その他の都市旅行記(ブログ) 一覧に戻る
2009年10月、「クロアチア・スロヴェニア ハイライト9日間」というツアーに娘と一緒に参加しました。<br /><br />さて、今回の旅、一番楽しみだったのはプリトヴィッツエ湖群国立公園のハイキングです。<br />クロアチア旅行を思い立った動機は、“水が生んだ宝石”と呼ばれるエメラルドグリーンに輝く大小16の湖と92カ所の滝が点在する世界遺産の森を自分の足で歩いてみたかったから・・・<br />“干ばつに悩む森に16の湖を造った女王の涙”の伝説ですが、今回、なぜか女王は我々の訪問に対して手荒い歓迎。あろうことか小雨どころか嵐を呼んでしまったようです。<br /><br /><br />♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪<br /><br />ツアーの日程は、<br />①午前成田発→ウイーン乗り継ぎでクラーゲンフルト着。バスでスロヴェニアのブレッドへ(ブレッド泊)<br />②ブレッド湖観光(ブレッド島の聖母被昇天教会、ブレッド城見学)→(専用バス)ポストイナ鍾乳洞見学→リエカへ(リエカ泊)<br />③(専用バス)→プリトヴィッツェ湖群国立公園ハイキング(プリトヴィッツェ泊)<br />④(専用バス)→シベニク観光(聖ヤコブ大聖堂)→城塞都市トロギール観光→スプリットへ(スプリット泊)<br />⑤スプリット観光(ディオクレティアヌス宮殿)→(専用バス)ドブロヴニクへ(ドブロヴニク泊)<br />⑥ドブロヴニク観光(世界遺産の旧市街)(ドブロヴニク泊)<br />⑦午後、航空機でドブロヴニクからザグレブへ。着後市内観光(大聖堂、ミロゴイ墓地)(ザグレブ泊)<br />⑧朝ザグレブ発→ウイーン乗り継ぎ<br />⑨朝成田着<br />

2009.10クロアチア・スロヴェニアツアー(その3憧れのプリトヴィッツェ湖群へ)

5いいね!

2009/10/10 - 2009/10/18

634位(同エリア855件中)

0

52

あーや@パンダ

あーや@パンダさん

2009年10月、「クロアチア・スロヴェニア ハイライト9日間」というツアーに娘と一緒に参加しました。

さて、今回の旅、一番楽しみだったのはプリトヴィッツエ湖群国立公園のハイキングです。
クロアチア旅行を思い立った動機は、“水が生んだ宝石”と呼ばれるエメラルドグリーンに輝く大小16の湖と92カ所の滝が点在する世界遺産の森を自分の足で歩いてみたかったから・・・
“干ばつに悩む森に16の湖を造った女王の涙”の伝説ですが、今回、なぜか女王は我々の訪問に対して手荒い歓迎。あろうことか小雨どころか嵐を呼んでしまったようです。


♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

ツアーの日程は、
①午前成田発→ウイーン乗り継ぎでクラーゲンフルト着。バスでスロヴェニアのブレッドへ(ブレッド泊)
②ブレッド湖観光(ブレッド島の聖母被昇天教会、ブレッド城見学)→(専用バス)ポストイナ鍾乳洞見学→リエカへ(リエカ泊)
③(専用バス)→プリトヴィッツェ湖群国立公園ハイキング(プリトヴィッツェ泊)
④(専用バス)→シベニク観光(聖ヤコブ大聖堂)→城塞都市トロギール観光→スプリットへ(スプリット泊)
⑤スプリット観光(ディオクレティアヌス宮殿)→(専用バス)ドブロヴニクへ(ドブロヴニク泊)
⑥ドブロヴニク観光(世界遺産の旧市街)(ドブロヴニク泊)
⑦午後、航空機でドブロヴニクからザグレブへ。着後市内観光(大聖堂、ミロゴイ墓地)(ザグレブ泊)
⑧朝ザグレブ発→ウイーン乗り継ぎ
⑨朝成田着

交通手段
観光バス
航空会社
オーストリア航空
旅行の手配内容
ツアー(添乗員同行あり)

PR

  • ←前夜宿泊したホテルは、クロアチア最大の貿易港・リエカの町中にありました。残念ながら、街の様子は車窓からの眺めのみ。<br /><br />バスはプリトヴィッツェ湖群国立公園をめざして高速道路をひた走ります。<br />なんだか怪しい雲行きと思っていたら途中から雨は本降りになってしまいました。気温もかなり下がっているようです。<br />この日だけは雨が降らないことを祈っていたのに・・・

    ←前夜宿泊したホテルは、クロアチア最大の貿易港・リエカの町中にありました。残念ながら、街の様子は車窓からの眺めのみ。

    バスはプリトヴィッツェ湖群国立公園をめざして高速道路をひた走ります。
    なんだか怪しい雲行きと思っていたら途中から雨は本降りになってしまいました。気温もかなり下がっているようです。
    この日だけは雨が降らないことを祈っていたのに・・・

  • ←昼食のために、プリトヴィッツェ湖群国立公園内のレストラン「POLYANA」に入ると、広い食堂の中には大勢の日本人ツアー客がいました。これからハイキングに行くのは私たちのグループぐらいだったようですが、プリトヴィッツェは最近、日本人にも人気のコースになっているようです。<br /><br />ボリュームたっぷりの食事を食べ始めたら、窓の外は突風で木の葉が狂ったように舞い、いきなり大嵐の様相!<br />なんと、あられまで降ってきました。<br />添乗員さんの表情も曇りがち・・・<br /><br />フルコースのランチが終わる頃、ようやく強風が収まり予定通りハイキングに出かけることになりました。<br /><br />

    ←昼食のために、プリトヴィッツェ湖群国立公園内のレストラン「POLYANA」に入ると、広い食堂の中には大勢の日本人ツアー客がいました。これからハイキングに行くのは私たちのグループぐらいだったようですが、プリトヴィッツェは最近、日本人にも人気のコースになっているようです。

    ボリュームたっぷりの食事を食べ始めたら、窓の外は突風で木の葉が狂ったように舞い、いきなり大嵐の様相!
    なんと、あられまで降ってきました。
    添乗員さんの表情も曇りがち・・・

    フルコースのランチが終わる頃、ようやく強風が収まり予定通りハイキングに出かけることになりました。

  • ←プリトヴィッツェ湖群国立公園の案内図<br />(当日宿泊した公園内ホテルのロビーで撮影)<br /><br />レストランから外に出ると、風もまだ結構強く、気温はかなり下がってまるで冬みたいな寒さでちょっと不安になりました。<br />ツアーの参加者25名のうち男性は60代以上の2名のみ。<br />女性は20代から60代以上までいますが、果たして全員無事歩き通せるのか?

    ←プリトヴィッツェ湖群国立公園の案内図
    (当日宿泊した公園内ホテルのロビーで撮影)

    レストランから外に出ると、風もまだ結構強く、気温はかなり下がってまるで冬みたいな寒さでちょっと不安になりました。
    ツアーの参加者25名のうち男性は60代以上の2名のみ。
    女性は20代から60代以上までいますが、果たして全員無事歩き通せるのか?

  • ←入園チケットの裏面に簡単なマップが印刷されています。<br /><br />レストランから徒歩で、エントランスに向かう少しの間にも傘をさしても結構ぬれたので、急いで雨合羽を羽織ったり、使い捨てカイロや手袋を出したり身支度に大忙しです。<br /><br />エントランス前で現地のガイドさんと合流し、コースの説明などがありましたが、傘をさしているし、皆身支度に気をとられていて、説明をきちんと聞いていない人も多かったのでは?<br /><br />エントランス付近には、オススメのコース案内図などのボードもありました。<br /><br />

    ←入園チケットの裏面に簡単なマップが印刷されています。

    レストランから徒歩で、エントランスに向かう少しの間にも傘をさしても結構ぬれたので、急いで雨合羽を羽織ったり、使い捨てカイロや手袋を出したり身支度に大忙しです。

    エントランス前で現地のガイドさんと合流し、コースの説明などがありましたが、傘をさしているし、皆身支度に気をとられていて、説明をきちんと聞いていない人も多かったのでは?

    エントランス付近には、オススメのコース案内図などのボードもありました。

  • ←エントランス1から入場しました。<br /><br />下湖群をめざして歩き出してまもなく、壮大な景色が見えてきました。

    イチオシ

    ←エントランス1から入場しました。

    下湖群をめざして歩き出してまもなく、壮大な景色が見えてきました。

  • ←プリトヴィッツェ湖群国立公園(下湖群)<br /><br />紅葉の始まった森の中に、大きな滝が見えました。

    ←プリトヴィッツェ湖群国立公園(下湖群)

    紅葉の始まった森の中に、大きな滝が見えました。

  • ←プリトヴィッツェ湖群国立公園(下湖群)<br /><br />午後2時過ぎに出発しましたが、遠くの空は少し明るいのに雨はやむ気配がありません。

    ←プリトヴィッツェ湖群国立公園(下湖群)

    午後2時過ぎに出発しましたが、遠くの空は少し明るいのに雨はやむ気配がありません。

  • ←プリトヴィッツェ湖群国立公園(下湖群)<br /><br />坂道を下っていくと、エメラルドグリーンの湖がみえてきました。<br /><br />

    ←プリトヴィッツェ湖群国立公園(下湖群)

    坂道を下っていくと、エメラルドグリーンの湖がみえてきました。

  • ←プリトヴィッツェ湖群国立公園(下湖群)

    ←プリトヴィッツェ湖群国立公園(下湖群)

  • ←プリトヴィッツェ湖群国立公園(下湖群)<br /><br />雨なのに、写真でみるときれいなエメラルドグリーン

    イチオシ

    ←プリトヴィッツェ湖群国立公園(下湖群)

    雨なのに、写真でみるときれいなエメラルドグリーン

  • ←プリトヴィッツェ湖群国立公園(下湖群)<br /><br />公園内は随所に道案内の標識があります。<br />

    ←プリトヴィッツェ湖群国立公園(下湖群)

    公園内は随所に道案内の標識があります。

  • ←プリトヴィッツェ湖群国立公園(下湖群)<br /><br />

    ←プリトヴィッツェ湖群国立公園(下湖群)

  • ←プリトヴィッツェ湖群国立公園(下湖群)<br /><br />滝が少し近づいてきました。

    ←プリトヴィッツェ湖群国立公園(下湖群)

    滝が少し近づいてきました。

  • ←プリトヴィッツェ湖群国立公園(下湖群)

    ←プリトヴィッツェ湖群国立公園(下湖群)

  • ←プリトヴィッツェ湖群国立公園(下湖群)<br /><br />ほんの少しの光の加減でかなり暗く見えます。

    ←プリトヴィッツェ湖群国立公園(下湖群)

    ほんの少しの光の加減でかなり暗く見えます。

  • ←プリトヴィッツェ湖群国立公園(下湖群)<br /><br />天気が悪くても、ツアーグループのハイキングは雨天決行。道は広くないのですが、写真撮影したりする私たちのグループは足並みが乱れがち。<br /><br />おそろいの赤いカッパを着た陽気なフランス人グループは歌を歌いながら私たちを追い越して行きました。<br />

    ←プリトヴィッツェ湖群国立公園(下湖群)

    天気が悪くても、ツアーグループのハイキングは雨天決行。道は広くないのですが、写真撮影したりする私たちのグループは足並みが乱れがち。

    おそろいの赤いカッパを着た陽気なフランス人グループは歌を歌いながら私たちを追い越して行きました。

  • ←プリトヴィッツェ湖群国立公園(下湖群)<br /><br />湖畔が近づいてきました。<br />トレイルを渡って、湖の向こう岸に行くようです。

    ←プリトヴィッツェ湖群国立公園(下湖群)

    湖畔が近づいてきました。
    トレイルを渡って、湖の向こう岸に行くようです。

  • ←プリトヴィッツェ湖群国立公園(下湖群)<br /><br />やっと広い道に出たので、記念写真撮影する人多し。<br />午後2時半頃なのに薄暗い・・・<br /><br />私は、歩きながらの写真が撮りたかったので、デジカメがぬれないように、手袋をはめた手でレンズや本体をかばいながら、頑張りましたが、歩きながらの写真撮影はあきらめた方が多かったようです。<br />(軽いコンパクトデジカメは、こういう時に便利です。)

    ←プリトヴィッツェ湖群国立公園(下湖群)

    やっと広い道に出たので、記念写真撮影する人多し。
    午後2時半頃なのに薄暗い・・・

    私は、歩きながらの写真が撮りたかったので、デジカメがぬれないように、手袋をはめた手でレンズや本体をかばいながら、頑張りましたが、歩きながらの写真撮影はあきらめた方が多かったようです。
    (軽いコンパクトデジカメは、こういう時に便利です。)

  • ←プリトヴィッツェ湖群国立公園(下湖群)<br /><br />雨の湖は寂寥感が漂います。<br />

    ←プリトヴィッツェ湖群国立公園(下湖群)

    雨の湖は寂寥感が漂います。

  • ←プリトヴィッツェ湖群国立公園(下湖群)<br /><br />カルジェロヴァツ湖のトレイルを渡った突き当たりを左に行く人が多いのですが、私たちのグループは右に進みました。<br /><br />この先は、水量が多く小さな堰のような階段状の流れの間を歩くので足下に注意していないと水の中に落ちてしまいそうなので、滝壺までカメラはコートの中にしまいました。

    ←プリトヴィッツェ湖群国立公園(下湖群)

    カルジェロヴァツ湖のトレイルを渡った突き当たりを左に行く人が多いのですが、私たちのグループは右に進みました。

    この先は、水量が多く小さな堰のような階段状の流れの間を歩くので足下に注意していないと水の中に落ちてしまいそうなので、滝壺までカメラはコートの中にしまいました。

  • ←プリトヴィッツェ湖群国立公園(下湖群)<br /><br />歩き出して30分。やっと公園のシンボル、「プリトヴィッツェ滝」の下にでました。<br />高さ78メートルの高さから流れ落ち、「Veliki Slap」(大滝)の愛称でで親しまれるクロアチア最大の滝です。<br /><br />しかし、思ったよりも水量が少なくて迫力が足りないのがちょっと残念です。

    ←プリトヴィッツェ湖群国立公園(下湖群)

    歩き出して30分。やっと公園のシンボル、「プリトヴィッツェ滝」の下にでました。
    高さ78メートルの高さから流れ落ち、「Veliki Slap」(大滝)の愛称でで親しまれるクロアチア最大の滝です。

    しかし、思ったよりも水量が少なくて迫力が足りないのがちょっと残念です。

  • ←プリトヴィッツェ湖群国立公園(下湖群)<br /><br />ここは記念写真スポットというので、フォトタイムになりましたが、「一緒に来た連れが来ていません」という人が・・・<br />添乗員さんがあわてて今来た道を引き返して探しに行きました。<br /><br />例の左右の分かれ道ですが、私は、以前この公園を訪れた友人の旅行記で予習していたので、滝の下に出るには右に行くと思っていましたが、左に進む別のグループの後をついて行った方が何人かいらしたようなのです。<br /><br /><br /><br />

    ←プリトヴィッツェ湖群国立公園(下湖群)

    ここは記念写真スポットというので、フォトタイムになりましたが、「一緒に来た連れが来ていません」という人が・・・
    添乗員さんがあわてて今来た道を引き返して探しに行きました。

    例の左右の分かれ道ですが、私は、以前この公園を訪れた友人の旅行記で予習していたので、滝の下に出るには右に行くと思っていましたが、左に進む別のグループの後をついて行った方が何人かいらしたようなのです。



  • ←プリトヴィッツェ湖群国立公園(下湖群)<br /><br />滝の下からは、もと来た道を引き返して再び湖畔にでました。<br /><br />別のグループについて行ってしまった方たちもなんとか合流出来たようですが、時間の関係で滝の下に行くのを断念した方も・・・<br /><br />そういえば、イヤフォンガイドで、この分かれ道は右に行きますという説明がなかったような気がします。<br />クロアチアには、日本語の話せるガイドが少なく、ガイドも添乗員さんも先頭を歩いていたため、グループの隊列が乱れてしまったようです。

    ←プリトヴィッツェ湖群国立公園(下湖群)

    滝の下からは、もと来た道を引き返して再び湖畔にでました。

    別のグループについて行ってしまった方たちもなんとか合流出来たようですが、時間の関係で滝の下に行くのを断念した方も・・・

    そういえば、イヤフォンガイドで、この分かれ道は右に行きますという説明がなかったような気がします。
    クロアチアには、日本語の話せるガイドが少なく、ガイドも添乗員さんも先頭を歩いていたため、グループの隊列が乱れてしまったようです。

  • ←プリトヴィッツェ湖群国立公園(下湖群)<br /><br />木製のトレイルは殆ど手すりがないので、足下に注意しながら進みます。<br /><br />後になって、別のグループについて行ってしまった年配の女性の話を聞くと<br />「雨の中傘をさしながら、転ばないように足下に注意して歩いていたので、周りを見る余裕はなく、ただひたすら前の人の背中を追いかけながら歩いていました。自分のグループがどこにいるのかなんて考えもしませんでした」<br /><br />ツアーグループにはこういう参加者もいるので、おそろいに赤い雨合羽のフランス人たちは賢いですね。

    ←プリトヴィッツェ湖群国立公園(下湖群)

    木製のトレイルは殆ど手すりがないので、足下に注意しながら進みます。

    後になって、別のグループについて行ってしまった年配の女性の話を聞くと
    「雨の中傘をさしながら、転ばないように足下に注意して歩いていたので、周りを見る余裕はなく、ただひたすら前の人の背中を追いかけながら歩いていました。自分のグループがどこにいるのかなんて考えもしませんでした」

    ツアーグループにはこういう参加者もいるので、おそろいに赤い雨合羽のフランス人たちは賢いですね。

  • ←プリトヴィッツェ湖群国立公園(下湖群)<br /><br />写真では見にくいのですが、魚が泳いでいました。

    ←プリトヴィッツェ湖群国立公園(下湖群)

    写真では見にくいのですが、魚が泳いでいました。

  • ←プリトヴィッツェ湖群国立公園(下湖群)<br /><br />(ピンぼけの写真ですが)小さな滝がありました。

    ←プリトヴィッツェ湖群国立公園(下湖群)

    (ピンぼけの写真ですが)小さな滝がありました。

  • ←プリトヴィッツェ湖群国立公園(下湖群)<br /><br />この公園は本当に水辺ぎりぎりを歩くので、こういう雨の日はなかなかやっかいです。

    イチオシ

    ←プリトヴィッツェ湖群国立公園(下湖群)

    この公園は本当に水辺ぎりぎりを歩くので、こういう雨の日はなかなかやっかいです。

  • ←プリトヴィッツェ湖群国立公園(下湖群)<br /><br />雨が降っているとは思えない色の写真も、よく見ると雨で湖面が波立っています。<br />

    ←プリトヴィッツェ湖群国立公園(下湖群)

    雨が降っているとは思えない色の写真も、よく見ると雨で湖面が波立っています。

  • ←プリトヴィッツェ湖群国立公園(下湖群)<br /><br />こんな暗い写真もあったりします。

    ←プリトヴィッツェ湖群国立公園(下湖群)

    こんな暗い写真もあったりします。

  • ←プリトヴィッツェ湖群国立公園(下湖群)<br /><br />紅葉がきれいですが、レンズが曇ってしまうくらい気温が下がっています。<br /><br />”雨の行軍”は続きます。

    ←プリトヴィッツェ湖群国立公園(下湖群)

    紅葉がきれいですが、レンズが曇ってしまうくらい気温が下がっています。

    ”雨の行軍”は続きます。

  • ←プリトヴィッツェ湖群国立公園(下湖群)<br /><br />無数の小さな滝が美しい湖です。<br />

    ←プリトヴィッツェ湖群国立公園(下湖群)

    無数の小さな滝が美しい湖です。

  • ←プリトヴィッツェ湖群国立公園(下湖群)<br /><br />正面に見える葉は、花は見えないけれどシクラメン?

    ←プリトヴィッツェ湖群国立公園(下湖群)

    正面に見える葉は、花は見えないけれどシクラメン?

  • ←プリトヴィッツェ湖群国立公園(下湖群)<br /><br />19世紀末から20世紀初頭にかけて国際的に活躍したクロアチア出身のソプラノ歌手・ミルカ・トルニナさんの記念碑です。<br /><br />プリトヴィッツェの自然を愛した彼女は、ザグレブ公演の収益金を公園の保護協会に寄付したとのこと。<br />今は、ザグレブのミロゴイ墓地に眠っています。

    ←プリトヴィッツェ湖群国立公園(下湖群)

    19世紀末から20世紀初頭にかけて国際的に活躍したクロアチア出身のソプラノ歌手・ミルカ・トルニナさんの記念碑です。

    プリトヴィッツェの自然を愛した彼女は、ザグレブ公演の収益金を公園の保護協会に寄付したとのこと。
    今は、ザグレブのミロゴイ墓地に眠っています。

  • ←プリトヴィッツェ湖群国立公園(下湖群)<br /><br />世界的オペラ歌手が愛した「ミルカ・トルニナ滝」

    ←プリトヴィッツェ湖群国立公園(下湖群)

    世界的オペラ歌手が愛した「ミルカ・トルニナ滝」

  • ←プリトヴィッツェ湖群国立公園(下湖群)<br />「ミルカ・トルニナ滝」<br /><br />ミラノヴァツ湖からガヴァノヴァツ湖へ階段状に流れるエメラルドグリーンの美しい滝をトルニナさんは特に好んだそうです。

    イチオシ

    ←プリトヴィッツェ湖群国立公園(下湖群)
    「ミルカ・トルニナ滝」

    ミラノヴァツ湖からガヴァノヴァツ湖へ階段状に流れるエメラルドグリーンの美しい滝をトルニナさんは特に好んだそうです。

  • ←プリトヴィッツェ湖群国立公園(下湖群)<br />「ミルカ・トルニナ滝」<br /><br />

    ←プリトヴィッツェ湖群国立公園(下湖群)
    「ミルカ・トルニナ滝」

  • ←プリトヴィッツェ湖群国立公園(下湖群)<br /><br />階段状の滝が多いのが特徴です。

    ←プリトヴィッツェ湖群国立公園(下湖群)

    階段状の滝が多いのが特徴です。

  • ←プリトヴィッツェ湖群国立公園(下湖群)<br />「ミラノヴァツ湖」

    ←プリトヴィッツェ湖群国立公園(下湖群)
    「ミラノヴァツ湖」

  • ←プリトヴィッツェ湖群国立公園(下湖群)<br /><br />

    ←プリトヴィッツェ湖群国立公園(下湖群)

  • ←プリトヴィッツェ湖群国立公園(下湖群)<br /><br />

    ←プリトヴィッツェ湖群国立公園(下湖群)

  • ←プリトヴィッツェ湖群国立公園(下湖群)<br /><br />歩き出して約1時間。<br />

    ←プリトヴィッツェ湖群国立公園(下湖群)

    歩き出して約1時間。

  • ←プリトヴィッツェ湖群国立公園(下湖群)<br /><br /><br />奥の方に滝がたくさん見えます。

    ←プリトヴィッツェ湖群国立公園(下湖群)


    奥の方に滝がたくさん見えます。

  • ←プリトヴィッツェ湖群国立公園(下湖群)<br /><br />同じような写真が多くなりますが本当に美しい色の湖・・

    ←プリトヴィッツェ湖群国立公園(下湖群)

    同じような写真が多くなりますが本当に美しい色の湖・・

  • ←プリトヴィッツェ湖群国立公園(下湖群)<br /><br />何の記念碑なのか説明聞いたのに、忘れてしまいました・・・

    ←プリトヴィッツェ湖群国立公園(下湖群)

    何の記念碑なのか説明聞いたのに、忘れてしまいました・・・

  • ←プリトヴィッツェ湖群国立公園(下湖群)<br /><br />またまた階段状の滝。<br />標識の字がぼけてしまいました・・・

    ←プリトヴィッツェ湖群国立公園(下湖群)

    またまた階段状の滝。
    標識の字がぼけてしまいました・・・

  • ←プリトヴィッツェ湖群国立公園(下湖群)<br />

    イチオシ

    ←プリトヴィッツェ湖群国立公園(下湖群)

  • ←プリトヴィッツェ湖群国立公園(下湖群)<br /><br />分かれ道には標識が出ています。<br />私たちは、P3からフェリーに乗る予定です。<br />

    ←プリトヴィッツェ湖群国立公園(下湖群)

    分かれ道には標識が出ています。
    私たちは、P3からフェリーに乗る予定です。

  • ←プリトヴィッツェ湖群国立公園(下湖群)<br /><br />ボードウォークの両側に、葦(?)が生い茂る風景は、日本の菖蒲園を思い出します。

    ←プリトヴィッツェ湖群国立公園(下湖群)

    ボードウォークの両側に、葦(?)が生い茂る風景は、日本の菖蒲園を思い出します。

  • ←プリトヴィッツェ湖群国立公園(下湖群)<br /><br />湖は、ブナやモミの原生林の中にありますが、大量の落ち葉の掃除は大変そう・・・

    ←プリトヴィッツェ湖群国立公園(下湖群)

    湖は、ブナやモミの原生林の中にありますが、大量の落ち葉の掃除は大変そう・・・

  • ←プリトヴィッツェ湖群国立公園(下湖群)<br /><br />木立の間から、コジャック湖を横断できる電動ボートが見えます。

    ←プリトヴィッツェ湖群国立公園(下湖群)

    木立の間から、コジャック湖を横断できる電動ボートが見えます。

  • ←プリトヴィッツェ湖群国立公園(下湖群)<br /><br />すっかり晩秋の気配です。

    ←プリトヴィッツェ湖群国立公園(下湖群)

    すっかり晩秋の気配です。

  • ←プリトヴィッツェ湖群国立公園(下湖群)<br /><br />P3の所には、レストランやトイレもあります。<br />フェリーに乗る前に小休憩をとることになりました。<br /><br />(その4に続く)

    ←プリトヴィッツェ湖群国立公園(下湖群)

    P3の所には、レストランやトイレもあります。
    フェリーに乗る前に小休憩をとることになりました。

    (その4に続く)

この旅行記のタグ

5いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

クロアチアで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
クロアチア最安 600円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

クロアチアの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集