堺旅行記(ブログ) 一覧に戻る
堺に用事があり済ませた後、昼からその近くの多治速比売神社(たじはやひめじんじゃ)に寄ってみることにしました。<br /><br />多治速比売神社に行ってみると、「境内にある福石はパワースポット」と掲載されている3種の情報誌のコピーが、社務所に貼られています。<br /><br />そのパワーをいただこうと、福石の周りをうろうろしたあとは、そこから近くにある国宝の櫻井神社に行ってみました。<br /><br />国宝の割拝殿のある櫻井神社、来るたびに雰囲気がよくなってきており、霊験あらたかさがましています。<br /><br />【写真は、多治速比売神社の拝殿です。】

大阪・堺のパワースポット(多治速比売神社)と国宝(櫻井神社)へ

31いいね!

2013/07/27 - 2013/07/27

88位(同エリア507件中)

0

43

のーとくん

のーとくんさん

堺に用事があり済ませた後、昼からその近くの多治速比売神社(たじはやひめじんじゃ)に寄ってみることにしました。

多治速比売神社に行ってみると、「境内にある福石はパワースポット」と掲載されている3種の情報誌のコピーが、社務所に貼られています。

そのパワーをいただこうと、福石の周りをうろうろしたあとは、そこから近くにある国宝の櫻井神社に行ってみました。

国宝の割拝殿のある櫻井神社、来るたびに雰囲気がよくなってきており、霊験あらたかさがましています。

【写真は、多治速比売神社の拝殿です。】

交通手段
自家用車
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 駐車場の前の門です。<br />ここから入ると、境内の横になります。

    駐車場の前の門です。
    ここから入ると、境内の横になります。

  • 境内を歩き、手水舎のところにやって来ました。<br />福石亀がそばに置かれています。

    境内を歩き、手水舎のところにやって来ました。
    福石亀がそばに置かれています。

  • 手水舎の近くに、十三の末社の一つ水天宮があります。

    手水舎の近くに、十三の末社の一つ水天宮があります。

  • 多治速比売神社の境内を、広く見てみます。

    多治速比売神社の境内を、広く見てみます。

  • 昭和55年石津川改修の時、川底から発見された楠の根元です。<br />四〜五百年前の楠で、多治速比売神社の本殿も、このころの楠で再建されているので、ここに運んでお祀りしています。<br />上下反対に立ててあります。

    昭和55年石津川改修の時、川底から発見された楠の根元です。
    四〜五百年前の楠で、多治速比売神社の本殿も、このころの楠で再建されているので、ここに運んでお祀りしています。
    上下反対に立ててあります。

  • 拝殿に近づいていきます。

    拝殿に近づいていきます。

  • 阿形の狛犬です。

    阿形の狛犬です。

  • 吽形の狛犬です。

    吽形の狛犬です。

  • 本殿です。

    本殿です。

  • 春日社、熊野社、白山社です。<br />本殿の横にあります。

    春日社、熊野社、白山社です。
    本殿の横にあります。

  • 池の中にある、弁天社です。

    池の中にある、弁天社です。

  • 金高(きんたか)稲荷社です。<br />商売繁盛にしていただけそうな名前のお稲荷さんですね。

    金高(きんたか)稲荷社です。
    商売繁盛にしていただけそうな名前のお稲荷さんですね。

  • これが、パワースポットの福石です。<br />「福石神にまつわる昔話」<br />むかしむかしお百姓さんの夫婦が住んでいました。<br />そこの家には貧乏神が住んでいて、暮らしはいっこうに楽になりません。<br />夫婦は貧乏神に出て行ってもらおうとたのみますが、出て行ってくれないので、力づくで追い出そうとしますが、敵いません。<br />そこで女房は、着物を脱ぎ、七色のあざやかな波模様の腰巻を貧乏神の前に突き出すと、貧乏神は目がくらみ、力が抜けて押さえ込まれてしまいました。<br />貧乏神は「貧乏神に生まれたくなかった。次は福の神になる。」と言って、丸い石になって消えていきました。<br />その後は、この石のおかげで、お百姓さんはみるみるうちに村一番の長者になりました。<br />そしてこの福をみんなに分けようと、多治速比売神社に寄進したということです。

    これが、パワースポットの福石です。
    「福石神にまつわる昔話」
    むかしむかしお百姓さんの夫婦が住んでいました。
    そこの家には貧乏神が住んでいて、暮らしはいっこうに楽になりません。
    夫婦は貧乏神に出て行ってもらおうとたのみますが、出て行ってくれないので、力づくで追い出そうとしますが、敵いません。
    そこで女房は、着物を脱ぎ、七色のあざやかな波模様の腰巻を貧乏神の前に突き出すと、貧乏神は目がくらみ、力が抜けて押さえ込まれてしまいました。
    貧乏神は「貧乏神に生まれたくなかった。次は福の神になる。」と言って、丸い石になって消えていきました。
    その後は、この石のおかげで、お百姓さんはみるみるうちに村一番の長者になりました。
    そしてこの福をみんなに分けようと、多治速比売神社に寄進したということです。

  • 社務所の方に行ってみます。

    社務所の方に行ってみます。

  • 本殿の向かって右側の向拝の手挟 (たばさみ)右面に芭蕉に蟷螂 (かまきり)、左面に水に蓮が彫られています。<br />このような、芭蕉に蟷螂の彫刻は 全国でもここ以外では見られないようです。<br />そこでこの木彫りの額が、掛けられています。

    本殿の向かって右側の向拝の手挟 (たばさみ)右面に芭蕉に蟷螂 (かまきり)、左面に水に蓮が彫られています。
    このような、芭蕉に蟷螂の彫刻は 全国でもここ以外では見られないようです。
    そこでこの木彫りの額が、掛けられています。

  • 宮司さんでしょうか、拝殿に入っていきます。

    宮司さんでしょうか、拝殿に入っていきます。

  • その頭の上には、絵馬がたくさんぶら下がっています。

    その頭の上には、絵馬がたくさんぶら下がっています。

  • 拝殿の中では、ご祈祷が始まっています。

    拝殿の中では、ご祈祷が始まっています。

  • 狛犬におくられて、櫻井神社に行きます。

    狛犬におくられて、櫻井神社に行きます。

  • 櫻井神社に着きました。

    櫻井神社に着きました。

  • 駐車場の近くにある狛犬は、まだ新しく、ちょっといかつい。

    駐車場の近くにある狛犬は、まだ新しく、ちょっといかつい。

  • あいぼうも、いかついですね。

    あいぼうも、いかついですね。

  • 境内に入ると、すぐ国宝の割拝殿が目に飛び込んできます。<br />どこが変わったというわけではないのですが、前来たときよりも、良い感じになっています。<br />堺市唯一の国宝です。

    境内に入ると、すぐ国宝の割拝殿が目に飛び込んできます。
    どこが変わったというわけではないのですが、前来たときよりも、良い感じになっています。
    堺市唯一の国宝です。

  • 拝殿の前の吽形の狛犬です。

    拝殿の前の吽形の狛犬です。

  • 割拝殿のなかに入って、拝ませていただきます。

    割拝殿のなかに入って、拝ませていただきます。

  • 割拝殿のなかの「馬道(めどう)」よばれる通路です。

    割拝殿のなかの「馬道(めどう)」よばれる通路です。

  • 割拝殿の中から、内拝殿を撮りました。<br />ご祭神は、仲哀天皇・応神天皇・神功皇后です。

    割拝殿の中から、内拝殿を撮りました。
    ご祭神は、仲哀天皇・応神天皇・神功皇后です。

  • 前に進んで、内拝殿の内部を撮ります。

    前に進んで、内拝殿の内部を撮ります。

  • 本殿と國神社(右)です。<br />國神社には、天照皇大神が祀られています。

    本殿と國神社(右)です。
    國神社には、天照皇大神が祀られています。

  • 遥拝所です。

    遥拝所です。

  • 社務所でしょうか、木の良いにおいがします。

    社務所でしょうか、木の良いにおいがします。

  • 白福稲荷社です。<br />良い名前ですよね。

    白福稲荷社です。
    良い名前ですよね。

  • 絵馬殿でしょうか。

    絵馬殿でしょうか。

  • 中に入ると、大きな赤鬼が。<br />櫻井神社に奉納される、雨乞いのおどりからはじまったと言われる「こおどり」は、鬼や天狗などに扮した17人の踊り手が、鉦と太鼓で踊りまわります。<br />そのお面を意味しているのでしょうか。

    中に入ると、大きな赤鬼が。
    櫻井神社に奉納される、雨乞いのおどりからはじまったと言われる「こおどり」は、鬼や天狗などに扮した17人の踊り手が、鉦と太鼓で踊りまわります。
    そのお面を意味しているのでしょうか。

  • 反対側には、黒鬼が。

    反対側には、黒鬼が。

  • 先ほどの多治速比売神社にもあった、木彫りの額があります。<br />こちらのテーマは、「上神谷(にわだに)のこおどり鬼面」です。

    先ほどの多治速比売神社にもあった、木彫りの額があります。
    こちらのテーマは、「上神谷(にわだに)のこおどり鬼面」です。

  • 境内にある大きなもみの木です。

    境内にある大きなもみの木です。

  • 再度、国宝の割拝殿にごあいさつ。<br />次は、小谷城跡に寄ってみます。

    再度、国宝の割拝殿にごあいさつ。
    次は、小谷城跡に寄ってみます。

  • 小谷城跡。

    小谷城跡。

  • 車を停めて、入っていってみます。

    車を停めて、入っていってみます。

  • いかにも城らしい感じ。<br />ところが、門はかたく閉ざされています。<br />確か小谷城郷土館というのがあったはずなのですが。

    いかにも城らしい感じ。
    ところが、門はかたく閉ざされています。
    確か小谷城郷土館というのがあったはずなのですが。

  • 車で少し走らせたところに、小谷城郷土館がありました。

    車で少し走らせたところに、小谷城郷土館がありました。

  • ここまでは、写真撮影ができます。<br />この地域の民族資料、考古資料、そして歴史・美術工芸資料が展示されています。<br /><br />(おしまい)

    ここまでは、写真撮影ができます。
    この地域の民族資料、考古資料、そして歴史・美術工芸資料が展示されています。

    (おしまい)

この旅行記のタグ

関連タグ

31いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったスポット

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

堺の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集