美ら海・本部・今帰仁旅行記(ブログ) 一覧に戻る
日本への里帰り中、少しでも暖かいところを求めて沖縄へ!<br />今回は1週間の日程で慶良間諸島の座間味島と本島北部を中心に観光。<br /><br />1月初旬の慶良間諸島はちょうどホエールウォッチングのシーズンが始まる頃だけれど少し早すぎの感あり。果たして無事クジラを見ることはできたのか?!<br />本島北部・やんばる地区へは那覇からレンタカーで周遊。果たしてヤンバルクイナは見れたのか?!<br /><br />1月6日 羽田ー那覇  ANA利用 那覇1泊<br />1月7日 那覇ー座間味島 座間味・阿真地区3泊<br />1月10日 座間味ー那覇 本島北部・本部地区3泊<br />1月13日 那覇ー羽田 ANA利用<br /> 沖縄(那覇)(13:05) - 東京(羽田)(15:20)<br /><br />季節外れの沖縄、雨に降られた日もありましたが全体的には天気に恵まれ、なにより観光客が少なかったのでゆっくり楽しむことができました。<br /><br />座間味島編と本島北部編とに分けて全4回に分けて記事を書いていきます。

冬の沖縄③ 本島北部編

6いいね!

2019/01/06 - 2019/01/13

1546位(同エリア2110件中)

旅行記グループ 冬の沖縄

0

27

bettyko

bettykoさん

日本への里帰り中、少しでも暖かいところを求めて沖縄へ!
今回は1週間の日程で慶良間諸島の座間味島と本島北部を中心に観光。

1月初旬の慶良間諸島はちょうどホエールウォッチングのシーズンが始まる頃だけれど少し早すぎの感あり。果たして無事クジラを見ることはできたのか?!
本島北部・やんばる地区へは那覇からレンタカーで周遊。果たしてヤンバルクイナは見れたのか?!

1月6日 羽田ー那覇 ANA利用 那覇1泊
1月7日 那覇ー座間味島 座間味・阿真地区3泊
1月10日 座間味ー那覇 本島北部・本部地区3泊
1月13日 那覇ー羽田 ANA利用
沖縄(那覇)(13:05) - 東京(羽田)(15:20)

季節外れの沖縄、雨に降られた日もありましたが全体的には天気に恵まれ、なにより観光客が少なかったのでゆっくり楽しむことができました。

座間味島編と本島北部編とに分けて全4回に分けて記事を書いていきます。

旅行の満足度
4.0
観光
4.0
ホテル
3.5
グルメ
4.5
同行者
カップル・夫婦
交通手段
レンタカー
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 座間味島滞在4日目(沖縄旅5日目)、朝一番の船で本島へ。<br /><br />またね、座間味島!

    座間味島滞在4日目(沖縄旅5日目)、朝一番の船で本島へ。

    またね、座間味島!

  • この日の予定は午前中に斎場御嶽→午後恩納村のいとこが経営するカフェ→一気に北上、暗くなる前に本部到着。<br /><br />が、しかーし、予定はあくまで予定。早速トラブル発生。<br /><br />那覇の泊港とまりんにあるOTSレンタカー営業所でネット予約した車を借りる手続きをしたところ、フランス共和国免許証の場合、たとえ国際免許証を持っていたとしても、フランス共和国免許証の公式日本語訳がないと借りられないという。<br /><br />ほおらオットよ、言わんこっちゃない!だからあれだけフランスを発つ前に免許証の翻訳が必要だよって言ったのに!!!そのことが英語で書いてある公式サイトも見せたよね?!曖昧な記憶のもとに「国際免許証があれば大丈夫」との一点張りで用意しなかったオット。当然私の怒り爆発。<br /><br />営業所の方によれば幸い翻訳はJAFで当日発行可能とのこと。しかしその事務所は隣の浦添市。仕方なくタクシーでその事務所まで行って申請し、発行まで1時間半近く待ち、またタクシーでとまりんのレンタカー事務所まで戻ってという羽目に。かれこれ3時間以上のロス。無駄にタクシー代まで使ってしまった。オットにマジ切れしましたよ。<br /><br />写真は発行を待っている間に食べた野菜スープカレー。ゴーヤも入ってますよ。事務所の前にあったお店「Hally&#39;s +cafe」で。辛くて美味しかったけれど、私はスープカレーよりドロっとしたカレーのほうが好みかな。<br /><br />

    この日の予定は午前中に斎場御嶽→午後恩納村のいとこが経営するカフェ→一気に北上、暗くなる前に本部到着。

    が、しかーし、予定はあくまで予定。早速トラブル発生。

    那覇の泊港とまりんにあるOTSレンタカー営業所でネット予約した車を借りる手続きをしたところ、フランス共和国免許証の場合、たとえ国際免許証を持っていたとしても、フランス共和国免許証の公式日本語訳がないと借りられないという。

    ほおらオットよ、言わんこっちゃない!だからあれだけフランスを発つ前に免許証の翻訳が必要だよって言ったのに!!!そのことが英語で書いてある公式サイトも見せたよね?!曖昧な記憶のもとに「国際免許証があれば大丈夫」との一点張りで用意しなかったオット。当然私の怒り爆発。

    営業所の方によれば幸い翻訳はJAFで当日発行可能とのこと。しかしその事務所は隣の浦添市。仕方なくタクシーでその事務所まで行って申請し、発行まで1時間半近く待ち、またタクシーでとまりんのレンタカー事務所まで戻ってという羽目に。かれこれ3時間以上のロス。無駄にタクシー代まで使ってしまった。オットにマジ切れしましたよ。

    写真は発行を待っている間に食べた野菜スープカレー。ゴーヤも入ってますよ。事務所の前にあったお店「Hally's +cafe」で。辛くて美味しかったけれど、私はスープカレーよりドロっとしたカレーのほうが好みかな。

  • オットのせいで今度こそと思っていた未訪の斎場御嶽は時間的に断念し、国道58号線を一気に北上、恩納村にある従姉妹のカフェ(こちらはあとで紹介します)にちょこっと立ち寄り、本部町に着いた頃には日が暮れる一歩手前。<br /><br />これから3泊お世話になる「ゲストハウスいーさー」さんに着いた頃には真っ暗でした。<br /><br />この日の夕食は敷地内の食堂「本部チキン」で。宿を経営するご夫妻とおしゃべりしながらボリューム満点のから揚げとビール。1皿500円前後だったかな。<br /><br />部屋は家族仕様の広さの和室2人で1泊5000円。決め手は安さと備瀬集落に近いこと。荷物を気にせずばばんと広げられてよかった。バストイレは共同。初日は私達以外に外国人男性泊まり客2人と日本人女性が1人いましたが、混雑することなく全く問題なし。有料洗濯機利用(洗剤付き)、外の庭干し。清潔な宿でした。

    オットのせいで今度こそと思っていた未訪の斎場御嶽は時間的に断念し、国道58号線を一気に北上、恩納村にある従姉妹のカフェ(こちらはあとで紹介します)にちょこっと立ち寄り、本部町に着いた頃には日が暮れる一歩手前。

    これから3泊お世話になる「ゲストハウスいーさー」さんに着いた頃には真っ暗でした。

    この日の夕食は敷地内の食堂「本部チキン」で。宿を経営するご夫妻とおしゃべりしながらボリューム満点のから揚げとビール。1皿500円前後だったかな。

    部屋は家族仕様の広さの和室2人で1泊5000円。決め手は安さと備瀬集落に近いこと。荷物を気にせずばばんと広げられてよかった。バストイレは共同。初日は私達以外に外国人男性泊まり客2人と日本人女性が1人いましたが、混雑することなく全く問題なし。有料洗濯機利用(洗剤付き)、外の庭干し。清潔な宿でした。

    ゲストハウス いーさー 宿・ホテル

    2名1室合計 3,600円~

  • 翌朝、早起きして備瀬集落のフクギ並木へ。宿からは車でほんの5分ほど。歩くと15-20分くらいかな。宿では自転車やバイクもレンタルできるのでそれらを使えばあっという間。<br /><br />年明けのシーズンオフなせいか朝早すぎるからか(おそらく両方)、駐車場はガラガラ。周辺の店もまだ開いておらず有料無料、停めていい場所いけない場所もよくわからなかったので適当に駐車。<br /><br />ここからすぐフクギ並木のある集落に入っていけます。<br /><br />

    翌朝、早起きして備瀬集落のフクギ並木へ。宿からは車でほんの5分ほど。歩くと15-20分くらいかな。宿では自転車やバイクもレンタルできるのでそれらを使えばあっという間。

    年明けのシーズンオフなせいか朝早すぎるからか(おそらく両方)、駐車場はガラガラ。周辺の店もまだ開いておらず有料無料、停めていい場所いけない場所もよくわからなかったので適当に駐車。

    ここからすぐフクギ並木のある集落に入っていけます。

    備瀬のフクギ並木 自然・景勝地

  • 緑のトンネル。気持ちいい~!<br /><br />一応散策ルートに従いながらも気の向くままにゆっくり散策。

    緑のトンネル。気持ちいい~!

    一応散策ルートに従いながらも気の向くままにゆっくり散策。

  • 集落内の古民家

    集落内の古民家

  • ついついカメラを構えたくなる風景だらけ。

    ついついカメラを構えたくなる風景だらけ。

  • 民家の塀

    民家の塀

  • 飼い猫から野良までニャンコもいっぱい。<br />この子はお耳ケガしてる。他の子とケンカしたのかな。

    飼い猫から野良までニャンコもいっぱい。
    この子はお耳ケガしてる。他の子とケンカしたのかな。

  • まだ幼いこの子は寝てたのに私達を見て寄ってきた。人懐こいのぅ。<br />同じ野良でも人馴れしているのからいないのまで様々。飼い猫から野良までとにかく猫だらけの集落だった。どの子もかわいい。

    まだ幼いこの子は寝てたのに私達を見て寄ってきた。人懐こいのぅ。
    同じ野良でも人馴れしているのからいないのまで様々。飼い猫から野良までとにかく猫だらけの集落だった。どの子もかわいい。

  • 伊江島がきれいに見えました

    伊江島がきれいに見えました

  • 廃墟もなんだか味がでてますね

    廃墟もなんだか味がでてますね

  • フクギ並木からの伊江島。このスポットは駐車場のすぐ近く。<br /><br />宿に戻る頃には駐車場周辺のお店がいくつか開きはじめていたけれど、多くは開店する気配なし。集落内のカフェもシーズンオフ全開だったので朝のカフェタイムは断念。残念。

    フクギ並木からの伊江島。このスポットは駐車場のすぐ近く。

    宿に戻る頃には駐車場周辺のお店がいくつか開きはじめていたけれど、多くは開店する気配なし。集落内のカフェもシーズンオフ全開だったので朝のカフェタイムは断念。残念。

  • 朝駐車場に着いた時からいたニャンコ。あれあれ真っ黒けっけ。ずっと舌出しっぱなし。<br />自ら寄ってきて優しさに飢えているのかと心配になるくらい懐こかった。後ろ髪を引かれながらお別れ。野良の世界は厳しいね・涙<br /><br />

    朝駐車場に着いた時からいたニャンコ。あれあれ真っ黒けっけ。ずっと舌出しっぱなし。
    自ら寄ってきて優しさに飢えているのかと心配になるくらい懐こかった。後ろ髪を引かれながらお別れ。野良の世界は厳しいね・涙

  • お昼は少し足を伸ばして「Cafe Kokuu」。電話でオープン確認。タイミング的に窓際の椅子席に座れた!ラッキー。

    お昼は少し足を伸ばして「Cafe Kokuu」。電話でオープン確認。タイミング的に窓際の椅子席に座れた!ラッキー。

  • こんな素敵な景色を眺めながら

    こんな素敵な景色を眺めながら

  • 色取り取りの身体に優しいごはんをたっぷりいただきました。ごはんは玄米にもできたことに後で気づきました。<br /><br />使っている食器も素敵。カウンター席に飾ってあった大皿をオットも私もとても気に入ったのですが残念ながら非売品とのこと。オーナーさんがこの食器を買った店を教えてくれたので行ってみることに。

    色取り取りの身体に優しいごはんをたっぷりいただきました。ごはんは玄米にもできたことに後で気づきました。

    使っている食器も素敵。カウンター席に飾ってあった大皿をオットも私もとても気に入ったのですが残念ながら非売品とのこと。オーナーさんがこの食器を買った店を教えてくれたので行ってみることに。

  • 暮らしの道具店「カタチ」<br /><br />こういうお家住んでみたい。<br /><br />素敵な空間でした。けれど残念ながら気に入った陶器には出会えず。気になった洋服は試着すれどチビの私にはサイズ大きすぎ&似合わず・・ガックリ

    暮らしの道具店「カタチ」

    こういうお家住んでみたい。

    素敵な空間でした。けれど残念ながら気に入った陶器には出会えず。気になった洋服は試着すれどチビの私にはサイズ大きすぎ&似合わず・・ガックリ

    カタチ 専門店

  • 予定外の寄り道をしましたが、これが旅の楽しいところ。JAFは楽しくなかったけどね・・・(しつこい笑)<br /><br />お店を後にして向かったのは今帰仁城跡。行程的には来た道を少し戻ったかたち。<br />

    予定外の寄り道をしましたが、これが旅の楽しいところ。JAFは楽しくなかったけどね・・・(しつこい笑)

    お店を後にして向かったのは今帰仁城跡。行程的には来た道を少し戻ったかたち。

    今帰仁城跡 名所・史跡

  • 寒緋桜(カンヒザクラ)が咲いていた!日本で一番最初に咲く桜。まだ1分か2分咲きでしたが里帰り中に桜が見れて感動!

    寒緋桜(カンヒザクラ)が咲いていた!日本で一番最初に咲く桜。まだ1分か2分咲きでしたが里帰り中に桜が見れて感動!

  • 今帰仁城跡<br /><br />資料館も見学。今帰仁城のチケットで入れます。実際のモノ、資料やパネルを見ながら琉球時代の歴史を知ることができます。やはり歴史を多少でも知っているかいないかで遺跡を見る楽しさ度合いが違ってきますね。<br /><br />城跡見学のあとは国道505号を東に走らせて古宇利島へ。

    今帰仁城跡

    資料館も見学。今帰仁城のチケットで入れます。実際のモノ、資料やパネルを見ながら琉球時代の歴史を知ることができます。やはり歴史を多少でも知っているかいないかで遺跡を見る楽しさ度合いが違ってきますね。

    城跡見学のあとは国道505号を東に走らせて古宇利島へ。

  • ガイドブックに載っている古宇利大橋。ちょっと天気がいまいちですが。

    ガイドブックに載っている古宇利大橋。ちょっと天気がいまいちですが。

  • 古宇利島のハートロック。<br /><br />いくつかある有料駐車場(200円か300円くらいだったかな)の1つに車を駐めて、上から海岸へ降りるかたち。<br /><br />ここは観光客いっぱいいました。<br />写真を撮ろうとしたら1組の中国人家族が海に入ってハートロックのまん前で子供を遊ばせている。なぜそこで?!しばらく待っていたけれどいつまで経っても動く気配がないので「(遊ぶ)場所をちょっと移動してもらえますか?」と英語でお願いしたら、英語がわからない家族に向かってすかさず別の中国人観光客がものすごい大声で中国語に訳して伝えてくれ、やっとどいてもらえました。隣にいた日本人女性には「ありがとう、よく言ってくれました!」と感謝されてしまいました・苦笑。中国人が通訳してくれた限り彼らもこの同胞家族には辟易していた模様。<br /><br />わざわざ来る割には長居するような場所ではないのでささっと写真撮って終了。<br /><br />ハートロックのちょっと手前のメインストリート沿いに素敵な感じのカフェがあって気になったのですが結局入らず。なんでだったかな?「古宇利屋 CAFE KOURIYA」というカフェでした。<br /><br /><br />

    古宇利島のハートロック。

    いくつかある有料駐車場(200円か300円くらいだったかな)の1つに車を駐めて、上から海岸へ降りるかたち。

    ここは観光客いっぱいいました。
    写真を撮ろうとしたら1組の中国人家族が海に入ってハートロックのまん前で子供を遊ばせている。なぜそこで?!しばらく待っていたけれどいつまで経っても動く気配がないので「(遊ぶ)場所をちょっと移動してもらえますか?」と英語でお願いしたら、英語がわからない家族に向かってすかさず別の中国人観光客がものすごい大声で中国語に訳して伝えてくれ、やっとどいてもらえました。隣にいた日本人女性には「ありがとう、よく言ってくれました!」と感謝されてしまいました・苦笑。中国人が通訳してくれた限り彼らもこの同胞家族には辟易していた模様。

    わざわざ来る割には長居するような場所ではないのでささっと写真撮って終了。

    ハートロックのちょっと手前のメインストリート沿いに素敵な感じのカフェがあって気になったのですが結局入らず。なんでだったかな?「古宇利屋 CAFE KOURIYA」というカフェでした。


    ハートロック 名所・史跡

  • トケイ浜。穴の空いた岩がゴロゴロ。私たち以外だーれもいませんでした。ここへはいったん島のメイン道路に戻ってさらに先へ進み、小さな無料駐車場に車を停めて歩いて行くかたちです(だった気がする・・・)。<br /><br />その後、島をぐるっと1周するかたちで古宇利大橋の近くに戻ってきたら、雰囲気と眺めのよさそうなカフェ「L lota」が。入ろうとしたらすでに閉店時間、夕食は予約のみとのこと入れず。残念。<br />

    トケイ浜。穴の空いた岩がゴロゴロ。私たち以外だーれもいませんでした。ここへはいったん島のメイン道路に戻ってさらに先へ進み、小さな無料駐車場に車を停めて歩いて行くかたちです(だった気がする・・・)。

    その後、島をぐるっと1周するかたちで古宇利大橋の近くに戻ってきたら、雰囲気と眺めのよさそうなカフェ「L lota」が。入ろうとしたらすでに閉店時間、夕食は予約のみとのこと入れず。残念。

    トケイ浜 ビーチ

  • すっかり夕方。夜ご飯どうしようか?と考えた末、宿の方角から外れることになるけれど、ピザがおいしという古民家風カフェ「花人逢」へ行ってみることに。<br /><br />閉店時間を気にしながら山道をくねくねと進み、着いた頃には真っ暗。けれどなんとかギリギリラストオーダーの時間に間に合った。<br />

    すっかり夕方。夜ご飯どうしようか?と考えた末、宿の方角から外れることになるけれど、ピザがおいしという古民家風カフェ「花人逢」へ行ってみることに。

    閉店時間を気にしながら山道をくねくねと進み、着いた頃には真っ暗。けれどなんとかギリギリラストオーダーの時間に間に合った。

    花人逢 グルメ・レストラン

  • ビールで喉を潤し<br />

    ビールで喉を潤し

  • おめあてのピザ。ペロリといただきました。すっごく美味しかった。<br /><br />このお店でぺんぎん食堂のラー油も売っていたのでお買い上げ。<br /><br />長居はせずにさっと食べてさっと出たんですけどね、店員さん達の感じが良くなかったのが残念。お客さんは私達以外1組しかいなかったからきっとこんな時間に来やがって片付けられないじゃないかと思われたのかも。<br /><br />外灯のない真っ暗な道を通って宿に帰ったのでした。<br /><br />翌日はいよいよヤンバルへ!<br /><br />冬の沖縄④につづく<br />https://4travel.jp/travelogue/11549861<br />

    おめあてのピザ。ペロリといただきました。すっごく美味しかった。

    このお店でぺんぎん食堂のラー油も売っていたのでお買い上げ。

    長居はせずにさっと食べてさっと出たんですけどね、店員さん達の感じが良くなかったのが残念。お客さんは私達以外1組しかいなかったからきっとこんな時間に来やがって片付けられないじゃないかと思われたのかも。

    外灯のない真っ暗な道を通って宿に帰ったのでした。

    翌日はいよいよヤンバルへ!

    冬の沖縄④につづく
    https://4travel.jp/travelogue/11549861

この旅行記のタグ

6いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったホテル

この旅行で行ったスポット

この旅行で行ったグルメ・レストラン

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

美ら海・本部・今帰仁の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集