上野・御徒町旅行記(ブログ) 一覧に戻る
「奇想の系譜展 江戸絵画ミラクルワールド」<br />東京都美術館で開催中です。<br />1970年に刊行された美術史家・辻惟雄による『奇想の系譜』に基づく、江戸時代の「奇想の絵画」の決定版です。岩佐又兵衛、狩野山雪、伊藤若冲、曽我蕭白、長沢芦雪、歌川国芳に、白隠慧鶴、鈴木其一を加えた8人の代表作を一堂に会し、重要文化財を多数含む展示となっています。<br />

奇想の系譜展 江戸絵画ミラクルワールド 東京都美術館☆鳥光國 上野店☆2019/03/13

21いいね!

2019/03/13 - 2019/03/13

733位(同エリア3100件中)

0

15

「奇想の系譜展 江戸絵画ミラクルワールド」
東京都美術館で開催中です。
1970年に刊行された美術史家・辻惟雄による『奇想の系譜』に基づく、江戸時代の「奇想の絵画」の決定版です。岩佐又兵衛、狩野山雪、伊藤若冲、曽我蕭白、長沢芦雪、歌川国芳に、白隠慧鶴、鈴木其一を加えた8人の代表作を一堂に会し、重要文化財を多数含む展示となっています。

同行者
一人旅
交通手段
私鉄

PR

  • 天気も良く、気温も高くなりました。<br />お出かけにはいい日です。上野公園は平日ながら、たくさんの人が出ています。<br />

    天気も良く、気温も高くなりました。
    お出かけにはいい日です。上野公園は平日ながら、たくさんの人が出ています。

  • 美術史家・辻惟雄氏(1932-)が、今から約半世紀前の1970年に著した『奇想の系譜』。<br />本展はその著作に基づいた、江戸時代の「奇想の絵画」展の決定版です。『奇想の系譜』で採り上げられたのは、それまで書籍や展覧会でまとまって紹介されたことがなかった、因襲の殻を打ち破った、非日常的な世界に誘われるような絵画の数々でした。

    美術史家・辻惟雄氏(1932-)が、今から約半世紀前の1970年に著した『奇想の系譜』。
    本展はその著作に基づいた、江戸時代の「奇想の絵画」展の決定版です。『奇想の系譜』で採り上げられたのは、それまで書籍や展覧会でまとまって紹介されたことがなかった、因襲の殻を打ち破った、非日常的な世界に誘われるような絵画の数々でした。

  • 岩佐又兵衛、狩野山雪、伊藤若冲、曽我蕭白、長沢芦雪、歌川国芳に、白隠慧鶴、鈴木其一を加えた8人の作品を厳選したラインナップになっています。<br />奇想天外な発想にみちた作品の数々を紹介し、現代の目を通した新たな「奇想の系譜」を発信する展覧会になっています。<br />

    岩佐又兵衛、狩野山雪、伊藤若冲、曽我蕭白、長沢芦雪、歌川国芳に、白隠慧鶴、鈴木其一を加えた8人の作品を厳選したラインナップになっています。
    奇想天外な発想にみちた作品の数々を紹介し、現代の目を通した新たな「奇想の系譜」を発信する展覧会になっています。

  • 最近大人気の伊藤若冲。<br />館内に入って展示は若冲から始まります。<br />混雑していました。列に並び、じっくり拝見しました。<br />伊藤若冲の《梔子雄鶏図》は、「奇想の系譜展 江戸絵画ミラクルワールド」の開催に向けた調査の過程で見出された、初公開作品です。<br />曽我蕭白《雪山童子図》の鮮やかな色使いには魅了されます。

    最近大人気の伊藤若冲。
    館内に入って展示は若冲から始まります。
    混雑していました。列に並び、じっくり拝見しました。
    伊藤若冲の《梔子雄鶏図》は、「奇想の系譜展 江戸絵画ミラクルワールド」の開催に向けた調査の過程で見出された、初公開作品です。
    曽我蕭白《雪山童子図》の鮮やかな色使いには魅了されます。

  • 岩佐又兵衛の《山中常盤物語絵巻》に列が出来ていました。<br />辛抱強く列に並び、じっくり鑑賞。素晴らしい作品です。<br />義経説話に基づく御伽草子系の物語で、奥州へ下った牛若を訪ねて、都を旅立った母の常盤御前が、山中の宿で盗賊に殺され、牛若がその仇を討つという話です。

    岩佐又兵衛の《山中常盤物語絵巻》に列が出来ていました。
    辛抱強く列に並び、じっくり鑑賞。素晴らしい作品です。
    義経説話に基づく御伽草子系の物語で、奥州へ下った牛若を訪ねて、都を旅立った母の常盤御前が、山中の宿で盗賊に殺され、牛若がその仇を討つという話です。

  • 鈴木其一のアメリカより初めての里帰りとなる《百鳥百獣図》は、緻密に鳥や獣を描き出した作品です。ありとあらゆる生き物を描こうとした構想が見事です。<br />歌川国芳の《宮本武蔵の鯨退治》は、三枚続の画面を1枚のワイドな画面として捉え、ダイナミックに大鯨を配した独創的な作品です。

    鈴木其一のアメリカより初めての里帰りとなる《百鳥百獣図》は、緻密に鳥や獣を描き出した作品です。ありとあらゆる生き物を描こうとした構想が見事です。
    歌川国芳の《宮本武蔵の鯨退治》は、三枚続の画面を1枚のワイドな画面として捉え、ダイナミックに大鯨を配した独創的な作品です。

  • 音声ガイドは小林薫。<br />美の巨人たちを聞いているかのようです。

    音声ガイドは小林薫。
    美の巨人たちを聞いているかのようです。

  • グッズ売り場も人気があります。

    グッズ売り場も人気があります。

  • レジには購入の人の列が出来ていました。<br />約2時間、じっくりと見ました。<br />それにしても人が多いですねえ。

    レジには購入の人の列が出来ていました。
    約2時間、じっくりと見ました。
    それにしても人が多いですねえ。

  • 東京都美術館から歩いて、上野の森さくらテラスへ。<br />地下1階の鳥光國でランチです。

    東京都美術館から歩いて、上野の森さくらテラスへ。
    地下1階の鳥光國でランチです。

  • ランチメニュー

    ランチメニュー

  • 光國丼です。

    光國丼です。

  • ねぎま・つくね・ささみ・せせりがのった焼き鳥丼です。

    ねぎま・つくね・ささみ・せせりがのった焼き鳥丼です。

  • 味噌汁と小鉢・漬物がつきます。

    味噌汁と小鉢・漬物がつきます。

  • 焼き鳥とご飯、美味しくいただきました。

    焼き鳥とご飯、美味しくいただきました。

21いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集