草津温泉旅行記(ブログ) 一覧に戻る
青春18きっぷの残りを利用して、群馬は草津温泉へ一人のんびり温泉旅行へ。<br />曇天の空の下、宇都宮線、両毛線、吾妻線と乗り継いで、最後はバスに20分強揺られ、草津バスターミナルへ到着。<br />なお、吾妻線は一部ICカードが使えないため、注意が必要。車掌が車内で切符の確認・清算を行ってくれる。<br />もっとも、長野原草津口駅は簡易Suica改札機があるため、ICカードは使えるが。<br /><br />バスターミナルで軽く昼食を食べた後は、大量の温泉が木樋を勢いよく流れていく湯畑へ向かった。<br />いわゆる硫黄のにおいが立ち込める中、大きな音を立てて流れていく様は、思っていたより小ぢんまりとしていたものの、十分な迫力があった。<br /><br />写真を撮りつつぐるりと廻ってから、そこから東へ草津熱帯圏へ。<br />建物は思っていたよりもレトロな雰囲気。<br />中も同様にレトロな雰囲気だが、飼育されている動物はワニやカメ、ヘビといった爬虫類が多くを占めていた。カエルやイモリなどの両生類も多く、ほかにカピバラやマーラ、コアリクイ、マーモセット類、ニホンザル、ラマ、ヒツジ、ヤギ、フラミンゴなどが飼育されている。<br />かなり、独特な部類の動物園といえるだろう。入園料1000円。爬虫類が好きな方はぜひ行ってみては。<br />また、この動物園は動物の解説文も独特で面白いものが多い。餌の紹介などもしており、読みながら行くとその動物により親しみがわくだろう。<br /><br />草津熱帯圏を後にしてからは、西の河原のほうをぶらついてからこの日の宿へ向かった。<br />西の河原は温泉が流れる河原で、丁度いい温度の温泉が実際に流れていた。<br /><br />今回泊まった宿は湯畑から徒歩3分ほどの場所にある山の湯ホテル。<br />ビジネスホテル然とした宿で、気楽に泊まることができた。オーナー?の方も親切で丁寧な対応をしてもらえた。<br />チェックイン後、御座の湯に入り、夕飯は湯畑近くの平野家へ。ゆで舞茸そばを食べた。<br />この時の御座の湯は丁度いい温度だった。<br />夕飯のあとはライトアップされた湯畑の写真を眺め撮りつつ宿へと戻った。<br />宿に戻ってから宿の温泉にも入ったが、こちらはやや熱めだった。<br /><br /><br />翌日は、朝から千代の湯と白旗の湯へ向かった。これらは草津温泉らしく、非常に熱く、ゆっくり浸かることはできないほどだった。なんとかかけ湯をするのが精いっぱいだった。<br />温泉のあとは、宿の朝食を食べてから、のんびりと湯畑や西の河原を歩きつつお土産などを買い、お昼の便でバスターミナルから長野原草津口駅へと向かった。

青春18きっぷで草津温泉

18いいね!

2019/09/05 - 2019/09/06

365位(同エリア1383件中)

0

30

mintan_honuさん

青春18きっぷの残りを利用して、群馬は草津温泉へ一人のんびり温泉旅行へ。
曇天の空の下、宇都宮線、両毛線、吾妻線と乗り継いで、最後はバスに20分強揺られ、草津バスターミナルへ到着。
なお、吾妻線は一部ICカードが使えないため、注意が必要。車掌が車内で切符の確認・清算を行ってくれる。
もっとも、長野原草津口駅は簡易Suica改札機があるため、ICカードは使えるが。

バスターミナルで軽く昼食を食べた後は、大量の温泉が木樋を勢いよく流れていく湯畑へ向かった。
いわゆる硫黄のにおいが立ち込める中、大きな音を立てて流れていく様は、思っていたより小ぢんまりとしていたものの、十分な迫力があった。

写真を撮りつつぐるりと廻ってから、そこから東へ草津熱帯圏へ。
建物は思っていたよりもレトロな雰囲気。
中も同様にレトロな雰囲気だが、飼育されている動物はワニやカメ、ヘビといった爬虫類が多くを占めていた。カエルやイモリなどの両生類も多く、ほかにカピバラやマーラ、コアリクイ、マーモセット類、ニホンザル、ラマ、ヒツジ、ヤギ、フラミンゴなどが飼育されている。
かなり、独特な部類の動物園といえるだろう。入園料1000円。爬虫類が好きな方はぜひ行ってみては。
また、この動物園は動物の解説文も独特で面白いものが多い。餌の紹介などもしており、読みながら行くとその動物により親しみがわくだろう。

草津熱帯圏を後にしてからは、西の河原のほうをぶらついてからこの日の宿へ向かった。
西の河原は温泉が流れる河原で、丁度いい温度の温泉が実際に流れていた。

今回泊まった宿は湯畑から徒歩3分ほどの場所にある山の湯ホテル。
ビジネスホテル然とした宿で、気楽に泊まることができた。オーナー?の方も親切で丁寧な対応をしてもらえた。
チェックイン後、御座の湯に入り、夕飯は湯畑近くの平野家へ。ゆで舞茸そばを食べた。
この時の御座の湯は丁度いい温度だった。
夕飯のあとはライトアップされた湯畑の写真を眺め撮りつつ宿へと戻った。
宿に戻ってから宿の温泉にも入ったが、こちらはやや熱めだった。


翌日は、朝から千代の湯と白旗の湯へ向かった。これらは草津温泉らしく、非常に熱く、ゆっくり浸かることはできないほどだった。なんとかかけ湯をするのが精いっぱいだった。
温泉のあとは、宿の朝食を食べてから、のんびりと湯畑や西の河原を歩きつつお土産などを買い、お昼の便でバスターミナルから長野原草津口駅へと向かった。

旅行の満足度
4.5
観光
4.0
ホテル
4.0
グルメ
3.5
ショッピング
3.5
交通
4.0
同行者
一人旅
一人あたり費用
1万円 - 3万円
交通手段
高速・路線バス JR特急 JRローカル
旅行の手配内容
個別手配

PR

18いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったスポット

旅の計画・記録

「旅の計画」作成でもれなく300ポイント!

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

草津温泉の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集