆われ、街はクリスマス気分に溢れています。

    通りがイルミネーションに覆われ、街はクリスマス気分に溢れています。

  • 今宵の宿の「マリオット ローマパーク」に到着です。とても豪華で大きなホテルで、ロビーとレストランが一体化しています。

    今宵の宿の「マリオット ローマパーク」に到着です。とても豪華で大きなホテルで、ロビーとレストランが一体化しています。

  • レストランからフロント方向を見ると大きな絵画が壁一面に描かれています。美術館に来たような錯覚に陥ります。

    レストランからフロント方向を見ると大きな絵画が壁一面に描かれています。美術館に来たような錯覚に陥ります。

  • 部屋にはシャワールームとバスルームが別々になっています。それぞれに洗面台もあり、とても便利です。

    部屋にはシャワールームとバスルームが別々になっています。それぞれに洗面台もあり、とても便利です。

  • 二晩宿泊しましたが、結局未使用のシャワーでした。

    二晩宿泊しましたが、結局未使用のシャワーでした。

  • 清潔なトイレ周りです。<br />

    清潔なトイレ周りです。

  • ゆったりしたバスタブです。疲れも吹っ飛びます。とても清潔にメンテされています。

    ゆったりしたバスタブです。疲れも吹っ飛びます。とても清潔にメンテされています。

  • 大きめのベッドが2つのツインルームです。ベッドもふわふわでした。

    大きめのベッドが2つのツインルームです。ベッドもふわふわでした。

  • 夕食を摂りにレストランにやってきました。ここでもCANNOLIがありました。ピサで食べたのとは少しテイストが異なっているような気がしました。

    夕食を摂りにレストランにやってきました。ここでもCANNOLIがありました。ピサで食べたのとは少しテイストが異なっているような気がしました。

  • こちらのドルチェも生クリームタップリで見るからに甘そうです。

    こちらのドルチェも生クリームタップリで見るからに甘そうです。

  • こちらはブルーベリー等が一杯詰まったエクレアです。

    こちらはブルーベリー等が一杯詰まったエクレアです。

  • 夕食はU氏ご夫妻とワンテーブルを囲んで、懐かしい昔話に花を咲かせ楽しいひと時を過ごすことができました。<br />Primo Piatto(プリモ・ピアット)は スパゲッティカルボナーラです。

    夕食はU氏ご夫妻とワンテーブルを囲んで、懐かしい昔話に花を咲かせ楽しいひと時を過ごすことができました。
    Primo Piatto(プリモ・ピアット)は スパゲッティカルボナーラです。

  • Secondo  Piatto(セコンド・ピアット)は  サルティンボッカ アッラ ロマーナ ローマ名物、仔牛肉のサルティンボッカです。

    Secondo  Piatto(セコンド・ピアット)は  サルティンボッカ アッラ ロマーナ ローマ名物、仔牛肉のサルティンボッカです。

  • デザートはプディングです。何故かU氏だけのプディングにはカラメルがついていましたが、U氏の奥様と我々のにはカラメルなしでした。<br />楽しいひと時はあっという間に過ぎ去りました。<br />明日はいよいよイタリア最後の観光地、南イタリアのポンペイとナポリを訪れます。<br />この続きは第五弾で・・・

    デザートはプディングです。何故かU氏だけのプディングにはカラメルがついていましたが、U氏の奥様と我々のにはカラメルなしでした。
    楽しいひと時はあっという間に過ぎ去りました。
    明日はいよいよイタリア最後の観光地、南イタリアのポンペイとナポリを訪れます。
    この続きは第五弾で・・・

12いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

イタリアで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
イタリア最安 247円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

イタリアの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集