ワシントンD.C. 旅行記(ブログ) 一覧に戻る

実質4日で北米4箇所の施設を巡り、現存する3機のスペースシャトル全部を見るというかなりハードなツアーの初日です。12月11日の午前11時に成田を出て13時間も飛行機に乗っていたのに、ワシントン・ダレス国際空港に着いたら同じ11日の午前10時だったんだ。何を言っているのかわからねえと思うが以下略。そんなわけで、到着即会議の海外出張ばりに、ワシントン・ダレス国際空港に着くなりワシントンD.C.のスミソニアン国立航空宇宙博物館に行きます。スミソニアンと言えばアメリカ航空宇宙開発史を彩る様々な航空機と宇宙機、その実物をかき集め、展示するまさしく博物館であり、飛行機オタクにとって夢のような場所。さて、どんなものが見られるでしょうか。

「スペースシャトルオービター3機すべてを見るよくばりツアー」初日

7いいね!

2015/12/11 - 2015/12/11

409位(同エリア989件中)

    41

    Naoki_O

    Naoki_Oさん

    実質4日で北米4箇所の施設を巡り、現存する3機のスペースシャトル全部を見るというかなりハードなツアーの初日です。12月11日の午前11時に成田を出て13時間も飛行機に乗っていたのに、ワシントン・ダレス国際空港に着いたら同じ11日の午前10時だったんだ。何を言っているのかわからねえと思うが以下略。そんなわけで、到着即会議の海外出張ばりに、ワシントン・ダレス国際空港に着くなりワシントンD.C.のスミソニアン国立航空宇宙博物館に行きます。スミソニアンと言えばアメリカ航空宇宙開発史を彩る様々な航空機と宇宙機、その実物をかき集め、展示するまさしく博物館であり、飛行機オタクにとって夢のような場所。さて、どんなものが見られるでしょうか。

    同行者
    その他
    一人あたり費用
    25万円 - 30万円
    航空会社
    ANA
    利用旅行会社
    ツアー(添乗員同行あり)
    旅行の満足度
    4.0
    観光
    5.0
    交通
    3.0

    PR

    • ホワイトハウスです。まず空港からホテルに行って荷物を預けた後、ちょっとだけ寄り道してくれました。ワシントンD.C.には政府機関と様々な博物館がひしめき合い、スミソニアン国立航空宇宙博物館もすぐ近くです。

      ホワイトハウスです。まず空港からホテルに行って荷物を預けた後、ちょっとだけ寄り道してくれました。ワシントンD.C.には政府機関と様々な博物館がひしめき合い、スミソニアン国立航空宇宙博物館もすぐ近くです。

      ホワイト ハウス 現代・近代建築

    • スミソニアン国立航空宇宙博物館に到着しました。入り口ゲートの、アメリカの人が集まる場所ではもはやお約束となった荷物チェックを抜けてエントランスホールで上を見上げれば、あれはスペースシップワン。民間機で初めて、宇宙(と言ってもほんのとば口ですが)と地上の往復に成功した機体です。

      スミソニアン国立航空宇宙博物館に到着しました。入り口ゲートの、アメリカの人が集まる場所ではもはやお約束となった荷物チェックを抜けてエントランスホールで上を見上げれば、あれはスペースシップワン。民間機で初めて、宇宙(と言ってもほんのとば口ですが)と地上の往復に成功した機体です。

      国立航空宇宙博物館 博物館・美術館・ギャラリー

    • 真上にあるのはベルX-1「グラマラスグレニス」。人類史上初めて音速を超えた航空機です。

      真上にあるのはベルX-1「グラマラスグレニス」。人類史上初めて音速を超えた航空機です。

      国立航空宇宙博物館 博物館・美術館・ギャラリー

    • こっちにはノースアメリカン X-15。アメリカ空軍とNASAが高超音速飛行の実験に用いた飛行機です。これはその1号機。

      こっちにはノースアメリカン X-15。アメリカ空軍とNASAが高超音速飛行の実験に用いた飛行機です。これはその1号機。

      国立航空宇宙博物館 博物館・美術館・ギャラリー

    • X-15の尾部。ロケット推進なので過激な燃料を用いる都合でしょうか、燃料投棄パイプが長く伸び出しているのが興味深いです。胴体のこちら側には、LOX JETT(液体酸素投棄)と書かれています。反対側はFUEL JETT(燃料投棄)です。

      X-15の尾部。ロケット推進なので過激な燃料を用いる都合でしょうか、燃料投棄パイプが長く伸び出しているのが興味深いです。胴体のこちら側には、LOX JETT(液体酸素投棄)と書かれています。反対側はFUEL JETT(燃料投棄)です。

      国立航空宇宙博物館 博物館・美術館・ギャラリー

    • 展示されているアポロの月着陸船は、もちろん月に行ったものではありませんが、地上テストに使われたのち1970年の大阪万博で展示された逸品です。その上に吊られているのはリンドバーグが大西洋無着陸横断飛行に使ったライアンNYP「スピリット・オブ・セントルイス」、まさにその機体。

      展示されているアポロの月着陸船は、もちろん月に行ったものではありませんが、地上テストに使われたのち1970年の大阪万博で展示された逸品です。その上に吊られているのはリンドバーグが大西洋無着陸横断飛行に使ったライアンNYP「スピリット・オブ・セントルイス」、まさにその機体。

      国立航空宇宙博物館 博物館・美術館・ギャラリー

    • 「スピリット・オブ・セントルイス」はドアが開けてあって、計器盤を見ることができます。この飛行機、前を見る窓がありませんが、計器盤には大きな水準器があるだけで、現代の航空機には必ずあるジャイロスコープを利用した姿勢指示器などありません。おそらく機体自身の安定性がとても高くて、パイロットが何もしなければそれだけでまっすぐ飛ぶのでしょうが、それにしてもすごい思いきりです。

      「スピリット・オブ・セントルイス」はドアが開けてあって、計器盤を見ることができます。この飛行機、前を見る窓がありませんが、計器盤には大きな水準器があるだけで、現代の航空機には必ずあるジャイロスコープを利用した姿勢指示器などありません。おそらく機体自身の安定性がとても高くて、パイロットが何もしなければそれだけでまっすぐ飛ぶのでしょうが、それにしてもすごい思いきりです。

      国立航空宇宙博物館 博物館・美術館・ギャラリー

    • みっしりと展示されるアメリカ民間航空史の前半を彩る様々な航空機たち。中央はダグラスDC-3、その下はボーイング247-D。よく知られたワークホースたちです。

      みっしりと展示されるアメリカ民間航空史の前半を彩る様々な航空機たち。中央はダグラスDC-3、その下はボーイング247-D。よく知られたワークホースたちです。

      国立航空宇宙博物館 博物館・美術館・ギャラリー

    • 第二次世界大戦後、急速に発展した大型旅客機の歴史の中で、ダグラスDC-7はレシプロエンジン旅客機のひとつの到達点と言えるでしょう。これはそのコクピット。ものすごい数のメーターで覆われていますが、その半分くらいは複数の燃料タンクの残量計と流量計で、電子計算機の登場がパイロットの仕事をどれほど変えたか、少しだけわかる気がします。

      第二次世界大戦後、急速に発展した大型旅客機の歴史の中で、ダグラスDC-7はレシプロエンジン旅客機のひとつの到達点と言えるでしょう。これはそのコクピット。ものすごい数のメーターで覆われていますが、その半分くらいは複数の燃料タンクの残量計と流量計で、電子計算機の登場がパイロットの仕事をどれほど変えたか、少しだけわかる気がします。

      国立航空宇宙博物館 博物館・美術館・ギャラリー

    • 初期のボーイング747、747-151のコクピット。この機体は、747の商業運行が始まった1970年から飛んでいたものです。後ろに座る航空機関士が操作する分も含めて、おびただしい数のスイッチが並びます。

      初期のボーイング747、747-151のコクピット。この機体は、747の商業運行が始まった1970年から飛んでいたものです。後ろに座る航空機関士が操作する分も含めて、おびただしい数のスイッチが並びます。

      国立航空宇宙博物館 博物館・美術館・ギャラリー

    • 「人類史上初めて」づくしのスミソニアンでも、特別な地位にあるライト兄弟の飛行機。修復の手が入ってはいますが、キティホークの丘でわずかな距離を飛んだ、まさに、その機体です。

      「人類史上初めて」づくしのスミソニアンでも、特別な地位にあるライト兄弟の飛行機。修復の手が入ってはいますが、キティホークの丘でわずかな距離を飛んだ、まさに、その機体です。

      国立航空宇宙博物館 博物館・美術館・ギャラリー

    • 一見、代わり映えのしない赤い飛行機ですが、女性飛行家として名を残すアメリア・イアハートが女性初の単独無着陸大西洋横断飛行と単独無着陸北米大陸横断飛行を成し遂げた、ロッキード・ベガです。もちろん、そのもの。イアハートはその後、別の機体、ロッキード・エレクトラで太平洋横断に挑んで消息を絶ちますが、あるじを亡くしてもなお、この機体は当時の姿をここに留めています。

      一見、代わり映えのしない赤い飛行機ですが、女性飛行家として名を残すアメリア・イアハートが女性初の単独無着陸大西洋横断飛行と単独無着陸北米大陸横断飛行を成し遂げた、ロッキード・ベガです。もちろん、そのもの。イアハートはその後、別の機体、ロッキード・エレクトラで太平洋横断に挑んで消息を絶ちますが、あるじを亡くしてもなお、この機体は当時の姿をここに留めています。

      国立航空宇宙博物館 博物館・美術館・ギャラリー

    • どう考えても無理矢理押し込んだとしか思えない、マクダネルFH-1 ファントムの展示。初代「ファントム」。

      どう考えても無理矢理押し込んだとしか思えない、マクダネルFH-1 ファントムの展示。初代「ファントム」。

      国立航空宇宙博物館 博物館・美術館・ギャラリー

    • その展示方法のおかげでFH-1ファントムの下面が良く見えます。この時代の艦載機は、カタパルトと機体の間をブライドルというワイヤーで結んで打ち出していました。エンジン噴射口の胴体寄りの窪みにそのブライドルを引っ掛けるフックがあります。さらにその間の胴体下面の穴はカタパルトで打ち出す前に機体が前進してしまわないよう、後ろ向きに引っ張る金具を掛ける場所です。

      その展示方法のおかげでFH-1ファントムの下面が良く見えます。この時代の艦載機は、カタパルトと機体の間をブライドルというワイヤーで結んで打ち出していました。エンジン噴射口の胴体寄りの窪みにそのブライドルを引っ掛けるフックがあります。さらにその間の胴体下面の穴はカタパルトで打ち出す前に機体が前進してしまわないよう、後ろ向きに引っ張る金具を掛ける場所です。

      国立航空宇宙博物館 博物館・美術館・ギャラリー

    • メッサーシュミットBf-109G。言わずと知れたナチスドイツを代表する戦闘機。この機体は、第二次大戦中、パイロットとともに投降したものです。

      メッサーシュミットBf-109G。言わずと知れたナチスドイツを代表する戦闘機。この機体は、第二次大戦中、パイロットとともに投降したものです。

      国立航空宇宙博物館 博物館・美術館・ギャラリー

    • Bf-109の脇には搭載されているダイムラーベンツ DB-605 倒立V型12気筒エンジンが置かれています。どういうメリットがあるのかよくわからないのですが、クランクシャフトが上、シリンダーが下で潤滑は当然ドライサンプです。さらにDOHC 4弁、気筒内直接燃料噴射。しかもVバンクの間に機関砲の砲身を通し、減速ギアを介して回すプロペラシャフトの中心を通して発射するという、ナチスの科学は世界一イイイな感じのエンジンです。

      Bf-109の脇には搭載されているダイムラーベンツ DB-605 倒立V型12気筒エンジンが置かれています。どういうメリットがあるのかよくわからないのですが、クランクシャフトが上、シリンダーが下で潤滑は当然ドライサンプです。さらにDOHC 4弁、気筒内直接燃料噴射。しかもVバンクの間に機関砲の砲身を通し、減速ギアを介して回すプロペラシャフトの中心を通して発射するという、ナチスの科学は世界一イイイな感じのエンジンです。

      国立航空宇宙博物館 博物館・美術館・ギャラリー

    • 中島飛行機A6M5零式艦上戦闘機52型。言わずと知れた以下略。細くて角ばっているBf-109と比べると、大きなキャノピーもあって思いの外太くて丸っこく見えます。44年にサイパン島で鹵獲されて、アメリカ海軍と陸軍航空隊の手による試験を受けたものを元どおりの姿に修復したものです。

      中島飛行機A6M5零式艦上戦闘機52型。言わずと知れた以下略。細くて角ばっているBf-109と比べると、大きなキャノピーもあって思いの外太くて丸っこく見えます。44年にサイパン島で鹵獲されて、アメリカ海軍と陸軍航空隊の手による試験を受けたものを元どおりの姿に修復したものです。

      国立航空宇宙博物館 博物館・美術館・ギャラリー

    • スーパーマリン・スピットファイアHF. Mk.VIIc。Bf-109や零戦以上に、他に何かあったっけというくらいイギリスと代表する戦闘機ですね。この機体は、43年に性能評価のためにアメリカに送られたものです。

      スーパーマリン・スピットファイアHF. Mk.VIIc。Bf-109や零戦以上に、他に何かあったっけというくらいイギリスと代表する戦闘機ですね。この機体は、43年に性能評価のためにアメリカに送られたものです。

      国立航空宇宙博物館 博物館・美術館・ギャラリー

    • 搭載されているロールスロイス・マーリンエンジンは、同じV12でもメカニズムはBf-109のDB-605よりずっと保守的ですが、連合国の戦闘機用エンジンとしては、最も成功したものと言えるかもしれません。

      搭載されているロールスロイス・マーリンエンジンは、同じV12でもメカニズムはBf-109のDB-605よりずっと保守的ですが、連合国の戦闘機用エンジンとしては、最も成功したものと言えるかもしれません。

      国立航空宇宙博物館 博物館・美術館・ギャラリー

    • P-51D ムスタング。これも説明不要なくらい有名な機体ですね。やはりロールスロイス・マーリンエンジンを搭載し、ヨーロッパの空中戦では大いに活躍しました。この機体は実戦部隊の塗装を施されていますが、終戦間際に完成し、一度も実戦に参加したことがありません。上にちょっと写っているのは、マッキC.202フォルゴーレ。Bf-109と同じDB-605エンジンを積んだイタリアの戦闘機です。この機体はわずか2機の生き残りのうちの片方ですが、アメリカに持ち込まれる以前の経緯はよくわからないそうです。

      P-51D ムスタング。これも説明不要なくらい有名な機体ですね。やはりロールスロイス・マーリンエンジンを搭載し、ヨーロッパの空中戦では大いに活躍しました。この機体は実戦部隊の塗装を施されていますが、終戦間際に完成し、一度も実戦に参加したことがありません。上にちょっと写っているのは、マッキC.202フォルゴーレ。Bf-109と同じDB-605エンジンを積んだイタリアの戦闘機です。この機体はわずか2機の生き残りのうちの片方ですが、アメリカに持ち込まれる以前の経緯はよくわからないそうです。

      国立航空宇宙博物館 博物館・美術館・ギャラリー

    1件目~20件目を表示(全41件中)

    この旅行記のタグ

      7いいね!

      利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

      この旅行記へのコメント

      ピックアップ特集

      ワシントンD.C.(アメリカ) で人気のタグ

      この旅行記の地図

      拡大する


      PAGE TOP

      ピックアップ特集