茅ヶ崎旅行記(ブログ) 一覧に戻る
明治の頃より茅ヶ崎に愛着を感じこの地に転居する財界人、文人などが多かったようですがその屋敷跡の多くは残っていません。しかし街を歩いていると彼らの足跡を見つけることができ新たな発見に驚くことがあります。

茅ヶ崎を愛した人々

39いいね!

2014/10/13 - 2014/10/25

15位(同エリア220件中)

2

30

エトランゼ

エトランゼさん

明治の頃より茅ヶ崎に愛着を感じこの地に転居する財界人、文人などが多かったようですがその屋敷跡の多くは残っていません。しかし街を歩いていると彼らの足跡を見つけることができ新たな発見に驚くことがあります。

PR

  • 10月半ばの夕刻。秋の雲がピンクに染まりました。

    10月半ばの夕刻。秋の雲がピンクに染まりました。

  • その後夕闇に富士山の姿がくっきり浮かび上がりました。<br />

    その後夕闇に富士山の姿がくっきり浮かび上がりました。

  • 10月16日、富士山を見ると山頂が雪化粧していました。初冠雪。<br /><br />

    10月16日、富士山を見ると山頂が雪化粧していました。初冠雪。

  • お天気がいいので秋の海辺を散歩。

    お天気がいいので秋の海辺を散歩。

  • サザンビーチ。<br />昼間はここはまだ熱気が漂っています。

    サザンビーチ。
    昼間はここはまだ熱気が漂っています。

  • やってる、やってる。

    やってる、やってる。

  • 子供達はサッカー、サーフィン、野球を練習中。

    子供達はサッカー、サーフィン、野球を練習中。

  • 大人もそれぞれ。

    大人もそれぞれ。

  • みんな休日を楽しんでいます。

    みんな休日を楽しんでいます。

  • そんな湘南海岸を愛したひとり、作家の開高健は1974年に茅ヶ崎に移り住み、亡くなるまでここを拠点に活動しました。彼が暮らしていた家が開高健記念館として解放されています。<br /><br />年末年始を除く金、土、日、祝日のみ開館            無料

    そんな湘南海岸を愛したひとり、作家の開高健は1974年に茅ヶ崎に移り住み、亡くなるまでここを拠点に活動しました。彼が暮らしていた家が開高健記念館として解放されています。

    年末年始を除く金、土、日、祝日のみ開館 無料

    開高健記念館 美術館・博物館

    開高健が暮らした家 by エトランゼさん
  • 表札には牧羊子夫人の名前も。<br /><br />『ふつう私は小説家として暮らしている。ここ五年ほどは湘南海岸の茅ヶ崎市である。海岸から三百メートルか四百メートルほどのところでひっそりと起居している。・・・・・・・』 開高健「国境の南」から

    表札には牧羊子夫人の名前も。

    『ふつう私は小説家として暮らしている。ここ五年ほどは湘南海岸の茅ヶ崎市である。海岸から三百メートルか四百メートルほどのところでひっそりと起居している。・・・・・・・』 開高健「国境の南」から

  • 玄関前の碑<br />

    玄関前の碑

  • この玄関から中に入ります。<br />建物外観と庭、書斎は往時のまま残されています。邸宅内の一部は展示コーナーとして使用されています。

    この玄関から中に入ります。
    建物外観と庭、書斎は往時のまま残されています。邸宅内の一部は展示コーナーとして使用されています。

  • リビングでは生前のインタビュー番組が再生されていました。

    リビングでは生前のインタビュー番組が再生されていました。

  • 色紙、原稿、愛用のパイプや釣り道具などの品々が展示されています。

    色紙、原稿、愛用のパイプや釣り道具などの品々が展示されています。

  • 本とお酒がドーンと置かれています。

    本とお酒がドーンと置かれています。

  • 往時のままの書斎は庭からガラス越しに見ます。<br />パイプをくゆらせあるいはグラスを傾けながら構想を練っていた姿が見えるようです。

    往時のままの書斎は庭からガラス越しに見ます。
    パイプをくゆらせあるいはグラスを傾けながら構想を練っていた姿が見えるようです。

  • 壁には開高健の釣り上げた魚やルアーが飾られています。<br />

    壁には開高健の釣り上げた魚やルアーが飾られています。

  • テラス。

    テラス。

  • テラスから庭へ。

    テラスから庭へ。

  • 開高健によって「哲学者の小径」と名付けられた庭。

    開高健によって「哲学者の小径」と名付けられた庭。

  • 当時の編集者たちは玄関脇から続く哲学者の小径を抜けて直接書斎まで作家を訪ねることができました。

    当時の編集者たちは玄関脇から続く哲学者の小径を抜けて直接書斎まで作家を訪ねることができました。

  • 玄関前。

    玄関前。

  • 開高健邸の周辺は閑静な住宅地ですが隣は工事中でした。「茅ヶ崎ゆかりの人物館」ができるようです。

    開高健邸の周辺は閑静な住宅地ですが隣は工事中でした。「茅ヶ崎ゆかりの人物館」ができるようです。

  • 茅ヶ崎ゆかりの人といえば小津安二郎監督もそのひとりです。<br />

    茅ヶ崎ゆかりの人といえば小津安二郎監督もそのひとりです。

  • この茅ヶ崎館を定宿とし長逗留して多くの作品を作り上げました。

    この茅ヶ崎館を定宿とし長逗留して多くの作品を作り上げました。

    茅ヶ崎館 宿・ホテル

  • 茅ヶ崎館には有名人もたくさん宿泊されているようです。

    茅ヶ崎館には有名人もたくさん宿泊されているようです。

    茅ヶ崎館 宿・ホテル

  • 1899年創業の茅ヶ崎館は国指定の有形文化財(建造物)です。<br /><br />10月26日から11月3日まで茅ヶ崎市のイベントが茅ヶ崎館であり中を見学できました。

    1899年創業の茅ヶ崎館は国指定の有形文化財(建造物)です。

    10月26日から11月3日まで茅ヶ崎市のイベントが茅ヶ崎館であり中を見学できました。

    茅ヶ崎館 宿・ホテル

  • イベントのひとつの写真展でみた「パシフィックホテル茅ヶ崎」の写真です。<br />上原謙と加山雄三親子が所有していたホテルですが多額の負債をかかえ売却され、その後再建されることなく取り壊されました。

    イベントのひとつの写真展でみた「パシフィックホテル茅ヶ崎」の写真です。
    上原謙と加山雄三親子が所有していたホテルですが多額の負債をかかえ売却され、その後再建されることなく取り壊されました。

  • 湘南海岸沿いに建つこの斬新なデザインのホテルはプールやボーリング場、ビリヤードなども併設する当時としては最先端の高級リゾートホテルでした。<br />桑田佳祐もここでアルバイトをしたそうでサザンの歌にも登場するホテルです。<br /><br />写真に写る湘南海岸はまだ建物も少なく時代の流れを感じます。

    湘南海岸沿いに建つこの斬新なデザインのホテルはプールやボーリング場、ビリヤードなども併設する当時としては最先端の高級リゾートホテルでした。
    桑田佳祐もここでアルバイトをしたそうでサザンの歌にも登場するホテルです。

    写真に写る湘南海岸はまだ建物も少なく時代の流れを感じます。

この旅行記のタグ

関連タグ

39いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (2)

開く

閉じる

  • 前日光さん 2014/10/30 21:56:28
    いろんな人が。。。
    エトランゼさん、こんばんは。

    急に4トラのマイページ画面が大きくなってビックリ!しながら、コメントしています。

    朝夕めっきり寒くなってきたようですね。
    我が家はとっくにストーブと炬燵が活躍しています。

    湘南の地には、多くの文人墨客が魅せられるようですね。
    富士山がこんなに素晴らしく見えるし、温暖そうだしで、住みやすいのでしょうね。

    ちょうど今ぐらいの気候が長く続くといいのに、こういう期間はアッという間で、寒い冬がまたやってきます。
    夏がやって来るよりは好きなのですが、年々寒さもコタエルようになってきましたね。

    二度目の湘南の冬がやってきますね!
    お元気でお過ごしのことと思います。

    実は個人的に、開高健はほとんど読んでいないんです。
    どちらかというと、男性ファンが多いのかな?
    茅ヶ崎で最後の数年間を過ごされたとのこと、気候的に穏やかなのでいいなぁと思うのかもしれませんね。
    小津監督もこの地が気に入っていた様子、そんな土地で暮らせるエトランゼさんは幸せ者ですね(~o~)

    加山雄三さんが、かつて大負債を抱えて苦労したということを何かの番組で見たことがありますが、それってこのホテルのことだったんですねぇ〜
    幸不幸を呑み込んだ湘南の空は、秋色満開でしょうか?


    前日光


    エトランゼ

    エトランゼさん からの返信 2014/10/30 23:33:47
    RE: いろんな人が。。。
    前日光さん、早速お越しいただきありがとうございます。

    > 急に4トラのマイページ画面が大きくなってビックリ!しながら、コメントしています。

    私も今開けてみてビックリしました。違うページを開いてしまったのかと。


    > 朝夕めっきり寒くなってきたようですね。
    > 我が家はとっくにストーブと炬燵が活躍しています。

    えー!もうストーブと炬燵ですか。
    うちは昨日ようやく扇風機を片付けたところです。
    昼間はまだまだ動くと汗をかくほどの陽気です。
    写真でもお分かりのように海辺では半袖姿も多く見られますよ。


    > 湘南の地には、多くの文人墨客が魅せられるようですね。

    私もこちらに来て知ったばかりですが多くの著名人が住んでおられたようです。
    折々に足跡を訪ねてみようと思います。


    > 実は個人的に、開高健はほとんど読んでいないんです。
    > どちらかというと、男性ファンが多いのかな?
    > 茅ヶ崎で最後の数年間を過ごされたとのこと、気候的に穏やかなのでいいなぁと思うのかもしれませんね。

    開高健は1974年に茅ヶ崎に移り住み1989年に亡くなりましたので15年ほどをこの地で暮らしています。
    その時代に建てられたとは思えないようなモダンなお宅です。


    > 加山雄三さんが、かつて大負債を抱えて苦労したということを何かの番組で見たことがありますが、それってこのホテルのことだったんですねぇ〜

    私もこのホテルの写真を見たとき同じことを思い出し思わずカメラに収めたのでした。
    当時は茅ヶ崎のシンボルのような存在で古くからの住民にはとても懐かしい写真なのでそうですよ。

    また前日光さんのところにもゆっくりお邪魔して奈良旅行記を読ませていただきますね〜

    エトランゼ

エトランゼさんのトラベラーページ

この旅行で行ったホテル

この旅行で行ったスポット

旅の計画・記録

「旅の計画」作成でもれなく300ポイント!

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

茅ヶ崎の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集