網走旅行記(ブログ) 一覧に戻る
網走の数ある居酒屋の中で、独断と偏見の何ものでもない何店かご紹介致します。今回友人と妻が写真と講評で協力をしてくれました、ペロ○さん、愛妻さんありがとうございます。<br /><br />まずは、網走市南3条西1丁目の蒸汽船。?.0152-43-3330<br />店内は木目をふんだんに使い昔チームを作って頑張っていたボートを飾り(5人乗り?)カウンターで大将が刺身を造っている。毎回利用しているので料理の写真を載せないでメニューを一挙に公開します。4トラベルのグラナダさんの旅行記を見たと言ってくれたら何か美味しいものをご馳走すると大将が言っています。個人的にイカのゴロ焼きが大好きです。これはイカのゴロを絡ませて焼いた料理ですがゴロの濃くがとっても日本酒に合う一品です。<br /><br />2店舗目は網走市南4条西3丁目の酒菜亭 喜八。?.0152-43-8108<br />ここはクジラ料理で有名なお店で、ミシュランガイド北海道2012にビブグルマンとして載りました。グループ店はバージアス、GUINNESS BAR ISLAY(ギネスバー アイラ)、千歳空港内のジアス ルーク&タリーと展開していてそれぞれ全く違った個性を出している店舗です。<br /><br />3店舗目は網走市南3条西1丁目のお好み焼き 八点鐘。?.0152-43-1146<br />オーナーが元々海が好き、山が好き、遊びが大好きでクルーザー(ヨット)を所有していて以前私もクルーとして乗せて頂いた事がありますが、やはり毎回ゲロッていたので専属クルーは脱落でした。店内はヨット関係のインテリアでとてもお好み焼き屋には見えません。一押しはやっぱりモタダン焼きです。<br /><br />4店舗目は龍寿司、昨年の12月に大将が突然亡くなってしまいましたが、息子さんが後を継いで頑張っています。和の繊細さと洋の綺麗さをコラボした料理には感服します。<br /><br />5店舗目は網走市南5条西3丁目のふか井。?.0152-43-3086<br />独特な創作料理で店内はカウンターが8席、座敷が3部屋とこぢんまりとしているがお洒落で落ち着いた雰囲気です。<br /><br />6店舗目は網走市南5条西1丁目 クリオネ通りの鮨勝。?.0152-44-7705<br />間口が狭く表から想像して繁盛している?って感じですが、鱒寿しはとにかく美味しい。定番よりジモティが注文する料理の方が美味しさは倍増です。<br /><br />7店舗目は網走市南5条東2丁目の花のれん ?.0152-44-7576<br />網走のご当地グルメのザンギ丼は網走産のカラフトマスを網走産の魚醤に漬け込んで揚げた「網走ザンギ料理です。他にも美味しいものが沢山ありますのでオーダーで迷って下さい。<br /><br />8店舗目は網走市つくしケ丘4丁目の芝のや ?.0152-43-2177<br />こだわりの水、斜里町来運の水を使い石臼で引いたそば粉は絶品です。<br /><br />9店舗目は網走市南3条西1丁目の南3条酒場 ?. 0152-44-3311<br />昭和の時代風な狭い狭い居酒屋です、夏は外に椅子とテーブルを路上に出して一杯飲んでいる方もいました、さすがに冬はいなかった。<br />がりがり君ハイボールには笑ってしまった。<br /><br />美味しい海のもの あれこれ雑学(蒸気船の大将談)<br />サンマ→サンマは光に集まる性質があり、灯火で集めて、棒受網ですくいとる漁法が一般的です。<br />ボラ→網走では、寒ボラ(銀ボラ)がとても美味しく、卵は自然乾燥の「カラスミ」が出来ます。<br />サバ→オホーツク海では、コサバが多いようですが、大きなサバほど脂がのっていて美味しい魚です。<br />ハタハタ→卵の「ブリコ」は歯応えがあり、塩焼き・煮つけなど見離れが良く美味しい魚です。<br />マダラ→オホーツク海では、スケソウが有名です。<br />スケソウ→呼び名は、佐渡ヶ島周辺で獲れた物を、別名で佐渡(スケトウ)と呼んだのが由来であります。<br />コマイ→タラの仲間で、水深100mより浅い所にいます。よく氷を割ってこの魚を獲る事から(氷下魚)と書きます。乾物が有名です。<br />オオカミウオ→アイヌ語「チップ・カムイ」といい、神の魚の意味で、この魚が獲れると豊漁に結びついたという言い伝えがあるとの事<br />ソイ→深海魚で100m以上の岩礁の根・岩礁に棲み着いています。刺身・煮付け・味噌付けなど、北海道の高級魚です。<br />キンキン→キチジが本名。「キンキ」釧路では「メイメイセン・・メンメン」と呼ばれ、赤い魚なのでお祝い事にも使われる高級魚です。<br />ホッケ→ホッケの語源については明らかではなく、ある本では北方の意で(北方)と読むのだと説明されている。アイヌ語では「ピリカ」と呼ばれています。<br />カジカ→味噌汁が有名です。マカジカが最も美味しいと言われています。<br />カスベ→語源は「カスッペ」(カスにしかならないもの)からきているという説もありますが、ガンギエ科に属し北方ではカスベ、南方の小型種のエイを呼ぶことが多いようです。<br />ニシン→春ニシンがとても有名ですが、エサトなとなる「イサダ」(甲殻類)の量が減り、水温も温かくなり昔のように脂ののったニシンは、幻のニシンといってもおかしくありません。<br />イワシ→マイワシ、カタクチイワシ、ウルメイワシの三種がいますが、網走はマイワシ(体に黒い七個の斑点がある七つ星)が獲れます。<br />アキアジ→「秋味」まさにそのものずばり。お客様の方が知っていると思います。<br />マスノスケ→マスの王者の意味で、あじ・大きさとも王者です。大きな物で体長2m体重40〜50kgにもなります。アメリカやカナダでは、「キングサーモン」と呼ばれ高級魚です。<br />サクラマス→魚の身がピンク色をしており、桜の咲く時期に獲れる事から名前が付きました。網走では「クチグロ」と呼ばれ<br />(ヤマベ)→とても美味しい魚です。<br />シラウオ→網走湖、サロマ湖がシラウオの産地として有名です。5月に産卵のため川に上がります。<br />チカ→この両種は、あまりにもよく似ていて私達にも良く分かりませんが、網走湖ではワカサギが有名で<br />ワカサギ→チカは網走港での釣りが有名です。<br />シシャモ→アイヌ語で「ススハム」ススは柳の葉、ハムは魚の事です。漢字では「柳葉魚」と書きます。<br />キュウリウオ→野菜のキュウリに似た匂いがあるので、この名前が付きました。サケ・ワカサギとは類縁関係にあります。<br />ミズダコ→オホーツク海では、ミズダコが有名です。寒海性で、タコ類の中で最も大きくなり、体長3m、体重30kgに達するものもありす。<br />ツブ→オホーツク海では、マツブ、エゾバイツブ、アオツブ等、まだ沢山ありますが漁師言葉で、ガチャ、マルチャン等がとても美味しいです。<br />ホタテ→口を大きく開いた姿が、帆を張った船のようで、帆に風を受けて水面を走るという連想が働いて、名付けたようです。<br />カキ→アイヌ語では「アッケシ」といいます。厚岸という地名はアイヌ語で、カキのある所という意味です。<br />シジミ→シジミといえば味噌汁、その味噌汁は黄疸の特効薬です。肝臓に良いというのはビタミンB2を多量に含んでいるからです。汽水性のヤマトシジミですが、モコト湖の寒シジミは特に有名です。<br />ウニ→オホーツク海では、「ガゼ」「エゾバフンウニ」が主です。産卵の時期と冬の流氷が来ると、ウニ漁は終わります。<br />ハッカク→「トビクレ」と言う魚のオスのことで、刺身め味噌を塗っての軍艦焼きがあります。<br />オヒョウ→大鮃、カレイ類の中で最も大きくなる魚で、体長2.5m、体重250kgを超えるものもあります<br />アカガレイ→体の裏側が、血がにじんだように赤いので、この名前が付きました。<br />ナメタ→網走では、「ナメタガレイ」釧路では「ヤナギガレイ」と呼んでいます。東北地方では最高級品として<br />賞味されています<br />ホッカイエビ→ホッカイシマエビで有名です。網走沿岸、能取湖、サロマ湖に多くいます。特に尾岱沼がこのエビの産地として有名です。<br />ナンバンエビ→ナンバンエビ・アカエビ・アマエビなど、地方により名前も違います。味はとても甘く、アミノ酸が多く含まれています<br />タラバガニ→かにの中での王様。英名を「キングクラブ」と言います。本当はヤドカリの仲間です。4月〜5月に、水深30〜50mの浅みに寄って来るので、刺し網で捕獲します。<br />ズワイガニ→北海道には、馴染みが薄いですが、北陸では「エチゼンガニ・マツバガニ」としても有名です。英名を「クイーンクラブ」と言います。<br />ケガニ→「オオクリガニ」と呼ばれ、寒海性のカニです。身もミソもとても美味しく、北海道を代表するカニです。<br />スルメイカ→網走沖でもひと昔前は、イカ釣船の漁り火が見られましたが、今は函館が有名です。<br />ヤリイカ→網走では、春から夏にかけて獲れます。刺身は柔らかくて、とても美味しいです。<br /><br />私の亡き父は大の魚好きで食べるのは皮と骨だけで身は食べなかった。なので身は私に来たので私は骨を取る作業を子供の頃はした事がなかった。だから魚の食べ方が未だにど下手、刺身の方が好きなのはそういう親のしつけからだと思います。子供の頃から魚の食べ方はきちんとさせた方が将来恥ずかしくなく食べられるでしょう。妻は私と違って上手ですよ!

2012年4月、網走の数ある居酒屋の中でお勧めグルメ編

17いいね!

2012/04/04 - 2012/04/04

369位(同エリア899件中)

5

65

グラナダ

グラナダさん

網走の数ある居酒屋の中で、独断と偏見の何ものでもない何店かご紹介致します。今回友人と妻が写真と講評で協力をしてくれました、ペロ○さん、愛妻さんありがとうございます。

まずは、網走市南3条西1丁目の蒸汽船。?.0152-43-3330
店内は木目をふんだんに使い昔チームを作って頑張っていたボートを飾り(5人乗り?)カウンターで大将が刺身を造っている。毎回利用しているので料理の写真を載せないでメニューを一挙に公開します。4トラベルのグラナダさんの旅行記を見たと言ってくれたら何か美味しいものをご馳走すると大将が言っています。個人的にイカのゴロ焼きが大好きです。これはイカのゴロを絡ませて焼いた料理ですがゴロの濃くがとっても日本酒に合う一品です。

2店舗目は網走市南4条西3丁目の酒菜亭 喜八。?.0152-43-8108
ここはクジラ料理で有名なお店で、ミシュランガイド北海道2012にビブグルマンとして載りました。グループ店はバージアス、GUINNESS BAR ISLAY(ギネスバー アイラ)、千歳空港内のジアス ルーク&タリーと展開していてそれぞれ全く違った個性を出している店舗です。

3店舗目は網走市南3条西1丁目のお好み焼き 八点鐘。?.0152-43-1146
オーナーが元々海が好き、山が好き、遊びが大好きでクルーザー(ヨット)を所有していて以前私もクルーとして乗せて頂いた事がありますが、やはり毎回ゲロッていたので専属クルーは脱落でした。店内はヨット関係のインテリアでとてもお好み焼き屋には見えません。一押しはやっぱりモタダン焼きです。

4店舗目は龍寿司、昨年の12月に大将が突然亡くなってしまいましたが、息子さんが後を継いで頑張っています。和の繊細さと洋の綺麗さをコラボした料理には感服します。

5店舗目は網走市南5条西3丁目のふか井。?.0152-43-3086
独特な創作料理で店内はカウンターが8席、座敷が3部屋とこぢんまりとしているがお洒落で落ち着いた雰囲気です。

6店舗目は網走市南5条西1丁目 クリオネ通りの鮨勝。?.0152-44-7705
間口が狭く表から想像して繁盛している?って感じですが、鱒寿しはとにかく美味しい。定番よりジモティが注文する料理の方が美味しさは倍増です。

7店舗目は網走市南5条東2丁目の花のれん ?.0152-44-7576
網走のご当地グルメのザンギ丼は網走産のカラフトマスを網走産の魚醤に漬け込んで揚げた「網走ザンギ料理です。他にも美味しいものが沢山ありますのでオーダーで迷って下さい。

8店舗目は網走市つくしケ丘4丁目の芝のや ?.0152-43-2177
こだわりの水、斜里町来運の水を使い石臼で引いたそば粉は絶品です。

9店舗目は網走市南3条西1丁目の南3条酒場 ?. 0152-44-3311
昭和の時代風な狭い狭い居酒屋です、夏は外に椅子とテーブルを路上に出して一杯飲んでいる方もいました、さすがに冬はいなかった。
がりがり君ハイボールには笑ってしまった。

美味しい海のもの あれこれ雑学(蒸気船の大将談)
サンマ→サンマは光に集まる性質があり、灯火で集めて、棒受網ですくいとる漁法が一般的です。
ボラ→網走では、寒ボラ(銀ボラ)がとても美味しく、卵は自然乾燥の「カラスミ」が出来ます。
サバ→オホーツク海では、コサバが多いようですが、大きなサバほど脂がのっていて美味しい魚です。
ハタハタ→卵の「ブリコ」は歯応えがあり、塩焼き・煮つけなど見離れが良く美味しい魚です。
マダラ→オホーツク海では、スケソウが有名です。
スケソウ→呼び名は、佐渡ヶ島周辺で獲れた物を、別名で佐渡(スケトウ)と呼んだのが由来であります。
コマイ→タラの仲間で、水深100mより浅い所にいます。よく氷を割ってこの魚を獲る事から(氷下魚)と書きます。乾物が有名です。
オオカミウオ→アイヌ語「チップ・カムイ」といい、神の魚の意味で、この魚が獲れると豊漁に結びついたという言い伝えがあるとの事
ソイ→深海魚で100m以上の岩礁の根・岩礁に棲み着いています。刺身・煮付け・味噌付けなど、北海道の高級魚です。
キンキン→キチジが本名。「キンキ」釧路では「メイメイセン・・メンメン」と呼ばれ、赤い魚なのでお祝い事にも使われる高級魚です。
ホッケ→ホッケの語源については明らかではなく、ある本では北方の意で(北方)と読むのだと説明されている。アイヌ語では「ピリカ」と呼ばれています。
カジカ→味噌汁が有名です。マカジカが最も美味しいと言われています。
カスベ→語源は「カスッペ」(カスにしかならないもの)からきているという説もありますが、ガンギエ科に属し北方ではカスベ、南方の小型種のエイを呼ぶことが多いようです。
ニシン→春ニシンがとても有名ですが、エサトなとなる「イサダ」(甲殻類)の量が減り、水温も温かくなり昔のように脂ののったニシンは、幻のニシンといってもおかしくありません。
イワシ→マイワシ、カタクチイワシ、ウルメイワシの三種がいますが、網走はマイワシ(体に黒い七個の斑点がある七つ星)が獲れます。
アキアジ→「秋味」まさにそのものずばり。お客様の方が知っていると思います。
マスノスケ→マスの王者の意味で、あじ・大きさとも王者です。大きな物で体長2m体重40〜50kgにもなります。アメリカやカナダでは、「キングサーモン」と呼ばれ高級魚です。
サクラマス→魚の身がピンク色をしており、桜の咲く時期に獲れる事から名前が付きました。網走では「クチグロ」と呼ばれ
(ヤマベ)→とても美味しい魚です。
シラウオ→網走湖、サロマ湖がシラウオの産地として有名です。5月に産卵のため川に上がります。
チカ→この両種は、あまりにもよく似ていて私達にも良く分かりませんが、網走湖ではワカサギが有名で
ワカサギ→チカは網走港での釣りが有名です。
シシャモ→アイヌ語で「ススハム」ススは柳の葉、ハムは魚の事です。漢字では「柳葉魚」と書きます。
キュウリウオ→野菜のキュウリに似た匂いがあるので、この名前が付きました。サケ・ワカサギとは類縁関係にあります。
ミズダコ→オホーツク海では、ミズダコが有名です。寒海性で、タコ類の中で最も大きくなり、体長3m、体重30kgに達するものもありす。
ツブ→オホーツク海では、マツブ、エゾバイツブ、アオツブ等、まだ沢山ありますが漁師言葉で、ガチャ、マルチャン等がとても美味しいです。
ホタテ→口を大きく開いた姿が、帆を張った船のようで、帆に風を受けて水面を走るという連想が働いて、名付けたようです。
カキ→アイヌ語では「アッケシ」といいます。厚岸という地名はアイヌ語で、カキのある所という意味です。
シジミ→シジミといえば味噌汁、その味噌汁は黄疸の特効薬です。肝臓に良いというのはビタミンB2を多量に含んでいるからです。汽水性のヤマトシジミですが、モコト湖の寒シジミは特に有名です。
ウニ→オホーツク海では、「ガゼ」「エゾバフンウニ」が主です。産卵の時期と冬の流氷が来ると、ウニ漁は終わります。
ハッカク→「トビクレ」と言う魚のオスのことで、刺身め味噌を塗っての軍艦焼きがあります。
オヒョウ→大鮃、カレイ類の中で最も大きくなる魚で、体長2.5m、体重250kgを超えるものもあります
アカガレイ→体の裏側が、血がにじんだように赤いので、この名前が付きました。
ナメタ→網走では、「ナメタガレイ」釧路では「ヤナギガレイ」と呼んでいます。東北地方では最高級品として
賞味されています
ホッカイエビ→ホッカイシマエビで有名です。網走沿岸、能取湖、サロマ湖に多くいます。特に尾岱沼がこのエビの産地として有名です。
ナンバンエビ→ナンバンエビ・アカエビ・アマエビなど、地方により名前も違います。味はとても甘く、アミノ酸が多く含まれています
タラバガニ→かにの中での王様。英名を「キングクラブ」と言います。本当はヤドカリの仲間です。4月〜5月に、水深30〜50mの浅みに寄って来るので、刺し網で捕獲します。
ズワイガニ→北海道には、馴染みが薄いですが、北陸では「エチゼンガニ・マツバガニ」としても有名です。英名を「クイーンクラブ」と言います。
ケガニ→「オオクリガニ」と呼ばれ、寒海性のカニです。身もミソもとても美味しく、北海道を代表するカニです。
スルメイカ→網走沖でもひと昔前は、イカ釣船の漁り火が見られましたが、今は函館が有名です。
ヤリイカ→網走では、春から夏にかけて獲れます。刺身は柔らかくて、とても美味しいです。

私の亡き父は大の魚好きで食べるのは皮と骨だけで身は食べなかった。なので身は私に来たので私は骨を取る作業を子供の頃はした事がなかった。だから魚の食べ方が未だにど下手、刺身の方が好きなのはそういう親のしつけからだと思います。子供の頃から魚の食べ方はきちんとさせた方が将来恥ずかしくなく食べられるでしょう。妻は私と違って上手ですよ!

同行者
カップル・夫婦
交通手段
タクシー 自家用車 徒歩
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 蒸汽船の大将です

    蒸汽船の大将です

  • 刺身盛り合わせは、その時期によって内容が変わりますが単品で頼むならこれが一番。

    イチオシ

    刺身盛り合わせは、その時期によって内容が変わりますが単品で頼むならこれが一番。

  • ホッケの開きが950円ですが、肉厚で脂がのっているとっても美味しいホッケです。

    ホッケの開きが950円ですが、肉厚で脂がのっているとっても美味しいホッケです。

  • ボタンエビ、シマエビ共に1050円です。網走に来たらこれは食べた方が良い。

    ボタンエビ、シマエビ共に1050円です。網走に来たらこれは食べた方が良い。

  • ここのザンギ(740円)は鳥の骨付き唐揚げの意味です、これも毎回のように頼む美味しい料理です。

    ここのザンギ(740円)は鳥の骨付き唐揚げの意味です、これも毎回のように頼む美味しい料理です。

  • フライ盛り合わせ(1200円)エビ、カキ、ホタテ、イカ、タラのフライ盛り合わせです。野菜盛り合わせ(840円)これは素焼きの野菜ですが椎茸が肉厚で妻がいつも頼む一品です。船長のサラダはシーフードサラダなのですが、シーフードで下の野菜が見えないほどシーフードが乗っています。

    イチオシ

    フライ盛り合わせ(1200円)エビ、カキ、ホタテ、イカ、タラのフライ盛り合わせです。野菜盛り合わせ(840円)これは素焼きの野菜ですが椎茸が肉厚で妻がいつも頼む一品です。船長のサラダはシーフードサラダなのですが、シーフードで下の野菜が見えないほどシーフードが乗っています。

  • 蒸汽船定食1050円、これは刺身、フライ、野菜、ウインナー、卵焼き、味付海苔、漬物、味噌汁が付いてこの値段は安いです。

    蒸汽船定食1050円、これは刺身、フライ、野菜、ウインナー、卵焼き、味付海苔、漬物、味噌汁が付いてこの値段は安いです。

  • ざるラーメンとは、もりそばがラーメンの麺に替わった物だと想像して頂きたい。

    ざるラーメンとは、もりそばがラーメンの麺に替わった物だと想像して頂きたい。

  • 厚揚げ豆腐は天下一品、シャケ、ニシンの切り込みも珍味で一度は食べる価値あり。

    厚揚げ豆腐は天下一品、シャケ、ニシンの切り込みも珍味で一度は食べる価値あり。

  • ビール、ウイスキー、ワイン、カクテル、ソフトドリンクも充実しています、網走の地ビールもあります。

    ビール、ウイスキー、ワイン、カクテル、ソフトドリンクも充実しています、網走の地ビールもあります。

  • 日本酒、芋焼酎、麦焼酎も揃っています。

    日本酒、芋焼酎、麦焼酎も揃っています。

  • 観光旅行にお勧めの2つのコース、お得です。

    イチオシ

    観光旅行にお勧めの2つのコース、お得です。

  • 外観です、

    外観です、

  • くじら料理で有名な喜八。

    くじら料理で有名な喜八。

  • 入口です

    入口です

  • クジラ肉盛り合わせ

    イチオシ

    クジラ肉盛り合わせ

  • タラバガニと北海シマエビ

    タラバガニと北海シマエビ

  • 喜八 ザンギ丼、網走のB級グルメで鱒の切り身を唐揚にして個々のお店の味付で競い合っています。

    喜八 ザンギ丼、網走のB級グルメで鱒の切り身を唐揚にして個々のお店の味付で競い合っています。

  • 喜八 海鮮おこげ

    イチオシ

    喜八 海鮮おこげ

  • 喜八のメニューです、オーナーが私の親類と言う事もあって無理やりメニューを借りて来ました。

    喜八のメニューです、オーナーが私の親類と言う事もあって無理やりメニューを借りて来ました。

  • 日本酒の種類も豊富です

    日本酒の種類も豊富です

  • 焼酎も、勿論豊富です

    焼酎も、勿論豊富です

  • ワイン・梅酒・フルーツ酒・カクテルも充実しています

    ワイン・梅酒・フルーツ酒・カクテルも充実しています

  • クジラ料理でこの種類の豊富さは自慢できるお店です

    イチオシ

    クジラ料理でこの種類の豊富さは自慢できるお店です

  • 勿論、普通のお造りもあります

    勿論、普通のお造りもあります

  • カウンター内での炉端焼きのメニュー、目の前で焼いて頂けるので期待も倍増です

    カウンター内での炉端焼きのメニュー、目の前で焼いて頂けるので期待も倍増です

  • 同じく炉端焼きのメニュー

    同じく炉端焼きのメニュー

  • 珍味とサラダ

    珍味とサラダ

  • 麺・飯バージョン

    麺・飯バージョン

  • 自家製樺太鱒のスモークは是非食べて頂きたい

    自家製樺太鱒のスモークは是非食べて頂きたい

  • カマンベールフライ、網走ザンギも一度は食べて頂きたい

    カマンベールフライ、網走ザンギも一度は食べて頂きたい

  • 可愛いセーラーマンの人形がお出迎え

    可愛いセーラーマンの人形がお出迎え

  • 名前は忘れたので、次回にお聞きします。

    名前は忘れたので、次回にお聞きします。

  • 名物のお好み焼き、これを食べるのが目的で毎回訪問しています

    イチオシ

    名物のお好み焼き、これを食べるのが目的で毎回訪問しています

  • 誰も作っていないホッケバーガー、石ちゃんもマイウーと唸りました

    誰も作っていないホッケバーガー、石ちゃんもマイウーと唸りました

  • もやし炒めスパムのせ

    もやし炒めスパムのせ

  • 石焼

    石焼

  • 外観はこじんまりとしていますが、料理は唸ってしまいます。

    外観はこじんまりとしていますが、料理は唸ってしまいます。

  • ご当地グルメ、ザンギ丼の龍寿司バージョン。お店の個性が見事に伝わる一品です。

    ご当地グルメ、ザンギ丼の龍寿司バージョン。お店の個性が見事に伝わる一品です。

  • 寿司屋の海鮮サラダ、素材が新鮮で盛付けもお洒落です

    寿司屋の海鮮サラダ、素材が新鮮で盛付けもお洒落です

  • 生チラシと味噌汁

    生チラシと味噌汁

  • 釣りキンキのコース料理

    釣りキンキのコース料理

  • 釣りキンキの釜飯バージョン、出汁が本当に良く出ていて美味しいそうです。実は私は魚が嫌いと言うか、骨を取る作業が大嫌いなので魚関係は友人と妻の講評です。

    釣りキンキの釜飯バージョン、出汁が本当に良く出ていて美味しいそうです。実は私は魚が嫌いと言うか、骨を取る作業が大嫌いなので魚関係は友人と妻の講評です。

  • 釣りキンキのお吸い物、とっても出汁が出ていて唸ってしまう品です。昔亡き父がこの魚をお湯で煮て魚にさっとソースをかけて食べていました。北海道では定番の食べ方みたいです。

    釣りキンキのお吸い物、とっても出汁が出ていて唸ってしまう品です。昔亡き父がこの魚をお湯で煮て魚にさっとソースをかけて食べていました。北海道では定番の食べ方みたいです。

  • 釣りキンキのから揚げです

    釣りキンキのから揚げです

  • 網走の創作料理のふか井の入口

    網走の創作料理のふか井の入口

  • トマトをフライにしてしまった、でもトマトの味が絶妙に出ていて美味しい、おでんのトマトも他店で食べた事はあるけれどフライも美味しい

    トマトをフライにしてしまった、でもトマトの味が絶妙に出ていて美味しい、おでんのトマトも他店で食べた事はあるけれどフライも美味しい

  • ぶどうえびのお造り、ぶどうエビは珍しいので中々他店でもお目にかからないけれど色が葡萄に似ている事からこの名前が付いた?

    ぶどうえびのお造り、ぶどうエビは珍しいので中々他店でもお目にかからないけれど色が葡萄に似ている事からこの名前が付いた?

  • 鮨勝の正面、壁はあまり綺麗とは言えないけれど隠れ名店の一つです

    鮨勝の正面、壁はあまり綺麗とは言えないけれど隠れ名店の一つです

  • 網走産うに、これも妻は大好物で私は横で見ているだけ。<br />妻と友人曰くウニはやっぱり北海道産が一番美味しいそうです。

    網走産うに、これも妻は大好物で私は横で見ているだけ。
    妻と友人曰くウニはやっぱり北海道産が一番美味しいそうです。

  • カニもいいけれど、うにづくしも最高だと妻が騒ぐ、定価3150円です。

    カニもいいけれど、うにづくしも最高だと妻が騒ぐ、定価3150円です。

  • 鱒の握り、どっちかと言えば鱒寿司のようなものです

    鱒の握り、どっちかと言えば鱒寿司のようなものです

  • 鱒の親子握り、いくらが上にチョコンと乗っています

    鱒の親子握り、いくらが上にチョコンと乗っています

  • 中心街よりちょっと離れていますが観光客には受けているお店です。

    中心街よりちょっと離れていますが観光客には受けているお店です。

  • 花のれんの看板

    花のれんの看板

  • 花のれんのザンギ丼です

    花のれんのザンギ丼です

  • 花のれんのザンギ丼のアップです

    花のれんのザンギ丼のアップです

  • 蕎麦屋のカニ蕎麦、中々美味しい

    蕎麦屋のカニ蕎麦、中々美味しい

  • しらうお蕎麦、網走湖で獲れるシラウオを使った絶品蕎麦 

    しらうお蕎麦、網走湖で獲れるシラウオを使った絶品蕎麦 

  • 牡蠣蕎麦、蕎麦と牡蠣が何故だかマッチングしていて美味しい

    牡蠣蕎麦、蕎麦と牡蠣が何故だかマッチングしていて美味しい

  • 南三条酒場の正面

    南三条酒場の正面

  •  つくね串

    つくね串

  • 南三条酒場の名物黒おでん

    南三条酒場の名物黒おでん

  • これが笑ってしまったガリガリ君ハイボール。ガリガリ君がそのまま入っている一品。よく考えたものだ、感心してしまう。

    これが笑ってしまったガリガリ君ハイボール。ガリガリ君がそのまま入っている一品。よく考えたものだ、感心してしまう。

  • 辛い唐揚げなんてどうでしょう、ビールに合いますがそれ程辛くないです。

    辛い唐揚げなんてどうでしょう、ビールに合いますがそれ程辛くないです。

この旅行記のタグ

17いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (5)

開く

閉じる

  • kuusanさん 2012/04/21 16:42:01
    全部食べたいです
    6月に20日間の予定で北海道一周旅行します。
    網走も当然予定に入っているので、必ずどれかの居酒屋に行こうと決めました。
    私と妻も相当の飲んべえなので、
    写真、メニューを載せて頂き参考になりました。

    ところで、
    各店舗の近所に無料の駐車場は有るのでしょうか?
    車は7mのキャンパーです。
    教えて頂けたら幸いです。
  • ケンケンさん 2012/04/14 10:27:19
    ひゃあ〜!
    Facebookからやって来たよ〜!
    来週末父の33回忌で帰るので、ぜひ行ってみます🎶
    キンキ、たまらんね〜、、、しかし随所に妻へのラブラブぶり。。。
    まあ、あの妻ならなっとくだけどね。ひひひ。
    楽しくトラベルしました〜!
  • わんぱく大将さん 2012/04/13 23:52:08
    豊富ですよね
    グラナダさん

    流石に、北海道はネタが多いですなあ。  私の家も、昔から酒の肴にいつも刺身、魚と、お決まりでしたから、うんざりでした。 毎日、魚やのおっちゃんが自転車で、家の前まで来てくれてたもんだから。
    いや、BCNも魚、多いですが、ここの人は魚と言えば、たらばかり。
    たらたらと。 それほど旨くないですね。
    そうそう、今、鰻が捕れなくなってると聞きましたが、世界中で、でしょうかね? 

    厚岸、そういう意味があったのか。  勉強になった。
    こんど、沖縄の地名見てください。読めますか?

     大将

    グラナダ

    グラナダさん からの返信 2012/05/21 00:00:17
    RE: 豊富ですよね
    大将さん、ごめんなさい今だ沖縄の地名にたどり着いていないです、今年度中には結果を出してやるゾ!
  • わんぱく大将さん 2012/04/13 18:45:19
    そして、わしが4トラの大将だす
    グラナダさん

    チョと急ぎ。  今から社長出勤。帰ってきたら、また、コメントを。
    すみませんねえ。 ピ―リカ、ピリカ、と。

     大将

グラナダさんのトラベラーページ

コメントを投稿する前に

十分に確認の上、ご投稿ください。 コメントの内容は攻撃的ではなく、相手の気持ちに寄り添ったものになっていますか?

サイト共通ガイドライン(利用上のお願い)

報道機関・マスメディアの方へ 画像提供などに関するお問い合わせは、専用のお問い合わせフォームからお願いいたします。

この旅行で行ったグルメ・レストラン

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

タグから国内旅行記(ブログ)を探す

この旅行記の地図

拡大する

網走の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集