シェムリアップ 旅行記(ブログ) 一覧に戻る
今年は幸いカレンダーの並びが良く長期休暇を取りやすかった為、年末年始の休みを利用してシェムリアップとハノイを訪問しました。<br /><br />シェムリアップではアンコール遺跡群が素晴らしかったのはもちろんですが、3泊したShinta Mani Clubがハード、ソフト共に素晴らしく快適な滞在を楽しめました。<br /><br />12月27日(土) 成田発ホーチミン経由シェムリアップ着<br />12月28日(日) アンコールワット<br />12月29日(月) ベン・メリア<br />12月30日(火) アンコールトム、タ・プローム、ハノイへ移動<br />12月31日(水) ハノイ市内散策<br /> 1月1日(木) ハロン湾クルーズ<br /> 1月2日(金) ハノイ旧市街散策<br /> 1月3日(土) 水上人形劇、ハノイ発<br /> 1月4日(日) 成田着<br /><br /><br />

シェムリアップ&ハノイ 1/2 シェムリアップ編

22いいね!

2014/12/27 - 2015/01/04

976位(同エリア7452件中)

今年は幸いカレンダーの並びが良く長期休暇を取りやすかった為、年末年始の休みを利用してシェムリアップとハノイを訪問しました。

シェムリアップではアンコール遺跡群が素晴らしかったのはもちろんですが、3泊したShinta Mani Clubがハード、ソフト共に素晴らしく快適な滞在を楽しめました。

12月27日(土) 成田発ホーチミン経由シェムリアップ着
12月28日(日) アンコールワット
12月29日(月) ベン・メリア
12月30日(火) アンコールトム、タ・プローム、ハノイへ移動
12月31日(水) ハノイ市内散策
 1月1日(木) ハロン湾クルーズ
 1月2日(金) ハノイ旧市街散策
 1月3日(土) 水上人形劇、ハノイ発
 1月4日(日) 成田着


同行者
カップル・夫婦
一人あたり費用
15万円 - 20万円
交通手段
タクシー
航空会社
JAL ベトナム航空
利用旅行会社
個別手配
旅行の満足度
5.0
観光
4.5
ホテル
5.0
グルメ
5.0
交通
2.0

PR

  • 深夜1時に成田を出発し、ホーチミン経由で9時半頃にシェムリアップに到着しました。

    深夜1時に成田を出発し、ホーチミン経由で9時半頃にシェムリアップに到着しました。

  • シェムリアップではこちらのShinta Mani Clubで3泊しました。

    シェムリアップではこちらのShinta Mani Clubで3泊しました。

  • エントランスを入ったところです。シェムリアップではかなり高額な部類のホテルですが、こじんまりとしています。<br /><br />

    エントランスを入ったところです。シェムリアップではかなり高額な部類のホテルですが、こじんまりとしています。

  • 部屋も質感は高いものの、それほど広くありません。<br />また、シャワーのみでバスタブもありません。

    部屋も質感は高いものの、それほど広くありません。
    また、シャワーのみでバスタブもありません。

  • 荷ほどきを終えると近くの繁華街まで昼食に出かけました。ホテルの周辺は川添いにおしゃれな歩道が整備されていました。

    荷ほどきを終えると近くの繁華街まで昼食に出かけました。ホテルの周辺は川添いにおしゃれな歩道が整備されていました。

  • 街中は如何にもアジアの田舎といった感じです。メルセデスのトゥクトゥクがいました。

    街中は如何にもアジアの田舎といった感じです。メルセデスのトゥクトゥクがいました。

  • オールドマーケット近くまで来たところで、外から見た感じが清潔そうだったので、Chapeyというお店に入りました。

    オールドマーケット近くまで来たところで、外から見た感じが清潔そうだったので、Chapeyというお店に入りました。

  • サイコロステーキのようなものと野菜炒め、具の入っていないチャーハンを注文しました。どれも味は良かったです。

    サイコロステーキのようなものと野菜炒め、具の入っていないチャーハンを注文しました。どれも味は良かったです。

  • クチコミで評判が良かったので、夕食はホテルのレストランにしました。

    クチコミで評判が良かったので、夕食はホテルのレストランにしました。

  • 付け合わせのマッシュルームのソテーとアスパラガスのソテーです。シンプルな料理ですが、味付けが良かったです。

    付け合わせのマッシュルームのソテーとアスパラガスのソテーです。シンプルな料理ですが、味付けが良かったです。

  • こちらはメイン・ディッシュの海老を焼いてソースをかけたものです。出てきた瞬間、ギョッとしましたが、見た目と違って繊細な味付けで美味しかったです。

    こちらはメイン・ディッシュの海老を焼いてソースをかけたものです。出てきた瞬間、ギョッとしましたが、見た目と違って繊細な味付けで美味しかったです。

  • 朝食はこちらのテラスでとります。座席全体が天井から吊るされていて、ゆらゆらと揺れるものでした。

    朝食はこちらのテラスでとります。座席全体が天井から吊るされていて、ゆらゆらと揺れるものでした。

  • パン、サラダ、果物など一通り揃っていて、メインはメニューを見て注文するスタイルです。

    パン、サラダ、果物など一通り揃っていて、メインはメニューを見て注文するスタイルです。

  • 私はカンボジア・スタイルのフォーを頼みました。春雨のような細麺ですが、味自体は一般的なフォーと同じで美味しかったです。

    私はカンボジア・スタイルのフォーを頼みました。春雨のような細麺ですが、味自体は一般的なフォーと同じで美味しかったです。

  • トゥクトゥクを拾い、アンコールワットに向かいました。片道5ドルだったと思います。(シェムリアップでの支払いは全てドルでした。)何人かと交渉しましたが、キリがないので適当なところで手を打ちました。<br /><br />アンコールワットへ行く途中に料金所があり、入場料はそこで払いました。

    トゥクトゥクを拾い、アンコールワットに向かいました。片道5ドルだったと思います。(シェムリアップでの支払いは全てドルでした。)何人かと交渉しましたが、キリがないので適当なところで手を打ちました。

    アンコールワットへ行く途中に料金所があり、入場料はそこで払いました。

  • 事前に入手した情報ではアンコールワットはガイドをつけた方が良いということでした。日本語ガイドは事前予約すると非常に高いので、ダメ元で現地で聞いてみましたが、やはり出払っていて、仕方なく政府公認の英語ガイドを20ドルで雇いました。私の英語力の問題もありますが、説明にはカンボジア語の固有名詞がたくさん出てきて話についていけず、雇った意味は余りありませんでした。

    事前に入手した情報ではアンコールワットはガイドをつけた方が良いということでした。日本語ガイドは事前予約すると非常に高いので、ダメ元で現地で聞いてみましたが、やはり出払っていて、仕方なく政府公認の英語ガイドを20ドルで雇いました。私の英語力の問題もありますが、説明にはカンボジア語の固有名詞がたくさん出てきて話についていけず、雇った意味は余りありませんでした。

  • お約束のショットを撮ってみました。

    お約束のショットを撮ってみました。

  • 野生の猿もいます。

    野生の猿もいます。

  • 空の青さが綺麗でした。

    空の青さが綺麗でした。

  • アンコールワットは午前中は遺跡が逆光になって見にくい為、団体客が昼食をとる正午過ぎに入場しました。結果的にこれが大正解で、観光客が少ない静かで落ち着いた雰囲気の中で、たっぷり2時間遺跡を見て回ることができました。

    アンコールワットは午前中は遺跡が逆光になって見にくい為、団体客が昼食をとる正午過ぎに入場しました。結果的にこれが大正解で、観光客が少ない静かで落ち着いた雰囲気の中で、たっぷり2時間遺跡を見て回ることができました。

  • アンコールワットの後はShinta Mani Clubの向かいにある同系列のShinta Mani Hotelのプールでまったりしました。こちらは広い中庭のある開放的な感じのホテルです。

    アンコールワットの後はShinta Mani Clubの向かいにある同系列のShinta Mani Hotelのプールでまったりしました。こちらは広い中庭のある開放的な感じのホテルです。

  • 昨晩の印象が良かったので、今夜もホテルで夕食をとりました。今夜はバンドの演奏付きです。

    昨晩の印象が良かったので、今夜もホテルで夕食をとりました。今夜はバンドの演奏付きです。

  • 前菜のアボカドのサラダです。ビジュアルは濃いめですが味付けは繊細で大変美味しかったです。

    前菜のアボカドのサラダです。ビジュアルは濃いめですが味付けは繊細で大変美味しかったです。

  • 家内が注文したアスパラガスのリゾットです。これも美味しい。

    家内が注文したアスパラガスのリゾットです。これも美味しい。

  • 私のメイン、白身魚のグリルです。皮がパリパリで美味しかったです。お店の人によるとシェフはカンボジア人だそうです。カンボジアなのでフレンチ・ベースかと思っていましたが、我々が注文した料理はイタリアンの影響が強いと感じました。<br /><br />滞在中にホテルで食べた料理はすべてとても美味しかったです。シェムリアップの立地条件やカンボジアの経済状況を考えると、これはかなりすごいことではないかと思います。<br /><br />

    私のメイン、白身魚のグリルです。皮がパリパリで美味しかったです。お店の人によるとシェフはカンボジア人だそうです。カンボジアなのでフレンチ・ベースかと思っていましたが、我々が注文した料理はイタリアンの影響が強いと感じました。

    滞在中にホテルで食べた料理はすべてとても美味しかったです。シェムリアップの立地条件やカンボジアの経済状況を考えると、これはかなりすごいことではないかと思います。

  • 朝食をとっていると僧侶が托鉢に訪れました。ホテルの従業員は僧侶をとても敬っています。内戦で荒廃した国を立て直す為に、仏教が大きな拠り所になっているのではないかと感じました。

    朝食をとっていると僧侶が托鉢に訪れました。ホテルの従業員は僧侶をとても敬っています。内戦で荒廃した国を立て直す為に、仏教が大きな拠り所になっているのではないかと感じました。

  • この日はタクシーをチャーターしてベン・メリアに行きました。シェムリアップを少し離れると舗装が痛んでしてすごい土煙です。ベン・メリアまで1時間ほどかかりますから、トゥクトゥクにしなくて良かったと思いました。

    この日はタクシーをチャーターしてベン・メリアに行きました。シェムリアップを少し離れると舗装が痛んでしてすごい土煙です。ベン・メリアまで1時間ほどかかりますから、トゥクトゥクにしなくて良かったと思いました。

  • 郊外に出ると建物まで赤茶けています。

    郊外に出ると建物まで赤茶けています。

  • ベン・メリアの入り口です。なお、道路の途中に料金所があり、入場料はそこで払いました。

    ベン・メリアの入り口です。なお、道路の途中に料金所があり、入場料はそこで払いました。

  • カンボジア版の狛犬です。

    カンボジア版の狛犬です。

  • ベン・メリアは修復が済んでいないので、まさに瓦礫の山です。

    ベン・メリアは修復が済んでいないので、まさに瓦礫の山です。

  • ベン・メリアは「天空の城ラピュタ」のモデルと言われていますが、入口にあるこの部分はエンディングで空高く昇っていったラピュタの残骸を彷彿とさせます。

    ベン・メリアは「天空の城ラピュタ」のモデルと言われていますが、入口にあるこの部分はエンディングで空高く昇っていったラピュタの残骸を彷彿とさせます。

  • 遺跡の中は木道が整備されています。また、木陰がほとんどなので快適に見学できました。

    遺跡の中は木道が整備されています。また、木陰がほとんどなので快適に見学できました。

  • 建物内部に入れるところもあります。

    建物内部に入れるところもあります。

  • ベン・メリアはシェムリアップから遠いので、訪問をためらっていましたが、観光客が少なく静かな環境で幻想的な雰囲気に浸ることができました。時間に余裕のある方にはお勧めです。

    ベン・メリアはシェムリアップから遠いので、訪問をためらっていましたが、観光客が少なく静かな環境で幻想的な雰囲気に浸ることができました。時間に余裕のある方にはお勧めです。

  • ホテルに帰ると、お部屋の花が新しくなっていました。最初は作り物かと思いましたが、蓮の花でできていて、全て従業員の手作りです。

    ホテルに帰ると、お部屋の花が新しくなっていました。最初は作り物かと思いましたが、蓮の花でできていて、全て従業員の手作りです。

  • 蓮の花はホテルのいたるところに置いてあります。朝食会場にもありました。

    蓮の花はホテルのいたるところに置いてあります。朝食会場にもありました。

  • 夕食はクチコミで評判の良かったAHAにしました。ホテルのフロントでいろいろなお店を紹介してくれたのですが、こちらからAHAはどうですか?と尋ねると、何とホテルと同じ系列で、その場で予約してもらいました。

    夕食はクチコミで評判の良かったAHAにしました。ホテルのフロントでいろいろなお店を紹介してくれたのですが、こちらからAHAはどうですか?と尋ねると、何とホテルと同じ系列で、その場で予約してもらいました。

  • 店内は少し暗めですが。おしゃれです。

    店内は少し暗めですが。おしゃれです。

  • 前菜盛り合わせが2種類あったので、両方注文しました。どれも大変美味しかったです。

    前菜盛り合わせが2種類あったので、両方注文しました。どれも大変美味しかったです。

  • 我々夫婦は食が細いので、昼食もとっていないのにこれだけで充分でした。

    我々夫婦は食が細いので、昼食もとっていないのにこれだけで充分でした。

  • デザートのココナツのアイスクリームです。クチコミではこれを食べる為だけでもAHAに来る価値があるという人もいました。そこまでではありませんが、充分美味しかったです。

    デザートのココナツのアイスクリームです。クチコミではこれを食べる為だけでもAHAに来る価値があるという人もいました。そこまでではありませんが、充分美味しかったです。

  • レストランを出ると街は夜市のようになっていて、結構な賑わいです。

    レストランを出ると街は夜市のようになっていて、結構な賑わいです。

  • フルーツジュースのお店です。

    フルーツジュースのお店です。

  • お土産屋さんです。

    お土産屋さんです。

  • レストランも良い雰囲気です。

    レストランも良い雰囲気です。

  • こちらは初日にお昼を食べたChapeyです。

    こちらは初日にお昼を食べたChapeyです。

  • 最終日の今日はアンコールトムとタ・プロームに行きました。トゥクトゥクの値段を尋ねると往復で15ドルとのことです。アンコールワットまでの片道5ドルと比較して高いのですが、アンコールトムとタ・プローム周遊料金だそうです。

    最終日の今日はアンコールトムとタ・プロームに行きました。トゥクトゥクの値段を尋ねると往復で15ドルとのことです。アンコールワットまでの片道5ドルと比較して高いのですが、アンコールトムとタ・プローム周遊料金だそうです。

  • アンコールトムに着きました。

    アンコールトムに着きました。

  • アンコールトムは午前中が順光なので、観光客でごった返していて、初日のアンコールワットとは大違いでした。

    アンコールトムは午前中が順光なので、観光客でごった返していて、初日のアンコールワットとは大違いでした。

  • ここのレリーフも趣があります。

    ここのレリーフも趣があります。

  • 民族舞踊を踊っていました。

    民族舞踊を踊っていました。

  • 象に乗って移動することもできます。

    象に乗って移動することもできます。

  • 象のテラスです。

    象のテラスです。

  • トゥクトゥクでタ・プロームの入口までへ移動して、徒歩で寺院に向かいます。

    トゥクトゥクでタ・プロームの入口までへ移動して、徒歩で寺院に向かいます。

  • トゥームレイダーの撮影で有名なので、ここも観光客でごった返していました。

    トゥームレイダーの撮影で有名なので、ここも観光客でごった返していました。

  • 遺跡に絡みつく木の根の様子が面白いのですが、形の良い根の前には必ず記念撮影の人が立っています。こちらは比較的地味な根です。

    遺跡に絡みつく木の根の様子が面白いのですが、形の良い根の前には必ず記念撮影の人が立っています。こちらは比較的地味な根です。

  • タ・プロームから帰るとホテルの中庭にあるプールサイドでまったりしました。また、部屋は追加料金なしで出発まで使えました。アンコール遺跡群も素晴らしかったですが、ホテルはハイセンスなインテリア、おしゃれなプール、美味しい食事とホスピタリティーと大変満足できるものでした。

    タ・プロームから帰るとホテルの中庭にあるプールサイドでまったりしました。また、部屋は追加料金なしで出発まで使えました。アンコール遺跡群も素晴らしかったですが、ホテルはハイセンスなインテリア、おしゃれなプール、美味しい食事とホスピタリティーと大変満足できるものでした。

  • シェムリアップで大変充実した時間を過ごしたので、ハノイで尻すぼみの旅にならなければ良いなと危惧しつつ、夕方5時半の便で、ハノイに向かいました。

    シェムリアップで大変充実した時間を過ごしたので、ハノイで尻すぼみの旅にならなければ良いなと危惧しつつ、夕方5時半の便で、ハノイに向かいました。

この旅行記のタグ

22いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

カンボジアで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
カンボジア最安 240円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

カンボジアの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

シェムリアップ(カンボジア) で人気のタグ

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集