関旅行記(ブログ) 一覧に戻る
地元の観光地って、「いつでも行けるから。」との理由で、結局は全く行ったことがなかったりする。<br /><br />例えば郡上。これまでじっくり観光をしたことがなく、今年も5回以上通りかかったが、結局、街のはずれから郡上城の写真を撮影したのみ。<br />有名な「郡上おどり」すら見たことがない。<br /><br />ところが超地元である岐阜県関市の小瀬鵜飼だけは別。<br />さすらいの喰いしんぼうさんの知人さんが仰る通り、随分マイナーだが、「真っ暗でドラマチックであるのと同時に、観覧船が少ないため近くで鵜飼が見学できる。」との理由で、有名なぎふ長良川鵜飼よりイイかも?と私の周りでも語られている。<br /><br />そしてこの夏も、デジャブのように会話が展開される。<br /><br />「地元の観光って結局してなかったりしない~?」<br />「そうそう、俺、鵜飼を見たことがないんだ~」<br />「鵜飼行ってみたいなぁ~」<br />「岐阜より関の方がいいらしいぞ!」<br />「そっかー、じゃあ小瀬鵜飼へ行こうぜー!!」<br /><br />と言う訳で、この夏“も”小瀬鵜飼を観覧することになった。<br /><br />―――――――――――――――――――――――――――――<br /><br />ちゃんとした旅行記はこちら、<br />      ↓<br />さすらいの喰いしんぼうさんの旅行記<br />http://4travel.jp/traveler/burari/album/10604837/<br /><br /><br />小瀬鵜飼についてはこちら<br />      ↓<br />関市HP<br />http://www.city.seki.gifu.jp/kankou/seki/ukai.htm

小瀬鵜飼~ついつい行かない地元観光、だがこれは別格~(小瀬鵜飼VSぎふ長良川鵜飼、鵜匠の技VS私の技)

28いいね!

2011/07/30 - 2011/07/30

49位(同エリア152件中)

6

7

シンバ

シンバさん

地元の観光地って、「いつでも行けるから。」との理由で、結局は全く行ったことがなかったりする。

例えば郡上。これまでじっくり観光をしたことがなく、今年も5回以上通りかかったが、結局、街のはずれから郡上城の写真を撮影したのみ。
有名な「郡上おどり」すら見たことがない。

ところが超地元である岐阜県関市の小瀬鵜飼だけは別。
さすらいの喰いしんぼうさんの知人さんが仰る通り、随分マイナーだが、「真っ暗でドラマチックであるのと同時に、観覧船が少ないため近くで鵜飼が見学できる。」との理由で、有名なぎふ長良川鵜飼よりイイかも?と私の周りでも語られている。

そしてこの夏も、デジャブのように会話が展開される。

「地元の観光って結局してなかったりしない~?」
「そうそう、俺、鵜飼を見たことがないんだ~」
「鵜飼行ってみたいなぁ~」
「岐阜より関の方がいいらしいぞ!」
「そっかー、じゃあ小瀬鵜飼へ行こうぜー!!」

と言う訳で、この夏“も”小瀬鵜飼を観覧することになった。

―――――――――――――――――――――――――――――

ちゃんとした旅行記はこちら、
      ↓
さすらいの喰いしんぼうさんの旅行記
http://4travel.jp/traveler/burari/album/10604837/


小瀬鵜飼についてはこちら
      ↓
関市HP
http://www.city.seki.gifu.jp/kankou/seki/ukai.htm

同行者
社員・団体旅行
一人あたり費用
1万円未満
交通手段
自家用車

PR

  • 本日“も”宴会の会場は関観光ホテル。<br />       ↓<br />http://www.sekikankouhotel.jp/<br /><br />お薦めです。<br />

    本日“も”宴会の会場は関観光ホテル。
           ↓
    http://www.sekikankouhotel.jp/

    お薦めです。

  • Ready?

    Ready?

  • 二艘の観覧船に対し、一名の鵜匠が鵜飼技法をレクチャーしてくれた。

    二艘の観覧船に対し、一名の鵜匠が鵜飼技法をレクチャーしてくれた。

  • 宮内庁式部職鵜匠のテクニック。

    宮内庁式部職鵜匠のテクニック。

  • 1,300年の伝統技。

    1,300年の伝統技。

  • 私の写真テクニック(涙)

    私の写真テクニック(涙)

この旅行記のタグ

28いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (6)

開く

閉じる

  • 潮来メジロさん 2012/12/28 17:59:20
    御無沙汰しておりました。ヾ(^o^)
    シンバさん、こんばんは! (^◇^)ノ
    御無沙汰しておりました。

    私も鵜飼って、まだ見た事がないです。
    やはり、ストロボの使用は禁止されているんでしょうか。
    このお写真は、ストロボ無しで撮られたんですね。
    幻想的ですばらしいですね。

    では、よいお年を・・・。(^o^)/~~~
      (潮来メジロ)

    シンバ

    シンバさん からの返信 2013/02/12 00:11:21
    RE: 御無沙汰しておりました。ヾ(^o^)
    潮来メジロさん こんばんは。
    こちらこそご無沙汰、かつ大幅に返信が遅くなり大変失礼しました。

    昨年、6月に海外へ行ったきり全く海外には行けていませんが、何とか暇を見つけ、近場でバードウォッチングを楽しんでいます。

    と言っても、2ヶ月に一度程度です。
    今日は、コハクチョウが飛来しているというので行ってきました。

    鵜飼の写真ですが、ストロボは使用していません。
    古いカメラですし、安価な暗いレンズですし、もちろん腕もあり上手くは撮れてません。
    新しいカメラや明るいレンズが欲しいと思っていますが、なかなか踏み切れないでいます。

    確か、潮来メジロさん一眼レフカメラを購入されましたよね。
    岐阜へいらっしゃって、幻想的な写真を撮影してくだい♪
    お待ちしております。

    シンバ
  • zzr-cさん 2011/11/25 15:35:56
    知らなかった^^;
    シンバさま こんにちは!

    関に鵜飼がある事すら知らなかったです^^;

    岐阜市と犬山のは知ってましたが関にも^^;

    ほぼ地元のような処なのに知らない事だらけです^^;

    最近知りましたが東名高速の岡崎辺りが3車線になってました(何のこっちゃ(笑))

    じぃ〜

    シンバ

    シンバさん からの返信 2011/11/26 08:11:38
    いつでも来れるから、
    小瀬鵜飼は、マイナーですからね。

    観光化されてないので、昔ながらの漁法が残ってるらしいですよ。

    じぃ〜さんはいつでも来れると思うので、機会があったら見に来て下さいね。

    って言ってると、見れないんですよね^^;

    シンバ
  • さすらいの食いしんぼうさん 2011/11/23 15:35:17
    ちゃんとした旅行記はこちら....のさすらいの食いしんぼうです。     
    こ、これはボクの4トラの師であるシンバさんから、「ちゃんとした旅行記はこちら」なんていうリンクをいただきまして、こんな光栄なことはありません。わ〜い!わ〜い!
    (果たしてちゃんとした旅行記であるかどうかははなはだ疑問ですが、これに関する苦言はボクではなくシンバさんへ)
    親分にほめられた子分の気分。はたまたレオになった気分でPCスクリーンのお父さんライオンの横顔に向かって言っております。「兄貴ぃ〜、あざ〜す!」

    さてこの小瀬鵜飼は乗船場に行くのにボクはナビでも迷っちゃいまして、さらに駐車場も判りづらい。鮎の瀬橋という名前はステキな橋でしたがその上を行ったり来たりしました。
    「これは噂どおりのマイナーさ、だな...」と腹ん中で思ったりもしたんですが、実際は鵜匠さんも船頭さんもみなさん、とても親切で準備があわただしい中にあっても「この篭の中に鵜がはいっとるよ。写真、撮らんでもエエの?」なんてわざわざ声をかけてくれたり、とてもアットホームな雰囲気がなごませてくれました。

    そして鵜飼は漆黒のやみに赤々とかがり火が浮かんで噂のとおり実に幻想的!シンバさんはそんな鵜匠さんの真剣な表情もちゃんととらえましたね。Ready?の写真もいいです。

    長良川ってマジ、にっぽんを代表する川だと思います。そして夏であればその清流で泳いで、夕餉に鮎を食べて、夜は鵜飼を見る....日本の情緒の方程式がここにできちゃいますね!
    シンバさんも地元でしたら長良川で泳いだり、鮎を釣ったりしたんでしょう?
    シンバさんがいつまでもどこか少年のような心を失わないのも何か解るような気がしました。

    サス

    シンバ

    シンバさん からの返信 2011/11/23 19:09:30
    RE: ちゃんとした旅行記はこちら....のさすらいの食いしんぼうです。     
    9月までは、4トラにアクセスする間もなく遊びまくってました。
    で、ストックは蓄積してましたが、ここ最近は仕事が忙しく遊ぶ間もなく旅行記をアップする間もない。
    りーまんとしてトラベラーとしてその両立は難しく、ジレンマに悩んでいる現状です。
    旅行記の完成度と言い、仕事と旅のバランス感覚と言い、完全サスさんが私の4トラ師匠ですが。

    > さてこの小瀬鵜飼は乗船場に行くのにボクはナビでも迷っちゃいまして、さらに駐車場も判りづらい。鮎の瀬橋という名前はステキな橋でしたがその上を行ったり来たりしました。

    そうですね。
    ド田舎のやっと車が一台通れる向こう側にある「鮎の瀬橋」、解りづらいですよね。
    現状のままではいつまでもマイナーなままだと思いますが、だからこそアットホームな雰囲気が保たれるってことでご容赦下さいませ。
    地元もジレンマに悩んでいるようです。

    整備された世界遺産や白砂のビーチに行きたい!!
    と思いながらも、
    北アルプスや長良川と戯れてる自分。。。

    ジレンマはあるけれど、これが自分のライフスタイルなのかなぁ〜?と思ってます。

    シンバ

シンバさんのトラベラーページ

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

関の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集