パプア旅行記(ブログ) 一覧に戻る
インドネシアのパプア州にあるワメナという地方に、ダニ族という民族が暮らしています。<br /><br />幼いころ、「ウルルン滞在記」で見た裸族の生活を、実際にこの目で見て、彼らと交流し、何かを感じたいとずっと思っていました。<br /><br />そして、ついに!!<br /><br />2009年9月、私はダニ族に出会うことができました。<br /><br /><br /><br />ワメナは、観光客が非常に少ない場所で、はっきりした統計ではないそうですが、日本人は年間20人程度が訪れるくらいだそうです。<br />そのため、確かに観光地化されておらず、物を買うのも食事をするのも不自由で、道は舗装されていない場所ばかりです。<br /><br /><br /><br />でも、ここに来てよかった。<br /><br /><br /><br />ぜひ、皆さんもワメナを訪れて下さい。<br /><br />何不自由なく暮らしている日本とそれほど遠くない場所で、私には考えられないような生活をし、幸せそうに生きている人々がいるんです。<br />ワメナの人々にありがとうと言いたい。そんな旅でした。<br />

私のウルルン滞在記『インドネシア パプアのダニ族』1日目

10いいね!

2009/09/21 - 2009/09/25

11位(同エリア22件中)

2

20

ハルカ

ハルカさん

インドネシアのパプア州にあるワメナという地方に、ダニ族という民族が暮らしています。

幼いころ、「ウルルン滞在記」で見た裸族の生活を、実際にこの目で見て、彼らと交流し、何かを感じたいとずっと思っていました。

そして、ついに!!

2009年9月、私はダニ族に出会うことができました。



ワメナは、観光客が非常に少ない場所で、はっきりした統計ではないそうですが、日本人は年間20人程度が訪れるくらいだそうです。
そのため、確かに観光地化されておらず、物を買うのも食事をするのも不自由で、道は舗装されていない場所ばかりです。



でも、ここに来てよかった。



ぜひ、皆さんもワメナを訪れて下さい。

何不自由なく暮らしている日本とそれほど遠くない場所で、私には考えられないような生活をし、幸せそうに生きている人々がいるんです。
ワメナの人々にありがとうと言いたい。そんな旅でした。

同行者
社員・団体旅行
一人あたり費用
10万円 - 15万円
交通手段
レンタカー

PR

  • バリ島のデンパサール空港からワメナに行くためには、パプアのティミカとジャヤプラを経由する必要があります。<br />ガルーダインドネシアで、まずジャヤプラまで向かいます。6時間くらいの飛行です。

    バリ島のデンパサール空港からワメナに行くためには、パプアのティミカとジャヤプラを経由する必要があります。
    ガルーダインドネシアで、まずジャヤプラまで向かいます。6時間くらいの飛行です。

  • ジャヤプラの空港に到着。<br />なんだかお家みたいです。ジャヤプラからワメナまでは約1時間。トゥリガナ航空で向かいます。

    ジャヤプラの空港に到着。
    なんだかお家みたいです。ジャヤプラからワメナまでは約1時間。トゥリガナ航空で向かいます。

  • 機内食はおいしいとは言えませんが。。。<br />この右側に映っている紅茶は、インドネシアでよくみかけます。ジャスミンティと書いてあるんだけど、すごく甘いっ!!<br />日本の「午後の紅茶」といったような?!メジャーな飲み物みたいです。

    機内食はおいしいとは言えませんが。。。
    この右側に映っている紅茶は、インドネシアでよくみかけます。ジャスミンティと書いてあるんだけど、すごく甘いっ!!
    日本の「午後の紅茶」といったような?!メジャーな飲み物みたいです。

  • そしてついに「ワメナ」へ到着。<br />インドネシアの国内線空港は、どこもかわいいですね。

    そしてついに「ワメナ」へ到着。
    インドネシアの国内線空港は、どこもかわいいですね。

  • 荷物の引き取り場所。もちろん手渡しです。

    荷物の引き取り場所。もちろん手渡しです。

  • 荷物を受け取り振り返ると、こんな光景が。。。<br />なんだかみんなに見られているようで、正直怖かったです。

    荷物を受け取り振り返ると、こんな光景が。。。
    なんだかみんなに見られているようで、正直怖かったです。

  • ワメナに降りて、初めて訪れた場所は市場。<br />タイやベトナムのように大きくはありませんが、地元の人々であふれています。

    ワメナに降りて、初めて訪れた場所は市場。
    タイやベトナムのように大きくはありませんが、地元の人々であふれています。

  • みんな笑顔。(写真を撮るためにはチップを渡す場合があります)

    みんな笑顔。(写真を撮るためにはチップを渡す場合があります)

  • びっくりするかもしれませんが、街中でもコテカ(男性の性器につけるケース)をつけた裸の男性は多いんです。<br /><br />見えにくいですが、おじいさんもコテカをつけています。おそらくダニ族出身の方です。<br />

    びっくりするかもしれませんが、街中でもコテカ(男性の性器につけるケース)をつけた裸の男性は多いんです。

    見えにくいですが、おじいさんもコテカをつけています。おそらくダニ族出身の方です。

  • そんな彼らは、自分たちの農家で作られた野菜や果物を地元の人へ売っています。これで彼らの生活は成り立っているのです。<br />奥には洋服なども売っていました。

    そんな彼らは、自分たちの農家で作られた野菜や果物を地元の人へ売っています。これで彼らの生活は成り立っているのです。
    奥には洋服なども売っていました。

  • 二つ目の市場。<br />ワメナは標高1500m程のバリエム渓谷にあるので天候がかわりやすい場所です。<br />雨が降ると屋根下は人でいっぱいになります。

    二つ目の市場。
    ワメナは標高1500m程のバリエム渓谷にあるので天候がかわりやすい場所です。
    雨が降ると屋根下は人でいっぱいになります。

  • ワメナの奥地へ行くためには入国許可証が必要です。<br />これがないとダニ族には出会えません。<br />日本で写真を用意し、書類作成のため、警察へ向かいました。

    ワメナの奥地へ行くためには入国許可証が必要です。
    これがないとダニ族には出会えません。
    日本で写真を用意し、書類作成のため、警察へ向かいました。

  • その後、ワメナ滞在中に宿泊するホテル、「バリエムバレーリゾート」へ到着。<br />なんだか、これまで泊まったホテルとは全く異なった作りです。(わくわく)

    その後、ワメナ滞在中に宿泊するホテル、「バリエムバレーリゾート」へ到着。
    なんだか、これまで泊まったホテルとは全く異なった作りです。(わくわく)

  • すごい!何ここ!!

    すごい!何ここ!!

  • パプアの民族によって作られた品々が所狭しに飾られています。

    パプアの民族によって作られた品々が所狭しに飾られています。

  • 私の身長よりも高い木彫りの像がたっくさん。<br />パプアの民族のなかでもアスマンという民族は木彫りが非常に上手だと聞きましたが、彼らが作ったのでしょうか。このホテルで屋根まで伸びる一際大きな像がありましたが、その像で20万円程するそうです。<br />日本だとものすごく高値で取引されそうなものばかりでした。

    私の身長よりも高い木彫りの像がたっくさん。
    パプアの民族のなかでもアスマンという民族は木彫りが非常に上手だと聞きましたが、彼らが作ったのでしょうか。このホテルで屋根まで伸びる一際大きな像がありましたが、その像で20万円程するそうです。
    日本だとものすごく高値で取引されそうなものばかりでした。

  • ウェルカムドリンクは甘いパパイヤのような味。<br />

    ウェルカムドリンクは甘いパパイヤのような味。

  • そしてランチもいただきました。ナシゴレン大好き。

    そしてランチもいただきました。ナシゴレン大好き。

  • お部屋からの眺めです。<br />このお部屋、一つ一つがダニ族のお家のような作りになっています。ほとんどの壁は窓ガラスで、ワメナを一望できます。朝、ベッドから起きた景色は言葉にできないほど美しいものでした。<br />

    お部屋からの眺めです。
    このお部屋、一つ一つがダニ族のお家のような作りになっています。ほとんどの壁は窓ガラスで、ワメナを一望できます。朝、ベッドから起きた景色は言葉にできないほど美しいものでした。

  • 天井も高いです。<br />このホテル、すごく素敵なんですが、虫がものすごく多いこと、夜6時から10時の間しか電気が通らないこと、一つの部屋で使えるお湯が限られていること。<br />この3つが難点なんです…<br />朝と夜は本当に冷え込むので、辛かったな。<br />

    天井も高いです。
    このホテル、すごく素敵なんですが、虫がものすごく多いこと、夜6時から10時の間しか電気が通らないこと、一つの部屋で使えるお湯が限られていること。
    この3つが難点なんです…
    朝と夜は本当に冷え込むので、辛かったな。

この旅行記のタグ

10いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (2)

開く

閉じる

  • むんさん 2009/12/30 00:13:11
    ワメナの街
    ハルカさん、こんばんは!
    お久しぶりです。

    インドネシアのパプア。
    そして、ワメナの街。
    私にとっての唯一のインドネシアはバリ島だったんですが、
    そのあまりの違いに驚きです。
    こんな世界が今実際にあるということが正直信じられない
    くらい強烈な光景の数々。
    それだけに実際に現地を訪れられたハルカさんの受けられた
    インパクトはかなりのものだったに違いないですね。
    今回のハルカさんの旅は、人生観が変わるくらいの貴重な体験になられた
    のではないでしょうか。

    ハルカ

    ハルカさん からの返信 2009/12/30 13:45:42
    RE: ワメナの街
    ムンさん

    お久しぶりです!
    お元気ですか?

    パプア、いってきました。

    念願のダニ族に会ってきました。

    やはり、想像以上でした。

    正直、日本のようなモノに溢れた社会で生きている私たちからしてみれば
    理解できないところもありました。

    でも、それが人間の原点だったんですよね。
    彼らはものすごく、かっこよかったです。

    私もインドネシアはバリ島しか行ったことがありませんでしたが、
    パプア以外にもさまざまな文化をもった民族がいるそうです。
    また行ってみたいです。

    ムンさん、良いお年をお過ごしください★

ハルカさんのトラベラーページ

コメントを投稿する前に

十分に確認の上、ご投稿ください。 コメントの内容は攻撃的ではなく、相手の気持ちに寄り添ったものになっていますか?

サイト共通ガイドライン(利用上のお願い)

報道機関・マスメディアの方へ 画像提供などに関するお問い合わせは、専用のお問い合わせフォームからお願いいたします。

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

インドネシアで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
インドネシア最安 470円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

インドネシアの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集