デリー旅行記(ブログ) 一覧に戻る
ここ数年、毎年夏休みを9月に取ることになっています。<br />有難いことに平日5日も休める!!<br />普段は有給を取れないので、ここぞとばかり長めに取ってインド・ネパールへ!<br />上海は帰りのトランジットで1泊しました。去年数時間立ち寄って以来です。<br /><br />インドには行きたいと思ってて、何となく行けていませんでした。<br />日本でもインドカレーは週に1回食べに行くくらい大好きなので、本場の味を求めて!<br />心配していたけど、1度もおなかを壊しませんでした。<br /><br /><br /><エアライン><br />中国東方航空 6万円ちょっと<br />エアーインディア<br /><br /><スケジュール><br /><br />9/7 成田→(上海)→デリー<br />9/8 デリー→アグラ<br />9/9 アグラ→ジャイプール<br />9/10 ジャイプール<br />9/11 ジャイプール→ムンバイ<br />9/12 ムンバイ<br />9/13 ムンバイ→(デリー)→カトマンドゥ→ナガルコット<br />9/14 ナガルコット→バクタプル→パタン<br />9/15 パタン→カトマンドゥ<br />9/16 カトマンドゥ→デリー<br />9/17 デリー<br />9/18 デリー→上海<br />9/19 上海→羽田 <br /><br />なんとも移動の多い旅でした。8回も飛行機を乗りました。<br /><br /><服装><br />Tシャツ、ハーフパンツ、サンダル<br /><br /><持って行ってよかったかも><br />マスク、帽子、ティッシュ、サングラス、手ピカジェル

2013年9月インド・ネパール・上海 ★⑩デリー編

24いいね!

2013/09/07 - 2013/09/19

274位(同エリア1725件中)

0

47

maimai001

maimai001さん

ここ数年、毎年夏休みを9月に取ることになっています。
有難いことに平日5日も休める!!
普段は有給を取れないので、ここぞとばかり長めに取ってインド・ネパールへ!
上海は帰りのトランジットで1泊しました。去年数時間立ち寄って以来です。

インドには行きたいと思ってて、何となく行けていませんでした。
日本でもインドカレーは週に1回食べに行くくらい大好きなので、本場の味を求めて!
心配していたけど、1度もおなかを壊しませんでした。


<エアライン>
中国東方航空 6万円ちょっと
エアーインディア

<スケジュール>

9/7 成田→(上海)→デリー
9/8 デリー→アグラ
9/9 アグラ→ジャイプール
9/10 ジャイプール
9/11 ジャイプール→ムンバイ
9/12 ムンバイ
9/13 ムンバイ→(デリー)→カトマンドゥ→ナガルコット
9/14 ナガルコット→バクタプル→パタン
9/15 パタン→カトマンドゥ
9/16 カトマンドゥ→デリー
9/17 デリー
9/18 デリー→上海
9/19 上海→羽田

なんとも移動の多い旅でした。8回も飛行機を乗りました。

<服装>
Tシャツ、ハーフパンツ、サンダル

<持って行ってよかったかも>
マスク、帽子、ティッシュ、サングラス、手ピカジェル

旅行の満足度
4.5
観光
4.5
ホテル
5.0
グルメ
5.0
ショッピング
4.5
交通
5.0

PR

  • デリーのホテルは、コンノートプレイスのHotel Bright<br /><br />出来たばかりみたいで綺麗。

    デリーのホテルは、コンノートプレイスのHotel Bright

    出来たばかりみたいで綺麗。

  • レセプション

    レセプション

  • ただレストランはまだ工事中のようで部屋で朝食を頂きます。<br /><br />朝食はビュッフェじゃなければだいたいどこも卵とシリアルとパン。<br />ここはバナナもついてきたよ。

    ただレストランはまだ工事中のようで部屋で朝食を頂きます。

    朝食はビュッフェじゃなければだいたいどこも卵とシリアルとパン。
    ここはバナナもついてきたよ。

  • この日はいよいよ出国日です。<br /><br />ただ飛行機が夜中の2:45なので一日中観光できます。<br />

    この日はいよいよ出国日です。

    ただ飛行機が夜中の2:45なので一日中観光できます。

  • 今日もまあ暑い暑い。帽子はあったほうがいい。

    今日もまあ暑い暑い。帽子はあったほうがいい。

  • インド最大のモスクがあるというジャマーマスジットへ。<br /><br />初日にデリーに来た時にラールキラーの近くからも見えました。

    インド最大のモスクがあるというジャマーマスジットへ。

    初日にデリーに来た時にラールキラーの近くからも見えました。

  • 着いたらお祈りの時間だそうで、入れなくなった。<br /><br />30分ほど待ち時間が必要。

    着いたらお祈りの時間だそうで、入れなくなった。

    30分ほど待ち時間が必要。

  • とりあえず違うところに行ってみる。<br /><br />インドの街はやはり汚い。なんてゆうか、ごみが多すぎる。<br /><br />ゴミ拾いをしたら金銭を稼げるというシステムにしたら、どれだけの物乞いが救われるだろうか。

    とりあえず違うところに行ってみる。

    インドの街はやはり汚い。なんてゆうか、ごみが多すぎる。

    ゴミ拾いをしたら金銭を稼げるというシステムにしたら、どれだけの物乞いが救われるだろうか。

  • 近くで食べ物を無料配布していたので、人がいっぱい。<br /><br />そして足元はゴミだらけになる。<br /><br />歩いてるとゴミ道に慣れてきますが、それでも帰国して日本の道を歩いて、ごみが落ちていないことに感動したほどです。

    近くで食べ物を無料配布していたので、人がいっぱい。

    そして足元はゴミだらけになる。

    歩いてるとゴミ道に慣れてきますが、それでも帰国して日本の道を歩いて、ごみが落ちていないことに感動したほどです。

  • 無料配布するならゴミ箱も用意してね・・

    無料配布するならゴミ箱も用意してね・・

  • これはプーリーという揚げせんべいです。

    これはプーリーという揚げせんべいです。

  • シク教寺院のバングラ・サヒブ・グルドゥワラに着いたみたい。

    シク教寺院のバングラ・サヒブ・グルドゥワラに着いたみたい。

  • よく分からないまま入ってみることに。<br /><br />ウロウロしていたら、知らない男がいつの間にかガイドに。<br />ここでは足を洗うみたい。裸足で入るみたい。<br />男性はスカーフをかぶらないといけません。スカーフは貸してもらえます。<br />私は帽子をかぶっていたので、スルーされました。<br />

    よく分からないまま入ってみることに。

    ウロウロしていたら、知らない男がいつの間にかガイドに。
    ここでは足を洗うみたい。裸足で入るみたい。
    男性はスカーフをかぶらないといけません。スカーフは貸してもらえます。
    私は帽子をかぶっていたので、スルーされました。

  • ガイドに連れられて中に入るとそこはなんと煌びやかな世界!<br /><br />マイクから合唱が聞こえてきます。

    ガイドに連れられて中に入るとそこはなんと煌びやかな世界!

    マイクから合唱が聞こえてきます。

  • シク教徒の男性はこんなターバンを巻いているよ。

    シク教徒の男性はこんなターバンを巻いているよ。

  • これは必見です。こんなに面白いところなのにまた観光客はうちらだけ。

    これは必見です。こんなに面白いところなのにまた観光客はうちらだけ。

  • ガイドの男性はシク教徒ではないので、また例によって「後請求」かな?と思い、いつ「それとなくバイバイ」しようか思案しながら見学。<br /><br />そしたら請求されなかった!ええ!いい人やん!<br />このガイドがいなかったら、このディープな世界に入る勇気がなかったかも。<br />

    ガイドの男性はシク教徒ではないので、また例によって「後請求」かな?と思い、いつ「それとなくバイバイ」しようか思案しながら見学。

    そしたら請求されなかった!ええ!いい人やん!
    このガイドがいなかったら、このディープな世界に入る勇気がなかったかも。

  • 大理石が綺麗です。

    大理石が綺麗です。

  • すぐ脇では賽銭の勘定、実施中!<br /><br />なんともオープンな国だよね。

    すぐ脇では賽銭の勘定、実施中!

    なんともオープンな国だよね。

  • ジャマーマスジットに戻ります。<br /><br />でもカメラ持ち込みが有料なため持ち込みませんでした。<br />なので外の写真だけ!<br />

    ジャマーマスジットに戻ります。

    でもカメラ持ち込みが有料なため持ち込みませんでした。
    なので外の写真だけ!

  • 中は裸足で入るんですが、地面がアチチ!<br /><br />サリーのような体系を隠す布を有料レンタルしました。

    中は裸足で入るんですが、地面がアチチ!

    サリーのような体系を隠す布を有料レンタルしました。

  • お昼ご飯はまた「歩き方」に載ってた店に行くことに。<br /><br />デリー門はちっちゃい!

    お昼ご飯はまた「歩き方」に載ってた店に行くことに。

    デリー門はちっちゃい!

  • こんなところでタイピング中

    こんなところでタイピング中

  • 意外と遠かった。<br /><br />日本人バックパッカーの男子に会う。

    意外と遠かった。

    日本人バックパッカーの男子に会う。

  • 美味しいよ!ナン頼みすぎ

    美味しいよ!ナン頼みすぎ

  • 近くまで来たのでガンジーの慰霊碑が建つラージ・ガートに。<br />消えることのない炎はガンジーの魂を象徴しているそうです。<br /><br />この周りは公園になっています。

    近くまで来たのでガンジーの慰霊碑が建つラージ・ガートに。
    消えることのない炎はガンジーの魂を象徴しているそうです。

    この周りは公園になっています。

  • 最後の観光地は、イスラム寺院跡のクトゥブ・ミナール。<br /><br />ここの営業は「日の出〜日没まで」と曖昧に書かれていますが、日没を過ぎてもライトアップしていて入れることが分かりました。<br /><br />18:30まではライトアップの準備のため外で待機。<br />暗くなり始めるころに入りました。<br />待ち時間の間はまたさまざまなインド人と(彼らの)写真撮影会でした。

    最後の観光地は、イスラム寺院跡のクトゥブ・ミナール。

    ここの営業は「日の出〜日没まで」と曖昧に書かれていますが、日没を過ぎてもライトアップしていて入れることが分かりました。

    18:30まではライトアップの準備のため外で待機。
    暗くなり始めるころに入りました。
    待ち時間の間はまたさまざまなインド人と(彼らの)写真撮影会でした。

  • 結構太いね。<br /><br />3人の王様によってだんだん高く作られたんだって。

    結構太いね。

    3人の王様によってだんだん高く作られたんだって。

  • これは周囲のヒンドゥー教寺院を破壊した石材で作られたみたいだ。

    これは周囲のヒンドゥー教寺院を破壊した石材で作られたみたいだ。

  • 私のカメラではこの明るさが限界。<br /><br />月も撮れて幻想的になりました。

    私のカメラではこの明るさが限界。

    月も撮れて幻想的になりました。

  • これは錆びない鉄の塔。

    これは錆びない鉄の塔。

  • クトゥブ・ミナール駅

    クトゥブ・ミナール駅

  • どの駅でも必ず改札前に荷物のセキュリティチェックとボディーチェックがあります。テロ対策?怖いねー

    どの駅でも必ず改札前に荷物のセキュリティチェックとボディーチェックがあります。テロ対策?怖いねー

  • INAマーケットに。<br /><br />地元の人のための食材(ニワトリまるごと)や日用品等が売っています。

    INAマーケットに。

    地元の人のための食材(ニワトリまるごと)や日用品等が売っています。

  • 白く光る寺院が何だったのかはよく分かりません・・

    白く光る寺院が何だったのかはよく分かりません・・

  • コンノート・プレイスから空港までバスで向かいます。<br />どのバスに乗ればよいか分からないまま停留所に立っていると、すぐに「Airport」表示のバスが来た!これはラッキー!<br /><br />インディラ・ガンジー国際空港はすごく大きくてキレイです。

    コンノート・プレイスから空港までバスで向かいます。
    どのバスに乗ればよいか分からないまま停留所に立っていると、すぐに「Airport」表示のバスが来た!これはラッキー!

    インディラ・ガンジー国際空港はすごく大きくてキレイです。

  • チキン・マハラジャマックを注文してみる。<br /><br />これはなかなかおいしかった。<br />もう一個のマサラグリルは微妙かなぁ・・<br /><br />もうこれがインドで食べる最後の食事だね〜。<br />食事は本当に5つ星をあげたいインド。<br /><br />よくインドは「何度もまた来たい人」「もう二度と来たくない人」に二分されるといいますが、そんな極端でもないんじゃない?<br />私はこのとき、インドを出るのが少し寂しかったような、早く出たいような複雑な心境でした。<br /><br />2:45にデリーを出て、飛行機で爆睡!<br />起きたら上海です。<br /><br />上海編に続きます。<br />

    チキン・マハラジャマックを注文してみる。

    これはなかなかおいしかった。
    もう一個のマサラグリルは微妙かなぁ・・

    もうこれがインドで食べる最後の食事だね〜。
    食事は本当に5つ星をあげたいインド。

    よくインドは「何度もまた来たい人」「もう二度と来たくない人」に二分されるといいますが、そんな極端でもないんじゃない?
    私はこのとき、インドを出るのが少し寂しかったような、早く出たいような複雑な心境でした。

    2:45にデリーを出て、飛行機で爆睡!
    起きたら上海です。

    上海編に続きます。

この旅行記のタグ

24いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅の計画・記録

「旅の計画」作成でもれなく300ポイント!

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

インドで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
インド最安 589円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

インドの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集