ジヴェルニー 旅行記(ブログ) 一覧に戻る
毎年6月にフランスのル・マンで行なわれる24時間自動車耐久レース。個人的にはこの本戦と同じコースを使って隔年で開催される『Le Mans Classic』により興味を惹かれていました。2010年に観戦にした友人のイラストレーター、溝呂木陽氏の作品やエッセイを読むたびにその想いはつのる一方でしたが、そう頻繁に海外旅行、しかもフランスばっかり行くのも流石にどうかと思ったので(笑) 今回も半ばあきらめかけていたのです。<br /><br />ところが4月の初旬、現地のモデルカー仲間から、&quot;今年のルマンクラシック、サーキットでキャンプしながら観戦するけど、一緒にどう?&quot;というありがたいお誘いを頂き、これはもう彼らの好意に甘えるしかない!と、航空券とパリのホテルを物色し始めたのでした。<br /><br />全体の旅程は6泊8日、自分が留守の間、妻はパリに残って美術館やデパート巡りをするようですが、これから夏を迎える良い季節でもあるので、ル・マンに出かける前に、ジヴェルニーの『モネの庭園』を一緒に訪れてみることにします。

ジヴェルニー/モネの庭園を訪ねて

5いいね!

2012/07/04 - 2012/07/11

66位(同エリア79件中)

    10

    1

    gdist43

    gdist43さん

    毎年6月にフランスのル・マンで行なわれる24時間自動車耐久レース。個人的にはこの本戦と同じコースを使って隔年で開催される『Le Mans Classic』により興味を惹かれていました。2010年に観戦にした友人のイラストレーター、溝呂木陽氏の作品やエッセイを読むたびにその想いはつのる一方でしたが、そう頻繁に海外旅行、しかもフランスばっかり行くのも流石にどうかと思ったので(笑) 今回も半ばあきらめかけていたのです。

    ところが4月の初旬、現地のモデルカー仲間から、"今年のルマンクラシック、サーキットでキャンプしながら観戦するけど、一緒にどう?"というありがたいお誘いを頂き、これはもう彼らの好意に甘えるしかない!と、航空券とパリのホテルを物色し始めたのでした。

    全体の旅程は6泊8日、自分が留守の間、妻はパリに残って美術館やデパート巡りをするようですが、これから夏を迎える良い季節でもあるので、ル・マンに出かける前に、ジヴェルニーの『モネの庭園』を一緒に訪れてみることにします。

    同行者
    カップル・夫婦
    航空会社
    JAL
    利用旅行会社
    ツアー(添乗員同行あり)
    旅行の満足度
    4.5
    ホテル
    3.0
    ショッピング
    5.0
    交通
    5.0

    PR

    • 飛行機はJALの直行便(JL405)で、現地の夕方に到着する便です。成田空港第2ターミナルの出発ゲートの左右が大画面の液晶広告に変わっていて、次々と移り変わる映像にちょっと見とれてしまいました。

      飛行機はJALの直行便(JL405)で、現地の夕方に到着する便です。成田空港第2ターミナルの出発ゲートの左右が大画面の液晶広告に変わっていて、次々と移り変わる映像にちょっと見とれてしまいました。

    • CDG国際空港からパリ市内まではロワシーバス(10ユーロ/人)を利用。ターミナル2E→2C→2A→ターミナル1と巡回してゆくので、タクシーよりは時間も掛かりますし、状況によっては席が無く、市内まで立ちっぱなしということも考えられます。<br /><br />パリのホテルはオペラ座から西へ徒歩5分、プランタンデパート至近の『GEORGE SAND』をBooking.comで予約しました。出発前にホテルから予約確認のメールが届いていたので、今回はチェックインもスムースでした。昨年夏のル・レ・サンジェルマンの悪夢はこりごりです(笑)

      CDG国際空港からパリ市内まではロワシーバス(10ユーロ/人)を利用。ターミナル2E→2C→2A→ターミナル1と巡回してゆくので、タクシーよりは時間も掛かりますし、状況によっては席が無く、市内まで立ちっぱなしということも考えられます。

      パリのホテルはオペラ座から西へ徒歩5分、プランタンデパート至近の『GEORGE SAND』をBooking.comで予約しました。出発前にホテルから予約確認のメールが届いていたので、今回はチェックインもスムースでした。昨年夏のル・レ・サンジェルマンの悪夢はこりごりです(笑)

    • 通された部屋は2階(フランス式1階)でMathurin通りに面しています。狭っ苦しいエレベーターを使わずとも、階段で気軽に出たり入ったりできるのが良かったですね。<br /><br />悪かった点、困った点もいろいろありましたが、やはり通りに面していたので、窓を開けているとかなり騒々しい!

      通された部屋は2階(フランス式1階)でMathurin通りに面しています。狭っ苦しいエレベーターを使わずとも、階段で気軽に出たり入ったりできるのが良かったですね。

      悪かった点、困った点もいろいろありましたが、やはり通りに面していたので、窓を開けているとかなり騒々しい!

    • 上の階や隣の部屋からの音漏れも大きめで、朝は地下をメトロが通る&quot;ゴゴゴ‥&quot;という低音が響いて目が覚めたので、もしも宿泊をお考えでその手の音に敏感な方は上層階をリクエストしましょう。<br /><br />バスルームとトイレは別々で広々としており、パリのホテルにしてはゆったりした気分で過ごせました。

      上の階や隣の部屋からの音漏れも大きめで、朝は地下をメトロが通る"ゴゴゴ‥"という低音が響いて目が覚めたので、もしも宿泊をお考えでその手の音に敏感な方は上層階をリクエストしましょう。

      バスルームとトイレは別々で広々としており、パリのホテルにしてはゆったりした気分で過ごせました。

    • ル・マンに出発するのは金曜なので、木曜日はジヴェルニーにある『モネの庭園』を見にいくことにします。自力で行くことも考えたのですが、評判の良い日本語バスツアーを見つけたので、それに乗っかることにしました。<br /><br />http://www.emitravel.jp/first_class_paris/tour_monet_giverny01.htm<br /><br />朝7時にパレロワイヤルに集合、大型の観光バスに乗り込み、日本人ガイドH氏の解説を聞きながら高速道路を西に向かって走ります。<br /><br />ジヴェルニーをいったん通り過ぎ、モネゆかりの地であるベルノンという村に到着。バスを降りてモネの絵に登場する教会や、ノルマンディ地方独特の旧い家屋が残る街並みを30分ほど散策しました。

      ル・マンに出発するのは金曜なので、木曜日はジヴェルニーにある『モネの庭園』を見にいくことにします。自力で行くことも考えたのですが、評判の良い日本語バスツアーを見つけたので、それに乗っかることにしました。

      http://www.emitravel.jp/first_class_paris/tour_monet_giverny01.htm

      朝7時にパレロワイヤルに集合、大型の観光バスに乗り込み、日本人ガイドH氏の解説を聞きながら高速道路を西に向かって走ります。

      ジヴェルニーをいったん通り過ぎ、モネゆかりの地であるベルノンという村に到着。バスを降りてモネの絵に登場する教会や、ノルマンディ地方独特の旧い家屋が残る街並みを30分ほど散策しました。

    • 再びバスに乗って15分ほど移動。ちょうどフランスでもバカンス(夏期休暇)が始まったばかりでしたが、午前中のまだ早い時間帯だったので、団体向けの駐車場はガラ空きでした。<br /><br />ガイドのH氏の配慮で、混み合わないうちに睡蓮で名高い池側のエリアから見学を開始します。絵にも登場する小さな緑色の橋の上から写真を1枚。

      再びバスに乗って15分ほど移動。ちょうどフランスでもバカンス(夏期休暇)が始まったばかりでしたが、午前中のまだ早い時間帯だったので、団体向けの駐車場はガラ空きでした。

      ガイドのH氏の配慮で、混み合わないうちに睡蓮で名高い池側のエリアから見学を開始します。絵にも登場する小さな緑色の橋の上から写真を1枚。

    • 池をぐるっと回って、橋の反対側からも1枚。程よく雲が出ていて暑すぎることもなく、観光にはもってこいのお天気でした。

      池をぐるっと回って、橋の反対側からも1枚。程よく雲が出ていて暑すぎることもなく、観光にはもってこいのお天気でした。

    • モネが晩年を過ごした家の玄関先で記念写真。部屋の中には浮世絵のコレクションが、壁という壁にところ狭しと飾られています。

      モネが晩年を過ごした家の玄関先で記念写真。部屋の中には浮世絵のコレクションが、壁という壁にところ狭しと飾られています。

    • 見学の後半30分は自由行動で、庭園をもう一度散策するなり、お土産を物色するなり、各人が思い思いの時間を過ごすことができました。庭に置かれた小道具ひとつとっても絵になりますね!

      見学の後半30分は自由行動で、庭園をもう一度散策するなり、お土産を物色するなり、各人が思い思いの時間を過ごすことができました。庭に置かれた小道具ひとつとっても絵になりますね!

    • この石造りの建物が一般向けの出入口。個人の見学料金は9ユーロ/人でした。<br /><br />クロード・モネ財団の日本語HPがあったので、参考までにURLを貼っておきます。<br />http://www.fondation-monet.fr/jp/<br /><br />

      この石造りの建物が一般向けの出入口。個人の見学料金は9ユーロ/人でした。

      クロード・モネ財団の日本語HPがあったので、参考までにURLを貼っておきます。
      http://www.fondation-monet.fr/jp/

    この旅行記のタグ

      5いいね!

      利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

      この旅行記へのコメント (1)

      開く

      閉じる

      • duc teruさん 2012/07/20 17:11:39
        ご訪問有難うございます
        gdist43さん

        懐かしく拝見しました、私が行ったのは、2008年5月、1ユーロが167円
        でした、昨年はほぼ112円それでも極楽でしたが今は97円、gdistさんの今年は、極楽以上ですね、じっとしていられませんね、2008年の5月暑かったです、では又御邪魔します。

        duc teru

      gdist43さんのトラベラーページ

      ピックアップ特集

      フランスで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

      フォートラベル GLOBAL WiFiなら
      フランス最安 260円/日~

      • 空港で受取・返却可能
      • お得なポイントがたまる

      フランスの料金プランを見る

      フォートラベル公式LINE@

      おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
      QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

      \その他の公式SNSはこちら/

      ジヴェルニー(フランス) で人気のタグ


      PAGE TOP

      ピックアップ特集