栃木・壬生・都賀 旅行記(ブログ) 一覧に戻る
栃木県の「栃」は中国人には読めません。漢字は普通中国から渡ってきましたが、「栃」は日本の栃木県で作られたからです。試しに宇都宮大学に中国から来ている留学生2人になんて読むか聞きましたが、中国には栃という漢字は無く読めませんでした。そんな栃木県の名前の由来を訪ねてみました。洒落(しゃれ)で付けられた県の名前は日本で栃木県だけではないだろうか。

「栃木県」名前の由来探索記 栃木県栃木市

8いいね!

2010/01/17 - 2010/01/17

174位(同エリア279件中)

栃木県の「栃」は中国人には読めません。漢字は普通中国から渡ってきましたが、「栃」は日本の栃木県で作られたからです。試しに宇都宮大学に中国から来ている留学生2人になんて読むか聞きましたが、中国には栃という漢字は無く読めませんでした。そんな栃木県の名前の由来を訪ねてみました。洒落(しゃれ)で付けられた県の名前は日本で栃木県だけではないだろうか。

PR

この旅行記のタグ

8いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (1)

開く

閉じる

  • しょうちゃんさん 2010/03/13 12:30:31
    RE: コメント(栃木県)
    しんちゃん 今日は
     栃木県の地域は、おおきく県北、県中央、県南に分かれます(研修で知り合った栃木県女性教官の話)。下野新聞社から「下野動乱(だったか)」の本が発行されています。栃木県は、戊辰戦争の戦場(足利・今市の戦いなど)になりました(付近には戦死した人のお墓「例、足利浅間山の麓・福居)」があり、なかでも会津藩兵などのお墓には、新政府に慮って名前が記されておりません)。奥羽列藩同盟の支援(特に会津藩)を受けた宇都宮藩の拠点である宇都宮城は、薩長側に加わった(たしか5万石の)大田原藩(小銃を装備した兵・たしか500名)によって攻められ、炎上・落城しています。そのような状況を考えれば、(親藩であった)宇都宮に県庁がおかれるわけはないでしょう。
     なお、鉄道が開通するまでは、川や海に面した都市(例、大阪)が物流の拠点です。従って県南(栃木市のうづま川、小山市の思川)産の物資(例、小麦・干瓢)は渡良瀬川・利根川を経由して、江戸に運ばれていました。これらの地域(桐生・太田・足利・佐野・栃木など)は両毛地方と呼ばれ、江戸(東京)とのつながりが強い地方です。

しんちゃんさんのトラベラーページ

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

栃木・壬生・都賀(栃木) で人気のタグ

PAGE TOP

ピックアップ特集