ビリニュス旅行記(ブログ) 一覧に戻る
ミンスクからカリーニングラードを目指す途中、陸路ヴィリニュスへ到着。ゲディミナス大公が狼の夢を見て…の伝説を追っかけます。とかいいつつ、お菓子とご飯を食いまくり。

ヴィリニュスへ自力で観光に行ってみた(カリーニングラード旅行記②)

14いいね!

2013/12/16 - 2013/12/17

273位(同エリア649件中)

0

12

霞町

霞町さん

ミンスクからカリーニングラードを目指す途中、陸路ヴィリニュスへ到着。ゲディミナス大公が狼の夢を見て…の伝説を追っかけます。とかいいつつ、お菓子とご飯を食いまくり。

旅行の満足度
4.5
観光
4.0
ホテル
4.0
グルメ
4.5
ショッピング
4.0
交通
4.0
同行者
一人旅
交通手段
鉄道 徒歩
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • ミンスクから、朝10時半くらいにヴィリニュスへ到着。<br />駅前は閑散とした感じ。そのままネットで予約しておいた宿に荷物を預け、簡易ながら観光へ出発です。<br /><br />【リトアニアの陸路入国】<br />旅行記①のとおり、ヴィリニュス駅5番プラットフォームでパスポートチェックと税関審査。<br />外国人は付保証明(英文)を要求されると言われていますが、私の場合は何ら提示を求められることはなく、誰にも見せずに終わりました。<br />なお、後にニダで再入国する際も同様でした。<br /><br />ヴィリニュス旧市街は石畳で、底の固いブーツではひざにガタが来そうな感触です。また、旧市街の中にバスやトラムなどは通っていないので、ともかく歩くしかない。<br />また、12月にもかかわらず雪はなし。冷たい雨が降るようですが、私の行ったときは運よく曇天で済みました。<br /><br />「夜明けの門」から旧市街に入りました。<br />門の内部には教会があり、入ることができます。門近くの壁に、人々がひっきりなしに出入りしている謎のドアがあり、入ってすぐに右の階段を上るとたどり着けます。<br />といっても、異教徒が気軽に物見遊山できる雰囲気ではありません。<br />写真は「夜明けの門」を外から眺めたもの。

    ミンスクから、朝10時半くらいにヴィリニュスへ到着。
    駅前は閑散とした感じ。そのままネットで予約しておいた宿に荷物を預け、簡易ながら観光へ出発です。

    【リトアニアの陸路入国】
    旅行記①のとおり、ヴィリニュス駅5番プラットフォームでパスポートチェックと税関審査。
    外国人は付保証明(英文)を要求されると言われていますが、私の場合は何ら提示を求められることはなく、誰にも見せずに終わりました。
    なお、後にニダで再入国する際も同様でした。

    ヴィリニュス旧市街は石畳で、底の固いブーツではひざにガタが来そうな感触です。また、旧市街の中にバスやトラムなどは通っていないので、ともかく歩くしかない。
    また、12月にもかかわらず雪はなし。冷たい雨が降るようですが、私の行ったときは運よく曇天で済みました。

    「夜明けの門」から旧市街に入りました。
    門の内部には教会があり、入ることができます。門近くの壁に、人々がひっきりなしに出入りしている謎のドアがあり、入ってすぐに右の階段を上るとたどり着けます。
    といっても、異教徒が気軽に物見遊山できる雰囲気ではありません。
    写真は「夜明けの門」を外から眺めたもの。

  • 【両替】<br />旧市街の中に銀行があります。たくさんあるので困ることはないと思いますが、日本円からの直接両替となると場所がかなり限定されると思われます。<br />旧市庁舎内の観光案内所でも銀行のありかを教えてもらえます。<br />なお、2013年12月現在、ユーロの直接利用はできないようです。<br /><br />直進してヴィリニュス大学に到着、内部の古書室を観たかったのですが、閉まっていた。残念。<br />仕方なく観光を続行。聖アンナ教会を軽く見学。<br />かのナポレオンがお持ち帰りを希望したことで有名ですが、確かに持ち帰れそうなお手頃サイズでした。

    【両替】
    旧市街の中に銀行があります。たくさんあるので困ることはないと思いますが、日本円からの直接両替となると場所がかなり限定されると思われます。
    旧市庁舎内の観光案内所でも銀行のありかを教えてもらえます。
    なお、2013年12月現在、ユーロの直接利用はできないようです。

    直進してヴィリニュス大学に到着、内部の古書室を観たかったのですが、閉まっていた。残念。
    仕方なく観光を続行。聖アンナ教会を軽く見学。
    かのナポレオンがお持ち帰りを希望したことで有名ですが、確かに持ち帰れそうなお手頃サイズでした。

  • さらに歩き、大聖堂。<br />前の広場にクリスマス市が立っています。このあたりで寒さと空腹に耐えられなくなり、チョコレートドリンクを買おうとしたのに、売り切れと言われて大変ショックでした…。

    さらに歩き、大聖堂。
    前の広場にクリスマス市が立っています。このあたりで寒さと空腹に耐えられなくなり、チョコレートドリンクを買おうとしたのに、売り切れと言われて大変ショックでした…。

  • ここで狼が出るとのうわさです。ゲディミナス城。<br />大聖堂方面からは登れず、大通りへ回り込むとリフトがあります。<br />私は上りだけチケットを購入し、行きは楽々でした。しかし、実は下りのチケットこそ買うべきであった。帰りの坂道は雪に濡れた石畳で、恐ろしく急勾配で歩くのが怖い。しかも途中で分岐し、元いた場所に戻るのに少し迷ったりもします。

    ここで狼が出るとのうわさです。ゲディミナス城。
    大聖堂方面からは登れず、大通りへ回り込むとリフトがあります。
    私は上りだけチケットを購入し、行きは楽々でした。しかし、実は下りのチケットこそ買うべきであった。帰りの坂道は雪に濡れた石畳で、恐ろしく急勾配で歩くのが怖い。しかも途中で分岐し、元いた場所に戻るのに少し迷ったりもします。

  • 城からの眺め。ミンスクと比較すると、もうここは完全なるヨーロッパなのだと実感します。<br />街中には至る所にEU旗がひるがえり、この国は全力で「自分はヨーロッパである」と主張している印象です。ヨーロッパである、すなわち、ソ連時代とは不当な占領を受けた時代であり、本来はCISもロシアもまったく関係がありません!と、必死になっているような、どこか肩に力の入りすぎたような雰囲気です。

    城からの眺め。ミンスクと比較すると、もうここは完全なるヨーロッパなのだと実感します。
    街中には至る所にEU旗がひるがえり、この国は全力で「自分はヨーロッパである」と主張している印象です。ヨーロッパである、すなわち、ソ連時代とは不当な占領を受けた時代であり、本来はCISもロシアもまったく関係がありません!と、必死になっているような、どこか肩に力の入りすぎたような雰囲気です。

  • 城の内部。<br />甲冑などあります。

    城の内部。
    甲冑などあります。

  • 外国で大使館を見つけるとつい写真を撮ってしまう。<br />これはヴィリニュス大学前の、たぶんポーランド大使館。

    外国で大使館を見つけるとつい写真を撮ってしまう。
    これはヴィリニュス大学前の、たぶんポーランド大使館。

  • ゲディミナス城から裏の大通りに出て、ひたすら歩くと聖ペテロ・パウロ教会です。<br />誰もいないので、座ってしばし休憩。

    ゲディミナス城から裏の大通りに出て、ひたすら歩くと聖ペテロ・パウロ教会です。
    誰もいないので、座ってしばし休憩。

  • たぶんトルコ大使館。結構目立つ。

    たぶんトルコ大使館。結構目立つ。

  • もちろんクリスマス。カトリックの国ですから!

    もちろんクリスマス。カトリックの国ですから!

  • 観光終了、夕飯です。<br />ロシアとの比較をしたくてボルシチを注文。パンがついてきて、食べごたえ満点です。<br />内容は、ロシアと比較すると、具を豪華にしすぎた(じゃがいもも肉もそれなりに入っている)こと、ロシアでは欠かせないディルを入れないこと、が違っている以外は、やっぱりボルシチでした。美味ーい!

    観光終了、夕飯です。
    ロシアとの比較をしたくてボルシチを注文。パンがついてきて、食べごたえ満点です。
    内容は、ロシアと比較すると、具を豪華にしすぎた(じゃがいもも肉もそれなりに入っている)こと、ロシアでは欠かせないディルを入れないこと、が違っている以外は、やっぱりボルシチでした。美味ーい!

  • そしてこれを喰わずして日本に帰れない。<br />ツェペリナイ。<br />芋団子自体は美味しかったけれど、とんでもなく油っぽかった。<br />アツアツの芋と冷たいスメタナを一緒に口に入れると、うおーリトアニアに来たー!という気分になれます。<br />そんな感じでヴィリニュスは終了。さっさと寝て、翌日のカリグラに備えます。

    そしてこれを喰わずして日本に帰れない。
    ツェペリナイ。
    芋団子自体は美味しかったけれど、とんでもなく油っぽかった。
    アツアツの芋と冷たいスメタナを一緒に口に入れると、うおーリトアニアに来たー!という気分になれます。
    そんな感じでヴィリニュスは終了。さっさと寝て、翌日のカリグラに備えます。

この旅行記のタグ

14いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

リトアニアで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
リトアニア最安 600円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

リトアニアの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集