カッパドキア 旅行記(ブログ) 一覧に戻る

カッパドキア(ラテン語: Cappadocia)とはトルコの首都アンカラの南東にあるアナトリア高原の火山によってできた大地をいう。<br />古代の地理においてCappadocia (「美しい馬の地」を意味するペルシア語:に由来、トルコ語:Kapadokya)は、小アジア(現代のトルコ)の広大な内陸地域を指した。(フリー百科事典:ウィキペディア (Wikipedia)」より引用)<br /><br />世界遺産 ギョレメ国立公園およびカッパドキアの岩石遺跡群<br />&quot;妖精の煙突&quot;と呼ばれる岩の形成物の間に位置するギョレメ は、トルコの歴史地区カッパドキアの町である。それはアナトリア中央部の ネヴシェヒル県 (Nev&#351;ehir)にある。ギョレメ国立公園(トルコ語でG&amp;ouml;reme Milli Parklar)は、1985年にユネスコの世界遺産リストに加えられた。<br />(フリー百科事典:ウィキペディア (Wikipedia)」より引用)<br /><br />アヴァノス陶器はローマ帝国時代以前のヒッタイト人より受け継がれています.<br />町のはずれに&quot;赤い河&quot;がありその土が陶器に用いられています。<br />(http://www.e-mmk.com/ceramic/kyutafuya_ceramic.html より引用)<br /><br />“クズル・ウルマック”または&quot;赤い川&quot;と呼ばれるトルコで一番長い川からは鉄鉱石を含む赤土と粘土が採取できます。そして、陶芸の村アヴァノスでは陶器を作るのにこの土を何千年もの間利用してきました。<br />2世紀、アヴァノスはアッシリアの貿易商が住んでいました。そして、後に、その川を&quot;マラッサンティヤ&quot;と呼んでいたヒッタイト人により奪取されました。今日受け継がれている陶器の技術とデザインのいくつかはこの時代に誕生しました。<br />その昔、各家庭には陶器を作るためのろくろがありました。そして、花婿となる人は上手にポットを作れないとその家族は娘を嫁にやることを許しませんでした。今日、イスタンブールやその他主要都市で売られている陶器とタイルはアヴァノス産のものがたくさんあります。<br />アヴァノスでは古くから受け継ぐ独特な手法、脚でろくろを回して成形する様子を間近に見学することができます。また、体験することもできます。<br />(http://www.cappadociagoreme.com/jp/Cappadocia_Pottery.html より引用)<br /><br /><br />3日目・・5月13日(金)【世界遺産】カッパドキア観光。(2日目)<br />〔午前〕◎カイマクル地下都市○アヴァノス(トルコ石店)○鳩の谷、<br />昼:テスティケバブ(洞窟レストラン)<br />〔午後〕○ウチヒサール(岩の要塞)○ゼルベ谷(きのこ岩)○洞窟民家訪問、○アヴァノス(陶器店)<br />【宿泊地:カッパドキア泊】 ユスフ イート オール コナウについては・・<br />http://www.pelican-travel.net/hotelinfo.php?frCd=turkey&amp;htlCd=YUSUFIGIT<br />http://www.tour.ne.jp/blog/mtitour/1822/<br /><br /><br /><br />

トルコ19 カッパドキアk アヴァノス陶器の工房で ☆美麗な小鉢を購入

3いいね!

2011/05/13 - 2011/05/13

980位(同エリア1457件中)

    51

    カッパドキア(ラテン語: Cappadocia)とはトルコの首都アンカラの南東にあるアナトリア高原の火山によってできた大地をいう。
    古代の地理においてCappadocia (「美しい馬の地」を意味するペルシア語:に由来、トルコ語:Kapadokya)は、小アジア(現代のトルコ)の広大な内陸地域を指した。(フリー百科事典:ウィキペディア (Wikipedia)」より引用)

    世界遺産 ギョレメ国立公園およびカッパドキアの岩石遺跡群
    "妖精の煙突"と呼ばれる岩の形成物の間に位置するギョレメ は、トルコの歴史地区カッパドキアの町である。それはアナトリア中央部の ネヴシェヒル県 (Nevşehir)にある。ギョレメ国立公園(トルコ語でG&ouml;reme Milli Parklar)は、1985年にユネスコの世界遺産リストに加えられた。
    (フリー百科事典:ウィキペディア (Wikipedia)」より引用)

    アヴァノス陶器はローマ帝国時代以前のヒッタイト人より受け継がれています.
    町のはずれに"赤い河"がありその土が陶器に用いられています。
    http://www.e-mmk.com/ceramic/kyutafuya_ceramic.html より引用)

    “クズル・ウルマック”または"赤い川"と呼ばれるトルコで一番長い川からは鉄鉱石を含む赤土と粘土が採取できます。そして、陶芸の村アヴァノスでは陶器を作るのにこの土を何千年もの間利用してきました。
    2世紀、アヴァノスはアッシリアの貿易商が住んでいました。そして、後に、その川を"マラッサンティヤ"と呼んでいたヒッタイト人により奪取されました。今日受け継がれている陶器の技術とデザインのいくつかはこの時代に誕生しました。
    その昔、各家庭には陶器を作るためのろくろがありました。そして、花婿となる人は上手にポットを作れないとその家族は娘を嫁にやることを許しませんでした。今日、イスタンブールやその他主要都市で売られている陶器とタイルはアヴァノス産のものがたくさんあります。
    アヴァノスでは古くから受け継ぐ独特な手法、脚でろくろを回して成形する様子を間近に見学することができます。また、体験することもできます。
    http://www.cappadociagoreme.com/jp/Cappadocia_Pottery.html より引用)


    3日目・・5月13日(金)【世界遺産】カッパドキア観光。(2日目)
    〔午前〕◎カイマクル地下都市○アヴァノス(トルコ石店)○鳩の谷、
    昼:テスティケバブ(洞窟レストラン)
    〔午後〕○ウチヒサール(岩の要塞)○ゼルベ谷(きのこ岩)○洞窟民家訪問、○アヴァノス(陶器店)
    【宿泊地:カッパドキア泊】 ユスフ イート オール コナウについては・・
    http://www.pelican-travel.net/hotelinfo.php?frCd=turkey&htlCd=YUSUFIGIT
    http://www.tour.ne.jp/blog/mtitour/1822/



    同行者
    カップル・夫婦(シニア)
    一人あたり費用
    20万円 - 25万円
    交通手段
    観光バス
    利用旅行会社
    ツアー(添乗員同行あり)
    旅行の満足度
    5.0
    観光
    5.0
    ショッピング
    4.5
    交通
    4.5

    PR

    1件目~20件目を表示(全51件中)

    この旅行記のタグ

      3いいね!

      利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

      この旅行記へのコメント

      ピックアップ特集

      カッパドキア(トルコ) で人気のタグ


      PAGE TOP

      ピックアップ特集