伊香保温泉旅行記(ブログ) 一覧に戻る
昨年の大晦日から今年元旦にかけ、1泊2日で群馬県は渋川市の伊香保温泉へ。<br /><br />正月は何もしたくないとお嫁さんが言っていたので、温泉地で年を越すのもよいかなと考え、お墓参りのついでにいつも出かけている伊香保温泉の宿を昨年の10月中旬から予約してお義母さんも連れ立って出かけてきました。<br /><br />あれやこれやと欲張って予定をたてず、石段街をぶらぶらする以外は旅館でまったりと過ごすことにしました。<br />もっとも、伊香保へは毎年のお墓参りの度に訪ねているので、旅行ガイドに載っているような見所には大体足を運んでしまっていたこともあったのですが…。<br /><br />大荒れになるであろうという天気予報にちょっとどきどきしながら、ノーマルタイヤを履いたままのマイカーで関越道をひとっ走りし、12時半頃には渋川入り。<br />JR渋川駅前の和食ファミリーレストランで年越し蕎麦をいただいて腹ごしらえし、石段街を少々ぶらり、そして15時過ぎには宿泊先の旅館にチェックイン。<br />お嫁さんとお義母さんはテレビを視ながらごろごろ、私は旅館周辺を暫く散歩して温泉街ウォッチング。<br />里山歩きだけでなく街歩きも好きだったりします。<br /><br />食べられないくらいの夕食に満足した後は、露店風呂につかったり、旅館の仲居さんが敷いてくれた布団の上でごろごろしながら、久しぶりに結構まともに紅白歌合戦を観て過ごしました。<br /><br />大晦日から元旦へと年が変わるタイミングで近隣から花火が打ちあがり、寒い寒い」といいながら、宿泊した5階の部屋の窓を開けて、年越しを盛り上げる演出に歓声を上げました。<br /><br />そしていつの間にか眠りの淵へ。<br /><br />暖房が効きすぎていて暑かったのと、寝ているのがもったいなかったので、5時半頃から布団の中でごろごろしだします。<br /><br />スマホでニュースサイトや天気予報をチェック。<br />荒れ模様ばかりの天候を伝える天気予報に不安になり、東の空が明るくなり始めた窓外の景色を確認しますが、どうやら雪はなく、胸を撫で下ろします。<br />とはいえ、帰路の途中で降雪に遭遇し、事故が起きるようなことがあってはいけないので、私とお嫁さんは訪ねたことがあるがりますが、お義母さんはまだない、世界遺産の富岡製紙場への寄り道を諦めることにし、お義父さんのお墓参りを済ませた後はそのまま家路へと向かうことにします。<br /><br />楽しみにしていた朝風呂に入り、そして朝食をいただきます。<br />正月の食事らしく雑煮が出されたが、具に入っていた鯛の切り身からだしがよく出ていて美味しかったですね。<br /><br />チェックアウトぎりぎりの時間まで部屋で寛ぎ、お義父さんの眠る墓苑へ。<br /><br />その後イオンモール高崎、前橋市内の喫茶店、スマーク伊勢崎で小休止しながら、あとは雪を心配しつつのんびりと帰宅しました。<br /><br />幸いなことに結局雪には降られませんでしたね。

年越しは伊香保温泉で

15いいね!

2014/12/31 - 2015/01/01

191位(同エリア630件中)

0

48

昨年の大晦日から今年元旦にかけ、1泊2日で群馬県は渋川市の伊香保温泉へ。

正月は何もしたくないとお嫁さんが言っていたので、温泉地で年を越すのもよいかなと考え、お墓参りのついでにいつも出かけている伊香保温泉の宿を昨年の10月中旬から予約してお義母さんも連れ立って出かけてきました。

あれやこれやと欲張って予定をたてず、石段街をぶらぶらする以外は旅館でまったりと過ごすことにしました。
もっとも、伊香保へは毎年のお墓参りの度に訪ねているので、旅行ガイドに載っているような見所には大体足を運んでしまっていたこともあったのですが…。

大荒れになるであろうという天気予報にちょっとどきどきしながら、ノーマルタイヤを履いたままのマイカーで関越道をひとっ走りし、12時半頃には渋川入り。
JR渋川駅前の和食ファミリーレストランで年越し蕎麦をいただいて腹ごしらえし、石段街を少々ぶらり、そして15時過ぎには宿泊先の旅館にチェックイン。
お嫁さんとお義母さんはテレビを視ながらごろごろ、私は旅館周辺を暫く散歩して温泉街ウォッチング。
里山歩きだけでなく街歩きも好きだったりします。

食べられないくらいの夕食に満足した後は、露店風呂につかったり、旅館の仲居さんが敷いてくれた布団の上でごろごろしながら、久しぶりに結構まともに紅白歌合戦を観て過ごしました。

大晦日から元旦へと年が変わるタイミングで近隣から花火が打ちあがり、寒い寒い」といいながら、宿泊した5階の部屋の窓を開けて、年越しを盛り上げる演出に歓声を上げました。

そしていつの間にか眠りの淵へ。

暖房が効きすぎていて暑かったのと、寝ているのがもったいなかったので、5時半頃から布団の中でごろごろしだします。

スマホでニュースサイトや天気予報をチェック。
荒れ模様ばかりの天候を伝える天気予報に不安になり、東の空が明るくなり始めた窓外の景色を確認しますが、どうやら雪はなく、胸を撫で下ろします。
とはいえ、帰路の途中で降雪に遭遇し、事故が起きるようなことがあってはいけないので、私とお嫁さんは訪ねたことがあるがりますが、お義母さんはまだない、世界遺産の富岡製紙場への寄り道を諦めることにし、お義父さんのお墓参りを済ませた後はそのまま家路へと向かうことにします。

楽しみにしていた朝風呂に入り、そして朝食をいただきます。
正月の食事らしく雑煮が出されたが、具に入っていた鯛の切り身からだしがよく出ていて美味しかったですね。

チェックアウトぎりぎりの時間まで部屋で寛ぎ、お義父さんの眠る墓苑へ。

その後イオンモール高崎、前橋市内の喫茶店、スマーク伊勢崎で小休止しながら、あとは雪を心配しつつのんびりと帰宅しました。

幸いなことに結局雪には降られませんでしたね。

同行者
家族旅行
一人あたり費用
3万円 - 5万円
交通手段
自家用車 徒歩
利用旅行会社
個別手配
旅行の満足度
4.5
観光
4.5
ホテル
4.0
グルメ
4.0
ショッピング
4.0
交通
4.0

PR

この旅行記のタグ

15いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったホテル

この旅行で行ったスポット

この旅行で行ったグルメ・レストラン

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集