ビエンチャン旅行記(ブログ) 一覧に戻る
ラオスの首都ビエンチャンです。人口60万人ほどの街で、ラオスの人口の1割ほどだそうです。メコン川の中流域で発展した街です。人口の割にのどかな田舎の街という感じで、落ち着いた雰囲気の街です。観光資源はそれほどありませんが、ブッダパーク、友好橋、ビエンチャン市街地にある寺院、ラオスの凱旋門などを見てまわりました。

メコン川の中流域にあるラオスの首都、ビエンチャン

14いいね!

2019/10/19 - 2019/10/19

346位(同エリア959件中)

0

88

lion3

lion3さん

ラオスの首都ビエンチャンです。人口60万人ほどの街で、ラオスの人口の1割ほどだそうです。メコン川の中流域で発展した街です。人口の割にのどかな田舎の街という感じで、落ち着いた雰囲気の街です。観光資源はそれほどありませんが、ブッダパーク、友好橋、ビエンチャン市街地にある寺院、ラオスの凱旋門などを見てまわりました。

旅行の満足度
4.0
観光
4.0

PR

  • 成田空港からラオスの首都ビエンチャンへと向かいます。<br />もちろん直行便はないので、ホーチミンシティ経由で行きます。

    成田空港からラオスの首都ビエンチャンへと向かいます。
    もちろん直行便はないので、ホーチミンシティ経由で行きます。

  • ベトナム航空の機体です。<br />出発は9時半です。

    ベトナム航空の機体です。
    出発は9時半です。

  • 7時半過ぎの出国審査場を抜けましたが、<br />第1ターミナルの北ウイングは人も少なかったです。

    7時半過ぎの出国審査場を抜けましたが、
    第1ターミナルの北ウイングは人も少なかったです。

  • デルタ航空のラウンジに立ち寄りました。<br />8時過ぎですが、空いていました。<br />

    デルタ航空のラウンジに立ち寄りました。
    8時過ぎですが、空いていました。

  • 朝なのであまり食べるものはありませんでしたが、<br />ごはんと味噌汁を食べました。

    朝なのであまり食べるものはありませんでしたが、
    ごはんと味噌汁を食べました。

  • ホーチミンシテイの空港に到着です。<br />乗り継ぎで、そのままゲートへと向かいます。<br />時間があったので、店を適当に見て廻りました。

    ホーチミンシテイの空港に到着です。
    乗り継ぎで、そのままゲートへと向かいます。
    時間があったので、店を適当に見て廻りました。

  • 下が出発便のゲートです。<br />ホーチミンシティ発のカンボジアのプノンペン経由の<br />ビエンチャン行きです。<br />飛行時間はプノンペンまで30分ほど、<br />プノンペンからビエンチャンまでは1時間ほどでした。<br />

    下が出発便のゲートです。
    ホーチミンシティ発のカンボジアのプノンペン経由の
    ビエンチャン行きです。
    飛行時間はプノンペンまで30分ほど、
    プノンペンからビエンチャンまでは1時間ほどでした。

  • プノンペンに着くと前方の席の人は降りて行き、<br />後方のビエンチャン行きの人は機内での待機です。<br />あらかじめ、行き先で座席を決めていたようです。<br />その後、プノンペンで乗客を迎えて出発です。<br /><br />ビエンチャンまで1時間ほどでしたが、<br />機内食が出ました。<br />乗務員は忙しそうでした。

    プノンペンに着くと前方の席の人は降りて行き、
    後方のビエンチャン行きの人は機内での待機です。
    あらかじめ、行き先で座席を決めていたようです。
    その後、プノンペンで乗客を迎えて出発です。

    ビエンチャンまで1時間ほどでしたが、
    機内食が出ました。
    乗務員は忙しそうでした。

  • ビエンチャンの空港に到着です。<br />入国審査、預かり荷物を受け取り到着フロアです。<br />入国審査、荷物受取もスムーズでした。<br />入国審査では何日滞在するかを聞かれただけです。

    ビエンチャンの空港に到着です。
    入国審査、預かり荷物を受け取り到着フロアです。
    入国審査、荷物受取もスムーズでした。
    入国審査では何日滞在するかを聞かれただけです。

  • 到着出口です。

    到着出口です。

  • 出口の近くには<br />空港が日本の経済援助により建設されたという<br />記念碑がありました。

    出口の近くには
    空港が日本の経済援助により建設されたという
    記念碑がありました。

  • ホテルに到着です。<br />ロビーの天井がバロック的できれいです。

    ホテルに到着です。
    ロビーの天井がバロック的できれいです。

  • 部屋です。

    部屋です。

  • 夕食のレストランです。<br />ラオス料理のレストランです。

    夕食のレストランです。
    ラオス料理のレストランです。

  • ラオス料理は味付けが濃くなく、香辛料の使用も少なく<br />野菜などが多いので、日本人にも合います。

    ラオス料理は味付けが濃くなく、香辛料の使用も少なく
    野菜などが多いので、日本人にも合います。

  • 演奏などが行われる場所です。

    演奏などが行われる場所です。

  • 朝のホテルの部屋からの眺めです。<br />メコン川が見えます。

    朝のホテルの部屋からの眺めです。
    メコン川が見えます。

  • 反対側のビエンチャンの市街地です。<br />高い建物がほぼありません。<br />今日訪れる凱旋門より高い建物は建設が禁止されていたそうです。

    反対側のビエンチャンの市街地です。
    高い建物がほぼありません。
    今日訪れる凱旋門より高い建物は建設が禁止されていたそうです。

  • ホテルです。<br />14階の建物で、この建物はビエンチャン<br />(もちろん、ラオス)で最も高い建物です。<br />メコン川沿いにあるので許可されたようです。<br />

    ホテルです。
    14階の建物で、この建物はビエンチャン
    (もちろん、ラオス)で最も高い建物です。
    メコン川沿いにあるので許可されたようです。

  • これからビエンチャンの郊外にある<br />ブッダパーク、そして友好橋へと向かいます。<br /><br />途中にビアラオの工場がありました。<br />ビアラオはラオスを代表するビールメーカです。<br />

    これからビエンチャンの郊外にある
    ブッダパーク、そして友好橋へと向かいます。

    途中にビアラオの工場がありました。
    ビアラオはラオスを代表するビールメーカです。

  • ブッダパークに入ります。<br />

    ブッダパークに入ります。

  • ブッダパークの広さは小中学校の校庭の広さか<br />それを一回りほど広くしたくらいの施設です。<br />宗教施設いうよりもエンターテイメントな要素が多いです。

    ブッダパークの広さは小中学校の校庭の広さか
    それを一回りほど広くしたくらいの施設です。
    宗教施設いうよりもエンターテイメントな要素が多いです。

  • 球状の構造物が上に登れるようです。<br />後で上ります。

    球状の構造物が上に登れるようです。
    後で上ります。

  • 仏陀以外にも面白い像がいろいろあります。

    仏陀以外にも面白い像がいろいろあります。

  • 池には蓮の花が咲いていました。

    池には蓮の花が咲いていました。

  • 像の上に乗る人物

    像の上に乗る人物

  • コブラ

    コブラ

  • 仏陀の座像

    仏陀の座像

  • 仏陀の涅槃像

    仏陀の涅槃像

  • 仏陀が争いを沈めている像。<br />両手のひらを見せるのは落ち着かせる姿です。

    仏陀が争いを沈めている像。
    両手のひらを見せるのは落ち着かせる姿です。

  • 像やサルから貢物を受け取る仏陀

    像やサルから貢物を受け取る仏陀

  • 園内には花も咲いている場所もあり、<br />歩いていて気分がいいです。

    園内には花も咲いている場所もあり、
    歩いていて気分がいいです。

  • 球状の構造物の上には人が上れるので登りに行きます。<br />屋上に数人の人が見えます。

    球状の構造物の上には人が上れるので登りに行きます。
    屋上に数人の人が見えます。

  • 入口です。

    入口です。

  • 園内にはいろいろな仏陀がいますが、<br />ラオスは大乗仏教ではないので、仏像は仏陀のみです。<br />日本のように阿弥陀如来や薬師如来、仁王、毘沙門天などはありません。<br /><br />仏陀のみというのは<br />すっきりしていてシンプルでよさも感じます。

    園内にはいろいろな仏陀がいますが、
    ラオスは大乗仏教ではないので、仏像は仏陀のみです。
    日本のように阿弥陀如来や薬師如来、仁王、毘沙門天などはありません。

    仏陀のみというのは
    すっきりしていてシンプルでよさも感じます。

  • 屋上からの眺めです。<br />向こうの端はメコン川になります。

    屋上からの眺めです。
    向こうの端はメコン川になります。

  • 次はタイの国境の町ノーンカイとを結ぶ<br />友好橋に来ました。<br />友好橋は自動車道、鉄道を兼ねた橋です。<br />

    次はタイの国境の町ノーンカイとを結ぶ
    友好橋に来ました。
    友好橋は自動車道、鉄道を兼ねた橋です。

  • 友好橋の下にはメコン川が流れています。<br />メコン川の中流域ですが、川幅はかなり広いです。

    友好橋の下にはメコン川が流れています。
    メコン川の中流域ですが、川幅はかなり広いです。

  • 友好橋は歩いて行くと橋の途中でストップになります。<br />歩いては国境を越えれません。<br />国境を越えるにはバス、鉄道、バイクなどの利用になります。

    友好橋は歩いて行くと橋の途中でストップになります。
    歩いては国境を越えれません。
    国境を越えるにはバス、鉄道、バイクなどの利用になります。

  • 橋の中央部に線路があります。<br />鉄道は1日2便運航されていて、<br />列車が通るときは車はすべて止められます。

    橋の中央部に線路があります。
    鉄道は1日2便運航されていて、
    列車が通るときは車はすべて止められます。

  • 友好橋を渡る鉄道車両です。<br />ラオス内には友好橋から鉄道の線路は<br />500メートル弱あるのみで、その先に駅があるだけです。<br /><br />実質ラオスには鉄道はないといういい方が<br />あたっていると思います。<br />ただ中国の援助などで<br />雲南省とビエンチャンのあいだに<br />鉄道の敷設を行っているようです。<br />完成すると、上海からバンコクまで鉄道がつながる<br />ということになるようです。

    友好橋を渡る鉄道車両です。
    ラオス内には友好橋から鉄道の線路は
    500メートル弱あるのみで、その先に駅があるだけです。

    実質ラオスには鉄道はないといういい方が
    あたっていると思います。
    ただ中国の援助などで
    雲南省とビエンチャンのあいだに
    鉄道の敷設を行っているようです。
    完成すると、上海からバンコクまで鉄道がつながる
    ということになるようです。

  • ラオスの国旗とメコン川がよく見えます。

    ラオスの国旗とメコン川がよく見えます。

  • ラオスの橋の袂に戻ってきました。<br />ようこそラオスへの看板が見えます。

    ラオスの橋の袂に戻ってきました。
    ようこそラオスへの看板が見えます。

  • 友好橋は日本の経済援助も役立っているようです。

    友好橋は日本の経済援助も役立っているようです。

  • ビエンチャン市街地に戻ってきました。<br /><br />ラオスでもっとも立派な大使館であるアメリカ大使館です。

    ビエンチャン市街地に戻ってきました。

    ラオスでもっとも立派な大使館であるアメリカ大使館です。

  • ワットシームワンです。

    ワットシームワンです。

  • 金色の礼拝所

    金色の礼拝所

  • 金色の仏陀

    金色の仏陀

  • 金色の仏陀など<br />観光客以外にも地元の方たちも多く参拝に来ていました。

    金色の仏陀など
    観光客以外にも地元の方たちも多く参拝に来ていました。

  • 願いをおこなうということで、<br />ミサンガを腕に巻いてもらいました。<br />右側の皿にお布施を置く必要はあります。

    願いをおこなうということで、
    ミサンガを腕に巻いてもらいました。
    右側の皿にお布施を置く必要はあります。

  • タイから来た観光客のようでしたが、<br />ミサンガを巻いている様子です。<br />

    タイから来た観光客のようでしたが、
    ミサンガを巻いている様子です。

  • 移動の途中に立派な洋風建築の建物がありました。<br />迎賓館です。<br />夜に通った時はライトアップがきれいでした。

    移動の途中に立派な洋風建築の建物がありました。
    迎賓館です。
    夜に通った時はライトアップがきれいでした。

  • ワットホーパケオです。

    ワットホーパケオです。

  • かつては寺院でしたが、<br />現在は博物館として観光客を受け入れているようです。

    かつては寺院でしたが、
    現在は博物館として観光客を受け入れているようです。

  • 入口です。建物内は撮影禁止でした。

    入口です。建物内は撮影禁止でした。

  • 仏陀の争いをやめなさいのポーズです。

    仏陀の争いをやめなさいのポーズです。

  • 仏陀

    仏陀

  • 民族衣装を着た人が写真撮影をしていました。<br />美しい装飾の青い色の服です。

    民族衣装を着た人が写真撮影をしていました。
    美しい装飾の青い色の服です。

  • 次はワットシーサケオです。

    次はワットシーサケオです。

  • 寺院の中心の本殿です。

    寺院の中心の本殿です。

  • 回廊部分にはたくさんの仏陀の像が置かれています。<br />

    回廊部分にはたくさんの仏陀の像が置かれています。

  • 仏陀を置くための穴もあります。<br />7000体ほどの仏陀の像があるそうです。

    仏陀を置くための穴もあります。
    7000体ほどの仏陀の像があるそうです。

  • 本殿です。<br />本殿内は撮影禁止でした。

    本殿です。
    本殿内は撮影禁止でした。

  • 地元の人たちが自分たちがお祈りしていた仏陀を<br />寄進してくるために<br />このように多くの仏陀の像があるそうです。

    地元の人たちが自分たちがお祈りしていた仏陀を
    寄進してくるために
    このように多くの仏陀の像があるそうです。

  • 民族衣装を着た女性がいたので、写真撮影させてもらいました。<br />刺繍、デザイン、布の光沢感など素晴らしいです。

    民族衣装を着た女性がいたので、写真撮影させてもらいました。
    刺繍、デザイン、布の光沢感など素晴らしいです。

  • 中華料理を食べます。

    中華料理を食べます。

  • ラオスにもたくさんの中国人、中国系のひとがいるので、<br />中華料理店も多いです。<br />中華料理ははずれはありません。

    ラオスにもたくさんの中国人、中国系のひとがいるので、
    中華料理店も多いです。
    中華料理ははずれはありません。

  • タートルアンです。

    タートルアンです。

  • 金ぴかの輝くような寺院です。<br />塔の高さは45メートルあります。

    金ぴかの輝くような寺院です。
    塔の高さは45メートルあります。

  • タートルアンに歩いて行く途中、<br />左側に国会議事堂があります。

    タートルアンに歩いて行く途中、
    左側に国会議事堂があります。

  • タートルアンの前の広場には<br />16世紀にルアンパバーンからビエンチャンに都を移した<br />国王であるセーターテイラート王の像があります。

    タートルアンの前の広場には
    16世紀にルアンパバーンからビエンチャンに都を移した
    国王であるセーターテイラート王の像があります。

  • タートルアンに入ります。

    タートルアンに入ります。

  • 回廊部分を一周します。

    回廊部分を一周します。

  • 建物内は入れません。<br />塔の最上部は本物の金で出来ていて、<br />10キロ以上の重さがあるそうです。<br />この金は多くのラオス国民から寄進されたものです。<br />

    建物内は入れません。
    塔の最上部は本物の金で出来ていて、
    10キロ以上の重さがあるそうです。
    この金は多くのラオス国民から寄進されたものです。

  • タートルアンを出てきました。<br />広場にはとても大きな木が目を引きます。

    タートルアンを出てきました。
    広場にはとても大きな木が目を引きます。

  • 次はパートゥ―サイ(凱旋門)です。<br />上半分はラオス的な雰囲気があります。<br />1962年の内戦の終結などを記念して建てられたものです。

    次はパートゥ―サイ(凱旋門)です。
    上半分はラオス的な雰囲気があります。
    1962年の内戦の終結などを記念して建てられたものです。

  • 凱旋門の前は公園になっていて、このような像や池などがあります。

    凱旋門の前は公園になっていて、このような像や池などがあります。

  • 池からの凱旋門です。

    池からの凱旋門です。

  • 凱旋門のすぐ西側には美しい首相官邸があります。

    凱旋門のすぐ西側には美しい首相官邸があります。

  • 凱旋門の屋上へと上ります。<br />天井の絵です。

    凱旋門の屋上へと上ります。
    天井の絵です。

  • 途中のフロアにはこのような土産物店、雑貨店が並んでいます。<br />これはアジアらしい雰囲気です。

    途中のフロアにはこのような土産物店、雑貨店が並んでいます。
    これはアジアらしい雰囲気です。

  • 凱旋門の屋上からの眺めです。<br />先ほど見ていた公園や池です。

    凱旋門の屋上からの眺めです。
    先ほど見ていた公園や池です。

  • 反対側には真っすぐ道路が続いています。

    反対側には真っすぐ道路が続いています。

  • 夕方になり、ルアンパバーンに移動するために<br />ビエンチャン国際空港に来ました。

    夕方になり、ルアンパバーンに移動するために
    ビエンチャン国際空港に来ました。

  • ラオス航空で移動です。<br />空港の大きさに比べて利用者が多くないので、<br />空港内は閑散としています。

    ラオス航空で移動です。
    空港の大きさに比べて利用者が多くないので、
    空港内は閑散としています。

  • ルアンパバーンまでは30分ほどの飛行時間です。

    ルアンパバーンまでは30分ほどの飛行時間です。

  • プロペラ機です。<br />100人弱が乗れる飛行機ですが、8割がた埋まっていました。

    プロペラ機です。
    100人弱が乗れる飛行機ですが、8割がた埋まっていました。

  • 尾翼にある紋章です。<br /><br />ラオスと日本のあいだで直行便を就航させる計画が<br />数年前よりあるようですが、<br />日本の就航都市が関空や成田ではなく、福岡のようです。<br />もしかしてプロペラ機しかなくて、<br />航続距離の問題で福岡になっているのでしょうか。

    尾翼にある紋章です。

    ラオスと日本のあいだで直行便を就航させる計画が
    数年前よりあるようですが、
    日本の就航都市が関空や成田ではなく、福岡のようです。
    もしかしてプロペラ機しかなくて、
    航続距離の問題で福岡になっているのでしょうか。

14いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

ラオスで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
ラオス最安 686円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

ラオスの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集