その他の都市旅行記(ブログ) 一覧に戻る
今年の夏の連休はカンボジアに行ってきました。<br /><br />カンボジアといえば、アンコールワットが有名すぎて他にはあまり見るべきもの、行くところがないような感じに思えてしまいますが、なかなかどうして、ガイドブックにはあまり取り上げられていない地域も結構魅力的だったりします。<br /><br />ということで、今回の旅ではカンボジア南部のケップとカンポットを巡ってきました。

マイナーな方のカンボジアを旅してきた。ケップ&カンポット編。

35いいね!

2012/07/14 - 2012/07/17

15位(同エリア280件中)

9

30

shink

shinkさん

今年の夏の連休はカンボジアに行ってきました。

カンボジアといえば、アンコールワットが有名すぎて他にはあまり見るべきもの、行くところがないような感じに思えてしまいますが、なかなかどうして、ガイドブックにはあまり取り上げられていない地域も結構魅力的だったりします。

ということで、今回の旅ではカンボジア南部のケップとカンポットを巡ってきました。

旅行の満足度
4.0
観光
3.0
ホテル
3.5
グルメ
5.0
ショッピング
2.5
交通
2.5
同行者
友人
一人あたり費用
3万円 - 5万円
交通手段
タクシー 徒歩
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • バンコクからプノンペンまではエアアジアを利用。1時間ほどのフライトということもあり、わりと快適。<br /><br />なにより、フライトアテンダントのみんながフレンドリーで楽しめるエアラインだと思います。<br /><br />写真はプノンペンにて。さっき乗ってきてた飛行機がもうバンコクへと飛び立っている。。

    バンコクからプノンペンまではエアアジアを利用。1時間ほどのフライトということもあり、わりと快適。

    なにより、フライトアテンダントのみんながフレンドリーで楽しめるエアラインだと思います。

    写真はプノンペンにて。さっき乗ってきてた飛行機がもうバンコクへと飛び立っている。。

  • プノンペン空港には夕方に着いたのだけど、そのままケップまでクルマをチャーターして移動。<br /><br />費用は2日間(実質1日半)でケップとカンポットまで行ってプノンペン往復で120ドル(ガソリン代、ドライバーの宿泊費込み)。<br /><br />カンボジアの田舎を旅するにはローカルバスを乗り継ぐよりも、クルマをチャーターして移動した方が断然便利だと思います。

    プノンペン空港には夕方に着いたのだけど、そのままケップまでクルマをチャーターして移動。

    費用は2日間(実質1日半)でケップとカンポットまで行ってプノンペン往復で120ドル(ガソリン代、ドライバーの宿泊費込み)。

    カンボジアの田舎を旅するにはローカルバスを乗り継ぐよりも、クルマをチャーターして移動した方が断然便利だと思います。

  • 夕方のプノンペン郊外。これは国道2号線かな。それにしても、道が断然よくなっていてそのことに驚く。日本の道路とあまり変わりないくらいだな。<br /><br />しかし、明らかに定員オーバーなバンに追い抜かれたりするところに、外国を感じます。

    夕方のプノンペン郊外。これは国道2号線かな。それにしても、道が断然よくなっていてそのことに驚く。日本の道路とあまり変わりないくらいだな。

    しかし、明らかに定員オーバーなバンに追い抜かれたりするところに、外国を感じます。

  • プノンペン郊外で迎えた夕暮れ。こういう美しい夕暮れが見られることに感動する。<br /><br />下の水は稲を植える前の田んぼになっていて、夕暮れを反射してより空を蒼く染めているようにも思える。<br /><br />雨期ならではの景色だなあ。。

    プノンペン郊外で迎えた夕暮れ。こういう美しい夕暮れが見られることに感動する。

    下の水は稲を植える前の田んぼになっていて、夕暮れを反射してより空を蒼く染めているようにも思える。

    雨期ならではの景色だなあ。。

  • そして遠くの山の向こうに太陽が沈んでいきます。このあとは夜間ドライブ。<br /><br />さすがにもう山賊は出なくなったらしいけれど、ちょっと緊張します。

    そして遠くの山の向こうに太陽が沈んでいきます。このあとは夜間ドライブ。

    さすがにもう山賊は出なくなったらしいけれど、ちょっと緊張します。

  • ケップには21:30くらいに到着。約4時間というところだろうか。泊まったのは、Saravoan-Kep Hotelというところ。<br /><br />海に面しているということだが、まったく分からず今日は就寝。

    ケップには21:30くらいに到着。約4時間というところだろうか。泊まったのは、Saravoan-Kep Hotelというところ。

    海に面しているということだが、まったく分からず今日は就寝。

  • で、翌朝。ホテルのベランダから。たしかに海に面していた。暑いな−。

    で、翌朝。ホテルのベランダから。たしかに海に面していた。暑いな−。

  • ホテルの共有スペース。ちょっとギリシアっぽい雰囲気。

    ホテルの共有スペース。ちょっとギリシアっぽい雰囲気。

  • Saravoan-Kep Hotelにはプールもついていました。しかし、水が生暖かいのでちょっと露天風呂のようにも見える。

    Saravoan-Kep Hotelにはプールもついていました。しかし、水が生暖かいのでちょっと露天風呂のようにも見える。

  • ホテルのレストランから。朝食付きで36ドルだったかな。海沿いには何軒かホテルがありましたが設備面からみても割とお得なホテルだと思います。

    ホテルのレストランから。朝食付きで36ドルだったかな。海沿いには何軒かホテルがありましたが設備面からみても割とお得なホテルだと思います。

  • 目の前のビーチを少し散策。ケップは20世紀初頭のフランス植民地時代に、フランス人によって開発されたリゾートで、結構歴史がある町となっています。<br /><br />リゾートとしては、砂浜は小さいし、砂も白くないし、海もびっくりするくらいきれいなワケではないけれど、全体的に町がのんびりとしていて「観光的要素は全くないけれど、居心地はいい」というフランス人が好きそうな町になっています。

    目の前のビーチを少し散策。ケップは20世紀初頭のフランス植民地時代に、フランス人によって開発されたリゾートで、結構歴史がある町となっています。

    リゾートとしては、砂浜は小さいし、砂も白くないし、海もびっくりするくらいきれいなワケではないけれど、全体的に町がのんびりとしていて「観光的要素は全くないけれど、居心地はいい」というフランス人が好きそうな町になっています。

  • この町のシンボル的な存在の「白い乙女の像」なんか、昔の王様にちなんだ像らしいけれど、由来はわからず。。

    この町のシンボル的な存在の「白い乙女の像」なんか、昔の王様にちなんだ像らしいけれど、由来はわからず。。

  • そして露店のお土産物屋さん。<br /><br />「ケップに来たからにはこの貝殻の置物買って帰らないとダメだよ!」と露店のおばさんにいわれるものの、まったく食指が動かない。<br /><br />それよりも、この旅行というハイテンションを狙って不思議な置物などを売りつける商売は世界共通の商法なのだなと思った。

    そして露店のお土産物屋さん。

    「ケップに来たからにはこの貝殻の置物買って帰らないとダメだよ!」と露店のおばさんにいわれるものの、まったく食指が動かない。

    それよりも、この旅行というハイテンションを狙って不思議な置物などを売りつける商売は世界共通の商法なのだなと思った。

  • さて、前述の通りケップは20世紀初頭のフランス植民地時代からポル・ポト時代までの間、フランス人がこぞって別荘を建てた土地として知られているのですが、内戦のときにうち捨てられて、そのまま廃墟となっている別荘がいくつもあります。

    さて、前述の通りケップは20世紀初頭のフランス植民地時代からポル・ポト時代までの間、フランス人がこぞって別荘を建てた土地として知られているのですが、内戦のときにうち捨てられて、そのまま廃墟となっている別荘がいくつもあります。

  • ほとんどの廃墟は最近のカンボジア土地バブルの影響で買われてしまい、立ち入ることができないよう厳重に管理されているのですが、いくつかは入ることができる廃墟があって、ちょっといってみました。<br /><br />こんな感じのインテリアです。きのこ・・なぜきのこなのだろう。理由は不明。

    ほとんどの廃墟は最近のカンボジア土地バブルの影響で買われてしまい、立ち入ることができないよう厳重に管理されているのですが、いくつかは入ることができる廃墟があって、ちょっといってみました。

    こんな感じのインテリアです。きのこ・・なぜきのこなのだろう。理由は不明。

  • なんていうか、盛者必衰とまではいかないまでも歴史の流れとそれに翻弄された雰囲気を感じることができます。

    なんていうか、盛者必衰とまではいかないまでも歴史の流れとそれに翻弄された雰囲気を感じることができます。

  • さて、ケップは先ほどの小さきビーチ以外にもちょっとしたトレッキングコースがありまして、1ドルくらいの入山料を払って山を登ることができます。<br /><br />まあ・・山といってもちょっとした丘クラスだとは思いますが。

    さて、ケップは先ほどの小さきビーチ以外にもちょっとしたトレッキングコースがありまして、1ドルくらいの入山料を払って山を登ることができます。

    まあ・・山といってもちょっとした丘クラスだとは思いますが。

  • トレッキングの途中(というか、ほぼ入口付近)に、いい感じのカフェっぽいところがあったのでひと休みしてみることにする。

    トレッキングの途中(というか、ほぼ入口付近)に、いい感じのカフェっぽいところがあったのでひと休みしてみることにする。

  • お店の名前は、Le Bout de Mondeというところで、フランス人が経営しているような感じで、ホテルも併設されていた。すごいいい雰囲気で次回はここに泊まってみたいと思ってしまった。<br /><br />で、おやつにクレープを食べてみる。うまかった。。

    お店の名前は、Le Bout de Mondeというところで、フランス人が経営しているような感じで、ホテルも併設されていた。すごいいい雰囲気で次回はここに泊まってみたいと思ってしまった。

    で、おやつにクレープを食べてみる。うまかった。。

  • カフェからの風景。遠くの海まで見渡すことができます。<br /><br />ケップはこんな風に、ビーチで遊ぶというよりも、自然に囲まれてビーチは風景のひとつとして楽しむところなのだと知った。で、基本はホテルでまったり過ごす感じ。<br /><br />いやー、いいところだった。オンラインで予約もできるみたいだし、オプションでプノンペンまでの送迎もあるみたいなので、ケップ旅行を検討されている方にはオススメだと思います。

    カフェからの風景。遠くの海まで見渡すことができます。

    ケップはこんな風に、ビーチで遊ぶというよりも、自然に囲まれてビーチは風景のひとつとして楽しむところなのだと知った。で、基本はホテルでまったり過ごす感じ。

    いやー、いいところだった。オンラインで予約もできるみたいだし、オプションでプノンペンまでの送迎もあるみたいなので、ケップ旅行を検討されている方にはオススメだと思います。

  • ケップのもう一つの名物としては、シーフード料理。<br /><br />海沿いにカニ市場というマーケットがあって、それに隣接する感じにレストランが連なっています。レストランはどれも似たような作りですが、味の差は結構あるみたい。<br /><br />外れのない店を探すには、ほかにクメール人のお客さんが入っているかどうか、キッチンがよく使われている形跡があるかどうかを確認すればいいかと思います。

    ケップのもう一つの名物としては、シーフード料理。

    海沿いにカニ市場というマーケットがあって、それに隣接する感じにレストランが連なっています。レストランはどれも似たような作りですが、味の差は結構あるみたい。

    外れのない店を探すには、ほかにクメール人のお客さんが入っているかどうか、キッチンがよく使われている形跡があるかどうかを確認すればいいかと思います。

  • ということでカニ。プノンペンでシャルドネの白ワインを買い込んでいたので持ち込んで一緒に楽しんでみることにする。<br /><br />持ち込み料とかあるのかな・・と聞いてみたのだけど、そういった概念がないらしく通じなかった。。そして持ち込み料かからず。シーフードといえば、ワインでしょー!ということでよく合いました。<br /><br />あと、ここに訪問するのであれば、日本か経由地のタイあたりで日本の醤油をゲットしておくといいかと思います。僕は醤油とわさびを持ち込んだのですが、これは抜群にうまかった。。

    ということでカニ。プノンペンでシャルドネの白ワインを買い込んでいたので持ち込んで一緒に楽しんでみることにする。

    持ち込み料とかあるのかな・・と聞いてみたのだけど、そういった概念がないらしく通じなかった。。そして持ち込み料かからず。シーフードといえば、ワインでしょー!ということでよく合いました。

    あと、ここに訪問するのであれば、日本か経由地のタイあたりで日本の醤油をゲットしておくといいかと思います。僕は醤油とわさびを持ち込んだのですが、これは抜群にうまかった。。

  • で、目の前の海で働く海女さん。波打ち際に籠を置いておくと勝手にカニが入ってくるらしくて、かなりイージーな感じで漁をしています。<br /><br />カンボジアの豊かさを実感するとともに、こんな豊かな国なのに餓死者がでたポルポト時代って・・と恐ろしくなる。

    で、目の前の海で働く海女さん。波打ち際に籠を置いておくと勝手にカニが入ってくるらしくて、かなりイージーな感じで漁をしています。

    カンボジアの豊かさを実感するとともに、こんな豊かな国なのに餓死者がでたポルポト時代って・・と恐ろしくなる。

  • さて、ハラも満たされたのでケップからカンポットへ移動。場所的にはカンポット郊外にある前アンコール時代の遺跡、プノン・チュヌク寺院の近くになります。<br /><br />とはいえ、クルマで30分くらいのところなのだが。いまがちょうど田植えのシーズンということで、村中のみんなで田植えをしていました。

    さて、ハラも満たされたのでケップからカンポットへ移動。場所的にはカンポット郊外にある前アンコール時代の遺跡、プノン・チュヌク寺院の近くになります。

    とはいえ、クルマで30分くらいのところなのだが。いまがちょうど田植えのシーズンということで、村中のみんなで田植えをしていました。

  • 田植えガール。元気いいです。

    田植えガール。元気いいです。

  • これは田植えの苗を取りまとめているところ。カンボジアってやはり豊かな国だなと思う。

    これは田植えの苗を取りまとめているところ。カンボジアってやはり豊かな国だなと思う。

  • それにしても、なぜこんな山の中まで来たのかというと、すんごい当たる占い師がいるのです。僕の唯一の占い体験は4年前にこの人にみてもらったのだけど、ちょっとびびるくらいあてられた。こちらはなにもいってなかったのに。。<br /><br />で、前回きたときはデジカメが壊れてて、あまりちゃんと写真が撮れなかったこともあり、今回改めてきてみることにしました。<br /><br />この写真中央の方が修行僧で、占いができる人になります。今回もちょっと、面白い結果となったのだが、それはちょっとプライベートなことなので、ここには書かないでおきます。

    それにしても、なぜこんな山の中まで来たのかというと、すんごい当たる占い師がいるのです。僕の唯一の占い体験は4年前にこの人にみてもらったのだけど、ちょっとびびるくらいあてられた。こちらはなにもいってなかったのに。。

    で、前回きたときはデジカメが壊れてて、あまりちゃんと写真が撮れなかったこともあり、今回改めてきてみることにしました。

    この写真中央の方が修行僧で、占いができる人になります。今回もちょっと、面白い結果となったのだが、それはちょっとプライベートなことなので、ここには書かないでおきます。

  • カンポットで占い師に会うという旅行の目的の一つを達成して、プノンペンへの帰り道。帰りは明るいうちの移動なので楽ちんです。

    カンポットで占い師に会うという旅行の目的の一つを達成して、プノンペンへの帰り道。帰りは明るいうちの移動なので楽ちんです。

  • ただしかし、事故に遭遇して大渋滞。脇道のない一本道の国道でトラック同士の衝突事故があったらしく、クレーン車をならべて事故処理をしています。<br /><br />ここで30分くらいのロス。でも、聞いた話では昼過ぎからずっと道路封鎖していたらしいので、まあついていた・・といえなくもない。

    ただしかし、事故に遭遇して大渋滞。脇道のない一本道の国道でトラック同士の衝突事故があったらしく、クレーン車をならべて事故処理をしています。

    ここで30分くらいのロス。でも、聞いた話では昼過ぎからずっと道路封鎖していたらしいので、まあついていた・・といえなくもない。

  • ということで、夕暮れのプノンペン郊外。今回ひさびさにカンボジア旅行したけれど、道路状況がよくなっていることにとても驚くとともに、こういうインフラが整備されることによってもっと経済が勢いづくのだろうなということです。<br /><br />ケップもいまはまだのんびりした漁師町リゾートだけど、数年後にはだいぶ変わっているのかもなあ・・と思った。でもまあ、町並みがかわっていくのがアジアの醍醐味なので、それも楽しむとします。

    ということで、夕暮れのプノンペン郊外。今回ひさびさにカンボジア旅行したけれど、道路状況がよくなっていることにとても驚くとともに、こういうインフラが整備されることによってもっと経済が勢いづくのだろうなということです。

    ケップもいまはまだのんびりした漁師町リゾートだけど、数年後にはだいぶ変わっているのかもなあ・・と思った。でもまあ、町並みがかわっていくのがアジアの醍醐味なので、それも楽しむとします。

この旅行記のタグ

35いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (9)

開く

閉じる

  • フォートラベル GLOBAL WiFi会員さん 2017/09/11 22:19:51
    占い師さん
    突然すいません、Sakura と申します。
    カンボジア人の友人とカンポットに来てます。占い師さんのところに行ってみたいのですが、他に情報がなく、場所を知りたいのですが、
    カジノがあるホテルに行く途中のあたりなのでしょうか?

    shink

    shinkさん からの返信 2017/09/12 00:30:31
    RE: 占い師さん
    ども。占い師、まだ生きているかなあ。。

    カジノがどこにあるのかわからないのですが、Prasat Phnom Chugokだったかな、カンポットにある古代アンコール時代の遺跡がある山のふもとにいて、地元の人に呼んでもらってお願いします。

    ちなみに、このあたりは観光用の英語以外のこうしたコミュニケーションはすべてクメール語が必要になるのと、占い師はクメール語しか話せないのでネイティブに近い通訳が必要となります。。その点で問題なければ是非ともチャレンジしてみてください。

    そして、無事に行けたようでしたら教えてください!

    フォートラベル GLOBAL WiFi会員さん からの返信 2017/09/12 20:15:19
    Re: 占い師さん
    Shink San

    ありがとうございます。Kampot のホテルの人にも聞いたのですが誰も知らないとのことです。明日まではいるのですが、今回は難しいかもしれないですね、残念ながら。。。
    色々ありがとうございました!

    shink

    shinkさん からの返信 2017/09/13 10:45:55
    RE: Re: 占い師さん
    こんにちは。

    カンボジアってあちこちに占い師(呪術師)がいるので、カンポットの街中で聞いても誰のことか分からないかと思います。

    なので、僕らは郊外のPrasat Phnom Chugok(これは洞窟の中にある遺跡の寺っていえばわかるかも)、の付近まで行ってから聞いてました。車をチャーターして行っているので、細かいルートまでは不明なのですが。

    そして、占い師なのですが普段は山で修行していたりするので、つねに村に滞在しているかは不明です。クメール人のご友人にそこら辺は聞いてみてもらえるとわかるかもしれません。
  • わんぱく大将さん 2012/10/20 10:50:07
    違った顔
    shinkさん

    超お久しぶりです。ご無沙汰しました。やっとインターネット繋がって。
    (4カ月、家になく。。。きりやがった、やくざのスペイン会社め)
    このところBCNは雨ばかり。湿気がかなりあり、蒸し暑いです。

    さて、私も超急ぎ足のカンボジアでしたが(今年ちゃいまっせ)、違った顔のカンボジア見せていただきました。  いいねえ。

     大将

    shink

    shinkさん からの返信 2012/10/30 15:52:52
    RE: 違った顔
    大将さーん。すごいお久しぶりです。
    もう辞めちゃった(もしくは飽きた)のかと思ってました。。

    しかし、4ヶ月もネットなしってすごいですね。。
    バルセロナにはまた行きたいなあと思ってますが、年末年始に知り合いが
    お伺いするみたいなんで、ちょっと最新情報を聞いてみようかと。

    カンボジアはなかなか奥が深いところですよー。
    なにせ物価が安い。。バルセロナからは結構遠いですが・・。
    行くことがありましたらオススメご連絡します。

    わんぱく大将

    わんぱく大将さん からの返信 2012/11/01 08:55:08
    RE: RE: 違った顔
    > 大将さーん。すごいお久しぶりです。
    > もう辞めちゃった(もしくは飽きた)のかと思ってました。。
    >
    > しかし、4ヶ月もネットなしってすごいですね。。
    > バルセロナにはまた行きたいなあと思ってますが、年末年始に知り合いが
    > お伺いするみたいなんで、ちょっと最新情報を聞いてみようかと。
    >
    > カンボジアはなかなか奥が深いところですよー。
    > なにせ物価が安い。。バルセロナからは結構遠いですが・・。
    > 行くことがありましたらオススメご連絡します。
    >

    shinkさん

    はあ、正直、飽きてきましたが。結局は日本人だけの狭い世界というのもあるし。。。
    今年、BCN,9月末から寒くなり、この間は寒波がきたか、と思う位寒くなりました。 明日は、こちら休日で(毎日が休日の人が増え、又、税金もあがり)10年振り位か、モンセラットに行ってきます。
    年末、年始はロンドンで、もっと寒いか?!

    カンボジアは日本からですね、行くとしても、もう、ここからだと遠すぎて、あかん。   大将
  • Gizumoさん 2012/07/24 13:15:30
    知らない街
    shinkさん こんにちは!

    ケップと何チャラ、カンボジアに行ったことないのでアンコールワットしか知りませんが、のどかな田舎で素敵ですね〜意外と海もきれい。
    shinkさんの旅先っていつもいいな〜と思います。

    カンボジアもいつか行ってみたいけど、バンコク+シェムリアップしか選択になかったです。
    チャーターすればこういう田舎街も回れるんですね。道路もアスファルトだし。ガイドブックに載ってないローカルな街大好きです。私もこういう旅したいな〜

    それにしても夕日がきれいすぎる!! 見とれました。

    私はもうすぐ初ベトナムに行ってきますね!
    では、また

    Gizumo

    shink

    shinkさん からの返信 2012/07/24 17:46:05
    RE: 知らない街
    Gizumoさん、おひさしぶりですー。

    ケップもカンポットもフレンチコロニアルな雰囲気が残っていて、メジャーな観光地でもないですが「行ってとくにすることないけど、ぼーっとする時間だけはある」という旅行スタイルにはオススメです。

    そして、クルマのチャーターはだいぶ安いのでオススメですよー。

    Gizumoさんのベトナムも楽しそう!ベトナムは目についたものなに食べてもおいしいし、雑貨がいちいち超絶かわいいのでサイフの紐をゆるめて旅してきてくださいっ。

shinkさんのトラベラーページ

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

カンボジアで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
カンボジア最安 290円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

カンボジアの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集