那覇旅行記(ブログ) 一覧に戻る
7月5日 朝からバイク講習のキャンセル待ち、午前中にとれ、午後も取ることができ一日が終わりました。夕方買い出しに行ったらバケツをひっくり返したような豪雨に見舞われました。<br />沖縄の子は慣れたもので傘もささず靴も履かずに走り回っていました。」<br /><br />7月6日 夜中に雷鳴で目が覚めました。こんな音は初めてです。爆発でも起こったのかと思ったくらいです。<br />午前中は飛行機も着陸できずに混乱したようでした。<br />今日もキャンセル待ちをするつもりでしたが、雨がひどいので一日こもっていました。夜、オーナーと国際通りに飲めないけれども飲みに行きました。通行人を呼び込み「愛知県」「岐阜県」「福岡県」「東京」等々多くの人と盛り上がり宿の戻ったのは1時過ぎでした。<br /><br />7月7日 今日も午前中と午後に雷雨の予定があります??<br />9時ちょっと前にまずは「首里城」に向かいました。バイクで15分ぐらいです。見学中に予定通りに雨が降り出し、しばし雨宿りをして1時間ちょっとで雨が止んだので今度は「金城町石畳道」を散策しました。<br />バイクで5分一寸移動して「識名園」へ行きました。ちょっと晴れ間も見えましたが、予定通りでは3時過ぎから雨です。見学が終わるころ、まだ2時ちょっとなのですが雨が降り出し宿へ戻りました。<br /><br />https://youtu.be/BGyaMnFQ3PE<br /><br />https://youtu.be/or7AkMuC8Uw<br /><br />https://youtu.be/YRKgSH7SwKo<br /><br />

夏!沖縄 首里城・金城町石畳道・識名園を巡りました。

15いいね!

2019/07/05 - 2019/07/07

2082位(同エリア5291件中)

0

84

7月5日 朝からバイク講習のキャンセル待ち、午前中にとれ、午後も取ることができ一日が終わりました。夕方買い出しに行ったらバケツをひっくり返したような豪雨に見舞われました。
沖縄の子は慣れたもので傘もささず靴も履かずに走り回っていました。」

7月6日 夜中に雷鳴で目が覚めました。こんな音は初めてです。爆発でも起こったのかと思ったくらいです。
午前中は飛行機も着陸できずに混乱したようでした。
今日もキャンセル待ちをするつもりでしたが、雨がひどいので一日こもっていました。夜、オーナーと国際通りに飲めないけれども飲みに行きました。通行人を呼び込み「愛知県」「岐阜県」「福岡県」「東京」等々多くの人と盛り上がり宿の戻ったのは1時過ぎでした。

7月7日 今日も午前中と午後に雷雨の予定があります??
9時ちょっと前にまずは「首里城」に向かいました。バイクで15分ぐらいです。見学中に予定通りに雨が降り出し、しばし雨宿りをして1時間ちょっとで雨が止んだので今度は「金城町石畳道」を散策しました。
バイクで5分一寸移動して「識名園」へ行きました。ちょっと晴れ間も見えましたが、予定通りでは3時過ぎから雨です。見学が終わるころ、まだ2時ちょっとなのですが雨が降り出し宿へ戻りました。

https://youtu.be/BGyaMnFQ3PE

https://youtu.be/or7AkMuC8Uw

https://youtu.be/YRKgSH7SwKo

同行者
一人旅
利用旅行会社
個別手配
旅行の満足度
4.5

PR

  • 天気が気になる中の出発です。<br />第2駐車場前の駐輪スペースにうまい具合に止めることができました。

    天気が気になる中の出発です。
    第2駐車場前の駐輪スペースにうまい具合に止めることができました。

  • ちょっと変なコース取りですが「守礼門」をまずはくぐって総合案内所へ行きました。

    ちょっと変なコース取りですが「守礼門」をまずはくぐって総合案内所へ行きました。

  • 正式に「守礼門」をくぐって場内へ入ります。

    正式に「守礼門」をくぐって場内へ入ります。

  • 左手は「園比屋御嶽石門」右手は「歓会門」

    左手は「園比屋御嶽石門」右手は「歓会門」

  • 「歓会門」へ向かいます。

    「歓会門」へ向かいます。

  • 左右、狛犬に守られた門です。

    左右、狛犬に守られた門です。

  • 「歓会門」をくぐると右手に「瑞泉門」が現れます。

    「歓会門」をくぐると右手に「瑞泉門」が現れます。

  • 「瑞泉門」の石段を上がるります。

    「瑞泉門」の石段を上がるります。

  • 階段のと中右手には「龍樋」があります。<br />きれいな水が流れています。

    階段のと中右手には「龍樋」があります。
    きれいな水が流れています。

  • 「瑞泉門」のすぐ手前から「久慶門」が見下ろせます。

    「瑞泉門」のすぐ手前から「久慶門」が見下ろせます。

  • 「瑞泉門」から「歓会門」を振り返ります。

    「瑞泉門」から「歓会門」を振り返ります。

  • 「漏刻門」へと続きます。

    「漏刻門」へと続きます。

  • やっと、「広福門」です。

    やっと、「広福門」です。

  • 「広福門」の広場からは那覇の街が良く見えるのですが雨のためあまりよくは見えません。<br />中央左に見えますのは「歓会門」です。

    「広福門」の広場からは那覇の街が良く見えるのですが雨のためあまりよくは見えません。
    中央左に見えますのは「歓会門」です。

  • 「光福門」の全景です。

    「光福門」の全景です。

  • 「光福門」をくぐり「奉神門」になります。

    「光福門」をくぐり「奉神門」になります。

  • 「奉神門」をくぐると「首里城正殿」にやっとたどり着くことができました。

    「奉神門」をくぐると「首里城正殿」にやっとたどり着くことができました。

  • 緻密なジオラマです。<br />ここからは撮影禁止です。<br />

    緻密なジオラマです。
    ここからは撮影禁止です。

  • たぶん「書院」からの「鎖之間」

    たぶん「書院」からの「鎖之間」

  • 「書院」

    「書院」

  • ここいらはちょっとわかりません

    ここいらはちょっとわかりません

  • ちょうどよい休憩場所です。

    ちょうどよい休憩場所です。

  • 「世誇殿」

    「世誇殿」

  • 「東のアザナ(展望台)」へ向かいます。

    「東のアザナ(展望台)」へ向かいます。

  • 「東のアザナ(展望台)」からの「首里城正殿」方面

    「東のアザナ(展望台)」からの「首里城正殿」方面

  • 雨が降り出しました。<br />一寸予報よりも早いですが仕方ありません。<br />遠くに雷も聞こえましたら「東のアザナ(展望台)」はクローズです。<br />落雷の危険があるそうです。<br />義理ラッキーでした。

    雨が降り出しました。
    一寸予報よりも早いですが仕方ありません。
    遠くに雷も聞こえましたら「東のアザナ(展望台)」はクローズです。
    落雷の危険があるそうです。
    義理ラッキーでした。

  • 「淑順門」の先で雨脚が強くなったのでちょっと雨宿り、1時間ちょっと過ぎたら雨が弱くなりましたので、見学を開始しました。

    「淑順門」の先で雨脚が強くなったのでちょっと雨宿り、1時間ちょっと過ぎたら雨が弱くなりましたので、見学を開始しました。

  • 「淑順門」から「歓会門」をお願いします。抜けて右手階段を下りていきます。

    「淑順門」から「歓会門」をお願いします。抜けて右手階段を下りていきます。

  • 左手に「龍潭(りゅうたん)」

    左手に「龍潭(りゅうたん)」

  • 右手には「弁才天堂」があります。<br />右上には首里城が見えます。

    右手には「弁才天堂」があります。
    右上には首里城が見えます。

  • 一寸雨が降り出しました。

    一寸雨が降り出しました。

  • 「弁才天堂」のイメージとちょっと違うような感じです。

    「弁才天堂」のイメージとちょっと違うような感じです。

  • 「弁才天堂」へはこの橋を渡ります。

    「弁才天堂」へはこの橋を渡ります。

  • ちょっと上から見る眺めも良いです。

    ちょっと上から見る眺めも良いです。

  • 「円覚寺跡」

    「円覚寺跡」

  • 内部には橋と池しか残ってはいませんでした。

    内部には橋と池しか残ってはいませんでした。

  • 「金城町石畳道」へ向かいます。<br />「オオバナアリアケカズラが咲き誇っていました。」

    「金城町石畳道」へ向かいます。
    「オオバナアリアケカズラが咲き誇っていました。」

  • 古民家風のカフェテラス?

    古民家風のカフェテラス?

  • シーサーはその家の顔でもあります。

    シーサーはその家の顔でもあります。

  • 個性的なものも多いです。

    個性的なものも多いです。

  • 「龍潭(りゅうたん)」越しの首里城

    「龍潭(りゅうたん)」越しの首里城

  • 「金城町石畳道」へ入ります。

    「金城町石畳道」へ入ります。

  • 雨に濡れた石段がきれいです。

    雨に濡れた石段がきれいです。

  • こんな看板は気にしないで行きます。

    こんな看板は気にしないで行きます。

  • 坂道途中のカフェテラス。

    坂道途中のカフェテラス。

  • 分かりやすい案内図もあります。

    分かりやすい案内図もあります。

  • 日曜日なのにまるで人通りがありません。

    日曜日なのにまるで人通りがありません。

  • 急な坂なので眺めが良いです。

    急な坂なので眺めが良いです。

  • 趣のある路地もあります。

    趣のある路地もあります。

  • なかなかの雰囲気です。

    なかなかの雰囲気です。

  • 「金城町石畳道」からわき道に入りました。<br />雨に濡れてきれいです。

    「金城町石畳道」からわき道に入りました。
    雨に濡れてきれいです。

  • 「首里金城の大アカギ」の手前にあります「内金城の御嶽」

    「首里金城の大アカギ」の手前にあります「内金城の御嶽」

  • 雨に濡れた葉が光っていました。

    雨に濡れた葉が光っていました。

  • 「首里金城の大アカギ」付近

    「首里金城の大アカギ」付近

  • ここにも変わったシーサーが、

    ここにも変わったシーサーが、

  • 「金城町石畳道」へ戻ります。

    「金城町石畳道」へ戻ります。

  • 「金城町石畳道」には趣のあるカフェも多いです。

    「金城町石畳道」には趣のあるカフェも多いです。

  • 結構な坂道です。

    結構な坂道です。

  • 途中にあります「首里金城村屋」

    途中にあります「首里金城村屋」

  • 学校帰りの子供たちが中で遊んでいました。

    学校帰りの子供たちが中で遊んでいました。

  • 「金城大桶川」

    「金城大桶川」

  • 緑に飲み込まれています。

    緑に飲み込まれています。

  • 気持ちの良い良い道です。

    気持ちの良い良い道です。

  • かなりの急傾斜です。<br />行きはよいよい帰りは登り・・・・

    かなりの急傾斜です。
    行きはよいよい帰りは登り・・・・

  • ここが「金城町石畳道」の入り口です。

    ここが「金城町石畳道」の入り口です。

  • 「識名園」へ向かいました。

    「識名園」へ向かいました。

  • 入ってすぐに「番屋」があります。

    入ってすぐに「番屋」があります。

  • 沖縄ですね~

    沖縄ですね~

  • 光が差し込み始めました。

    光が差し込み始めました。

  • 光がきれいです。

    光がきれいです。

  • 大きな池の庭園です。

    大きな池の庭園です。

  • 池の端には「御殿」があります。

    池の端には「御殿」があります。

  • 池には「六角堂」があります。

    池には「六角堂」があります。

  • 池には石の大きな橋が架かっています。

    池には石の大きな橋が架かっています。

  • 「御殿」には上がることができます。

    「御殿」には上がることができます。

  • 「御殿」からのお庭。

    「御殿」からのお庭。

  • 風通しがよさそうです。

    風通しがよさそうです。

  • 池越しに「六角堂」が望めます。

    池越しに「六角堂」が望めます。

  • 落ち着く場所です。

    落ち着く場所です。

  • 雨も上がったので医師の橋を渡ることができるようになりました。<br />実は入場するときには今日は「雨でぬれているので橋はわたることができません」と言われていたのです。

    雨も上がったので医師の橋を渡ることができるようになりました。
    実は入場するときには今日は「雨でぬれているので橋はわたることができません」と言われていたのです。

  • 池の反対側からの「御殿」

    池の反対側からの「御殿」

  • 「六角堂」へ渡る石橋は一つの石からくり抜いて作ってあるそうです。

    「六角堂」へ渡る石橋は一つの石からくり抜いて作ってあるそうです。

  • 「六角堂」へ渡ります。

    「六角堂」へ渡ります。

  • 「六角堂」越しの「本殿」です。<br />「斎場御嶽」に次は行く予定でしたが、雨が降り出しましたので中止にして宿に戻りました。

    「六角堂」越しの「本殿」です。
    「斎場御嶽」に次は行く予定でしたが、雨が降り出しましたので中止にして宿に戻りました。

15いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったスポット

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集