アルザス地方旅行記(ブログ) 一覧に戻る
羽田からフランクフルトに飛び、フランクフルトから車でストラスブール、メッスを回ってきました。3泊5日の旅行です。ストラスブールは30年ぶりの訪問となります。フランクフルト空港も空港駐車場にレンタカーがあり、借り出し、返却が便利になっています。マニュアルの小型車を予約しましたが、同料金でオートマティック車を出してくれました。以下に旅程を示します。<br /><br />初日:フランクフルトに夕刻着、レンタカーでストラスブールへ、ストラスブール泊<br />二日目:ストラスブール観光、近郊を観光し、ストラスブール泊<br />三日目:メッスを通り、フランクフルトへ戻り、フランクフルト泊<br />四日目:午後フランクフルト着<br />五日目:早朝羽田着、仕事へ<br /><br />長時間フライトを利用するにしては短期間の旅行でしたが、ゆっくりしてきました。<br />(1)	朝1130に羽田を出たフライトは定刻1640にフランクフルト着。空港内のサインをたよりにレンタカーカウンターに行き、車の鍵と駐車場所を記した伝票を貰います。駐車場は屋内ですが横長で数百メートルは歩いて車を発見、持参のカーナビ(TomTom)を車に取り付けて、駐車場を出ます。レンタカー出口で機械のボタンを押してチケットを受け取り、駐車場出口でチケットを入れて空港を出ます。予め設定しておいたストラスブール郊外のホテルをカーナビの目的地に設定して、空港を出ます。衛星の信号を受信するまでに少し時間がかかりますので、最初は勘で方向を定めます。しばらくしてカーナビが衛星信号を捕捉すると正しい方向を示します。A5をシュトットガルト方面に走り、カールスルーエからオッフェンブルグ、ストラスブールへと向かいました。ホテルは郊外のリンゴルスハイムのホテルにしました。駐車場の完備状況を条件にしました。ストラスブールに降りる道が入り混じっていて何回はルート選択を誤りましたが、その都度、カーナビが新ルートを出してくれ、午後8時にはホテルに到着しました。夕食はホテルの敷地内にある地元のレストランでタルトフランべとサラダで済ませました。<br />(2)	ホテルで朝食を済ませ、ストラスブール市内への車で向かいました。市内にはいくつかの駐車場があり、市の中心に近いところには割高の駐車料金が設定されているシステムです。駐車場は色分けされていて、赤、黄、緑の順で駐車料金が安くなっていきます。車は市の中心に近い、オーステリッツ広場の駐車場に入れました。先ず、大聖堂に向かい、大聖堂の内部を見学したあと9時に開く観光案内所でストラスブールの地図を1.5ユーロで購入し、大聖堂の塔の入り口が開く9時30分まで街を散策、塔の入り口が開くと、入場料5ユーロを払い塔に登ります。塔は66mの高さで、ひたすら螺旋階段を登っていきます。途中何箇所か登り階段を移るための横移動がありますが、しっかり登ります。30年前は子どもを背負子に載せて塔を登りました。塔の上は尖塔の下になりますが、ストラスブールの市街が一望できます。塔を降りると河沿いに散策、プチプランスに向かいます。地図には推奨の徒歩コースが記されていますが、従わず、河岸に降りて歩きました。午前中でもあるので人通りは限られていて、ゆったりと歩いてプチフランスに到着しました。昼食は大聖堂の近くまで戻って、シュークルートと4種の肉を味わいました。食後は車でリベットワールのシッピングモールへ、Orange BoutiqueでスマホのSIMカードMobicarteを購入。午後はサヴェルネのオ・バール城へ、城址は山の上にあり、レストランが併設されていた。レストランでデザートを食べ、リンゴスハイムに戻った。<br />(3)	ホテルで朝食を済ませチェックアウト、近くの銀行で国際キャッシュカードでユーロを出そうとしたが、ICカード付きのカードのみのようでユーロは引き出せず。A4でメッスに向かう。メッスでは大聖堂前の駐車場に車を入れる。土曜の朝市がたっており、駐車場の出口は朝市の中だった。大聖堂のステンドグラスを見学した後、街を散策。比較的旧市街が広く店舗も一通りそろっている。レストランで昼食をとり、ザーブリュッケンを抜けてフランクフルトに戻る。フランクフルトは市街へは行かず空港西のラマダへ、夕食はローカルのレストランでシュニッツェルを食べる。<br />(4)	ホテルで朝食を済ませ、空港へ、何とかレンタカー返却の駐車場入り口を見つけて車を返却。午後のフライトに合わせて出国した。<br /><br />ドイツのアウトバーンはストラスブールへの経路では工事区間が多く、渋滞箇所が何箇所か、速度無制限と渋滞の間のギャップが大きく車の流れも悪かったが、戻りのザーブリュッケンからフランクフルトへのルートは工事区間が少なく、本来のアウトバーンとなっていた。走行車線の車はおおむね140km/h前後で流れていたが、追い越し車線にはときどき200km/hを超える車が走行していた。借りた車はAudiのA1 TSFIだったが、車には最高時速は210km/kまでというシールが張られていた。<br />

ストラスブール、メッスへの旅

20いいね!

2015/05/28 - 2015/05/31

147位(同エリア883件中)

0

64

G-maru

G-maruさん

羽田からフランクフルトに飛び、フランクフルトから車でストラスブール、メッスを回ってきました。3泊5日の旅行です。ストラスブールは30年ぶりの訪問となります。フランクフルト空港も空港駐車場にレンタカーがあり、借り出し、返却が便利になっています。マニュアルの小型車を予約しましたが、同料金でオートマティック車を出してくれました。以下に旅程を示します。

初日:フランクフルトに夕刻着、レンタカーでストラスブールへ、ストラスブール泊
二日目:ストラスブール観光、近郊を観光し、ストラスブール泊
三日目:メッスを通り、フランクフルトへ戻り、フランクフルト泊
四日目:午後フランクフルト着
五日目:早朝羽田着、仕事へ

長時間フライトを利用するにしては短期間の旅行でしたが、ゆっくりしてきました。
(1) 朝1130に羽田を出たフライトは定刻1640にフランクフルト着。空港内のサインをたよりにレンタカーカウンターに行き、車の鍵と駐車場所を記した伝票を貰います。駐車場は屋内ですが横長で数百メートルは歩いて車を発見、持参のカーナビ(TomTom)を車に取り付けて、駐車場を出ます。レンタカー出口で機械のボタンを押してチケットを受け取り、駐車場出口でチケットを入れて空港を出ます。予め設定しておいたストラスブール郊外のホテルをカーナビの目的地に設定して、空港を出ます。衛星の信号を受信するまでに少し時間がかかりますので、最初は勘で方向を定めます。しばらくしてカーナビが衛星信号を捕捉すると正しい方向を示します。A5をシュトットガルト方面に走り、カールスルーエからオッフェンブルグ、ストラスブールへと向かいました。ホテルは郊外のリンゴルスハイムのホテルにしました。駐車場の完備状況を条件にしました。ストラスブールに降りる道が入り混じっていて何回はルート選択を誤りましたが、その都度、カーナビが新ルートを出してくれ、午後8時にはホテルに到着しました。夕食はホテルの敷地内にある地元のレストランでタルトフランべとサラダで済ませました。
(2) ホテルで朝食を済ませ、ストラスブール市内への車で向かいました。市内にはいくつかの駐車場があり、市の中心に近いところには割高の駐車料金が設定されているシステムです。駐車場は色分けされていて、赤、黄、緑の順で駐車料金が安くなっていきます。車は市の中心に近い、オーステリッツ広場の駐車場に入れました。先ず、大聖堂に向かい、大聖堂の内部を見学したあと9時に開く観光案内所でストラスブールの地図を1.5ユーロで購入し、大聖堂の塔の入り口が開く9時30分まで街を散策、塔の入り口が開くと、入場料5ユーロを払い塔に登ります。塔は66mの高さで、ひたすら螺旋階段を登っていきます。途中何箇所か登り階段を移るための横移動がありますが、しっかり登ります。30年前は子どもを背負子に載せて塔を登りました。塔の上は尖塔の下になりますが、ストラスブールの市街が一望できます。塔を降りると河沿いに散策、プチプランスに向かいます。地図には推奨の徒歩コースが記されていますが、従わず、河岸に降りて歩きました。午前中でもあるので人通りは限られていて、ゆったりと歩いてプチフランスに到着しました。昼食は大聖堂の近くまで戻って、シュークルートと4種の肉を味わいました。食後は車でリベットワールのシッピングモールへ、Orange BoutiqueでスマホのSIMカードMobicarteを購入。午後はサヴェルネのオ・バール城へ、城址は山の上にあり、レストランが併設されていた。レストランでデザートを食べ、リンゴスハイムに戻った。
(3) ホテルで朝食を済ませチェックアウト、近くの銀行で国際キャッシュカードでユーロを出そうとしたが、ICカード付きのカードのみのようでユーロは引き出せず。A4でメッスに向かう。メッスでは大聖堂前の駐車場に車を入れる。土曜の朝市がたっており、駐車場の出口は朝市の中だった。大聖堂のステンドグラスを見学した後、街を散策。比較的旧市街が広く店舗も一通りそろっている。レストランで昼食をとり、ザーブリュッケンを抜けてフランクフルトに戻る。フランクフルトは市街へは行かず空港西のラマダへ、夕食はローカルのレストランでシュニッツェルを食べる。
(4) ホテルで朝食を済ませ、空港へ、何とかレンタカー返却の駐車場入り口を見つけて車を返却。午後のフライトに合わせて出国した。

ドイツのアウトバーンはストラスブールへの経路では工事区間が多く、渋滞箇所が何箇所か、速度無制限と渋滞の間のギャップが大きく車の流れも悪かったが、戻りのザーブリュッケンからフランクフルトへのルートは工事区間が少なく、本来のアウトバーンとなっていた。走行車線の車はおおむね140km/h前後で流れていたが、追い越し車線にはときどき200km/hを超える車が走行していた。借りた車はAudiのA1 TSFIだったが、車には最高時速は210km/kまでというシールが張られていた。

旅行の満足度
4.0
観光
4.0
ホテル
4.5
グルメ
4.5
同行者
一人旅
一人あたり費用
15万円 - 20万円
交通手段
レンタカー
航空会社
ANA
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • フランクフルト空港を出てアウトバーンでストラスブールに向う。アウトバーンは概ね3車線、途中工事区間が2車線となる。

    フランクフルト空港を出てアウトバーンでストラスブールに向う。アウトバーンは概ね3車線、途中工事区間が2車線となる。

  • ストラスブール郊外のリンゴスハイムの地元レストランで、タルトフランベとソーセージサラダ。ソーセージはストラスブルグソーセージ

    ストラスブール郊外のリンゴスハイムの地元レストランで、タルトフランベとソーセージサラダ。ソーセージはストラスブルグソーセージ

  • リンゴスハイムのホテルからの景色

    リンゴスハイムのホテルからの景色

    キリヤド ストラスブール シュッド リンゴルスハイム ホテル

    ストラスブール郊外の宿 by G-maruさん
  • オーステリッツ駐車場の入り口。

    オーステリッツ駐車場の入り口。

  • 駐車場を出てストラスブール大聖堂を目指す。

    駐車場を出てストラスブール大聖堂を目指す。

  • 市内を流れる運河。

    市内を流れる運河。

  • ストラスブール大聖堂の正面

    ストラスブール大聖堂の正面

  • ストラスブール大聖堂前の広場。

    ストラスブール大聖堂前の広場。

  • ストラスブール大聖堂内部。

    ストラスブール大聖堂内部。

  • バラ窓

    バラ窓

  • ステンドグラス

    ステンドグラス

  • 祭壇

    祭壇

  • 看板裏手に塔への入り口がある。

    看板裏手に塔への入り口がある。

  • ストラスブール大聖堂前の駐車場。カルカソンヌの駐車場も同じ作りだった。

    ストラスブール大聖堂前の駐車場。カルカソンヌの駐車場も同じ作りだった。

  • ストラスブール大聖堂を一回り。

    ストラスブール大聖堂を一回り。

  • 9時30分から塔を登る。といっても尖塔部分へは行けない。66mの高さ。屋上に着くと汗が噴出してきた。

    9時30分から塔を登る。といっても尖塔部分へは行けない。66mの高さ。屋上に着くと汗が噴出してきた。

  • ストラスブール市内の眺め。

    ストラスブール市内の眺め。

  • ストラスブール市内の眺め。

    ストラスブール市内の眺め。

  • ストラスブール大聖堂の屋上

    ストラスブール大聖堂の屋上

  • ストラスブールの街並み

    ストラスブールの街並み

  • 下り階段は昇りの対角にある階段を使う。

    下り階段は昇りの対角にある階段を使う。

  • ストラスブール大聖堂の変遷

    ストラスブール大聖堂の変遷

  • 街を散策、運河の小道をプチプランスへ向う。

    街を散策、運河の小道をプチプランスへ向う。

  • 運河の小道はゆっくりと歩ける。サン・エティエン教会

    運河の小道はゆっくりと歩ける。サン・エティエン教会

  • 運河の小道。水かさは水門で調節されている。

    運河の小道。水かさは水門で調節されている。

  • プチフランス付近。

    プチフランス付近。

  • プチフランス付近

    プチフランス付近

  • 運河の小道から道に上がると多くの人が往来している。奥はサン・トマ教会

    運河の小道から道に上がると多くの人が往来している。奥はサン・トマ教会

  • 午前中のプチフランス。配達トラックが多く走っていた。

    午前中のプチフランス。配達トラックが多く走っていた。

  • プチフランスの眺め

    プチフランスの眺め

  • プチフランスにあるボーバン橋

    プチフランスにあるボーバン橋

  • 橋からの眺め

    橋からの眺め

  • プチフランス、サンマルタン橋付近

    プチフランス、サンマルタン橋付近

  • 昼食のシュークルート、4種類の肉が載っている。ソーセージはストラスブールソーセージ

    昼食のシュークルート、4種類の肉が載っている。ソーセージはストラスブールソーセージ

  • オ・バール城の入り口。山道を車で上がってくる。ハイキングコースもあって地元の生徒がハイキングをしていた。

    オ・バール城の入り口。山道を車で上がってくる。ハイキングコースもあって地元の生徒がハイキングをしていた。

  • 城址の内部。奥左手に見えるのがレストラン

    城址の内部。奥左手に見えるのがレストラン

  • 階段を昇って上部にでることができる。

    階段を昇って上部にでることができる。

  • 城址上部からのアルザスの眺め

    城址上部からのアルザスの眺め

  • 城址上部からのアルザスの眺め

    城址上部からのアルザスの眺め

  • 城址上部にかかる橋。2つの岩の間にかかっている。オ・バール城で検索するとよく出てくる写真と同じ風景。

    城址上部にかかる橋。2つの岩の間にかかっている。オ・バール城で検索するとよく出てくる写真と同じ風景。

  • オ・バール城にあるレストラン。昼食時間は終わっていたようだが、デザートとコーヒを注文する。

    オ・バール城にあるレストラン。昼食時間は終わっていたようだが、デザートとコーヒを注文する。

  • イル・フロッタンがあった。

    イル・フロッタンがあった。

  • メッスの大聖堂。土曜市場が立ち、地元の人で混雑していた。

    メッスの大聖堂。土曜市場が立ち、地元の人で混雑していた。

  • この建物は常設市場で大聖堂の前にある。常設市場の間に移動商店が店を広げていた。

    この建物は常設市場で大聖堂の前にある。常設市場の間に移動商店が店を広げていた。

  • メッス大聖堂の内部。ステンドグラスの量が特徴のようだ。

    メッス大聖堂の内部。ステンドグラスの量が特徴のようだ。

  • ステンドグラス。周辺の明かりを絞れば綺麗に写る。

    ステンドグラス。周辺の明かりを絞れば綺麗に写る。

  • シャガール作のステンドグラス

    シャガール作のステンドグラス

  • ステンドグラス。教会の入り口上部。バラ窓とまではいかない。

    ステンドグラス。教会の入り口上部。バラ窓とまではいかない。

  • 教会内部は多くのステンドグラスのおかげか明るい。

    教会内部は多くのステンドグラスのおかげか明るい。

  • 大聖堂を外から見ると壁一面がステンドグラスで、その多さが分る。

    大聖堂を外から見ると壁一面がステンドグラスで、その多さが分る。

  • メッス大聖堂前の広場。

    メッス大聖堂前の広場。

  • メッスの旧市街

    メッスの旧市街

  • 昼食は少し外れたところにあるイタリアンレストランに入った。

    昼食は少し外れたところにあるイタリアンレストランに入った。

  • 子牛のミラノ風カツレツ

    子牛のミラノ風カツレツ

  • フランスの高速道路でザーブリュッケンに向う。

    フランスの高速道路でザーブリュッケンに向う。

  • 今回借りた、Audi A1 TSFI オートマチック。アイドリングストップが付いているが、エンジン再起動時にアクセル操作を注意しないと車が前に飛び出す特徴があった。再起動を確認してからアクセルを踏む仕様のようだ。クルーズコントロールがついていて高速運転には欠かせない。スピードメータは240km/hまであるが、MAX210km/hのステッカーがインパネに貼られていた。直線では200km/h出しても不安は無いが、少し道が曲がっているとかなり横に引っ張られる。150km/h前後での走行向き。カーナビもついていたが使い方がいまひとつ分らず、持参したTomTom-XLを取り付けた。

    今回借りた、Audi A1 TSFI オートマチック。アイドリングストップが付いているが、エンジン再起動時にアクセル操作を注意しないと車が前に飛び出す特徴があった。再起動を確認してからアクセルを踏む仕様のようだ。クルーズコントロールがついていて高速運転には欠かせない。スピードメータは240km/hまであるが、MAX210km/hのステッカーがインパネに貼られていた。直線では200km/h出しても不安は無いが、少し道が曲がっているとかなり横に引っ張られる。150km/h前後での走行向き。カーナビもついていたが使い方がいまひとつ分らず、持参したTomTom-XLを取り付けた。

  • Audi A1のインパネ、フランス高速走行時はクルーズコントロールで時速を133km/hに設定。これでカーナビが時速130km/hを示します。

    Audi A1のインパネ、フランス高速走行時はクルーズコントロールで時速を133km/hに設定。これでカーナビが時速130km/hを示します。

  • フランクフルトのホテル。市内まで行かずタナウスのラマダにした。空港までは約17km、近くにガソリンスタンドもある。

    フランクフルトのホテル。市内まで行かずタナウスのラマダにした。空港までは約17km、近くにガソリンスタンドもある。

    Ramada Frankfurt Airport West ホテル

    田舎町のホテル by G-maruさん
  • ホテルの周辺は畑。

    ホテルの周辺は畑。

  • 夕食は10分ほど歩き、地元のレストランへ、昼食と若干かぶったがシュニッツェルを注文。トマトペーストとパン、サラダがまず出てきた。

    夕食は10分ほど歩き、地元のレストランへ、昼食と若干かぶったがシュニッツェルを注文。トマトペーストとパン、サラダがまず出てきた。

  • サラダの後に大きなシュニッツェルが出てきた。マッシュルームソースで注文。完食しなかったが美味しかった。

    サラダの後に大きなシュニッツェルが出てきた。マッシュルームソースで注文。完食しなかったが美味しかった。

  • ホフハイム・タナウスの外れの街並み。レストランが4,5軒はある。

    ホフハイム・タナウスの外れの街並み。レストランが4,5軒はある。

  • ホフハイム・タナウスの地図。地図の下辺中央辺りに宿泊したホテルがある。

    ホフハイム・タナウスの地図。地図の下辺中央辺りに宿泊したホテルがある。

この旅行記のタグ

関連タグ

20いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったホテル

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

フランスで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
フランス最安 100円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

フランスの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集