その他の都市 旅行記(ブログ) 一覧に戻る

 つい先日、ベルゴロド市に行ってきました。<br /> <br /> ベルゴロドは、ロシアの南の方に位置する都市です。ロシア語で「ベル」は「白」、「ゴロド」は「町」という意味なので、ベルゴロド=「白い町」となります。ベルゴロド地方は石灰岩が多いので「石灰岩で白い町」というのが理由のようです。<br /><br />モスクワやサンクトペテルブルグと比べると、三十数万人の人口のベルゴロドはわりと小さいですが、とてもきれいな町です。町の美しさを競うコンテストで、ロシアの中規模の都市の中で1位に輝いたこともあります。

JICモスクワ通信Vol.17 白い町・ベルゴロド

1いいね!

2009/08 - 2009/08

259位(同エリア314件中)

    2

    JIC旅行センター

    JIC旅行センターさん

     つい先日、ベルゴロド市に行ってきました。
     
     ベルゴロドは、ロシアの南の方に位置する都市です。ロシア語で「ベル」は「白」、「ゴロド」は「町」という意味なので、ベルゴロド=「白い町」となります。ベルゴロド地方は石灰岩が多いので「石灰岩で白い町」というのが理由のようです。

    モスクワやサンクトペテルブルグと比べると、三十数万人の人口のベルゴロドはわりと小さいですが、とてもきれいな町です。町の美しさを競うコンテストで、ロシアの中規模の都市の中で1位に輝いたこともあります。

    PR

    •  ベルゴロドはヴラジーミル公によって創立されましたが、現在のベルゴロドの建物の大部分は戦後に建てられたものです。1941−1943年にベルゴロドはドイツ軍に占領され、ほとんど破壊されました。ソ連軍によって1943年8月5日に解放されましたので、8月5日は「都市の日」に制定されています。<br /><br />また、ベルゴロドとその北にあるオリョール市は、第二次世界大戦のソ連の勝利を祝して最初に花火があげられた町ですので、ベルゴロドとオリョールは「最初の花火の町」とも呼ばれています。

       ベルゴロドはヴラジーミル公によって創立されましたが、現在のベルゴロドの建物の大部分は戦後に建てられたものです。1941−1943年にベルゴロドはドイツ軍に占領され、ほとんど破壊されました。ソ連軍によって1943年8月5日に解放されましたので、8月5日は「都市の日」に制定されています。

      また、ベルゴロドとその北にあるオリョール市は、第二次世界大戦のソ連の勝利を祝して最初に花火があげられた町ですので、ベルゴロドとオリョールは「最初の花火の町」とも呼ばれています。

    •  ベルゴロドが位置しているのは、モスクワからクリミア半島へ向かう途中です。モスクワから600kmほど離れていますが、M2(E105)道路でまっすぐ行くことができます。ベルゴロドからの列車も、クリミア半島方面やコーカサス方面へは結構たくさんの本数があります。<br /><br />また、ベルゴロドはウクライナに近い町です。国境まで40kmぐらいしか離れていません。今回私はベルゴロドからウクライナのハリコフへマルシュルートカ(乗り合いタクシー)で行ってみました。国境を越えるマルシュルートカなんてとても珍しいと思いましたが、これが実は一番安くて早い方法なんです。<br /><br />もちろん列車でも行くことができますが、国境を越える列車はかなり高くなります。たとえば、モスクワ→ベルゴロドとモスクワ→ハリコフは、距離にして80kmだけしか差がないのですが、料金は2倍も違います。理由は単純に「国内の列車」か「国際列車」かということだけです。<br /><br />また車で行くと、国境ではパスポートコントロール、税関申告エリアなどがあり、行列でかなり待たなければなりません。でもマルシュルートカは公共交通機関なので、早く通れるのです。

       ベルゴロドが位置しているのは、モスクワからクリミア半島へ向かう途中です。モスクワから600kmほど離れていますが、M2(E105)道路でまっすぐ行くことができます。ベルゴロドからの列車も、クリミア半島方面やコーカサス方面へは結構たくさんの本数があります。

      また、ベルゴロドはウクライナに近い町です。国境まで40kmぐらいしか離れていません。今回私はベルゴロドからウクライナのハリコフへマルシュルートカ(乗り合いタクシー)で行ってみました。国境を越えるマルシュルートカなんてとても珍しいと思いましたが、これが実は一番安くて早い方法なんです。

      もちろん列車でも行くことができますが、国境を越える列車はかなり高くなります。たとえば、モスクワ→ベルゴロドとモスクワ→ハリコフは、距離にして80kmだけしか差がないのですが、料金は2倍も違います。理由は単純に「国内の列車」か「国際列車」かということだけです。

      また車で行くと、国境ではパスポートコントロール、税関申告エリアなどがあり、行列でかなり待たなければなりません。でもマルシュルートカは公共交通機関なので、早く通れるのです。

    1件目~2件目を表示(全2件中)

    この旅行記のタグ

      1いいね!

      利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

      この旅行記へのコメント

      ピックアップ特集

      その他の都市(ロシア) で人気のタグ


      PAGE TOP

      ピックアップ特集