埼玉 旅行記(ブログ) 一覧に戻る
梅雨に入りました。<br />旅をするのに快適な季節とはいいがたいけれど、<br />でも、どこかへ行きた〜い!<br />こんな時は、フラストレーションが最高潮に<br />達しないうちに、とりあえず、電車に乗って、<br />「小(ちい)散歩」(あれ、どこかで聞いたような<br />・・・?)に出かけましょう。<br /><br />宮代町(みやしろまち)といっても知名度は<br />低いと思いますが、なかなか、ユニークな街なのです。<br />この町の大学に保存されているSLが、月一回<br />整備運転されるのですが、それが第3土曜日の、<br />まさに本日。<br />天気が気になりますが、今のところ降ってはいないし、<br />いざ、出発!です。

「コスプレイヤー」が集い、大学構内をSLが走る町(完成)

33いいね!

2010/06/19 - 2010/06/19

1279位(同エリア12034件中)

梅雨に入りました。
旅をするのに快適な季節とはいいがたいけれど、
でも、どこかへ行きた〜い!
こんな時は、フラストレーションが最高潮に
達しないうちに、とりあえず、電車に乗って、
「小(ちい)散歩」(あれ、どこかで聞いたような
・・・?)に出かけましょう。

宮代町(みやしろまち)といっても知名度は
低いと思いますが、なかなか、ユニークな街なのです。
この町の大学に保存されているSLが、月一回
整備運転されるのですが、それが第3土曜日の、
まさに本日。
天気が気になりますが、今のところ降ってはいないし、
いざ、出発!です。

同行者
一人旅
一人あたり費用
1万円未満
交通手段
高速・路線バス 私鉄 徒歩
利用旅行会社
その他

PR

  • 宮代町の起点は、「東武動物公園」駅。<br />駅の壁にも、こんな楽しい絵が描かれています。<br />でも、きょうの目的地は。動物公園では<br />ないのです。

    宮代町の起点は、「東武動物公園」駅。
    駅の壁にも、こんな楽しい絵が描かれています。
    でも、きょうの目的地は。動物公園では
    ないのです。

  • 西口から出て、駅正面の広い通りを<br />歩いて行くと、町の案内図がありました。<br />

    西口から出て、駅正面の広い通りを
    歩いて行くと、町の案内図がありました。

  • そのすぐ前に、緑に覆われた趣ある<br />建物が。<br />これぞ、“知る人ぞ知る”人気スポット<br />なのです。

    そのすぐ前に、緑に覆われた趣ある
    建物が。
    これぞ、“知る人ぞ知る”人気スポット
    なのです。

  • 観光地というわけでもないのに、<br />大きなキャリーバッグを引いて歩く<br />若者が、いやに目につきます。<br />さては??

    観光地というわけでもないのに、
    大きなキャリーバッグを引いて歩く
    若者が、いやに目につきます。
    さては??

  • あ、やっぱりね。<br />週末だから、もしかしたらと思って<br />いたのですが。

    あ、やっぱりね。
    週末だから、もしかしたらと思って
    いたのですが。

  • この建物は「進修館」といって、<br />宮代町のコミュニティー・センター<br />です。

    この建物は「進修館」といって、
    宮代町のコミュニティー・センター
    です。

  • 見栄えのする外観から、<br />ロケや写真撮影によく使われています。<br />昨年ごろから、週末などに、よく<br />コスプレ・イベントが行われるように<br />なりました。

    見栄えのする外観から、
    ロケや写真撮影によく使われています。
    昨年ごろから、週末などに、よく
    コスプレ・イベントが行われるように
    なりました。

  • 絵タイルが埋め込まれた階段や<br />・・・。

    絵タイルが埋め込まれた階段や
    ・・・。

  • 僧院のような回廊。

    僧院のような回廊。

  • ガラス張りの建物に、蔦のからんだ<br />玄関・・・コスプレの背景にぴったりです。

    ガラス張りの建物に、蔦のからんだ
    玄関・・・コスプレの背景にぴったりです。

  • かわいい衣装のお嬢さんに、<br />「写真を撮らせて。」とお願いすると、<br />さっとポーズをとってくれました。<br />う〜ん、決まってる!<br />

    かわいい衣装のお嬢さんに、
    「写真を撮らせて。」とお願いすると、
    さっとポーズをとってくれました。
    う〜ん、決まってる!

  • この方たちも。<br />皆さん、そのままグラビア・アイドルに<br />なれそう。

    この方たちも。
    皆さん、そのままグラビア・アイドルに
    なれそう。

  • 同好の人たちで、名刺交換を<br />しているようです。

    同好の人たちで、名刺交換を
    しているようです。

  • 広いお庭のあちこちで、思い思いに<br />撮影したり、準備したり。

    広いお庭のあちこちで、思い思いに
    撮影したり、準備したり。

  • レフ板を使ったり、ポーズを<br />つけたりして、本格的です。

    レフ板を使ったり、ポーズを
    つけたりして、本格的です。

  • アニメの登場人物に扮した<br />人たちも多い。<br />これは、『犬夜叉』ですね。

    アニメの登場人物に扮した
    人たちも多い。
    これは、『犬夜叉』ですね。

  • 準備の途中で、ごめんなさい。<br />十代から二十代前半くらいの<br />人たちでしょうか。<br />皆さん、お若いです。<br />いいな〜♪<br />いくらコスプレ好きの私でも、<br />さすがに、マネできません。<br />羨ましい。 (笑)

    準備の途中で、ごめんなさい。
    十代から二十代前半くらいの
    人たちでしょうか。
    皆さん、お若いです。
    いいな〜♪
    いくらコスプレ好きの私でも、
    さすがに、マネできません。
    羨ましい。 (笑)

  • 写真を撮らせていただいた<br />皆さん、ありがとうございました。<br />無断でUPしてしまいましたが、<br />かまいませんか?<br />もし差し支えがあるようでしたら、<br />「メールボックス」あてに、<br />ご連絡くださいませ。<br />すみやかに削除させていただきます。<br />(残念ですが。)

    写真を撮らせていただいた
    皆さん、ありがとうございました。
    無断でUPしてしまいましたが、
    かまいませんか?
    もし差し支えがあるようでしたら、
    「メールボックス」あてに、
    ご連絡くださいませ。
    すみやかに削除させていただきます。
    (残念ですが。)

  • 建物内のテーブルの上に、このような<br />パンフがずら〜っと。<br />全国のコスプレ・イベントの開催予定地や、<br />衣装の販売店のカタログです。<br />アニメの登場人物の衣装に小物、<br />カラー・ウィッグやカラー・コンタクトまで<br />揃っています。<br />みんな、凝った装いをしていると思ったら、<br />こういうお店があるわけね。<br />ま、需要と供給がつりあえば、商売は成り立つ<br />わけですね。<br />それにしても、最低6千円台から、上は1万<br />8千円くらいまで、けっこうなお値段です。<br />その人の価値観と使用頻度の問題で、<br />高くはないのかも、ね。

    建物内のテーブルの上に、このような
    パンフがずら〜っと。
    全国のコスプレ・イベントの開催予定地や、
    衣装の販売店のカタログです。
    アニメの登場人物の衣装に小物、
    カラー・ウィッグやカラー・コンタクトまで
    揃っています。
    みんな、凝った装いをしていると思ったら、
    こういうお店があるわけね。
    ま、需要と供給がつりあえば、商売は成り立つ
    わけですね。
    それにしても、最低6千円台から、上は1万
    8千円くらいまで、けっこうなお値段です。
    その人の価値観と使用頻度の問題で、
    高くはないのかも、ね。

  • こちらは、隣接の「宮代町役場」。<br />ごく普通の建物です。<br />町の人たちが自由に使えるラウンジも<br />あって、親しみやすい雰囲気でした。<br />

    こちらは、隣接の「宮代町役場」。
    ごく普通の建物です。
    町の人たちが自由に使えるラウンジも
    あって、親しみやすい雰囲気でした。

  • 町役場前に展示してあるSL。<br />こどもが遊べるようになって<br />いるのかな。

    町役場前に展示してあるSL。
    こどもが遊べるようになって
    いるのかな。

  • 小さいけど・・・

    小さいけど・・・

  • 一応、本物?・・・でしょうか。<br /><br />それでは、正真正銘の“動く”SLに<br />乗りにまいりましょう。

    一応、本物?・・・でしょうか。

    それでは、正真正銘の“動く”SLに
    乗りにまいりましょう。

  • 「進修館」前の道を駅側から見て<br />左に折れて、10分ほど?で、<br />「日本工業大学」に到着。<br />

    「進修館」前の道を駅側から見て
    左に折れて、10分ほど?で、
    「日本工業大学」に到着。

  • でも、正門は200m先ですって。<br />とても広い敷地です。<br />晴れてきたのは嬉しいけれど、<br />11時を過ぎて暑くなってきました。<br />大学の塀に沿って歩きます。

    でも、正門は200m先ですって。
    とても広い敷地です。
    晴れてきたのは嬉しいけれど、
    11時を過ぎて暑くなってきました。
    大学の塀に沿って歩きます。

  • 道路沿いに咲く「シロバナキョウチクトウ<br />(白花夾竹桃)」。<br />本来、夏の花ですが、今年は早いのでしょうか。

    道路沿いに咲く「シロバナキョウチクトウ
    (白花夾竹桃)」。
    本来、夏の花ですが、今年は早いのでしょうか。

  • こちらも夏の花の「ゆり(百合)」。<br />近くのお宅の庭に咲いていました。

    こちらも夏の花の「ゆり(百合)」。
    近くのお宅の庭に咲いていました。

  • やっと正門。<br />蔦に覆われて、いい風情です。

    やっと正門。
    蔦に覆われて、いい風情です。

  • 大学敷地内にある『工業技術博物館』。<br />この一角に、お目当てのSLが展示保存されて<br />います。

    大学敷地内にある『工業技術博物館』。
    この一角に、お目当てのSLが展示保存されて
    います。

  • これです!<br />きょうは、有火運転の日なので、<br />係員の方が点検中です。

    これです!
    きょうは、有火運転の日なので、
    係員の方が点検中です。

  • SLの格納庫。<br />1993年より、こちらで動態保存<br />が開始されました。<br />その年号が上部に表示されています。

    SLの格納庫。
    1993年より、こちらで動態保存
    が開始されました。
    その年号が上部に表示されています。

  • SLの運転開始は、午後1時から。<br />乗車のための整理券でもいるのかと、<br />早めに来たのですが、それはないそうで、<br />まだ時間があるし、外は暑いので、<br />まずは博物館を見学することにしました。

    SLの運転開始は、午後1時から。
    乗車のための整理券でもいるのかと、
    早めに来たのですが、それはないそうで、
    まだ時間があるし、外は暑いので、
    まずは博物館を見学することにしました。

  • 入り口のすぐ内側に、素敵な車が。<br />「日本工業大学・自動車部」の設計・制作の<br />「ガソリン1リットルで1095キロを<br />走る省エネカー」だそうです。<br />「今年の燃費競技全国大会で見事優勝した、<br />世界に1台しかない手作りマシン<br />『スペック7』、ひとり乗り。<br />そういえば、この大学の「ものづくり」は有名で、<br />最近、新しいロボットも完成したとか。

    入り口のすぐ内側に、素敵な車が。
    「日本工業大学・自動車部」の設計・制作の
    「ガソリン1リットルで1095キロを
    走る省エネカー」だそうです。
    「今年の燃費競技全国大会で見事優勝した、
    世界に1台しかない手作りマシン
    『スペック7』、ひとり乗り。
    そういえば、この大学の「ものづくり」は有名で、
    最近、新しいロボットも完成したとか。

  • もうひとつのガラスのドアを<br />入ったところに展示されていた<br />クラシック・カー。<br />1909(明治42)年に生産された<br />フランス製。<br />馬車にエンジンをつけた感じの初期の車<br />です。<br />今でも走行可能というから、すごい!<br /><br />と、ここで気づいたのですが、<br />博物館内は「撮影禁止」だそうです。<br />ガスタービンとか旋盤とか、水銀蒸留器とか、<br />明治から昭和にかけての工作機械などを<br />動態保存・展示しています。<br />機械のことには疎いので、<br />「どれも大きなものだな〜!」<br />というのが展示から受けた印象でした。

    もうひとつのガラスのドアを
    入ったところに展示されていた
    クラシック・カー。
    1909(明治42)年に生産された
    フランス製。
    馬車にエンジンをつけた感じの初期の車
    です。
    今でも走行可能というから、すごい!

    と、ここで気づいたのですが、
    博物館内は「撮影禁止」だそうです。
    ガスタービンとか旋盤とか、水銀蒸留器とか、
    明治から昭和にかけての工作機械などを
    動態保存・展示しています。
    機械のことには疎いので、
    「どれも大きなものだな〜!」
    というのが展示から受けた印象でした。

  • もうひとつ、どうしても撮りたかったのが、<br />これ。

    もうひとつ、どうしても撮りたかったのが、
    これ。

  • 初期の飛行機の復元(レプリカ)です。<br />すご〜い!<br />禁を破って、すみません! 

    初期の飛行機の復元(レプリカ)です。
    すご〜い!
    禁を破って、すみません! 

  • 博物館見学を終えて、ふたたび外へ。<br />格納庫内から見た、SLの<br />後部。<br />

    博物館見学を終えて、ふたたび外へ。
    格納庫内から見た、SLの
    後部。

  • このSLは、正式には「2100形ー2109号<br />蒸気機関車」といいます。<br />1891(明治24)年、イギリスのダブス社で<br />製造され、日本に輸入されました。<br />

    このSLは、正式には「2100形ー2109号
    蒸気機関車」といいます。
    1891(明治24)年、イギリスのダブス社で
    製造され、日本に輸入されました。

  • 2100形蒸気機関車の登録順位は、1号機が<br />2100号で、その10号機であったため<br />「2100形ー2109号」と呼ばれています。<br />つまり最初期のものですが、当時としては大馬力で、<br />設計・性能ともに優れていたため、急勾配用、貨物用や山岳線の客貨物両用に使用されました。<br />その後は、各地の幹線や駅構内での入換え用に<br />使用され、昭和30年代まで活躍するという<br />長寿ぶりでした。

    2100形蒸気機関車の登録順位は、1号機が
    2100号で、その10号機であったため
    「2100形ー2109号」と呼ばれています。
    つまり最初期のものですが、当時としては大馬力で、
    設計・性能ともに優れていたため、急勾配用、貨物用や山岳線の客貨物両用に使用されました。
    その後は、各地の幹線や駅構内での入換え用に
    使用され、昭和30年代まで活躍するという
    長寿ぶりでした。

  • ★「2100形ー2009号」の歴史:<br /><br />明治24(1891): イギリスのダブス社で<br />    製造され、日本鉄道が輸入。<br />明治39(1906): 鉄道国有法により国有化<br />    され、「2100形ー2009号」となる。<br />    東北本線・中央本線などで活躍。<br />昭和3(1928): 西濃鉄道に移籍。<br />昭和45(1970): 廃車。 しかし、その<br />    歴史的価値を保存する声が「鉄道友の会」<br />    から起こり、大井川鉄道がこれに応じた。<br />    日本の蒸気機関車の動態保存の先駆けとして<br />    同鉄道の千頭⇔川根両国間を運転。<br />昭和51(1976): 静態保存に切り替え、同鉄    道の千頭駅や金谷駅構内で展示・保存。<br />平成4(1992): 産業考古学会より産業遺産に<br />    認定される。 学校法人「日本工業大学」に<br />    寄贈が決定され、大井川鉄道において、動態    保存のための修復作業を開始。<br />平成5(1993): 「日本工業大学・工業技術博    物館」で動態保存を開始。<br />平成14(2002): 定期有火運転を開始(主に<br />    毎月第3土曜日)。<br />平成20(2008): 文部科学省より『登録有形    文化財』に登録される。<br /><br />      (「日本工業大学・工業技術博物館」の        パンフレットより抜粋。)<br /><br />※写真は、機関車の車体に貼られている製造元の<br /> 「ダブス」社の銘板。

    ★「2100形ー2009号」の歴史:

    明治24(1891): イギリスのダブス社で
        製造され、日本鉄道が輸入。
    明治39(1906): 鉄道国有法により国有化
        され、「2100形ー2009号」となる。
        東北本線・中央本線などで活躍。
    昭和3(1928): 西濃鉄道に移籍。
    昭和45(1970): 廃車。 しかし、その
        歴史的価値を保存する声が「鉄道友の会」
        から起こり、大井川鉄道がこれに応じた。
        日本の蒸気機関車の動態保存の先駆けとして
        同鉄道の千頭⇔川根両国間を運転。
    昭和51(1976): 静態保存に切り替え、同鉄    道の千頭駅や金谷駅構内で展示・保存。
    平成4(1992): 産業考古学会より産業遺産に
        認定される。 学校法人「日本工業大学」に
        寄贈が決定され、大井川鉄道において、動態    保存のための修復作業を開始。
    平成5(1993): 「日本工業大学・工業技術博    物館」で動態保存を開始。
    平成14(2002): 定期有火運転を開始(主に
        毎月第3土曜日)。
    平成20(2008): 文部科学省より『登録有形    文化財』に登録される。

          (「日本工業大学・工業技術博物館」の        パンフレットより抜粋。)

    ※写真は、機関車の車体に貼られている製造元の
     「ダブス」社の銘板。

  • いよいよ、発車間近です。<br />この頃には、大勢のアマチュア・カメラマン<br />(ほとんどがシルバー男性)や家族連れが<br />集まってきています。

    いよいよ、発車間近です。
    この頃には、大勢のアマチュア・カメラマン
    (ほとんどがシルバー男性)や家族連れが
    集まってきています。

  • 蒸気機関車は、石炭を燃やして水を沸騰させ、<br />蒸気を作って、その力を車輪の回転に変えて<br />走ります。<br />この「2100形ー2109号」蒸気機関車は、<br />水の積載量が多く、当時としては長距離運転が<br />可能でした。<br />馬力は約400PS、時速32km。<br /><br />   (パンフレットより)

    蒸気機関車は、石炭を燃やして水を沸騰させ、
    蒸気を作って、その力を車輪の回転に変えて
    走ります。
    この「2100形ー2109号」蒸気機関車は、
    水の積載量が多く、当時としては長距離運転が
    可能でした。
    馬力は約400PS、時速32km。

       (パンフレットより)

  • 機関士さん。

    機関士さん。

  • 小さく見えても、動き出すと、やはり<br />迫力があります。

    小さく見えても、動き出すと、やはり
    迫力があります。

  • ちゃんと信号もあります。

    ちゃんと信号もあります。

  • 緑の中を走る機関車。<br />といっても、実際は120メートルの軌道上を<br />ほんの数分で往復するだけなのですが<br />・・・。<br />

    緑の中を走る機関車。
    といっても、実際は120メートルの軌道上を
    ほんの数分で往復するだけなのですが
    ・・・。

  • 走っている機関車部分に乗れるというのは、<br />すごいことですよね。<br />こんな経験、めったにできないのでは。<br />順番に乗せるので、並んでいます。<br />もちろん、私も並びます。<br />

    走っている機関車部分に乗れるというのは、
    すごいことですよね。
    こんな経験、めったにできないのでは。
    順番に乗せるので、並んでいます。
    もちろん、私も並びます。

  • 機関車の中は狭くて、機関士さんを除いて、<br />おとなで4人くらいで満員です。<br /><br />前部の計器類。

    機関車の中は狭くて、機関士さんを除いて、
    おとなで4人くらいで満員です。

    前部の計器類。

  • 前部の丸窓。<br />小さいので、窓のすぐ前の人しか<br />外の景色は見えません。

    前部の丸窓。
    小さいので、窓のすぐ前の人しか
    外の景色は見えません。

  • 天井も少しだけ開いていますが、<br />機関車の中は、すごく暑いです。<br />なにしろ、人がすし詰めの上、石炭を<br />炊いているのですから。

    天井も少しだけ開いていますが、
    機関車の中は、すごく暑いです。
    なにしろ、人がすし詰めの上、石炭を
    炊いているのですから。

  • たくさんのパイプやネジ。

    たくさんのパイプやネジ。

  • 機関士さんは、大変そう。

    機関士さんは、大変そう。

  • 乗車する時は、こうして、よじ登ります。<br />

    乗車する時は、こうして、よじ登ります。

  • この暑い中、石炭をくべたり運転したり、<br />整備に携わったりした皆さん、ご苦労様でした。<br />貴重な体験をさせていただき、感謝です♪<br />ありがとうございました。 <br /><br />※静態保存されているSLは、全国に<br />数多くありますが、2100形の現存車両は<br />わずかで、しかも動態保存は、ここだけなの<br />だそうです。<br /><br />

    この暑い中、石炭をくべたり運転したり、
    整備に携わったりした皆さん、ご苦労様でした。
    貴重な体験をさせていただき、感謝です♪
    ありがとうございました。 

    ※静態保存されているSLは、全国に
    数多くありますが、2100形の現存車両は
    わずかで、しかも動態保存は、ここだけなの
    だそうです。

  • おまけ:<br />「東武動物公園」駅の前にあった<br />案内板と、<br />「宮代町」のイメージ・キャラクター<br />(でしょうね)。

    おまけ:
    「東武動物公園」駅の前にあった
    案内板と、
    「宮代町」のイメージ・キャラクター
    (でしょうね)。

  • アンテナ・ショップもありました。<br />どこも、町おこしに熱心ですね。<br /><br />            <br />          −完ー

    アンテナ・ショップもありました。
    どこも、町おこしに熱心ですね。

                
              −完ー

この旅行記のタグ

33いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (2)

開く

閉じる

  • 横浜臨海公園さん 2010/06/20 03:02:31
    5500型蒸気機関車
    にゃんこ姫さま、こんばんは。


    今回の旅行記は登場人物の衣装とSLの渋さとのギャップが大きい印象でした!

    ところで最後に登場するSLは東武鉄道で使用された後、昭和鉄道学校に起草されたものの、学校が経営上行き詰まり、件の大学に引き取られたもので、英国ベイヤー・ピーコック製の物で勿論、製造は明治期です。
    同時期に、逓信省鉄道作業局でも同型機を導入しており、此方は5500型と命名され、戦後まで桜木町から横浜港付近で使用されてました。



    横浜臨海公園

    にゃんこ姫

    にゃんこ姫さんからの返信 2010/06/22 20:57:14
    RE: 5500型蒸気機関車
    横浜臨海公園さま、今晩は。
    ご訪問、ありがとうございました。

    > 今回の旅行記は登場人物の衣装とSLの渋さとのギャップが大きい印象でした!

    すみません。
    この旅行記は、まだ未完なのです。
    当日は、気温32℃の炎天下で、
    撮影のために長時間立ちっぱなしで、
    体調をくずしてしまいました。
    しかも翌日、別の旅行に出かけたら、
    帰宅後、熱が出てダウン!
    きょうは、少しは気分がよくなりましたが、
    まだ本調子ではなくて、寝たり起きたりの
    情けない状態で、続きを書く気力がなくて・・・。

    コスプレのド派手な衣装のほうがインパクトが
    あるのは当然ですが、断りなく公開した
    都合上、表紙に使うのは「肖像権」の問題で
    差し障りがあるかと、一応、遠慮した次第です。

    > ところで最後に登場するSLは東武鉄道で使用された後、昭和鉄道学校に起草されたものの、学校が経営上行き詰まり、件の大学に引き取られたもので、英国ベイヤー・ピーコック製の物で勿論、製造は明治期です。
    > 同時期に、逓信省鉄道作業局でも同型機を導入しており、此方は5500型と命名され、戦後まで桜木町から横浜港付近で使用されてました。

    さすがにお詳しいですね。
    私は、近くに住んでいながら、つい最近まで、
    大学内にSLが保存されていたのも知りませんでした。(^^;)

    気が向かれましたら、完成品?も見てやって
    くださいませ。
    ありがとうございました。

                      にゃんこ姫

にゃんこ姫さんのトラベラーページ

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

埼玉 で人気のタグ

PAGE TOP

ピックアップ特集