松島・奥松島旅行記(ブログ) 一覧に戻る
冬の南東北へ、2泊3日の旅に出掛けました。<br />8年ぶりの仙台・松島に、一度行きたかった南三陸・志津川を訪ねました。<br />今回の旅行は、エースJTBの松島海岸1泊2日プランに南三陸1泊を加えた、オリジナルプランを利用しました。<br /><br />旅行記は、3編に分けて作成します。<br />①2月13日:塩釜~松島<br />②2月14日:石巻~南三陸・志津川<br />③2月15日:仙台

冬の南東北を訪ねて:①塩釜~松島

20いいね!

2011/02/13 - 2011/02/15

200位(同エリア990件中)

8

66

冬の南東北へ、2泊3日の旅に出掛けました。
8年ぶりの仙台・松島に、一度行きたかった南三陸・志津川を訪ねました。
今回の旅行は、エースJTBの松島海岸1泊2日プランに南三陸1泊を加えた、オリジナルプランを利用しました。

旅行記は、3編に分けて作成します。
①2月13日:塩釜~松島
②2月14日:石巻~南三陸・志津川
③2月15日:仙台

PR

  • 東北新幹線の大宮付近の車窓から見る富士山<br /><br />強い寒気の襲来で天気予報は雪、空模様を心配しながらの出発となりました。<br />9:24東京発の東北新幹線Maxやまびこ131号に乗車。<br />大宮付近まで車窓から富士山を眺めることが出来ました。<br />東海道新幹線から見える富士山とは違い、東側から見る富士山は初めてかも。

    東北新幹線の大宮付近の車窓から見る富士山

    強い寒気の襲来で天気予報は雪、空模様を心配しながらの出発となりました。
    9:24東京発の東北新幹線Maxやまびこ131号に乗車。
    大宮付近まで車窓から富士山を眺めることが出来ました。
    東海道新幹線から見える富士山とは違い、東側から見る富士山は初めてかも。

  • 東北新幹線の車窓から見る筑波山<br /><br />富士山が見えなくなる頃、次は、右手に筑波山が見えてきます。

    東北新幹線の車窓から見る筑波山

    富士山が見えなくなる頃、次は、右手に筑波山が見えてきます。

  • 仙台駅構内の牛たん通り&すし通り<br /><br />仙台駅には、11:17着。<br />早速、早目のお昼に牛たん通りへ向かいます。<br />牛たん通りは、新幹線中欧改札口のすぐ横にあり、牛たんの有名店が味を競っています。<br />この時間に、既に行列が出来ている店もあり、驚きです。<br /><br />

    仙台駅構内の牛たん通り&すし通り

    仙台駅には、11:17着。
    早速、早目のお昼に牛たん通りへ向かいます。
    牛たん通りは、新幹線中欧改札口のすぐ横にあり、牛たんの有名店が味を競っています。
    この時間に、既に行列が出来ている店もあり、驚きです。

  • 仙台駅 牛タンストリート「喜助」にて<br /><br />牛たん人気ランキング上位の店ですが、行列していなかったのでこの店にしました。<br />牛たん定食(炭火焼牛たん(塩味)、テールスープ、麦飯)+とろろ芋。

    仙台駅 牛タンストリート「喜助」にて

    牛たん人気ランキング上位の店ですが、行列していなかったのでこの店にしました。
    牛たん定食(炭火焼牛たん(塩味)、テールスープ、麦飯)+とろろ芋。

  • JR仙石線 本塩釜駅に到着(12:30頃)<br /><br />仙台駅から仙石線に乗り本塩釜駅までは約20分。

    JR仙石線 本塩釜駅に到着(12:30頃)

    仙台駅から仙石線に乗り本塩釜駅までは約20分。

  • JR仙石線 本塩釜駅前に飾られた兎の絵馬<br /><br />ここから塩竈神社までは徒歩で約10分。

    JR仙石線 本塩釜駅前に飾られた兎の絵馬

    ここから塩竈神社までは徒歩で約10分。

  • 塩竈神社の門前に老舗のお菓子屋さん「丹六園」<br /><br />銘菓「志ほが満」で知られるお店で、創業は享保5年(1720)、現在の主人で11代目という老舗中の老舗だそうです。

    塩竈神社の門前に老舗のお菓子屋さん「丹六園」

    銘菓「志ほが満」で知られるお店で、創業は享保5年(1720)、現在の主人で11代目という老舗中の老舗だそうです。

  • 塩竈神社 東参道(裏坂)入り口<br /><br />本塩釜駅からは徒歩約7分。<br />表参道(表坂)はまだ先になりますが、こちらから上る方が楽です。

    塩竈神社 東参道(裏坂)入り口

    本塩釜駅からは徒歩約7分。
    表参道(表坂)はまだ先になりますが、こちらから上る方が楽です。

  • 塩竈神社 東参道の五重石灯籠<br /><br />珍しい形ですね。

    塩竈神社 東参道の五重石灯籠

    珍しい形ですね。

  • 塩竈神社 神馬舎・神龍社

    塩竈神社 神馬舎・神龍社

  • 塩竈神社 東参道の鳥居<br /><br />正式には、鹽竈(しおがま)神社と書くようですが、この旅行記の中では塩竈神社としています。

    塩竈神社 東参道の鳥居

    正式には、鹽竈(しおがま)神社と書くようですが、この旅行記の中では塩竈神社としています。

  • 塩竈神社 東参道の手水舎

    塩竈神社 東参道の手水舎

  • 塩竈神社 東神門

    塩竈神社 東神門

  • 塩竈神社 狛犬<br /><br />東神門を潜ると、なんとなく愛嬌がある狛犬があります。<br />右の狛犬は足の間にドングリを抱え込んでいました。<br />ドングリは熊の好物と聞きましたが、狛犬もドングリ好きなのでしょうか?

    塩竈神社 狛犬

    東神門を潜ると、なんとなく愛嬌がある狛犬があります。
    右の狛犬は足の間にドングリを抱え込んでいました。
    ドングリは熊の好物と聞きましたが、狛犬もドングリ好きなのでしょうか?

  • 塩竈神社 舞殿<br /><br />

    塩竈神社 舞殿

  • 塩竈神社 撫で牛

    塩竈神社 撫で牛

  • 塩竈神社 狛犬<br /><br />ちょっとマンガチック?<br />なんとも言えぬ表情ですね。

    塩竈神社 狛犬

    ちょっとマンガチック?
    なんとも言えぬ表情ですね。

  • 塩竈神社 四足門(唐門)と回廊

    塩竈神社 四足門(唐門)と回廊

  • 塩竈神社 銅鉄合製燈籠(市文化財)<br /><br />文化6年(1809)、伊達9代藩主・周宗が蝦夷地警護の凱旋の後、奉納したものと伝わります。

    塩竈神社 銅鉄合製燈籠(市文化財)

    文化6年(1809)、伊達9代藩主・周宗が蝦夷地警護の凱旋の後、奉納したものと伝わります。

  • 塩竈神社 文治の燈籠<br /><br />元禄2年、芭蕉が神社に詣でた時に、奥の細道にこの燈籠を綴っているそうです。

    塩竈神社 文治の燈籠

    元禄2年、芭蕉が神社に詣でた時に、奥の細道にこの燈籠を綴っているそうです。

  • 塩竈神社 別宮拝殿<br /><br />左右宮の右手にある別宮には、主祭神の鹽土老翁神(しおつちおぢのかみ)が祀られています。<br />別宮は塩の神・安産の神として信仰を集めています。

    塩竈神社 別宮拝殿

    左右宮の右手にある別宮には、主祭神の鹽土老翁神(しおつちおぢのかみ)が祀られています。
    別宮は塩の神・安産の神として信仰を集めています。

  • 塩竈神社 左右宮拝殿<br /><br />唐門をは入り正面の社殿には、左宮に武甕槌神(たけみかづちのかみ)・右宮に経津主神(ふつぬしのかみ)の武神が祀られています。<br /><br />東北鎮護・陸奥国一之宮として、朝廷を始め庶民の崇敬を集めて今日に至りました。<br /><br />創建の年代は不詳ですが、平安時代初期の記録まで遡ることができるそうです。

    塩竈神社 左右宮拝殿

    唐門をは入り正面の社殿には、左宮に武甕槌神(たけみかづちのかみ)・右宮に経津主神(ふつぬしのかみ)の武神が祀られています。

    東北鎮護・陸奥国一之宮として、朝廷を始め庶民の崇敬を集めて今日に至りました。

    創建の年代は不詳ですが、平安時代初期の記録まで遡ることができるそうです。

  • 塩竈神社 多羅葉<br /><br />樹齢5百年、樹高22mと書かれていました。

    塩竈神社 多羅葉

    樹齢5百年、樹高22mと書かれていました。

  • 塩竈神社 境内の三つ叉

    塩竈神社 境内の三つ叉

  • 塩竈神社 随神門から

    塩竈神社 随神門から

  • 塩竈神社 随神門

    塩竈神社 随神門

  • 塩竈神社 表参道の石段<br /><br />随神門を出ると、急な石段があります。<br />ここを上るのはキツイですね。

    塩竈神社 表参道の石段

    随神門を出ると、急な石段があります。
    ここを上るのはキツイですね。

  • 塩竈神社 表参道<br /><br />石段を下りて振り返えります。<br />小さな子供が頑張って上っています。

    塩竈神社 表参道

    石段を下りて振り返えります。
    小さな子供が頑張って上っています。

  • 塩竈神社 表参道

    塩竈神社 表参道

  • 塩竈神社 門前の街道沿いの街並み<br /><br />無添加みそ・しょうゆの荻原醸造<br /><br />

    塩竈神社 門前の街道沿いの街並み

    無添加みそ・しょうゆの荻原醸造

  • 塩竈神社 門前の街道沿いの街並み<br /><br /><br />阿部勘酒造店<br />塩竈神社の神酒御用酒屋として享保元年創業。<br />清酒『於茂多加男山』『四季の松島』を醸造しています。<br />

    塩竈神社 門前の街道沿いの街並み


    阿部勘酒造店
    塩竈神社の神酒御用酒屋として享保元年創業。
    清酒『於茂多加男山』『四季の松島』を醸造しています。

  • マリンゲート塩釜<br /><br />塩竈神社から遊覧船乗り場までは歩いても20分程ですが、寒いのでタクシーで。

    マリンゲート塩釜

    塩竈神社から遊覧船乗り場までは歩いても20分程ですが、寒いのでタクシーで。

  • 松山ベイクルーズ 遊覧船ぺがさす<br /><br />14時出港です。<br />ここからは、松島ベイクルーズと丸文松島汽船の2社の遊覧船があります。<br /><br />こんな小さな船で大丈夫?と思いながら乗船しました。

    松山ベイクルーズ 遊覧船ぺがさす

    14時出港です。
    ここからは、松島ベイクルーズと丸文松島汽船の2社の遊覧船があります。

    こんな小さな船で大丈夫?と思いながら乗船しました。

  • 松山ベイクルーズ<br /><br />奥の細道周遊コース、松島港まで約50分の遊覧です。<br />船長さん、頼みますよ!<br /><br />元禄2年、松尾芭蕉が、塩竈神社を詣った後、塩釜港から手漕ぎの舟で島々をめぐり、4時間ほどで松島港へ渡ったそうです。

    松山ベイクルーズ

    奥の細道周遊コース、松島港まで約50分の遊覧です。
    船長さん、頼みますよ!

    元禄2年、松尾芭蕉が、塩竈神社を詣った後、塩釜港から手漕ぎの舟で島々をめぐり、4時間ほどで松島港へ渡ったそうです。

  • 松島 島めぐり奥の細道遊覧コース<br /><br />思いの外に波は静か、快適な遊覧でした。<br />最初は船内客室から楽しんでいましたが、写真を撮るには外へ出るしかありません。

    松島 島めぐり奥の細道遊覧コース

    思いの外に波は静か、快適な遊覧でした。
    最初は船内客室から楽しんでいましたが、写真を撮るには外へ出るしかありません。

  • 松島 島めぐり奥の細道遊覧コース<br /><br />船のデッキに出て、風が冷たいですが、気持ち良いです。<br />雪の予報も外れて、問題なしです。

    松島 島めぐり奥の細道遊覧コース

    船のデッキに出て、風が冷たいですが、気持ち良いです。
    雪の予報も外れて、問題なしです。

  • 松島 島めぐり奥の細道遊覧コース<br /><br />仁王島<br /><br />仁王像を思いうかばせる形です。<br />ライオンのようにも見えませんか。<br />浸食が激しく補修しているそうです。

    松島 島めぐり奥の細道遊覧コース

    仁王島

    仁王像を思いうかばせる形です。
    ライオンのようにも見えませんか。
    浸食が激しく補修しているそうです。

  • 松島 島めぐり奥の細道遊覧コース<br /><br />鐘島<br />浸食作用により、細長い島に4つの空洞ができています。<br />近くへ寄ると『ゴウーン』と寺鐘が鳴るような音が聞こえるところから名付けられたそうです。

    松島 島めぐり奥の細道遊覧コース

    鐘島
    浸食作用により、細長い島に4つの空洞ができています。
    近くへ寄ると『ゴウーン』と寺鐘が鳴るような音が聞こえるところから名付けられたそうです。

  • 松島 島めぐり奥の細道遊覧コース

    松島 島めぐり奥の細道遊覧コース

  • 松島 島めぐり奥の細道遊覧コース

    松島 島めぐり奥の細道遊覧コース

  • 松島 島めぐり奥の細道遊覧コース

    松島 島めぐり奥の細道遊覧コース

  • 松島 島めぐり奥の細道遊覧コース<br /><br />遊覧船の後をカモメが追ってきます。<br />船内では、カモメの餌としてカッパえびせんが売られています。<br /><br />カモメは目がよく見えるようで、デッキに人が出ると餌を求めて近づいて来ます。

    松島 島めぐり奥の細道遊覧コース

    遊覧船の後をカモメが追ってきます。
    船内では、カモメの餌としてカッパえびせんが売られています。

    カモメは目がよく見えるようで、デッキに人が出ると餌を求めて近づいて来ます。

  • 松島 島めぐり奥の細道遊覧コース

    松島 島めぐり奥の細道遊覧コース

  • 松島 島めぐり奥の細道遊覧コース<br /><br />

    松島 島めぐり奥の細道遊覧コース

  • 松島 島めぐり奥の細道遊覧コース<br /><br />千貫島<br /><br />伊達の殿様が、この島の形を気に入り、自分の下へ持ってくれば褒美として千貫を与えると言われたとか。

    松島 島めぐり奥の細道遊覧コース

    千貫島

    伊達の殿様が、この島の形を気に入り、自分の下へ持ってくれば褒美として千貫を与えると言われたとか。

  • 松島 島めぐり奥の細道遊覧コース<br /><br />経ヶ島

    松島 島めぐり奥の細道遊覧コース

    経ヶ島

  • 松島港に到着した「ぺがさす」(14:50頃)<br /><br />全長18.5m、総トン数19トン、最大速力約20ノット、旅客定員84人。<br />快適な島めぐりでした。<br />

    松島港に到着した「ぺがさす」(14:50頃)

    全長18.5m、総トン数19トン、最大速力約20ノット、旅客定員84人。
    快適な島めぐりでした。

  • 松島港からの眺め<br /><br />寒くはありましたが天気も良く、ラッキーでした。

    松島港からの眺め

    寒くはありましたが天気も良く、ラッキーでした。

  • 瑞巌寺 総門<br /><br />松島港の目の前にあります。<br /><br />総門は慶長14年(1609)、伊達政宗によって建立。<br />

    瑞巌寺 総門

    松島港の目の前にあります。

    総門は慶長14年(1609)、伊達政宗によって建立。

  • 瑞巌寺<br /><br />受付を入ると、お地蔵さまがお出迎えです。

    瑞巌寺

    受付を入ると、お地蔵さまがお出迎えです。

  • 瑞巌寺 延命地蔵<br /><br />文久3年(1863)鋳造のブロンズ製。<br />

    瑞巌寺 延命地蔵

    文久3年(1863)鋳造のブロンズ製。

  • 瑞巌寺<br /><br />平成の大修理が行われていて、本堂(国宝)、中門、御成門などは拝観することが出来ません。(それでも、入山料は700円です)<br />大修理は平成21年9月〜28年3月の予定です。

    瑞巌寺

    平成の大修理が行われていて、本堂(国宝)、中門、御成門などは拝観することが出来ません。(それでも、入山料は700円です)
    大修理は平成21年9月〜28年3月の予定です。

  • 瑞巌寺 本堂前で右に誘導されます。<br /><br />正式名称は「松島青龍山瑞巌円福禅寺」、現在は臨済宗妙心寺派。<br /><br />平安時代初め天長5年(828)慈覚大師円仁により開創され天台宗延福寺と呼ばれました。<br />鎌倉時代中期の13世紀半ば、執権北条時頼が法身性西和尚を開山とし圓福寺と改称、建長寺派の禅寺となり、鎌倉幕府の駕籠の下、大いに栄えたそうです。<br />戦国時代には、寺勢は衰え、その後、妙心寺派に属し、江戸時代、伊達正宗が現在の大伽藍を完成させたそうです。

    瑞巌寺 本堂前で右に誘導されます。

    正式名称は「松島青龍山瑞巌円福禅寺」、現在は臨済宗妙心寺派。

    平安時代初め天長5年(828)慈覚大師円仁により開創され天台宗延福寺と呼ばれました。
    鎌倉時代中期の13世紀半ば、執権北条時頼が法身性西和尚を開山とし圓福寺と改称、建長寺派の禅寺となり、鎌倉幕府の駕籠の下、大いに栄えたそうです。
    戦国時代には、寺勢は衰え、その後、妙心寺派に属し、江戸時代、伊達正宗が現在の大伽藍を完成させたそうです。

  • 瑞巌寺 庫裏(国宝)<br /><br />修理期間中、本来は本堂に安置している本尊・聖観世音菩薩、藩祖政宗・2代忠宗の大位牌、三代開山木像が大書院で特別に公開されています。 <br /><br />

    瑞巌寺 庫裏(国宝)

    修理期間中、本来は本堂に安置している本尊・聖観世音菩薩、藩祖政宗・2代忠宗の大位牌、三代開山木像が大書院で特別に公開されています。

  • 瑞巌寺 青龍殿(宝物館)

    瑞巌寺 青龍殿(宝物館)

  • 瑞巌寺 西国三十三観音<br /><br />雪の残る境内に33体の観音様が並びます。

    瑞巌寺 西国三十三観音

    雪の残る境内に33体の観音様が並びます。

  • 瑞巌寺 鰻塚<br /><br />何故、鰻塚があるのかは?<br /><br />ちょっと不満の残る瑞巌寺参拝でした。<br />

    瑞巌寺 鰻塚

    何故、鰻塚があるのかは?

    ちょっと不満の残る瑞巌寺参拝でした。

  • 松島港 16時頃<br /><br />

    松島港 16時頃

  • 五大堂 縁起<br /><br />拡大して読めるでしょうか。

    五大堂 縁起

    拡大して読めるでしょうか。

  • 五大堂<br /><br />現在の建物は、 伊達政宗が慶長9年(1604)に創建、桃山式建築手法の粋をつくして完工したものです。<br />堂四面の蟇股にはその方位に対して十二支の彫刻を配しています。

    五大堂

    現在の建物は、 伊達政宗が慶長9年(1604)に創建、桃山式建築手法の粋をつくして完工したものです。
    堂四面の蟇股にはその方位に対して十二支の彫刻を配しています。

  • ホテル大観荘の部屋の窓からの眺め<br /><br />この日の宿は、JTBのパンフレットで満足度85点、食事85点、おもてなし85点。<br />JR松島海岸駅から徒歩約15分、シャトルバスによる送迎もあります。<br /><br />大浴場からも、松島を眺めることが出来、私は満足度85点以上でしたが、<br />唯一、部屋のエアコンが微調整ができず、少し熱過ぎました。

    ホテル大観荘の部屋の窓からの眺め

    この日の宿は、JTBのパンフレットで満足度85点、食事85点、おもてなし85点。
    JR松島海岸駅から徒歩約15分、シャトルバスによる送迎もあります。

    大浴場からも、松島を眺めることが出来、私は満足度85点以上でしたが、
    唯一、部屋のエアコンが微調整ができず、少し熱過ぎました。

  • ホテル大観荘<br /><br />2月の和食メニュー

    ホテル大観荘

    2月の和食メニュー

  • ホテル大観荘の夕食<br /><br />JTBの評価 食事85点以上も納得でした。

    ホテル大観荘の夕食

    JTBの評価 食事85点以上も納得でした。

  • ホテルの部屋から見た松島の日の出 6:32頃<br /><br />東向きの海側の部屋からは日の出が楽しめるのですが、この日は残念ながら厚い雲に覆われていて、一瞬だけでした。<br />

    ホテルの部屋から見た松島の日の出 6:32頃

    東向きの海側の部屋からは日の出が楽しめるのですが、この日は残念ながら厚い雲に覆われていて、一瞬だけでした。

  • 松島の朝

    松島の朝

  • 9:20発 ホテル大観荘のシャトルバスで出発しました。<br /><br />次は、石巻に向かいます。<br /><br />②へ続く

    9:20発 ホテル大観荘のシャトルバスで出発しました。

    次は、石巻に向かいます。

    ②へ続く

この旅行記のタグ

20いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (8)

開く

閉じる

  • momotaさん 2011/02/20 23:05:46
    逆コースで
    morino296さん、こんばんは〜

    松島めぐり私も去年の秋に日帰りで行き旅行記を途中まで書いて
    お蔵入りしています。頑張ってつけたして出そうかやめようか…

    と、思っている時にmorino296さんが行かれてるのを見て記憶が
    蘇ってきました。
    私は松島から塩釜にぬける逆順で行きました。
    瑞巌寺は修復中で本堂を見る事が出来ませんでしたが伊達政宗の
    大きな位牌など見所いっぱいでしたね。

    何と言っても楽しかったのは松島巡りでのカモメのえさやり♪
    島をみてエサやってと忙しいクルーズでした。

    塩釜神社こんな立派に所だったんですね。
    大通りから鳥居だけ観ましたがチェックがあまく予定に入れませんでした。
    行ってみればよかったなぁ〜。

    morino296

    morino296さん からの返信 2011/02/20 23:19:11
    RE: 逆コースで
    momotaさん

    こんばんは!
    いつも有難うございます。

    > 松島めぐり私も去年の秋に日帰りで行き旅行記を途中まで書いて
    > お蔵入りしています。頑張ってつけたして出そうかやめようか…

    えっ、そうだったのですか。
    折角行かれたのですから、自分の記録としても是非UPされてはどうですか。

    > 瑞巌寺は修復中で本堂を見る事が出来ませんでしたが伊達政宗の
    > 大きな位牌など見所いっぱいでしたね。

    本堂の修理工事が始まっているとは知らずに行きました。
    前回(8年前)に行った時には、本堂はみたのですが、
    本尊や伊達政宗の位牌などはみた覚えがありませんでしたので、
    両方を足し合わせると全部見れたことになります。

    > 何と言っても楽しかったのは松島巡りでのカモメのえさやり♪
    > 島をみてエサやってと忙しいクルーズでした。

    そうですね、餌をやりながら島を見て、写真を撮るなんてちょっと無理かも。

    > 塩釜神社こんな立派に所だったんですね。
    > 大通りから鳥居だけ観ましたがチェックがあまく予定に入れませんでした。
    > 行ってみればよかったなぁ〜。

    残念でしたね、塩竈神社は、機会があれば行って見て下さい。
    町中には、お釜を祀ってある神社もありますので、見逃さずに。

    morino296
  • ゆうこママさん 2011/02/19 13:33:59
    朝雲
    85点以上のお宿でよかったですね。
    雲が厚くてちょっと残念でしたね。
    でも、朝日の色を閉じ込めて、うっすらと染まった雲の赤い色がステキですね。

    morino296

    morino296さん からの返信 2011/02/19 23:36:54
    RE: 朝雲
    はい、今回利用したホテルは2か所とも、なかなか良かったですよ。
    従業員の接客態度も良かったですし、料理もお風呂もGood!でした。
    エアコンの調整がちょっと難点でしたが。

    チェックインした時に、部屋へ案内してくれた係の人が、翌日の日の出の時間を教えて下さり、楽しみにしていたのですが・・・。

    短い時間でしたが、日の出を楽しめました。
  • ゆうこママさん 2011/02/19 13:28:13
    子ども
    安産祈願で無事出産、成長のお礼参りでしょうか。
    ほほえましいですね。
    そして、小さな子どもの自分で登る誇らしげな足もと。
    思わず、頑張れと声を掛けたくなります。

    先ほどの狛犬の足下のどんぐりは、このような子どもたちが境内で拾い集めたものかしら・・・

    morino296

    morino296さん からの返信 2011/02/19 23:31:44
    RE: 子ども
    そうですね、幼子が頑張って登っている姿には、思わず声を掛けたくなりますね。

    狛犬の足元のドングリも、きっと子供たちからのプレゼントなのでしょうね。
  • ゆうこママさん 2011/02/19 13:24:21
    東北からの富士
    こんにちは。
    南東北へお出かけでしたか。
    まだまだ寒かったのはないでしょうか。
    東海道新幹線からの見慣れた富士山の形と違い、面白いですね。
    富士山は、ホントに遠くからのその姿を望める高い山なんだって実感。
    私は、先月、成田空港にて富士山に出会い、驚きました。
    地元愛知県からも年に数度だけ、気象条件が整えば見えるそうですが・・・
    いったいどこまで見えるのでしょうね。

    morino296

    morino296さん からの返信 2011/02/19 23:29:01
    RE: 東北からの富士
    ゆうこママさん

    こんばんは。
    いつも有難うございます。

    はい、ちょっと宮城県まで出掛けてきました。
    ちょうど強い寒気が来ていて寒かったですね。
    関東から西の太平洋側も雪が降ったようですが、
    お陰さまで旅先では雪にも降られずに済みました。

    大宮あたりから見る富士山は、北東側から見ることになるのでしょうか、
    いつも見慣れた富士山の形とは違っていました。

    富士山が見える北限は、福島県だとか聞いたことがありますが、
    昔はいろんなところから見えたのでしょうね。

    morino296

morino296さんのトラベラーページ

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集