スノーウィマウンテンズ周辺 旅行記(ブログ) 一覧に戻る
日本の夏は暑いです。暑すぎです!<br /><br />なので、オーストラリアのスノーウィーマウンテンズにある南半球最大のスキー場「ペリッシャー」に行って涼んできました。<br /><br />2008年以来ですが、相変わらず広いスキー場でしたねー!<br /><br />スノボーの藤森由香選手が居ました!! めっちゃカワイイですね。<br /><br /><br />旅の詳細はこちらをご覧ください。<br />http://soleil1969.com/ski/16Oz/16_pe.html

海外スキー 暑い夏をスキーで涼む旅  Day1 ペリッシャー編

46いいね!

2016/08/13 - 2016/08/23

3位(同エリア7件中)

日本の夏は暑いです。暑すぎです!

なので、オーストラリアのスノーウィーマウンテンズにある南半球最大のスキー場「ペリッシャー」に行って涼んできました。

2008年以来ですが、相変わらず広いスキー場でしたねー!

スノボーの藤森由香選手が居ました!! めっちゃカワイイですね。


旅の詳細はこちらをご覧ください。
http://soleil1969.com/ski/16Oz/16_pe.html

同行者
一人旅
一人あたり費用
25万円 - 30万円
交通手段
レンタカー 徒歩
航空会社
JAL
利用旅行会社
個別手配
旅行の満足度
4.5
観光
4.5
グルメ
3.0
ショッピング
2.5
交通
3.0

PR

  • 最初に載ったビレッジ8高速リフトからの眺め。<br />左前には、レッドブルのパークがあり、イベントをやっていましたね。<br /><br />日本からは藤森選手ご一行が見えました。

    最初に載ったビレッジ8高速リフトからの眺め。
    左前には、レッドブルのパークがあり、イベントをやっていましたね。

    日本からは藤森選手ご一行が見えました。

    ペリッシャースキーリゾート アクティビティ・乗り物体験

    南半球最大の規模を誇るスキーリゾートby 肉団子さん
  • トラバース~

    トラバース~

  • ペリッシャー山トリプルリフトに載ります。<br />オーストラリアのスキー場って結構混むんですよねー

    ペリッシャー山トリプルリフトに載ります。
    オーストラリアのスキー場って結構混むんですよねー

  • ペリッシャー山ゲレンデに向かいます。<br />なんだかテンションが上がってきました。

    ペリッシャー山ゲレンデに向かいます。
    なんだかテンションが上がってきました。

  • リフトの途中から裏ペリッシャー山 2014mを見る!

    リフトの途中から裏ペリッシャー山 2014mを見る!

  • 気分が良い!GS Bowl、Side Winder、Towers Runコースを見ています。

    気分が良い!GS Bowl、Side Winder、Towers Runコースを見ています。

  • 広いね!

    広いね!

  • サンアタァッッッッック!!

    サンアタァッッッッック!!

  • リフト乗場方向!平原が見えます。

    リフト乗場方向!平原が見えます。

  • 頂上へ到着。裏ペリッシャー山を見る。

    頂上へ到着。裏ペリッシャー山を見る。

  • リフト山頂駅を見る。自然と索道の景色は個人的に好きです。

    リフト山頂駅を見る。自然と索道の景色は個人的に好きです。

  • 広いね~

    広いね~

  • 出だしには、岩場があります。

    出だしには、岩場があります。

  • 正面の北西方向には雪山連峰(名称不明)があります。<br />こういうスキーコースサインと雪山バックボードの合わせがイイ!!

    正面の北西方向には雪山連峰(名称不明)があります。
    こういうスキーコースサインと雪山バックボードの合わせがイイ!!

  • 向こうもスキー場にしたらよいのに・・・

    向こうもスキー場にしたらよいのに・・・

  • 上の写真の右横の眺め

    上の写真の右横の眺め

  • さらに右!

    さらに右!

  • ちょっと進んで裏ペリッシャー山をアップで!

    ちょっと進んで裏ペリッシャー山をアップで!

  • Vistaコースというなんとも緩やかなコースを滑る。

    Vistaコースというなんとも緩やかなコースを滑る。

  • 先ほどあった岩場!

    先ほどあった岩場!

  • Vistaコースを降ります。<br />このスキー場は、ほぼ中緩斜面だねぇ~

    Vistaコースを降ります。
    このスキー場は、ほぼ中緩斜面だねぇ~

  • 降りてきたコースを振り返る。岩場の間を滑られると良かったのに・・・

    降りてきたコースを振り返る。岩場の間を滑られると良かったのに・・・

  • オリンピックTバーで、このスキー場の最もテクニカルなコースへ行きます。<br /><br />日本ではもうほぼなくなってしまったTバーです。先輩トラベラーの方々の中には懐かしく思われる方もおいででしょう!!

    オリンピックTバーで、このスキー場の最もテクニカルなコースへ行きます。

    日本ではもうほぼなくなってしまったTバーです。先輩トラベラーの方々の中には懐かしく思われる方もおいででしょう!!

  • オリンピックTバー乗場から平原を見る。

    オリンピックTバー乗場から平原を見る。

  • このTバー!なんとほぼ90°ターンをかまします!!

    このTバー!なんとほぼ90°ターンをかまします!!

  • もうすぐで到着!!

    もうすぐで到着!!

  • Tバーの途中から平原を見る!

    Tバーの途中から平原を見る!

  • もうチョイ!!

    もうチョイ!!

  • 山頂へ到着しました。振り返ると降りてきたペリッシャー山が見えます。

    山頂へ到着しました。振り返ると降りてきたペリッシャー山が見えます。

  • 一応コブ斜面ですが、斜度は無いので怖くありません。<br />(こんな強気ですが、こぶ斜面を普通に滑りおりるスキルは、まったく持ち合わせておりません。)

    一応コブ斜面ですが、斜度は無いので怖くありません。
    (こんな強気ですが、こぶ斜面を普通に滑りおりるスキルは、まったく持ち合わせておりません。)

  • 長野県白馬コルチナの稗田コースの方がよっぽどか恐ろしい!<br />Olympic、Doglegコースです。<br /><br />

    長野県白馬コルチナの稗田コースの方がよっぽどか恐ろしい!
    Olympic、Doglegコースです。

  • リゾートセンター側

    リゾートセンター側

  • コース途中から裏ペリッシャー山を見る。<br />やはり全然怖くないコースだ・・・

    コース途中から裏ペリッシャー山を見る。
    やはり全然怖くないコースだ・・・

  • こちらはペリッシャー山

    こちらはペリッシャー山

  • Dogleg上級コースとやらから見るペリッシャー山

    Dogleg上級コースとやらから見るペリッシャー山

  • かなり下に降りてきました。

    かなり下に降りてきました。

  • このリゾートのベース部が見えます。

    このリゾートのベース部が見えます。

  • ま、間違えた!!<br /><br />前の写真のベース部へ行くつもりが、またペリッシャー山ゲレンデのベース部へ向かってしまった・・・<br /><br />海外スキー場のコースは広いので、トレイルマップ(コースマップ)通りにスベッても目的地に着かない事が良くあります。

    ま、間違えた!!

    前の写真のベース部へ行くつもりが、またペリッシャー山ゲレンデのベース部へ向かってしまった・・・

    海外スキー場のコースは広いので、トレイルマップ(コースマップ)通りにスベッても目的地に着かない事が良くあります。

  • 今度は、ペリッシャー山ダブルリフトへ!<br />遅いです。また老朽化が始まっているリフトです。

    今度は、ペリッシャー山ダブルリフトへ!
    遅いです。また老朽化が始まっているリフトです。

  • スノーガン!!

    スノーガン!!

  • オープンゲレンデが面白そう!<br /><br />こういうのは森林限界コースと欧州では言われますが、ここは標高が低い(トップで2,054m)ので、おそらく伐採してコース整備したものと思われます。

    オープンゲレンデが面白そう!

    こういうのは森林限界コースと欧州では言われますが、ここは標高が低い(トップで2,054m)ので、おそらく伐採してコース整備したものと思われます。

  • 日焼け注意!

    日焼け注意!

  • 裏ペリッシャーサイドを見ます。

    裏ペリッシャーサイドを見ます。

  • 山頂からの景色

    山頂からの景色

  • 山頂からの景色、パノラマで!

    山頂からの景色、パノラマで!

  • 山頂からの景色、裏ペリッシャー側。

    山頂からの景色、裏ペリッシャー側。

  • 岩場。先ほどのとは異なります。

    岩場。先ほどのとは異なります。

  • リフト山頂駅。

    リフト山頂駅。

  • こちらはダブルリフトと雪山景色の合わせ景です。<br /><br />トレイルマップというとチェアリフトではオーストラリアで最も高い位置にあるという案内が出ています。<br /><br />この周辺のスキー場は、そんな標記が多い。うちが最も高い!いやうちの○○のほうが・・・ いやいやいや・・・みたいな感じです。 まるで大阪?

    こちらはダブルリフトと雪山景色の合わせ景です。

    トレイルマップというとチェアリフトではオーストラリアで最も高い位置にあるという案内が出ています。

    この周辺のスキー場は、そんな標記が多い。うちが最も高い!いやうちの○○のほうが・・・ いやいやいや・・・みたいな感じです。 まるで大阪?

  • Shiftyコースを目指します。

    Shiftyコースを目指します。

  • 岩場の間を滑られるのは楽しいのですが、斜度が・・・ゆるい・・・

    岩場の間を滑られるのは楽しいのですが、斜度が・・・ゆるい・・・

  • ゆるいコースだけど、岩の間を滑るのはちょっと気分が良い!

    ゆるいコースだけど、岩の間を滑るのはちょっと気分が良い!

  • 途中からの景色、シャーロットパスというもうひとつのスキー場がある方向を見ています。

    途中からの景色、シャーロットパスというもうひとつのスキー場がある方向を見ています。

  • 滑ってきた平たいコースを振り返ると!<br />暑かったです。

    滑ってきた平たいコースを振り返ると!
    暑かったです。

  • 中斜面のワイドバーンです。<br />しばらく雪が降っていないので、硬めです。

    中斜面のワイドバーンです。
    しばらく雪が降っていないので、硬めです。

  • 少し下がってそこから撮った写真

    少し下がってそこから撮った写真

  • 天気が良すぎです。

    天気が良すぎです。

  • 下に降るにつれ岩場もだんだんなくなってきました。

    下に降るにつれ岩場もだんだんなくなってきました。

  • 調子に乗ってたら、雪が少ない所へ入ってしまい、板裏が・・・・

    調子に乗ってたら、雪が少ない所へ入ってしまい、板裏が・・・・

  • なんていう植物なんでしょう?日本には無いですね。

    なんていう植物なんでしょう?日本には無いですね。

  • 岩場スキー!

    岩場スキー!

  • 岩場の間も段々飽きてきました。

    岩場の間も段々飽きてきました。

  • やや斜度が出てきたので、ちょっと楽しい。

    やや斜度が出てきたので、ちょっと楽しい。

  • ベース部まで降りてきましたねー!

    ベース部まで降りてきましたねー!

  • ツリー&ロックスキーですね。

    ツリー&ロックスキーですね。

  • Tバーリフトで連なっています。

    Tバーリフトで連なっています。

  • ペリッシャー山のベース部に戻ってきました。

    ペリッシャー山のベース部に戻ってきました。

  • お昼は、もっとちゃんとしたものが食べたかったのですが、コース取りを間違えたので、ファストフード店になってしまいました。

    お昼は、もっとちゃんとしたものが食べたかったのですが、コース取りを間違えたので、ファストフード店になってしまいました。

    パウダーイン 地元の料理

    簡単なゲレ食by 肉団子さん
  • ここで番号ではなく、名前を伝えて呼んでもらうシステムです!!<br />ちょっと勇気がいりましたねー!

    ここで番号ではなく、名前を伝えて呼んでもらうシステムです!!
    ちょっと勇気がいりましたねー!

  • フィッシュクリスピー!<br />意外とイケました!!

    フィッシュクリスピー!
    意外とイケました!!

  • 再度、トリプルリフトからオリンピックTバーへ乗り継ぎ裏ペリッシャー、ガッサ、ブルーカウエリアへ向かいます。 Tバーリフトの後ろはこんな感じです。

    再度、トリプルリフトからオリンピックTバーへ乗り継ぎ裏ペリッシャー、ガッサ、ブルーカウエリアへ向かいます。 Tバーリフトの後ろはこんな感じです。

  • オリンピック → ゴーズガリー を降っていきます。<br />途中途中にあるツリースキーが楽しい!!

    オリンピック → ゴーズガリー を降っていきます。
    途中途中にあるツリースキーが楽しい!!

  • ペリッシャークワッドエクスプレスリフトに載ってBack Perisher Mtn 2,014mを目指します。

    ペリッシャークワッドエクスプレスリフトに載ってBack Perisher Mtn 2,014mを目指します。

  • 山頂からの景色。山とリフトの合わせ景ってほんといいなぁ~

    山頂からの景色。山とリフトの合わせ景ってほんといいなぁ~

  • 山頂駅のやや左方向の様子

    山頂駅のやや左方向の様子

  • ガッサガ、ブルーカウエリア方向をみています。<br />昔来た時よりも雪が多いですね~

    ガッサガ、ブルーカウエリア方向をみています。
    昔来た時よりも雪が多いですね~

  • ブルーカウホームトレイルコースからの眺め。正面にブルーカウ1994mが見えます。

    ブルーカウホームトレイルコースからの眺め。正面にブルーカウ1994mが見えます。

  • 所々に奇岩が・・・

    所々に奇岩が・・・

  • ゴン太くん?? ンゴォ!

    ゴン太くん?? ンゴォ!

  • 左にコジオスコ山 2,228m、中央にタウンセンド山 2,210mが見ます。

    左にコジオスコ山 2,228m、中央にタウンセンド山 2,210mが見ます。

  • Pleasant View Trailを進みます。ガッサガピーク(Guthega 1924m)が見えます。

    Pleasant View Trailを進みます。ガッサガピーク(Guthega 1924m)が見えます。

  • こちらは・・・なんの山だっけ・・・

    こちらは・・・なんの山だっけ・・・

  • Freedom Quad Chair Liftに載り、ガッサガピークまで登ります。

    Freedom Quad Chair Liftに載り、ガッサガピークまで登ります。

  • 中級のブラッディーマリーコースです。名前が血まみれマリーなのに、中級コースです。

    中級のブラッディーマリーコースです。名前が血まみれマリーなのに、中級コースです。

  • スノーウィーマウンテンズを見ています。あっちにもスキー場があると良いのに!

    スノーウィーマウンテンズを見ています。あっちにもスキー場があると良いのに!

  • やはりリフトと冬山の景色は個人的に大好きです。

    やはりリフトと冬山の景色は個人的に大好きです。

  • ブルーカウウェイでブルーカウに行きます。なんだかウザい標記・・・

    ブルーカウウェイでブルーカウに行きます。なんだかウザい標記・・・

  • ザ・スクリューという上級コースがあります。<br />が、ここも大した事がありません。

    ザ・スクリューという上級コースがあります。
    が、ここも大した事がありません。

  • 岩の上にも看板

    岩の上にも看板

  • メインのBack Perisher Mtnサイドを見ています。

    メインのBack Perisher Mtnサイドを見ています。

  • どこだだったっけ??

    どこだだったっけ??

  • Blue Cow と Back Perisher の合流点です。

    Blue Cow と Back Perisher の合流点です。

  • ブルーカウサイドをみる。

    ブルーカウサイドをみる。

  • 上の写真の左側

    上の写真の左側

  • Pleasant Valley Quad Chair リフトに載っています。<br />この時、まさかiPhoneを落とすとは・・・

    Pleasant Valley Quad Chair リフトに載っています。
    この時、まさかiPhoneを落とすとは・・・

  • 慌てて取に行きました。 リフト下は岩場になっていましたが、なんとか雪のある所だったので、スベッて取に行けました。良かったぁ~!!<br /><br />この時、リフトに載っているいろいろな人達がアッチ!アッチ!!と教えてくれたのがうれしかったですねー!

    慌てて取に行きました。 リフト下は岩場になっていましたが、なんとか雪のある所だったので、スベッて取に行けました。良かったぁ~!!

    この時、リフトに載っているいろいろな人達がアッチ!アッチ!!と教えてくれたのがうれしかったですねー!

  • 今度はブルーカウのクワッドリフトに載り山頂へ!

    今度はブルーカウのクワッドリフトに載り山頂へ!

  • 山頂は真っ平で開けてます。

    山頂は真っ平で開けてます。

  • おぉ~

    おぉ~

  • でました!海外のスキー場で結構ハードなコースは、「カミカゼ」というネームが多いんですよ~!! フランスでもスイスでもイタリアでもありましたね。<br /><br />このコースを調子に乗っていたら、カリカリの所であぁ~ってなってしまいました。

    でました!海外のスキー場で結構ハードなコースは、「カミカゼ」というネームが多いんですよ~!! フランスでもスイスでもイタリアでもありましたね。

    このコースを調子に乗っていたら、カリカリの所であぁ~ってなってしまいました。

  • 再度、プリーザントバレークワッドに載り、下山します。

    再度、プリーザントバレークワッドに載り、下山します。

  • しかし、どう帰れば良いのかさっぱり・・・広いとこうなりますね。

    しかし、どう帰れば良いのかさっぱり・・・広いとこうなりますね。

  • Back Perisher Mtnを横目に下山開始。

    Back Perisher Mtnを横目に下山開始。

  • ツリースキーが面白い!! カッパーヘッドロードコースを滑り降り、最後のスキーエリア「スミギン ホールズ」へ向かいます。

    ツリースキーが面白い!! カッパーヘッドロードコースを滑り降り、最後のスキーエリア「スミギン ホールズ」へ向かいます。

  • Smiggin Holes スキー場へ来ました。 パイパーTバーリフトです。

    Smiggin Holes スキー場へ来ました。 パイパーTバーリフトです。

    スミギン ホールズ スキーリゾート 山・渓谷

    斑尾ぐらいの規模のスキー場by 肉団子さん
  • トレイルコースです。

    トレイルコースです。

  • こちらのゲレンデは全然雪が無く、自前の板(裏)が悲鳴を上げていました。

    こちらのゲレンデは全然雪が無く、自前の板(裏)が悲鳴を上げていました。

  • 上部方向を見る。ほとんど人がいません。みんなペリッシャーのメインゲレンデに行ってしまっています。

    上部方向を見る。ほとんど人がいません。みんなペリッシャーのメインゲレンデに行ってしまっています。

  • とりあえずスミギンホールズエリアに来たと行くことで、わずか1本ですが、これで終わり! もう脚がイタイ。

    とりあえずスミギンホールズエリアに来たと行くことで、わずか1本ですが、これで終わり! もう脚がイタイ。

  • エスケープコースに来ました。ペリッシャーのメインサイドが見えます。

    エスケープコースに来ました。ペリッシャーのメインサイドが見えます。

  • テレマークTバーリフトを乗り継ぎ、ベースに戻ってきました。

    テレマークTバーリフトを乗り継ぎ、ベースに戻ってきました。

  • 緩やかなので、疲れた脚でも大丈夫です。

    緩やかなので、疲れた脚でも大丈夫です。

  • 途中右を見ると、(後で知った藤森選手がランした)レッドブルのパークがあります。

    途中右を見ると、(後で知った藤森選手がランした)レッドブルのパークがあります。

  • ベースへ到着! 脚がぁ・・・・イタイであります!!

    ベースへ到着! 脚がぁ・・・・イタイであります!!

  • ベース内の様子

    ベース内の様子

  • このスキーセンター、カフェ以外あまり充実していなんですよね~

    このスキーセンター、カフェ以外あまり充実していなんですよね~

  • 2Fのカフェエリアの様子。この時。藤森選手らご一行と遭遇。めちゃめちゃ美人さんでしたよ!

    2Fのカフェエリアの様子。この時。藤森選手らご一行と遭遇。めちゃめちゃ美人さんでしたよ!

  • スキーセンターから駐車場を見る!<br /><br />この駐車場の停め方は、誘導員の指示を敢えてパスして前側に行ってみよう!<br />そうすると、先に来ていた家族やお客さんを降ろした車がかえっているので、以外とスキーセンター側が空いていたりする!!

    スキーセンターから駐車場を見る!

    この駐車場の停め方は、誘導員の指示を敢えてパスして前側に行ってみよう!
    そうすると、先に来ていた家族やお客さんを降ろした車がかえっているので、以外とスキーセンター側が空いていたりする!!

  • スキーセンター!なんだか格好イイ。

    スキーセンター!なんだか格好イイ。

  • 番外編:朝のアクセスの様子。<br /><br />正面には有人ゲートがあり、そこで国立公園入山料を払う。<br />ビクトリア州のマウントホッサムスキー場は、無人なので、注意してね。

    番外編:朝のアクセスの様子。

    正面には有人ゲートがあり、そこで国立公園入山料を払う。
    ビクトリア州のマウントホッサムスキー場は、無人なので、注意してね。

  • 番外編:アクセス路の様子。<br /><br />走りやすいです。

    番外編:アクセス路の様子。

    走りやすいです。

  • 番外編:リフト券購入時の様子。<br /><br />ズラッと並んでいるのが、当日券購入者。こちらの人は後ろに列ができていても、スタッフとグダグダしゃべっているので、全然進まない。<br /><br />手前側のガラガラゲートは事前にネットで購入した人用。

    番外編:リフト券購入時の様子。

    ズラッと並んでいるのが、当日券購入者。こちらの人は後ろに列ができていても、スタッフとグダグダしゃべっているので、全然進まない。

    手前側のガラガラゲートは事前にネットで購入した人用。

  • 番外編:さぁ帰ろう!!

    番外編:さぁ帰ろう!!

この旅行記のタグ

46いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

オーストラリアで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
オーストラリア最安 140円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

オーストラリアの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

スノーウィマウンテンズ周辺(オーストラリア) で人気のタグ

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集