ポンペイ旅行記(ブログ) 一覧に戻る
<br />2012年7月〜10月までの、3か月のヨーロッパ周遊記録(Vol.52)です。<br />現在、9カ国目イタリアを周遊中です。<br /><br />Vol.52はナポリからポンペイ遺跡を訪れたときの記録です。<br />前日遊びに出かけたメンバーと一緒に、天気がよかったら青の洞窟へ行くつもりでしたが、この日は朝から雨でした。仕方ないので、雨の中ポンペイ遺跡を訪れています。<br />≪旅程≫<br />・9/11(火)夜ナポリ到着。<br />・9/12(水)アマルフィ海岸、ポジターノ海岸。<br />・9/13(木)★ポンペイ遺跡。<br />・9/14(金)カプリ島観光、ナポリ市内観光。<br />・9/15(土)ナポリ市内観光、バーリへ移動。<br /><br />写真はアマルフィ海岸です。<br />※1ユーロ=100〜104円<br /><br />

行きあたりばったり、ヨーロッパ周遊一人旅2012 Vol.52 雨のポンペイ遺跡

3いいね!

2012/09/13 - 2012/09/13

341位(同エリア513件中)

0

25

ローズベリー

ローズベリーさん


2012年7月〜10月までの、3か月のヨーロッパ周遊記録(Vol.52)です。
現在、9カ国目イタリアを周遊中です。

Vol.52はナポリからポンペイ遺跡を訪れたときの記録です。
前日遊びに出かけたメンバーと一緒に、天気がよかったら青の洞窟へ行くつもりでしたが、この日は朝から雨でした。仕方ないので、雨の中ポンペイ遺跡を訪れています。
≪旅程≫
・9/11(火)夜ナポリ到着。
・9/12(水)アマルフィ海岸、ポジターノ海岸。
・9/13(木)★ポンペイ遺跡。
・9/14(金)カプリ島観光、ナポリ市内観光。
・9/15(土)ナポリ市内観光、バーリへ移動。

写真はアマルフィ海岸です。
※1ユーロ=100〜104円

同行者
一人旅
交通手段
鉄道

PR

  • <br />◆9月13日(木)第71日目<br /><br />7:30起床。<br />青の洞窟に行けるかどうか、そーっと窓の外を覘くと雨でした。<br />残念・・・カプリ島のフェリーも欠航だそうです。<br />宿のインターネットまで通じません。<br />(雨だといつも不通になるそうです・・・)<br /><br />今日一緒に出かける予定の同室の子たちは、昨日夜遊びに出かけてすぐに起きられないようでした。<br />彼女たちと12:00に落ち合う約束をして、午前中はナポリの駅へ買物に出かけます。<br />昨日バスの中にサブバックを置いてきてしまったので、必要なものをいろいろ揃えなければなりませんでした。<br /><br />


    ◆9月13日(木)第71日目

    7:30起床。
    青の洞窟に行けるかどうか、そーっと窓の外を覘くと雨でした。
    残念・・・カプリ島のフェリーも欠航だそうです。
    宿のインターネットまで通じません。
    (雨だといつも不通になるそうです・・・)

    今日一緒に出かける予定の同室の子たちは、昨日夜遊びに出かけてすぐに起きられないようでした。
    彼女たちと12:00に落ち合う約束をして、午前中はナポリの駅へ買物に出かけます。
    昨日バスの中にサブバックを置いてきてしまったので、必要なものをいろいろ揃えなければなりませんでした。

  • <br />日焼け止め、折りたたみ傘、サングラスケース、シューズ、サブバック・・・勝手がわからないのでいろんなお店を見てまわりました。<br />あっという間に約束の12:00です。<br />彼女たちと合流して、昨日と同じくFerrovia Circumvesviana(ヴェスーヴィオ周遊鉄道)から電車に乗ってポンペイへ向かいます。<br /><br />


    日焼け止め、折りたたみ傘、サングラスケース、シューズ、サブバック・・・勝手がわからないのでいろんなお店を見てまわりました。
    あっという間に約束の12:00です。
    彼女たちと合流して、昨日と同じくFerrovia Circumvesviana(ヴェスーヴィオ周遊鉄道)から電車に乗ってポンペイへ向かいます。

  • <br />12:18 Napoli Garivaldi→12:58 Pompei Scavi Villa dei Misteri<br />ポンペイに到着です。<br />遺跡までは案内が出ているのでスムーズに行かれます。


    12:18 Napoli Garivaldi→12:58 Pompei Scavi Villa dei Misteri
    ポンペイに到着です。
    遺跡までは案内が出ているのでスムーズに行かれます。

  • <br />遺跡入口に到着。<br />チケットを買い、地図をもらって入場します。


    遺跡入口に到着。
    チケットを買い、地図をもらって入場します。

  • <br />ポンペイは、約1900年前ヴェスーヴィオ火山の大噴火により、一瞬にして火山灰に覆われてしまった古代都市です。<br />都市の形がそのまま残されていると聞いて、とても楽しみにしていました。<br />しかし・・・<br />歩きにくい。。<br />唯一持っていたシューズは、昨日バスの中に置き忘れ、やむを得ずビーサンで来る羽目になってしまったのです。<br />雨にぬれてつるつるの石の上。<br />何度も足を取られそうになります。<br /><br />


    ポンペイは、約1900年前ヴェスーヴィオ火山の大噴火により、一瞬にして火山灰に覆われてしまった古代都市です。
    都市の形がそのまま残されていると聞いて、とても楽しみにしていました。
    しかし・・・
    歩きにくい。。
    唯一持っていたシューズは、昨日バスの中に置き忘れ、やむを得ずビーサンで来る羽目になってしまったのです。
    雨にぬれてつるつるの石の上。
    何度も足を取られそうになります。

  • <br />こちらは入口すぐのバジリカです。<br />美しい柱がそのまま残されています。<br />ここでは裁判や商業取引も行われていました。<br />すごい!じっくり見たい!<br />・・・と思いましたが、一緒の2人はどんどん先に行ってしまいます。<br /><br />


    こちらは入口すぐのバジリカです。
    美しい柱がそのまま残されています。
    ここでは裁判や商業取引も行われていました。
    すごい!じっくり見たい!
    ・・・と思いましたが、一緒の2人はどんどん先に行ってしまいます。

  • <br />太陽神アポロを祀ったアポロ神殿。<br />せっかく来たし、ゆっくり見たいと彼女たちに伝えると、<br />“わかった!私たちあとで携帯ショップに行かないといけないから急ぐね。<br />でも1か所おもしろい家があるらしいから、そこを一緒に見てあとは別行動にしよう!”とのこと。<br />・・・そっか(-&quot;-)<br />ちょっと集団行動が嫌になってきた私。<br /><br /><br />


    太陽神アポロを祀ったアポロ神殿。
    せっかく来たし、ゆっくり見たいと彼女たちに伝えると、
    “わかった!私たちあとで携帯ショップに行かないといけないから急ぐね。
    でも1か所おもしろい家があるらしいから、そこを一緒に見てあとは別行動にしよう!”とのこと。
    ・・・そっか(-"-)
    ちょっと集団行動が嫌になってきた私。


  • <br />そうはいっても、その家の名前さえわかりません。<br />すれ違う人に何人か聞いてみましたが、知らないとの答えです・・・<br />必死に探して、ようやく探し当てました。<br />ここだけ人が密集しています。<br />さて、何がおもしろいのか・・・?<br /><br />


    そうはいっても、その家の名前さえわかりません。
    すれ違う人に何人か聞いてみましたが、知らないとの答えです・・・
    必死に探して、ようやく探し当てました。
    ここだけ人が密集しています。
    さて、何がおもしろいのか・・・?

  • <br />中へ入ると、そこにはちょっとあやしいフレスコ画が描かれています。<br />こちら、“Lupanare(娼婦の館)”でした。<br />狭い個室には石のベッドもあります。<br /><br />


    中へ入ると、そこにはちょっとあやしいフレスコ画が描かれています。
    こちら、“Lupanare(娼婦の館)”でした。
    狭い個室には石のベッドもあります。

  • <br />ここで一緒だった2人と別れて、一人でまわることになりました。<br />当時の面影をそのまま残したポンペイの町。<br />どんな町だったんだろうと想像が膨らみます。<br /><br />


    ここで一緒だった2人と別れて、一人でまわることになりました。
    当時の面影をそのまま残したポンペイの町。
    どんな町だったんだろうと想像が膨らみます。

  • <br />車輪の跡がくっきりと残っています。<br />たくさんの馬車が通っていたんでしょうね。


    車輪の跡がくっきりと残っています。
    たくさんの馬車が通っていたんでしょうね。

  • <br />通り沿いの水道。<br />人の顔から蛇口が出ています(^^)


    通り沿いの水道。
    人の顔から蛇口が出ています(^^)

  • <br />一角に、壺や人の石膏像が集められて展示されてたスペースがあります。<br />人の形は、本当にありありとしています。


    一角に、壺や人の石膏像が集められて展示されてたスペースがあります。
    人の形は、本当にありありとしています。

  • <br />これは、人体があった空洞に石膏を流し込んでつくったものだそうです。


    これは、人体があった空洞に石膏を流し込んでつくったものだそうです。

  • <br />公共広場から見たジュピター神殿。


    公共広場から見たジュピター神殿。

  • <br />神殿のそばに並んでいる建物は、市場です。


    神殿のそばに並んでいる建物は、市場です。

  • <br />石臼が並んでいます。<br />ここはパン屋だったようです。


    石臼が並んでいます。
    ここはパン屋だったようです。

  • <br />スタビアーネ浴場内部の水盤。<br />この浴場は男性用と女性用とにわけられ、冷水・温水・熱水の浴室がありました。<br />床は二重構造になっており、蒸気で室温を一定に保っていたそうです。<br /><br />


    スタビアーネ浴場内部の水盤。
    この浴場は男性用と女性用とにわけられ、冷水・温水・熱水の浴室がありました。
    床は二重構造になっており、蒸気で室温を一定に保っていたそうです。

  • <br />大劇場。<br />今でもこちらでは、夏になるとオペラやバレエなどの催し物が行われるそうです。<br /><br />


    大劇場。
    今でもこちらでは、夏になるとオペラやバレエなどの催し物が行われるそうです。

  • <br />居酒屋。<br />はっきり形の残るカウンターがあり、壁には“商業の神”が描かれています。


    居酒屋。
    はっきり形の残るカウンターがあり、壁には“商業の神”が描かれています。

  • <br />家々を覗き込むと、きれいなフレスコ画があちこちに描かれています。<br />当時はもっと色鮮やかで、華やかだったのでしょうね。


    家々を覗き込むと、きれいなフレスコ画があちこちに描かれています。
    当時はもっと色鮮やかで、華やかだったのでしょうね。

  • <br />“ヴィーナスの家”のアトリウム。<br />この建物がヴィーナスの家とよばれるようになったのは、その壁に描かれた『貝殻の中のヴィーナス』という美しいフレスコ画に由来しているそうです。<br />・・・というのは後から知った情報で(-_-;)<br />他の部屋の写真はしっかり撮っているのに、肝心のヴィーナスに気づきませんでした!<br />なぜ??<br /><br />


    “ヴィーナスの家”のアトリウム。
    この建物がヴィーナスの家とよばれるようになったのは、その壁に描かれた『貝殻の中のヴィーナス』という美しいフレスコ画に由来しているそうです。
    ・・・というのは後から知った情報で(-_-;)
    他の部屋の写真はしっかり撮っているのに、肝心のヴィーナスに気づきませんでした!
    なぜ??

  • <br />床一面のモザイク。<br />動物や植物などが模られています。


    床一面のモザイク。
    動物や植物などが模られています。

  • <br />最後にうっすらと姿をあらわしたヴェスーヴィオ山。<br />今は静かに、ポンペイの町を見下ろしています。


    最後にうっすらと姿をあらわしたヴェスーヴィオ山。
    今は静かに、ポンペイの町を見下ろしています。

  • <br />結局、閉館時間ぎりぎりまでいました。<br />最後は間に合わず、駆け足でした(@_@;)<br />円形闘技場や大体育場も見たかったし、そばの秘儀荘やエルコラーノにも行きたかったです!<br />心残りですが、ナポリへ戻ります。<br />18:30すぎの電車でナポリへ。<br />明日は、青の洞窟へ行くラストチャンスです!<br />どうか、晴れますように・・・帰りは空が明るくなってきたので、祈りながら眠りにつきました。<br /><br />≪出費≫<br />・電車代 5.6ユーロ;ナポリ⇔ポンペイ往復分(片道2.8ユーロずつ)<br />・ポンペイ遺跡入場料 11ユーロ<br />・昼食 5.6ユーロ;ポンペイ遺跡内レストラン<br />・折りたたみ傘 3ユーロ<br />・サングラスケース 4.9ユーロ<br />・セキュリティー用の紐 3.9ユーロ<br />・靴下 5ユーロ<br />・日焼け止め 15.84ユーロ<br />・ボディーソープ 0.8ユーロ<br />・その他食費 7.35ユーロ;ヨーグルト、ツナ缶、リゾット、飲料<br />・宿代 18ユーロ<br /><br />


    結局、閉館時間ぎりぎりまでいました。
    最後は間に合わず、駆け足でした(@_@;)
    円形闘技場や大体育場も見たかったし、そばの秘儀荘やエルコラーノにも行きたかったです!
    心残りですが、ナポリへ戻ります。
    18:30すぎの電車でナポリへ。
    明日は、青の洞窟へ行くラストチャンスです!
    どうか、晴れますように・・・帰りは空が明るくなってきたので、祈りながら眠りにつきました。

    ≪出費≫
    ・電車代 5.6ユーロ;ナポリ⇔ポンペイ往復分(片道2.8ユーロずつ)
    ・ポンペイ遺跡入場料 11ユーロ
    ・昼食 5.6ユーロ;ポンペイ遺跡内レストラン
    ・折りたたみ傘 3ユーロ
    ・サングラスケース 4.9ユーロ
    ・セキュリティー用の紐 3.9ユーロ
    ・靴下 5ユーロ
    ・日焼け止め 15.84ユーロ
    ・ボディーソープ 0.8ユーロ
    ・その他食費 7.35ユーロ;ヨーグルト、ツナ缶、リゾット、飲料
    ・宿代 18ユーロ

この旅行記のタグ

3いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅の計画・記録

「旅の計画」作成でもれなく300ポイント!

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

イタリアで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
イタリア最安 322円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

イタリアの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集