ブダペスト 旅行記(ブログ) 一覧に戻る

今回は、「ドナウ川が見えるホテルをハシゴしてみる!」というテーマを勝手に設けて、ドナウ川沿いにある都市のうち、ブダペスト→ブラチスラバ→ウィーンと移動し、それぞれドナウ川が見える部屋を滞在する旅をしてきました。<br /><br />◆行程<br />12/25(土)<br />  ■ホリデイイン東武成田 泊<br />12/26(日)<br /> 【航空機】KL864 東京NRT 1200→1535 アムステルダムAMS<br /> 【航空機】KL1979 アムステルダムAMS 2020→2225 ブダペストBUD<br />  ■ブダペスト・マリオット 泊<br />12/27(月)<br />  ★ブダペスト市内観光<br />  ■ブダペスト・マリオット 泊<br />12/28(火)<br />  ★ブダペスト市内観光<br />  ■ブダペスト・マリオット 泊<br />12/29(水)<br />【列車】ブダペスト東Keleti駅 925→1205 ブラチスラバHlavna駅<br />  ★ブラチスラバ市内観光<br />  ■パーク・イン 泊<br />12/30(木)<br />  ★ブラチスラバ市内観光<br /> 【バス】NovyMostバスターミナル 1200→1245 ウィーン空港<br />  ★ウィーン市内観光<br />  ■nhウィーンエアポートホテル 泊<br />12/31(金)<br /> 【航空機】KL1840 ウィーンVIE 1035→1240 アムステルダムAMS<br /> 【航空機】KL861 アムステルダムAMS 1745→(翌日着)<br />1/1(土)<br /> 【航空機】 →1250 東京NRT

2010ドナウ川が見えるホテル巡り(その1・ブダペスト編)

8いいね!

2010/12/26 - 2010/12/29

1038位(同エリア2356件中)

    38

    今回は、「ドナウ川が見えるホテルをハシゴしてみる!」というテーマを勝手に設けて、ドナウ川沿いにある都市のうち、ブダペスト→ブラチスラバ→ウィーンと移動し、それぞれドナウ川が見える部屋を滞在する旅をしてきました。

    ◆行程
    12/25(土)
      ■ホリデイイン東武成田 泊
    12/26(日)
     【航空機】KL864 東京NRT 1200→1535 アムステルダムAMS
     【航空機】KL1979 アムステルダムAMS 2020→2225 ブダペストBUD
      ■ブダペスト・マリオット 泊
    12/27(月)
      ★ブダペスト市内観光
      ■ブダペスト・マリオット 泊
    12/28(火)
      ★ブダペスト市内観光
      ■ブダペスト・マリオット 泊
    12/29(水)
    【列車】ブダペスト東Keleti駅 925→1205 ブラチスラバHlavna駅
      ★ブラチスラバ市内観光
      ■パーク・イン 泊
    12/30(木)
      ★ブラチスラバ市内観光
     【バス】NovyMostバスターミナル 1200→1245 ウィーン空港
      ★ウィーン市内観光
      ■nhウィーンエアポートホテル 泊
    12/31(金)
     【航空機】KL1840 ウィーンVIE 1035→1240 アムステルダムAMS
     【航空機】KL861 アムステルダムAMS 1745→(翌日着)
    1/1(土)
     【航空機】 →1250 東京NRT

    同行者
    カップル・夫婦
    一人あたり費用
    20万円 - 25万円
    交通手段
    鉄道
    航空会社
    KLMオランダ航空
    利用旅行会社
    個別手配
    旅行の満足度
    5.0
    観光
    5.0
    ホテル
    5.0

    PR

    • KLMオランダ航空を利用しました。今回は40,000マイルを使って、片道だけビジネスクラスにアップグレード。<br />

      KLMオランダ航空を利用しました。今回は40,000マイルを使って、片道だけビジネスクラスにアップグレード。

    • 食事はコースで出てきて、前菜はこんな感じ。次に出てきたビーフは、肉の塊のように見えて固そうでしたが、意外と柔らかくておいしかったです。

      食事はコースで出てきて、前菜はこんな感じ。次に出てきたビーフは、肉の塊のように見えて固そうでしたが、意外と柔らかくておいしかったです。

    • アムステルダムからブダペストは、B737-400型機という小さなジェット機で。ブダペストは22時過ぎに到着しましたが、前払いチケット製のミニバスがあって、泊まるホテルまで連れてってくれるので、夜遅くても安心でした。なお、ミニバスは相乗りで、同じ方面の客がある程度集まったら出発します。

      アムステルダムからブダペストは、B737-400型機という小さなジェット機で。ブダペストは22時過ぎに到着しましたが、前払いチケット製のミニバスがあって、泊まるホテルまで連れてってくれるので、夜遅くても安心でした。なお、ミニバスは相乗りで、同じ方面の客がある程度集まったら出発します。

    • 次の日は、主にドナウ川沿いを街ぶら。王宮周辺、くさり橋などを昼と夜に訪れました。<br />まずはアクセス。地下鉄2号線でモスクワ広場駅まで行き、そこから16番バスで王宮の丘に行きます。<br />王宮へは16番バスが高頻度で運転されており、もっとも便利です。16番バスののりばは、写真のようにキャッスル柄のピクトグラムが目印です。

      次の日は、主にドナウ川沿いを街ぶら。王宮周辺、くさり橋などを昼と夜に訪れました。
      まずはアクセス。地下鉄2号線でモスクワ広場駅まで行き、そこから16番バスで王宮の丘に行きます。
      王宮へは16番バスが高頻度で運転されており、もっとも便利です。16番バスののりばは、写真のようにキャッスル柄のピクトグラムが目印です。

    • 適当なところで下車。手前はヒルトンホテルの正面入口で、その向こうはマーチャーシュ教会です。ヒルトンからのドナウの眺めにするか、マリオットからの眺めにするか迷いましたが、今回はマリオットにしています。ヒルトン滞在も楽しそうですが、川とか橋の眺めはちょっと遠目かな・・・。

      適当なところで下車。手前はヒルトンホテルの正面入口で、その向こうはマーチャーシュ教会です。ヒルトンからのドナウの眺めにするか、マリオットからの眺めにするか迷いましたが、今回はマリオットにしています。ヒルトン滞在も楽しそうですが、川とか橋の眺めはちょっと遠目かな・・・。

    • 三位一体広場からドナウ川を眺めてみます。<br />川の向こうに見える建物は、1902年完成の国会議事堂。上がいろいろと尖っているのが印象的です。

      三位一体広場からドナウ川を眺めてみます。
      川の向こうに見える建物は、1902年完成の国会議事堂。上がいろいろと尖っているのが印象的です。

    • 王宮の北詰まで移動すると、くさり橋が眼下に見えます。くさり橋は市のシンボル的な存在で、どこからみても街に似合います。<br />橋は1849年といいますから、日本でいう江戸時代からこんな立派な吊り橋が建設できていました。

      王宮の北詰まで移動すると、くさり橋が眼下に見えます。くさり橋は市のシンボル的な存在で、どこからみても街に似合います。
      橋は1849年といいますから、日本でいう江戸時代からこんな立派な吊り橋が建設できていました。

    • 王宮の南詰めまで移動すると、くさり橋はこんな立派な景色となります。昼も夜も、ここからの景色が一番好きです。夏なら何十分でも眺めていそうです。

      イチオシ

      王宮の南詰めまで移動すると、くさり橋はこんな立派な景色となります。昼も夜も、ここからの景色が一番好きです。夏なら何十分でも眺めていそうです。

    • 王宮の丘周辺は観光客が多いので、みやげ物店、カフェ、レストランなどが多くあります。<br />せっかくですので、そろそろランチとしましょうか。

      王宮の丘周辺は観光客が多いので、みやげ物店、カフェ、レストランなどが多くあります。
      せっかくですので、そろそろランチとしましょうか。

    • 店の名前は忘れましたが、適当に入店してみました。カフェというよりレストランに近いお店です。

      店の名前は忘れましたが、適当に入店してみました。カフェというよりレストランに近いお店です。

    • ハンガリーのお国料理、グヤーシュを頼んでみました。

      ハンガリーのお国料理、グヤーシュを頼んでみました。

    • 再び王宮周辺の観光。<br />次に行ったのは、「王宮地下迷宮」という地下洞窟です。過去、ワインセラーや監獄などとして使用していたようです。

      再び王宮周辺の観光。
      次に行ったのは、「王宮地下迷宮」という地下洞窟です。過去、ワインセラーや監獄などとして使用していたようです。

    • 洞窟を進んでいると、ワインのにおいが充満した部屋に鼻で気づきます。おお?と思っていってみると、そこにあったのは「ワインがわき出る泉」。蛇口?から延々と赤ワインが流れ出ていました。4カ所も。<br />飲み放題か?と思ったんですが、横には「飲んじゃだめよ」の案内が。まあ、衛生的によくないんでしょうね。なめている人はいました。

      洞窟を進んでいると、ワインのにおいが充満した部屋に鼻で気づきます。おお?と思っていってみると、そこにあったのは「ワインがわき出る泉」。蛇口?から延々と赤ワインが流れ出ていました。4カ所も。
      飲み放題か?と思ったんですが、横には「飲んじゃだめよ」の案内が。まあ、衛生的によくないんでしょうね。なめている人はいました。

    • 王宮の丘から麓に降りてみます。ケーブルカーがあるので、利用しました。値段は片道840フォリント(約340円)、往復1450フォリント(約580円)で高いですが、ここからくさり橋に行くには16番バス利用だと乗り継ぎがあって遠回りなのと、歩いて降りるには階段が大変だったり案内不十分で迷ったりするので、ケーブルカーの利用価値は高いです。

      王宮の丘から麓に降りてみます。ケーブルカーがあるので、利用しました。値段は片道840フォリント(約340円)、往復1450フォリント(約580円)で高いですが、ここからくさり橋に行くには16番バス利用だと乗り継ぎがあって遠回りなのと、歩いて降りるには階段が大変だったり案内不十分で迷ったりするので、ケーブルカーの利用価値は高いです。

    • 下におりました。ここから見る橋もなかなかいいですね。

      下におりました。ここから見る橋もなかなかいいですね。

    • くさり橋を渡って、ペスト地区に行ってみます。

      くさり橋を渡って、ペスト地区に行ってみます。

    • くさり橋を渡ったところのトラム乗り場から2番トラムに乗って、国会議事堂近くで降りました。<br />写真は国会議事堂ですが、ブダ地区の王宮の丘から見たものとは、全く雰囲気が違います。とげとげしくないというか。

      くさり橋を渡ったところのトラム乗り場から2番トラムに乗って、国会議事堂近くで降りました。
      写真は国会議事堂ですが、ブダ地区の王宮の丘から見たものとは、全く雰囲気が違います。とげとげしくないというか。

    • 次に、ブダペスト西駅周辺にいって買い物とかぶらぶらしに行きます。<br />写真は、西駅舎に隣接していたマクドナルド。ゴージャスな内外装にファストフードという組み合わせが珍しかったので、中に入ってみることにしました。

      次に、ブダペスト西駅周辺にいって買い物とかぶらぶらしに行きます。
      写真は、西駅舎に隣接していたマクドナルド。ゴージャスな内外装にファストフードという組み合わせが珍しかったので、中に入ってみることにしました。

    • マクドナルドの中に入って、軽い昼食。<br />天井は高く開放感があり、高級カフェで飲んでいるみたい。丸の内の三菱カフェもこんな感じだったかな?

      マクドナルドの中に入って、軽い昼食。
      天井は高く開放感があり、高級カフェで飲んでいるみたい。丸の内の三菱カフェもこんな感じだったかな?

    • その後は、西駅の北側に隣接するショッピングセンタ「ウェストエンド」で冬物の上着とかいろいろ探したり買ったりしました。国内で最大級の規模ということで店内は広く、いろいろありました。地下鉄3号線の駅にも直結していて便利なはずだったのですが、方向がわからなくなってしまって結局地上出口から帰りました。

      その後は、西駅の北側に隣接するショッピングセンタ「ウェストエンド」で冬物の上着とかいろいろ探したり買ったりしました。国内で最大級の規模ということで店内は広く、いろいろありました。地下鉄3号線の駅にも直結していて便利なはずだったのですが、方向がわからなくなってしまって結局地上出口から帰りました。

    1件目~20件目を表示(全38件中)

    この旅行記のタグ

      8いいね!

      利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

      この旅行記へのコメント

      ピックアップ特集

      ブダペスト(ハンガリー) で人気のタグ


      PAGE TOP

      ピックアップ特集