香川 旅行記(ブログ) 一覧に戻る
皆様、こんにちは。<br />オーヤシクタンでございます。<br /><br />毎年恒例‥「母と同行二人‥四国遍路旅」の季節がやって参りました。<br />今回は、阿波の国(徳島県)の残り6ヶ寺と、讃岐の国(香川県)26ヶ寺を打って、めでたく結願となり、三年に渡った四国遍路は幕を閉じます。<br />寺の写真ばかりの拙い旅行記ですが、ご覧頂けたら幸いです。<br /><br />━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━<br />旅行期日‥2015年5月15日(日)〜18日(水) 3泊4日。<br /><br />5月18日(水) 第4日目:晴れ。<br />あじ温泉庵治観光ホテル.8:40発<br /> ↓ 7.5km 0:15<br /> 85.八栗寺.8:55〜10:10<br /> ↓ 16km 0:20<br /> 86.志度寺.10:30〜11:10<br /> ↓ 9km  0:20<br /> 87.長尾寺.11:35〜12:05<br /> ↓16km 0:25<br /> 88.大窪寺.12:30 〜13:50<br /> ↓<br />その5へ<br /><br />走行距離‥48.5km <br /><br />━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━<br />八栗ケーブル‥1860円<br />長尾寺おはぎ‥180円<br />八十八庵‥1700円<br /><br />━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━<br />〔あらすじ〕<br />静かな朝であった。<br />無数の島が浮かぶ瀬戸内海をホテルのテラスからぼんやりと眺めてみた。<br />日が高くなるにつれて太陽の光が島を照らし、海は爽やかな青色に染まってゆく。<br />四国遍路の旅は終わりに近づいている。<br />ここまで来るのに色々なことがあった。<br />四国の中でひたすら車を走らせ、道を間違えるのは当たり前。<br />工事で通行止をくらった事もあった。<br />走っても走ってもなかなか着かない札所があれば、天国へ続いているかのような狭い急な坂道を登った先にある札所もあった。<br />時間が足りず、パンをかじりながら運転したこともある。<br />八十八ヶ所の霊場巡りと言うのは、車とは言えど安易なものではなかった。<br />しかし、目の前に広がる瀬戸内海を見ていると、そんな苦労は一瞬にして消え去ってしまうから不思議だ。<br /><br />そして、ついにやって来た。<br />第八十八番札所.大窪寺。<br />香川県の山中にあるこのお寺が四国遍路八十八霊場巡りの最後の寺である。<br />本堂と大師堂の参拝を終え、納経所で御朱印を頂く。<br />これで一番から八十八番までの御朱印が揃い、めでたく結願となる。<br />終わった‥。<br />長かった‥。<br />父となにげに四国遍路を巡り始めた母。。<br />二人揃って結願することなく、父はこの世から去ってしまったが、悲しみを乗り越え、今、結願証を片手にしている。<br />この姿を父は草葉の陰できっと喜んでいるだろう。<br />なにはともあれ良かった。<br />門前の食堂で名物の「打ち込みうどん」を食べていくことにしよう。<br /><br />つづく。

母と同行二人‥平成二十八年度.四国遍路の旅・その四 弘法大師の足跡を辿って八十八ヶ所‥ついに結願!。

18いいね!

2016/05/18 - 2016/05/18

1163位(同エリア5644件中)

皆様、こんにちは。
オーヤシクタンでございます。

毎年恒例‥「母と同行二人‥四国遍路旅」の季節がやって参りました。
今回は、阿波の国(徳島県)の残り6ヶ寺と、讃岐の国(香川県)26ヶ寺を打って、めでたく結願となり、三年に渡った四国遍路は幕を閉じます。
寺の写真ばかりの拙い旅行記ですが、ご覧頂けたら幸いです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
旅行期日‥2015年5月15日(日)〜18日(水) 3泊4日。

5月18日(水) 第4日目:晴れ。
あじ温泉庵治観光ホテル.8:40発
 ↓ 7.5km 0:15
85.八栗寺.8:55〜10:10
 ↓ 16km 0:20
86.志度寺.10:30〜11:10
 ↓ 9km 0:20
87.長尾寺.11:35〜12:05
 ↓16km 0:25
88.大窪寺.12:30 〜13:50
 ↓
その5へ

走行距離‥48.5km

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
八栗ケーブル‥1860円
長尾寺おはぎ‥180円
八十八庵‥1700円

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〔あらすじ〕
静かな朝であった。
無数の島が浮かぶ瀬戸内海をホテルのテラスからぼんやりと眺めてみた。
日が高くなるにつれて太陽の光が島を照らし、海は爽やかな青色に染まってゆく。
四国遍路の旅は終わりに近づいている。
ここまで来るのに色々なことがあった。
四国の中でひたすら車を走らせ、道を間違えるのは当たり前。
工事で通行止をくらった事もあった。
走っても走ってもなかなか着かない札所があれば、天国へ続いているかのような狭い急な坂道を登った先にある札所もあった。
時間が足りず、パンをかじりながら運転したこともある。
八十八ヶ所の霊場巡りと言うのは、車とは言えど安易なものではなかった。
しかし、目の前に広がる瀬戸内海を見ていると、そんな苦労は一瞬にして消え去ってしまうから不思議だ。

そして、ついにやって来た。
第八十八番札所.大窪寺。
香川県の山中にあるこのお寺が四国遍路八十八霊場巡りの最後の寺である。
本堂と大師堂の参拝を終え、納経所で御朱印を頂く。
これで一番から八十八番までの御朱印が揃い、めでたく結願となる。
終わった‥。
長かった‥。
父となにげに四国遍路を巡り始めた母。。
二人揃って結願することなく、父はこの世から去ってしまったが、悲しみを乗り越え、今、結願証を片手にしている。
この姿を父は草葉の陰できっと喜んでいるだろう。
なにはともあれ良かった。
門前の食堂で名物の「打ち込みうどん」を食べていくことにしよう。

つづく。

同行者
家族旅行
一人あたり費用
5万円 - 10万円
交通手段
レンタカー
利用旅行会社
個別手配

PR

この旅行記のタグ

18いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (4)

開く

閉じる

  • BTSさん 2016/06/07 08:25:57
    (祝)結願

    オーヤシクタンさまへ

    おはようございます。

    亡くなられたお父様の代わりにオーヤシクタンさんがお母さまとお遍路を
    続けられ「結願」というゴールを迎えられて小生も嬉しく思いました。
    お母さまの後ろ姿には胸が熱くなりました。

    オーヤシクタンさん本人は結願まで15ケ寺あるんですね〜
    いつもの旅スタイルでお遍路をすることでしょう。
    楽しみにしております。

    長い間お疲れさまでした〜そして結願おめでとうございます。

    BTS

    オーヤシクタン

    オーヤシクタンさんからの返信 2016/06/08 09:44:49
    RE: (祝)結願
    BTS様、おはようございます。
    オーヤシクタンでこざいます。

    ありがとうございます。
    亡き父の後を継いで、一昨年から母と四国遍路を巡りました。
    一昨年は、父が他界し母が私に「四国遍路に行きたい」と私に言って来たので、四十九日が終わってからの四国遍路となりました。
    私も母も悲しみに暮れる中での遍路となり、白装束に身を纏っているお遍路さんを見ると「父がまだどこかにいるのでは‥」と言う気持ちになったものです。
    私共とは逆に、奥様を亡くされて歩き遍路をされている方との出会いもあり、お互いに共感した事もありました。
    車とは言え、八十八ヶ所の札所を巡る事は正直大変でしたが、なんとか母を結願に導く事ができ本当に良かったと思っています。

    コメントを頂きありがとうございました。
    今後共、宜しくお願い申しあげます。

    オーヤシクタン。
  • とのっちさん 2016/06/06 21:55:58
    結願おめでとうございます。
    オーヤシクタンさま

    こんばんは。

    信仰深いお母さまが、亡くなられたお父さまを偲びながら山門に頭を下げられる写真、感動的なラストでした。結願の意味の大きさが伝わってきます。

    私もジャンボフェリーの歌が頭の中で流れ始めました。同時に、20年ほど前に仏壇の前で祖母が唱えていた般若心経のメロディーも何となく思い出しました(祖母はまだ元気にしていますので感傷的にはなりませんが…)。ジャンボフェリーの方は何故かどっかから落としてきたデータが私のPCの中にあります(笑)。般若心経のデータはさすがにありません。乗船開始後風呂場に直行し、雑魚寝で3時間半一本勝負、この曲でたたき起こされる…フェリーは鉄道にはない「風呂」「横になる」を補ってくれる最高の乗り物です。瀬戸内海の温暖な朝日を浴びながら進むフェリーは、ド素人ながら魅力的に感じます。長旅に出たい!

    八栗ケーブルはノーマークでした!あんな味のある顔の車両が走っていたとは!四国の宿題ができました。

    関東に帰るまでが旅行ですよね。次の旅行記も期待しています。

    とのっち

    オーヤシクタン

    オーヤシクタンさんからの返信 2016/06/08 09:59:18
    ジャンボフェリー真理教。
    とのっち様、おはようございます。
    オーヤシクタンでございます。

    母を無事に結願に導きました。
    きつい旅でしたが、本当に良かったと思っております。

    さて、ジャンボフェリーのテーマソング‥
    とのっち様も洗脳されてしまいましたか。
    深夜便に乗ると、寝静まりかえった船室に大音響で突然あのテーマソングが鳴り響き、下船したからもしばらくの間は曲が頭の中をよぎり、違いなく洗脳され、ジャンボフェリー真理教間違いなしです。
    瀬戸内海はフェリー天国。
    宿のテラスから眺めていて飽きる事がありませんでした。

    八栗ケーブルの車両‥
    東海道新幹線と同年の開業時から活躍しているのですから、あれはかなり貴重な存在です。

    後は東京に帰るだけなのですが、一軒寄る所があります。
    いよいよ遍路旅は最終章になります。

    コメントを頂きましてありがとうございました。
    今後も宜しくお願い申しあげます。

    オーヤシクタン。

オーヤシクタンさんのトラベラーページ

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

香川 で人気のタグ

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集