北京旅行記(ブログ) 一覧に戻る
6/2夜、雷が鳴り響く豪雨の長春を抜け、寝台列車で北京に向かった。<br />翌朝北京に到着し、地下鉄を乗り継いで北京の日本大使館へ。そこで7月の参議院選挙の在外投票登録を行った。<br /><br />今回北京には宿泊せず、寝台列車(長春⇒北京)からの寝台列車(北京⇒上海)というカオスなスケジュールだ。<br />そのため、シャワーを浴びる機会がなく、このままだと丸3日体を洗えない。しかも、長春では豪雨にやられ、靴やズボンが悲惨なことになっている。どこかお風呂入れないかなぁーとネットを見ていると、「8号温泉」という怪しくないタイプの人気温浴施設を見つけた。そこで何とか1日ぶりに体をクリーンにした後、北京駅から(悪い意味で)話題の新型寝台新幹線CR200Jに乗って上海に向かった。

【長春⇒上海】北京トランジットで新型寝台新幹線に乗車する一人旅

31いいね!

2019/06/03 - 2019/06/04

283位(同エリア5114件中)

0

33

多摩川コナン

多摩川コナンさん

この旅行記のスケジュール

6/2夜、雷が鳴り響く豪雨の長春を抜け、寝台列車で北京に向かった。
翌朝北京に到着し、地下鉄を乗り継いで北京の日本大使館へ。そこで7月の参議院選挙の在外投票登録を行った。

今回北京には宿泊せず、寝台列車(長春⇒北京)からの寝台列車(北京⇒上海)というカオスなスケジュールだ。
そのため、シャワーを浴びる機会がなく、このままだと丸3日体を洗えない。しかも、長春では豪雨にやられ、靴やズボンが悲惨なことになっている。どこかお風呂入れないかなぁーとネットを見ていると、「8号温泉」という怪しくないタイプの人気温浴施設を見つけた。そこで何とか1日ぶりに体をクリーンにした後、北京駅から(悪い意味で)話題の新型寝台新幹線CR200Jに乗って上海に向かった。

旅行の満足度
4.5
同行者
一人旅
交通手段
鉄道
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 豪雨で雷が鳴り響く長春駅。<br />これからこの寝台列車に乗って北京に向かう。

    豪雨で雷が鳴り響く長春駅。
    これからこの寝台列車に乗って北京に向かう。

  • Z64の行先板。<br />この車両は北京ー長春のほかに白城ー長春にも充当されているようだ。<br /><br />靴とズボンがずぶぬれの状態で乗車。まず靴を脱ぎ、ウエットシートで拭いた後にズボンを取り換える。2人部屋の上段だったために、下段の人が来る前にさっさと済ませてしまう。

    Z64の行先板。
    この車両は北京ー長春のほかに白城ー長春にも充当されているようだ。

    靴とズボンがずぶぬれの状態で乗車。まず靴を脱ぎ、ウエットシートで拭いた後にズボンを取り換える。2人部屋の上段だったために、下段の人が来る前にさっさと済ませてしまう。

  • 翌朝、カーテンを開けると列車は北京のCBDを走っていた。<br />案の定、靴はまだ乾いていなかった・・・。

    翌朝、カーテンを開けると列車は北京のCBDを走っていた。
    案の定、靴はまだ乾いていなかった・・・。

  • 途中、車庫のようなところを通り過ぎた。

    途中、車庫のようなところを通り過ぎた。

  • ぼーっと景色を眺めていたら北京駅に到着。<br /><br />こちらが今回使った寝台の2人部屋。<br />下段のおじさんはもう出て行ってしまった。

    ぼーっと景色を眺めていたら北京駅に到着。

    こちらが今回使った寝台の2人部屋。
    下段のおじさんはもう出て行ってしまった。

  • 列車を降りて駅の外に出る。オレンジ色の帽子をかぶっているのは、一緒の列車に乗ってきた修学旅行生だ。朝からみんな元気がいい。<br />

    列車を降りて駅の外に出る。オレンジ色の帽子をかぶっているのは、一緒の列車に乗ってきた修学旅行生だ。朝からみんな元気がいい。

  • 北京駅の外観。<br /><br />このあと地下鉄を乗り継いで亮馬橋に向かい、日本大使館で選挙の在外投票登録を済ませる。投票で7月にまた北京だな。

    北京駅の外観。

    このあと地下鉄を乗り継いで亮馬橋に向かい、日本大使館で選挙の在外投票登録を済ませる。投票で7月にまた北京だな。

  • お昼になり、王府井の一風堂でラーメンを食べる。<br />やっぱり一風堂は美味しいな。

    お昼になり、王府井の一風堂でラーメンを食べる。
    やっぱり一風堂は美味しいな。

  • 特にやることもないので北京駅の周辺を散策。しかし、気温が上がり汗が止まらない。しかも、昨日からシャワーを浴びていないのに再び寝台に乗ってこれから上海に向かうのだ。。。<br /><br />ちょっとシャワーでも浴びれるところないかなぁと思い検索していると、北京に「8号温泉」という怪しくないタイプの温泉施設があることが判明。しかも、北京駅の裏側からバス1本で行ける!早速行ってみることに。

    特にやることもないので北京駅の周辺を散策。しかし、気温が上がり汗が止まらない。しかも、昨日からシャワーを浴びていないのに再び寝台に乗ってこれから上海に向かうのだ。。。

    ちょっとシャワーでも浴びれるところないかなぁと思い検索していると、北京に「8号温泉」という怪しくないタイプの温泉施設があることが判明。しかも、北京駅の裏側からバス1本で行ける!早速行ってみることに。

  • 途中でCBDの横を通過。<br />奥にあるラッパみたいな形をしたビルは間もなくオープンするらしい。

    途中でCBDの横を通過。
    奥にあるラッパみたいな形をしたビルは間もなくオープンするらしい。

  • バスの番号は忘れてしまったが、朝陽公園のそばで下車。<br />そこから歩いて8号温泉に向かう。<br /><br />途中で面白い建物を見つけた。

    バスの番号は忘れてしまったが、朝陽公園のそばで下車。
    そこから歩いて8号温泉に向かう。

    途中で面白い建物を見つけた。

  • 朝陽公園のそばにある8号温泉に到着。<br />怪しそうな見た目だがファミリー層に人気のまともな施設だ。

    朝陽公園のそばにある8号温泉に到着。
    怪しそうな見た目だがファミリー層に人気のまともな施設だ。

  • 受付でカギを貰い中に入る。<br />シャワーを浴びて、ホテル三日月のCMに出てくるようなだだっ広いお風呂に浸かる。<br />ちょっとぬるいが、2日ぶりのお風呂でゆったり、計2時間ぐらい過ごした。月曜日ということもあり、お客さんは数人しかいなかった。<br />入湯料で250元くらいしたかな。ちょっと高かったけど、さっぱりできた。時間も5時になり、ここから地下鉄に乗って再び北京駅に向かった。<br /><br />8号温泉は北京トランジットする人には(いるのか!?)おすすめだ。<br />

    受付でカギを貰い中に入る。
    シャワーを浴びて、ホテル三日月のCMに出てくるようなだだっ広いお風呂に浸かる。
    ちょっとぬるいが、2日ぶりのお風呂でゆったり、計2時間ぐらい過ごした。月曜日ということもあり、お客さんは数人しかいなかった。
    入湯料で250元くらいしたかな。ちょっと高かったけど、さっぱりできた。時間も5時になり、ここから地下鉄に乗って再び北京駅に向かった。

    8号温泉は北京トランジットする人には(いるのか!?)おすすめだ。

  • ご参考までに北京の地下鉄路線図。<br />ずいぶん増えたな・・・。

    ご参考までに北京の地下鉄路線図。
    ずいぶん増えたな・・・。

  • 夕方の北京駅に到着。<br />写真には撮ってないが、物乞いと公安がちょっともめ事を起こしており、人だかりができて騒然としていた。

    夕方の北京駅に到着。
    写真には撮ってないが、物乞いと公安がちょっともめ事を起こしており、人だかりができて騒然としていた。

    北京駅

  • 18時頃に入場。<br />北京駅はレトロな雰囲気があって綺麗だが、鈍行列車がメインの駅と言うこともあり、客層が・・・。

    18時頃に入場。
    北京駅はレトロな雰囲気があって綺麗だが、鈍行列車がメインの駅と言うこともあり、客層が・・・。

  • 夕食を食べようと駅構内をぶらついていると、吉野家を発見。<br />しかもオクラ牛丼というずいぶんロックなメニューを発見し、これを食べてみる。なかなかロックな味わいだった。<br />

    夕食を食べようと駅構内をぶらついていると、吉野家を発見。
    しかもオクラ牛丼というずいぶんロックなメニューを発見し、これを食べてみる。なかなかロックな味わいだった。

  • 19:22発のD701に乗車する。<br />このD701は新型の寝台新幹線「CR200J」が充当されているため、飛行機ではなくあえてこの便をチョイス。鉄分補給ばっちりの乗り鉄旅行だ。<br />

    19:22発のD701に乗車する。
    このD701は新型の寝台新幹線「CR200J」が充当されているため、飛行機ではなくあえてこの便をチョイス。鉄分補給ばっちりの乗り鉄旅行だ。

  • 20分前にゲートが開き、ホームに出ると・・・。<br />出た!緑色の車両!<br />

    20分前にゲートが開き、ホームに出ると・・・。
    出た!緑色の車両!

  • これが中国の新型寝台新幹線「復興号CR200J」。通常の復興号は各車両にモーターがついている動力分散型の新幹線だが、これは先頭の電気機関車でけん引する動力集中型を採用している。ほぼすべて寝台車両になっており(1両だけ二等座)、モーターが客車についていないため静かに眠ることができる。現在は北京ー上海や北京ー杭州などに充当されている。<br /><br />ただ、緑色のデザインがあまりにもダサいことから、中国では「青虫」や「ゴミ箱」などの酷いあだ名がつけられている受難の新幹線だ。

    これが中国の新型寝台新幹線「復興号CR200J」。通常の復興号は各車両にモーターがついている動力分散型の新幹線だが、これは先頭の電気機関車でけん引する動力集中型を採用している。ほぼすべて寝台車両になっており(1両だけ二等座)、モーターが客車についていないため静かに眠ることができる。現在は北京ー上海や北京ー杭州などに充当されている。

    ただ、緑色のデザインがあまりにもダサいことから、中国では「青虫」や「ゴミ箱」などの酷いあだ名がつけられている受難の新幹線だ。

  • なかなか強烈な緑色だ。

    なかなか強烈な緑色だ。

  • CR200Jの通路の様子。新しい車両だからか、とてもきれい。

    CR200Jの通路の様子。新しい車両だからか、とてもきれい。

  • こちらが寝台の様子。4人部屋だが2人しかいなかった。<br />自分は上段で下段がおばさんだった。しかし、向かいの下段ベッドに誰もいなかったため、自分もそこに座り下段のおばさんとずっとおしゃべりしていた。<br />最終的にお見合いの相手を紹介してくれることになった。

    こちらが寝台の様子。4人部屋だが2人しかいなかった。
    自分は上段で下段がおばさんだった。しかし、向かいの下段ベッドに誰もいなかったため、自分もそこに座り下段のおばさんとずっとおしゃべりしていた。
    最終的にお見合いの相手を紹介してくれることになった。

  • 19:22に出発。しばらく夕日を眺めながら過ごす。

    19:22に出発。しばらく夕日を眺めながら過ごす。

  • 途中で北京南駅を通過。<br />ここにもCR200Jが停車いていた。これは北京駅発の後続の寝台かな。

    途中で北京南駅を通過。
    ここにもCR200Jが停車いていた。これは北京駅発の後続の寝台かな。

  • 翌朝、下段のおばさんは蘇州で降りていき、部屋は自分一人になった。<br />その1時間後に上海到着。

    翌朝、下段のおばさんは蘇州で降りていき、部屋は自分一人になった。
    その1時間後に上海到着。

    上海駅

  • CR200Jには2等座も連結されている。

    CR200Jには2等座も連結されている。

  • 上海駅で再びCR200Jの先頭車両を撮影。<br />やっぱり緑はないなぁ・・・。

    上海駅で再びCR200Jの先頭車両を撮影。
    やっぱり緑はないなぁ・・・。

  • 上海駅から地下鉄を乗り継いで龍陽路駅へ。<br />ここでリニアに乗り換えて上海浦東空港を目指す。

    上海駅から地下鉄を乗り継いで龍陽路駅へ。
    ここでリニアに乗り換えて上海浦東空港を目指す。

    龍陽路駅

  • 上海リニアに乗るのは1年ぶりだ。

    上海リニアに乗るのは1年ぶりだ。

    上海トランスラピッド (リニア) 鉄道系(地下鉄・モノレールなど)

  • 車内の様子。相変わらず人は少ないが、タイミングが良かったのか、430キロで走行していた。

    車内の様子。相変わらず人は少ないが、タイミングが良かったのか、430キロで走行していた。

  • 上海浦東空港に到着。

    上海浦東空港に到着。

  • 上海浦東空港。なんとここから沖縄に向かいます。<br /><br />ここから多摩川コナン初の国内旅行記がスタート。<br /><br />沖縄編へ続く・・・。<br />

    上海浦東空港。なんとここから沖縄に向かいます。

    ここから多摩川コナン初の国内旅行記がスタート。

    沖縄編へ続く・・・。

    上海浦東国際空港 (PVG) 空港

31いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったスポット

旅の計画・記録

「旅の計画」作成でもれなく300ポイント!

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

中国で使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
中国最安 320円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

中国の料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集