曲阜旅行記(ブログ) 一覧に戻る
北京訪問の知人達と古北水鎮&amp;司馬台長城を訪れてきました。<br />合流する前に孔子様のふるさと曲阜に立ち寄りました。<br />旅したのは、「曲阜」の孔林、孔府、孔廟と「北京」の古北水鎮、司馬台長城と市内散策です。<br />初日は高鉄で上海から曲阜まで行き、曲府の孔林,周公廟,顔廟,孔府を散策しました。<br /><br />曲阜の二日目は孔廟です。<br /><br />行程<br />11/1 上海 → 曲阜東                 高鉄<br />    曲阜(孔林,周公廟,顔廟,孔府)  徒歩&amp;レンタサイクル<br />11/2 曲阜(孔廟)          徒歩<br />    曲阜東 → 北京南      高鉄<br />11/3 前門、中山公園、景山公園、北海公園、什刹海、鼓・鐘楼 <br />                   地下鉄・徒歩・レンタサイクル<br />11/4 古北水鎮&amp;司馬台長城     チャーターパス<br />11/5 日壇、地壇、天壇      地下鉄・徒歩・レンタサイクル<br />11/6 北京南→天津→上海     高鉄<br /><br />写真は孔廟の大成殿。

曲阜 ② 孔廟

7いいね!

2017/11/01 - 2017/11/03

29位(同エリア54件中)

0

45

dapuqiao

dapuqiaoさん

北京訪問の知人達と古北水鎮&司馬台長城を訪れてきました。
合流する前に孔子様のふるさと曲阜に立ち寄りました。
旅したのは、「曲阜」の孔林、孔府、孔廟と「北京」の古北水鎮、司馬台長城と市内散策です。
初日は高鉄で上海から曲阜まで行き、曲府の孔林,周公廟,顔廟,孔府を散策しました。

曲阜の二日目は孔廟です。

行程
11/1 上海 → 曲阜東  高鉄
    曲阜(孔林,周公廟,顔廟,孔府)  徒歩&レンタサイクル
11/2 曲阜(孔廟)          徒歩
    曲阜東 → 北京南      高鉄
11/3 前門、中山公園、景山公園、北海公園、什刹海、鼓・鐘楼 
                   地下鉄・徒歩・レンタサイクル
11/4 古北水鎮&司馬台長城     チャーターパス
11/5 日壇、地壇、天壇      地下鉄・徒歩・レンタサイクル
11/6 北京南→天津→上海     高鉄

写真は孔廟の大成殿。

旅行の満足度
4.0
観光
4.0
ホテル
4.0
グルメ
3.5
交通
4.0
同行者
一人旅
交通手段
鉄道 自転車 タクシー 徒歩
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 11/02 07:38<br />曲阜のホテル「蕨里賓館」の部屋からの眺め。<br />左の壁の向こうが孔府かな?<br />

    11/02 07:38
    曲阜のホテル「蕨里賓館」の部屋からの眺め。
    左の壁の向こうが孔府かな?

  • こちらはホテルの中庭。

    こちらはホテルの中庭。

  • 08:47<br />蕨里賓館を出発して孔廟へと向かいます。

    08:47
    蕨里賓館を出発して孔廟へと向かいます。

  • 賓舎前の鐘楼街を西(写真の左手)に歩きます。

    賓舎前の鐘楼街を西(写真の左手)に歩きます。

  • 08:49<br />突き当たったところが蕨里街。<br />北に行くと孔府、南に行くと孔廟。孔府側に見えるのは「鐘楼」。<br />土産物屋さんは開店前です。<br />

    08:49
    突き当たったところが蕨里街。
    北に行くと孔府、南に行くと孔廟。孔府側に見えるのは「鐘楼」。
    土産物屋さんは開店前です。

  • 蕨里街を南に行く途中に「徳侔天地坊」があります。<br />向こうが孔廟ですが、ここからは中に入れません。

    蕨里街を南に行く途中に「徳侔天地坊」があります。
    向こうが孔廟ですが、ここからは中に入れません。

  • 一旦城外に出てから、・・・

    一旦城外に出てから、・・・

  • 08:55<br />二林門から入場です。

    08:55
    二林門から入場です。

  • 二林門から入ると、・・・

    二林門から入ると、・・・

  • 料金所です。あまり並んでません。そして、・・・<br />

    料金所です。あまり並んでません。そして、・・・

  • 09:01<br />60歳以上は免費なので入り口はこちらになります。<br />

    09:01
    60歳以上は免費なので入り口はこちらになります。

  • 孔廟、孔府、孔林の三か所通しの入場券。

    孔廟、孔府、孔林の三か所通しの入場券。

  • 孔廟の平面図。<br /><br />大成殿までは、いくつかの「牌坊」、「門」、「殿」が連なっています。<br />大雑把に言うと、<br />牌坊(全声玉振)→櫺星門→牌坊(太和元気坊)→至聖廟→聖時門→聖水橋→弘道門→大中門→同文門→奎文閣→十三碑亭→大成門→杏壇→大成殿<br />と並んでいて大成殿の左右&amp;奥にはさらにいくつかの建物が並んでいます。

    孔廟の平面図。

    大成殿までは、いくつかの「牌坊」、「門」、「殿」が連なっています。
    大雑把に言うと、
    牌坊(全声玉振)→櫺星門→牌坊(太和元気坊)→至聖廟→聖時門→聖水橋→弘道門→大中門→同文門→奎文閣→十三碑亭→大成門→杏壇→大成殿
    と並んでいて大成殿の左右&奥にはさらにいくつかの建物が並んでいます。

  • 09:04<br />牌坊には、「全声玉振」と刻まれています。<br />孔子さんの集大成を称える孟子さんのお言葉が由来だそうな。<br /><br />その向こうに見える赤い門が、・・・<br />

    09:04
    牌坊には、「全声玉振」と刻まれています。
    孔子さんの集大成を称える孟子さんのお言葉が由来だそうな。

    その向こうに見える赤い門が、・・・

  • 櫺星門<br />古代の帝王は祭祀の際まず天上のこの星(櫺星)に対し儀式を行ったそうで孔子もここではこれら帝王と同格ということらしい。

    櫺星門
    古代の帝王は祭祀の際まず天上のこの星(櫺星)に対し儀式を行ったそうで孔子もここではこれら帝王と同格ということらしい。

  • 牌坊「太和元気坊」。<br />

    牌坊「太和元気坊」。

  • 説明板を見ると「太和」は天地、日月、陰陽(=宇宙)が調和する事、「元気」は宇宙の根源は万物の気である事でこれは儒教の教えの根本であるという事らしい。

    説明板を見ると「太和」は天地、日月、陰陽(=宇宙)が調和する事、「元気」は宇宙の根源は万物の気である事でこれは儒教の教えの根本であるという事らしい。

  • 至聖廟<br /><br />至聖=孔子様です。

    至聖廟

    至聖=孔子様です。

  • 聖時門。<br /><br />廟の正門である聖時門は、明代に建てられ、清の雍正帝が、廟の正門と定めて名づけたとの事。

    聖時門。

    廟の正門である聖時門は、明代に建てられ、清の雍正帝が、廟の正門と定めて名づけたとの事。

  • 弘道門が見えて来ました。

    弘道門が見えて来ました。

  • 弘道門<br /><br />弘道門は孔廟の三の門で1377年(明の洪武10年)の創建。<br />弘道とは「人能く道を弘む」という意味だそうな。<br />

    弘道門

    弘道門は孔廟の三の門で1377年(明の洪武10年)の創建。
    弘道とは「人能く道を弘む」という意味だそうな。

  • こちらの橋は、・・・<br />

    こちらの橋は、・・・

  • 説明板には「壁水橋」となっています。<br /><br />明の弘治13年(1500年)に建造され清代に改築されたとの事。<br />

    説明板には「壁水橋」となっています。

    明の弘治13年(1500年)に建造され清代に改築されたとの事。

  • 奎文閣<br /><br />歴代の皇帝から下賜された経書などが収められているとの事。

    奎文閣

    歴代の皇帝から下賜された経書などが収められているとの事。

  • 十三碑亭<br /><br />碑亭が十三あって亭の中に石碑が納められています。

    十三碑亭

    碑亭が十三あって亭の中に石碑が納められています。

  • 碑亭は金代から清代にかけて、石碑は唐代から中華民国時代に建てられ以降53の石碑が現存しているとの事。

    碑亭は金代から清代にかけて、石碑は唐代から中華民国時代に建てられ以降53の石碑が現存しているとの事。

  • 杏壇<br /><br />大成殿の前の庭にあるのは「杏壇」で、ここは孔子が弟子に講学を行ったところ、もともと杏の木の下で教えたといわれることから名づけられたとの事。

    杏壇

    大成殿の前の庭にあるのは「杏壇」で、ここは孔子が弟子に講学を行ったところ、もともと杏の木の下で教えたといわれることから名づけられたとの事。

  • 10:18<br />大成殿<br />最奥の大成殿に到着、孔子様が祀られています。<br />大成殿は孔廟の中心となる建物で、横54m、奥行き34m、高さは32m。<br />孔子の祭祀にあたって犠牲を供える場所でもあるらしい。

    10:18
    大成殿
    最奥の大成殿に到着、孔子様が祀られています。
    大成殿は孔廟の中心となる建物で、横54m、奥行き34m、高さは32m。
    孔子の祭祀にあたって犠牲を供える場所でもあるらしい。

  • 大成殿の中に安置されている孔子の塑像。<br />

    大成殿の中に安置されている孔子の塑像。

  • こちらではおみくじやら線香などが売られています。

    こちらではおみくじやら線香などが売られています。

  • 大成殿でお参りを済ませホテルに帰って出発の準備です。<br />

    大成殿でお参りを済ませホテルに帰って出発の準備です。

  • 大成殿近くには入出口が無いので元の出入り口へと戻ります。

    大成殿近くには入出口が無いので元の出入り口へと戻ります。

  • 10:37<br />蕨里街まで戻って北に行くと、・・・<br />

    10:37
    蕨里街まで戻って北に行くと、・・・

  • 両側の土産物屋さんがすでに店を開いています。

    両側の土産物屋さんがすでに店を開いています。

  • しかし、まだあまりお客さんはいないようです。

    しかし、まだあまりお客さんはいないようです。

  • 鐘楼の下をくぐると、<br />

    鐘楼の下をくぐると、

  • 10:40<br />孔府(孔子の直系子孫と その家族が住んだ邸宅)の入り口。<br />孔子を祭祀する孔廟の東側に位置してます。<br /><br />孔府は昨日なんとなく通過したので本日は、スルーです。<br /><br />

    10:40
    孔府(孔子の直系子孫と その家族が住んだ邸宅)の入り口。
    孔子を祭祀する孔廟の東側に位置してます。

    孔府は昨日なんとなく通過したので本日は、スルーです。

  • 10:52<br />鼓楼街を南下したところに曲阜明故城という城楼があるようなので見に行きます。<br /><br />途中鼓楼南街にあったなんとなく趣のある中国農業銀行の建物。

    10:52
    鼓楼街を南下したところに曲阜明故城という城楼があるようなので見に行きます。

    途中鼓楼南街にあったなんとなく趣のある中国農業銀行の建物。

  • 曲阜明故城が見えて来ました。

    曲阜明故城が見えて来ました。

  • 10:54<br />明代建築の城楼、この中が曲阜故城となり孔廟、孔府などがある世界文化遺産地区となっている。<br /><br />曲阜明故城を見てホテルに帰り、タクシーで曲阜東駅に行き、高鉄で北京へ向かいます。

    10:54
    明代建築の城楼、この中が曲阜故城となり孔廟、孔府などがある世界文化遺産地区となっている。

    曲阜明故城を見てホテルに帰り、タクシーで曲阜東駅に行き、高鉄で北京へ向かいます。

  • 曲阜東駅待合室

    曲阜東駅待合室

  • 曲阜東駅12:09発の高鉄G352に乗車。<br /><br />北京南には14:33着。

    曲阜東駅12:09発の高鉄G352に乗車。

    北京南には14:33着。

  • 北京南で地下鉄4号線に乗る。<br /><br />やはり荷物の安全検査があります。

    北京南で地下鉄4号線に乗る。

    やはり荷物の安全検査があります。

  • 北京の地下鉄4号線。

    北京の地下鉄4号線。

  • 宣武門駅で降りて駅そばのホテル「宣武門商務酒店」にチェックイン。<br /><br />明日は1日北京市市内を一人で散策です。<br />

    宣武門駅で降りて駅そばのホテル「宣武門商務酒店」にチェックイン。

    明日は1日北京市市内を一人で散策です。

この旅行記のタグ

7いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

中国で使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
中国最安 299円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

中国の料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集