エアーズロック 旅行記(ブログ) 一覧に戻る
オーストラリア大陸のど真ん中、荒涼とした赤土の荒野にポツンと佇む一枚岩の巨岩、エアーズロック(ウルル)。<br /><br />シドニーから飛行機に乗って見に行ってきました。

はじめてのオーストラリア 【5】 エアーズロック

23いいね!

2017/11/12 - 2017/11/14

83位(同エリア691件中)

    60

    オーストラリア大陸のど真ん中、荒涼とした赤土の荒野にポツンと佇む一枚岩の巨岩、エアーズロック(ウルル)。

    シドニーから飛行機に乗って見に行ってきました。

    同行者
    一人旅
    利用旅行会社
    個別手配

    PR

    • 11月12日(日)、シドニーの宿を7時頃にチェックアウトしてサーキュラーキーから空港行きの電車(Airport Link)に乗って20分弱、8時前には国内線ターミナル(T2)に着きました。<br />ここからエアーズロックへ飛びます。<br /><br />ゴールドコースト空港でもそうだったけど、シドニー空港でもパスポートをスキャンさせてセルフチェックインをする。<br />英語画面だと今一つ理解できないので、どうもこれは苦手です。<br /><br />セキュリティチェックを抜けて出発フロアに出ると、さっそく「Bistro 2020 &amp; Bar」に入りました。プライオリティパスカードで$36(\3,276)分飲食できる。<br /><br />カウンターで「Big Breakfast」($22)と生ビール(スクーナー)の「Carlton Draught」($11.5)を注文。<br />窓辺に座り、飛行機を眺めながらいただきました。

      11月12日(日)、シドニーの宿を7時頃にチェックアウトしてサーキュラーキーから空港行きの電車(Airport Link)に乗って20分弱、8時前には国内線ターミナル(T2)に着きました。
      ここからエアーズロックへ飛びます。

      ゴールドコースト空港でもそうだったけど、シドニー空港でもパスポートをスキャンさせてセルフチェックインをする。
      英語画面だと今一つ理解できないので、どうもこれは苦手です。

      セキュリティチェックを抜けて出発フロアに出ると、さっそく「Bistro 2020 & Bar」に入りました。プライオリティパスカードで$36(\3,276)分飲食できる。

      カウンターで「Big Breakfast」($22)と生ビール(スクーナー)の「Carlton Draught」($11.5)を注文。
      窓辺に座り、飛行機を眺めながらいただきました。

    • もう1カ所の「MoVida」でもう一杯。

      もう1カ所の「MoVida」でもう一杯。

    • シドニー10:30発でエアーズロック12:30着のジェットスターJQ660便。<br />所要3時間30分。運賃は\19,136。<br />エアーズロックでは、シドニー時間から1時間30分戻さないといけないのでややこしい。<br /><br />飛行機の窓から、あの一枚岩のエアーズロック(ウルル)が見えてきました。<br />高さ348m、周囲9.4kmの、砂漠の中にポツンと鎮座するかのような岩の塊。<br /><br />何の変哲もない大きな岩、と言ってしまえばそれまでですが、先住民のアボリジニにとっては昔から聖地として崇められていた所で、1873年にイギリスの探検家ウィリアム・ゴスによって発見され、当時の南オーストラリア植民地総督「ヘンリー・エアーズ」にちなんで「エアーズロック」と名付けられたそうです。<br />その後1950年代からオーストラリア政府による観光事業が進められ、今ではオーストラリア有数の観光スポットになっているとのこと。<br /><br />ってなわけで、冥途のみやげに一度見ておこうかと思いやってきた次第です。<br /><br />それにしても不思議に思うのは、ふつうは発見者(発見といっても西洋人の論理であるわけですが)の名前がつけられると思うんですが、何か力関係が働いたのかな。まあ、ゴスよりもエアーズの方が言葉の響きとしては聞こえがいいですがね。

      シドニー10:30発でエアーズロック12:30着のジェットスターJQ660便。
      所要3時間30分。運賃は\19,136。
      エアーズロックでは、シドニー時間から1時間30分戻さないといけないのでややこしい。

      飛行機の窓から、あの一枚岩のエアーズロック(ウルル)が見えてきました。
      高さ348m、周囲9.4kmの、砂漠の中にポツンと鎮座するかのような岩の塊。

      何の変哲もない大きな岩、と言ってしまえばそれまでですが、先住民のアボリジニにとっては昔から聖地として崇められていた所で、1873年にイギリスの探検家ウィリアム・ゴスによって発見され、当時の南オーストラリア植民地総督「ヘンリー・エアーズ」にちなんで「エアーズロック」と名付けられたそうです。
      その後1950年代からオーストラリア政府による観光事業が進められ、今ではオーストラリア有数の観光スポットになっているとのこと。

      ってなわけで、冥途のみやげに一度見ておこうかと思いやってきた次第です。

      それにしても不思議に思うのは、ふつうは発見者(発見といっても西洋人の論理であるわけですが)の名前がつけられると思うんですが、何か力関係が働いたのかな。まあ、ゴスよりもエアーズの方が言葉の響きとしては聞こえがいいですがね。

    • 飛行機を降りて少し歩き、小さなエアーズロック空港の建物に入って受託手荷物を受け取りましたが、バゲッジクレイムのベルトが動き始めるまでかなり時間がかかりました。<br /><br />空港前には無料で各ホテルへ送り届けてくれるAATキングスのシャトルバスが、行き先別に3台停まっていて、バスの横にホテル名を記したプレートがあり、一番うしろのバスに乗り込みました。

      飛行機を降りて少し歩き、小さなエアーズロック空港の建物に入って受託手荷物を受け取りましたが、バゲッジクレイムのベルトが動き始めるまでかなり時間がかかりました。

      空港前には無料で各ホテルへ送り届けてくれるAATキングスのシャトルバスが、行き先別に3台停まっていて、バスの横にホテル名を記したプレートがあり、一番うしろのバスに乗り込みました。

      エアーズロック空港 (AYQ) 空港

    • 空港から10分ちょっとで「Outback Pioneer Hotel Ayers Rock」に到着。<br /><br />まだ13時過ぎでしたがチェックインして部屋に入ることができてよかった。<br />デポジットとして$20。<br /><br />赤土の敷地の中に、個室やドミトリーの棟が点在する高級感のぜんぜんないホテルですが、個室部屋の宿泊料はかなり高い。

      空港から10分ちょっとで「Outback Pioneer Hotel Ayers Rock」に到着。

      まだ13時過ぎでしたがチェックインして部屋に入ることができてよかった。
      デポジットとして$20。

      赤土の敷地の中に、個室やドミトリーの棟が点在する高級感のぜんぜんないホテルですが、個室部屋の宿泊料はかなり高い。

      アウトバック パイオニア ホテル ホテル

    • エアーズロックのホテルを予約しようとしてビックリしたのがホテルの宿泊料の高さ。<br />唯一このホテルにあるドミトリーだけが1泊4千円くらいと安い。<br />私なんかもうここしか選択肢がありません。<br /><br />ATS(Australian Tour Specialists)で予約したドミトリー(4人部屋)は、3泊で$132(\11,686)。<br />ここでも下段のベッドになって助かりました。<br />しかし、シドニーのドミトリーのあとだけにこの窮屈さはちょっとねぇ・・・。<br />しかもロッカーもなく、荷物の置き場所もあまりない。<br />まあ辛抱するしかないか。

      エアーズロックのホテルを予約しようとしてビックリしたのがホテルの宿泊料の高さ。
      唯一このホテルにあるドミトリーだけが1泊4千円くらいと安い。
      私なんかもうここしか選択肢がありません。

      ATS(Australian Tour Specialists)で予約したドミトリー(4人部屋)は、3泊で$132(\11,686)。
      ここでも下段のベッドになって助かりました。
      しかし、シドニーのドミトリーのあとだけにこの窮屈さはちょっとねぇ・・・。
      しかもロッカーもなく、荷物の置き場所もあまりない。
      まあ辛抱するしかないか。

    • 部屋のすぐ近くに、ウルルが遠くに見える展望台への道があります。<br /><br />それよりもまずはビール。<br />

      部屋のすぐ近くに、ウルルが遠くに見える展望台への道があります。

      それよりもまずはビール。

    • さっそくBarに行って生ビールで喉を潤しました。

      さっそくBarに行って生ビールで喉を潤しました。

    • エアーズロックへの送迎車「Uluru Hop On Hop Off」の「Uluru Return($49)」のチケットを手に入れようと思い、ホテルフロントに行くと、今朝から通信障害が起きていて電話もネットも使えないので、ホテルからは「Uluru Hop On Hop Off」の予約ができない、と言います。<br />※英語がダメな私では男性スタッフとのやり取りで要領を得なかったので、あまり評判がよくないらしい日本人女性スタッフに聞いて、日本語で教えてもらうことができました。<br /><br />スマホもぜんぜんネットにつながらなかったので、エアーズロックでは電波が届かないのかと思っていました。(夕方頃には復旧してスマホもネットにつながるようになった)<br /><br />それで、「ツアー&インフォメーションセンター」に行けばチケットを買えるとのことだったので、ショートカットの赤土の道を歩いて行きました。<br />宿からインフォメーションセンターまで10数分。

      エアーズロックへの送迎車「Uluru Hop On Hop Off」の「Uluru Return($49)」のチケットを手に入れようと思い、ホテルフロントに行くと、今朝から通信障害が起きていて電話もネットも使えないので、ホテルからは「Uluru Hop On Hop Off」の予約ができない、と言います。
      ※英語がダメな私では男性スタッフとのやり取りで要領を得なかったので、あまり評判がよくないらしい日本人女性スタッフに聞いて、日本語で教えてもらうことができました。

      スマホもぜんぜんネットにつながらなかったので、エアーズロックでは電波が届かないのかと思っていました。(夕方頃には復旧してスマホもネットにつながるようになった)

      それで、「ツアー&インフォメーションセンター」に行けばチケットを買えるとのことだったので、ショートカットの赤土の道を歩いて行きました。
      宿からインフォメーションセンターまで10数分。

    • 「Uluru Hop On Hop Off」の「Uluru Return($49)」チケットと国立公園の入園券($25)を無事ゲットし、「ツアー&インフォメーションセンター」のすぐそばにある唯一のスーパー(IGA)で、水やバナナ、TimTam(チョコレートビスケット菓子)を買って、雲行きの怪しい空の下、赤土の道を戻っていきました。

      「Uluru Hop On Hop Off」の「Uluru Return($49)」チケットと国立公園の入園券($25)を無事ゲットし、「ツアー&インフォメーションセンター」のすぐそばにある唯一のスーパー(IGA)で、水やバナナ、TimTam(チョコレートビスケット菓子)を買って、雲行きの怪しい空の下、赤土の道を戻っていきました。

    • 16時半頃、ドミトリーの部屋からすぐ近くにある展望台(Pioneer Lookout:それほど高い位置にあるわけではないけど)に行きました。<br /><br />展望台から南へ直線で約12kmの所に位置するエアーズロックが見えます。<br />エアーズロックの左横の、筋のようなもやは、その部分に雨が降っているとのこと。<br />時どき、このように移動しながらピンポイントで雨を降らせます。

      16時半頃、ドミトリーの部屋からすぐ近くにある展望台(Pioneer Lookout:それほど高い位置にあるわけではないけど)に行きました。

      展望台から南へ直線で約12kmの所に位置するエアーズロックが見えます。
      エアーズロックの左横の、筋のようなもやは、その部分に雨が降っているとのこと。
      時どき、このように移動しながらピンポイントで雨を降らせます。

    • 展望台の柵の上にとまっていた、頭の毛がハードジェルで固めたように立っているこの鳥、調べたら「レンジャクバト(Crested Pigeon)」という鳥で鳩の仲間だそうです。<br />立っている頭の毛は「冠毛(かんもう:冠羽ともいう)」と言うそうです。<br /><br />見つめ合う鳩。<br />やがて、人目もはばからずいちゃつき始める。

      展望台の柵の上にとまっていた、頭の毛がハードジェルで固めたように立っているこの鳥、調べたら「レンジャクバト(Crested Pigeon)」という鳥で鳩の仲間だそうです。
      立っている頭の毛は「冠毛(かんもう:冠羽ともいう)」と言うそうです。

      見つめ合う鳩。
      やがて、人目もはばからずいちゃつき始める。

    • エアーズロック2日目の朝、7時半にホテル前にピックアップに来た「Uluru Hop On Hop Off」の小型バスに乗って、私はカルチュラルセンター(Uluru-Kata Tjuta Cultural Centre)で降りました。<br /><br />エアーズロック(ウルル)の場合、4カ所の「Uluru Hop On Hop Off」のDrop Off&amp;Pick Up Pointがあって本数の少ない決められた時間スケジュールで運行しており、チケットを購入する時にあらかじめ、行きと帰りの場所と時間を指定して予約する形となります。

      エアーズロック2日目の朝、7時半にホテル前にピックアップに来た「Uluru Hop On Hop Off」の小型バスに乗って、私はカルチュラルセンター(Uluru-Kata Tjuta Cultural Centre)で降りました。

      エアーズロック(ウルル)の場合、4カ所の「Uluru Hop On Hop Off」のDrop Off&Pick Up Pointがあって本数の少ない決められた時間スケジュールで運行しており、チケットを購入する時にあらかじめ、行きと帰りの場所と時間を指定して予約する形となります。

    • 周囲9.4kmの巨大な一枚岩のウルルを間近に見ながら歩いて一回り。<br />カルチュラルセンターを出て、右回りにエアーズロックを一周します。<br /><br />8時40分、まずはリル・ウォーク(Liru Walk)のコースへと進んでいきました。

      周囲9.4kmの巨大な一枚岩のウルルを間近に見ながら歩いて一回り。
      カルチュラルセンターを出て、右回りにエアーズロックを一周します。

      8時40分、まずはリル・ウォーク(Liru Walk)のコースへと進んでいきました。

    • 所どころに「Uluru Walking Tracks」の表示があり、現在場所がわかるので助かります。

      所どころに「Uluru Walking Tracks」の表示があり、現在場所がわかるので助かります。

    • 朝の9時前、まだこの時間帯は暑くはなく、草や低木の木々が生い茂るリル・ウォークの人も少ない静かなウォーキングコースを、小鳥のさえずりを聞きながらウルルの方へ向かって進みます。<br /><br />朝方に雨が降ったので所どころに水たまりがありました。

      朝の9時前、まだこの時間帯は暑くはなく、草や低木の木々が生い茂るリル・ウォークの人も少ない静かなウォーキングコースを、小鳥のさえずりを聞きながらウルルの方へ向かって進みます。

      朝方に雨が降ったので所どころに水たまりがありました。

    • 何やら小さな壺のような形の、中が空洞のようになっている実をつけた木が所々にあり、地面にいっぱい実が落ちていました。<br /><br />※ただウルルの周りを歩いて回っただけの、何の変哲もないたいくつな動画です。<br />例によって、雰囲気だけでも。<br /><ウルルを歩く リル・ウォーク><br />https://www.youtube.com/watch?v=-076BpQW2jA

      何やら小さな壺のような形の、中が空洞のようになっている実をつけた木が所々にあり、地面にいっぱい実が落ちていました。

      ※ただウルルの周りを歩いて回っただけの、何の変哲もないたいくつな動画です。
      例によって、雰囲気だけでも。
      <ウルルを歩く リル・ウォーク>
      https://www.youtube.com/watch?v=-076BpQW2jA

    • 約2kmのリル・ウォークを抜けてウルル登山口に出てきました。<br />この日は登山禁止。<br /><br />先住民・アボリジニたちにとっての聖地・ウルル。<br />登らないでほしいという彼らの要望をようやく政府が受け入れる形となり、2019年10月26日から完全に登山禁止となるそうです。

      約2kmのリル・ウォークを抜けてウルル登山口に出てきました。
      この日は登山禁止。

      先住民・アボリジニたちにとっての聖地・ウルル。
      登らないでほしいという彼らの要望をようやく政府が受け入れる形となり、2019年10月26日から完全に登山禁止となるそうです。

    • 登山口の前を横切って、今度は「マラ・ウォーク(Mala Walk)」に入ります。

      登山口の前を横切って、今度は「マラ・ウォーク(Mala Walk)」に入ります。

    • 岩の間に、太陽の反射で白っぽく見えるのは雨が流れ落ちた跡。<br />雨が降るたびに岩肌の溝を滝のように雨が流れ落ち、バクテリア繁殖や苔などで黒い筋となって残ったりするとのこと。

      岩の間に、太陽の反射で白っぽく見えるのは雨が流れ落ちた跡。
      雨が降るたびに岩肌の溝を滝のように雨が流れ落ち、バクテリア繁殖や苔などで黒い筋となって残ったりするとのこと。

    1件目~20件目を表示(全60件中)

    この旅行記のタグ

      23いいね!

      利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

      ピックアップ特集

      オーストラリアで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

      フォートラベル GLOBAL WiFiなら
      オーストラリア最安 479円/日~

      • 空港で受取・返却可能
      • お得なポイントがたまる

      オーストラリアの料金プランを見る

      フォートラベル公式LINE@

      おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
      QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

      \その他の公式SNSはこちら/

      エアーズロック(オーストラリア) で人気のタグ

      この旅行記の地図

      拡大する


      PAGE TOP

      ピックアップ特集