リムーザン地方旅行記(ブログ) 一覧に戻る
2008/08/22~8/31:4日目(8/25)<br /><br />まるで原寸大のジオラマワールド<br />黒い村チュレンヌ(Turenne)<br /><br />前夜宿泊したブリーブから15km<br />D8を南下すると突然視界に入ってくる。<br />それは文句なく人の心を動かす!<br /><br />小高い緑の丘にシックな三角屋根<br /><br />チュレンヌはコレーズ県の黒真珠<br />

フランスの田舎:ドライブ旅行記 -8- ~チュレンヌ編~

70いいね!

2008/08/25 - 2008/08/25

2位(同エリア59件中)

2

25

ももであ

ももであさん

2008/08/22~8/31:4日目(8/25)

まるで原寸大のジオラマワールド
黒い村チュレンヌ(Turenne)

前夜宿泊したブリーブから15km
D8を南下すると突然視界に入ってくる。
それは文句なく人の心を動かす!

小高い緑の丘にシックな三角屋根

チュレンヌはコレーズ県の黒真珠

同行者
家族旅行
一人あたり費用
15万円 - 20万円
交通手段
レンタカー
航空会社
中国国際航空

PR

  • 車を走らせるといきなり村全体が<br />見渡せる場所に<br /><br />“うわぁ〜!” 思わず声が出る<br /><br />セギュール・ル・シャトーに続き<br />二つ目の「フランスで最も美しい村」

    車を走らせるといきなり村全体が
    見渡せる場所に

    “うわぁ〜!” 思わず声が出る

    セギュール・ル・シャトーに続き
    二つ目の「フランスで最も美しい村」

  • 小高い丘の上に造られた村<br /><br />頂上には周囲を広く見渡せる城と塔<br /><br />丘の深い緑とシックな村の建物が<br />静かにマッチする

    小高い丘の上に造られた村

    頂上には周囲を広く見渡せる城と塔

    丘の深い緑とシックな村の建物が
    静かにマッチする

  • 村人はわずか700名程度<br />皆が顔見知りだろう。<br /><br />近くにはショッピングセンター<br />どころかコンビニも娯楽施設も<br />何も見当たらない。<br /><br />12世紀からこの姿を維持する<br />のは村人の強い結束力

    村人はわずか700名程度
    皆が顔見知りだろう。

    近くにはショッピングセンター
    どころかコンビニも娯楽施設も
    何も見当たらない。

    12世紀からこの姿を維持する
    のは村人の強い結束力

  • 村の入り口には唯一?<br />のレストランを兼ねた土産物屋<br /><br />残念ながら、朝早くて中を覗く<br />ことは出来なかった。

    村の入り口には唯一?
    のレストランを兼ねた土産物屋

    残念ながら、朝早くて中を覗く
    ことは出来なかった。

  • チュレンヌ・ワールドへの吸い込み口<br />プチ・タイムスリップ<br /><br />入場無料のテーマパークへ<br />始まり始まり!

    チュレンヌ・ワールドへの吸い込み口
    プチ・タイムスリップ

    入場無料のテーマパークへ
    始まり始まり!

  • 日本のガイドブックには載ってない<br />ネット情報も殆どない<br />だから情報は現地調達<br /><br />村の入り口に観光ルートを効率良く巡る<br />サーキットコースの案内標識<br /><br />頭に叩き込み歩き始める

    日本のガイドブックには載ってない
    ネット情報も殆どない
    だから情報は現地調達

    村の入り口に観光ルートを効率良く巡る
    サーキットコースの案内標識

    頭に叩き込み歩き始める

  • この村、チュレンヌを示す旗<br /><br />小さくとも歴史と結束力のある村<br /><br />村の人にとっては誇り高き村旗

    この村、チュレンヌを示す旗

    小さくとも歴史と結束力のある村

    村の人にとっては誇り高き村旗

  • 村のあちこちに花が咲き誇る。<br /><br />人影はまばらだが、実に手入れが行き届いて<br />いる。<br /><br />これこそが“フランスで最も美しい村”の証

    村のあちこちに花が咲き誇る。

    人影はまばらだが、実に手入れが行き届いて
    いる。

    これこそが“フランスで最も美しい村”の証

  • 頂上の城に向かって急な上り坂<br />両脇には民家<br /><br />まるで誰も住んでいないかの様な<br />ひっそりと静かな村<br /><br />でも2階の窓から目が合うとにっこり<br />微笑みかける

    頂上の城に向かって急な上り坂
    両脇には民家

    まるで誰も住んでいないかの様な
    ひっそりと静かな村

    でも2階の窓から目が合うとにっこり
    微笑みかける

  • チュレンヌの代名詞ともいえる<br />黒い三角屋根の正体<br />微妙な曲線が親しみを生み出す<br /><br />日本の合掌造り的存在?

    チュレンヌの代名詞ともいえる
    黒い三角屋根の正体
    微妙な曲線が親しみを生み出す

    日本の合掌造り的存在?

  • さり気なく彫られたハートマーク<br />住人のセンス<br /><br />白い板壁と緑のツタが良く似合う

    さり気なく彫られたハートマーク
    住人のセンス

    白い板壁と緑のツタが良く似合う

  • 村の中腹<br /><br />あのシーザー塔までもう少し<br />中世の雰囲気がより色濃くなる<br /><br />しかしきつい

    村の中腹

    あのシーザー塔までもう少し
    中世の雰囲気がより色濃くなる

    しかしきつい

  • シーザー塔入り口付近<br />奇岩城的ユニークな地形<br /><br />この上にシーザー塔が建っている

    シーザー塔入り口付近
    奇岩城的ユニークな地形

    この上にシーザー塔が建っている

  • 12世紀に建てられた“シーザー塔”<br />この村の中でも最も古い<br /><br />遠くからでも良く見える。<br />まるで断崖絶壁に建つ灯台のよう

    12世紀に建てられた“シーザー塔”
    この村の中でも最も古い

    遠くからでも良く見える。
    まるで断崖絶壁に建つ灯台のよう

  • 村人の代わりに挨拶した<br />なんとも凛々しいワンコ<br /><br />しっかりカメラ目線

    村人の代わりに挨拶した
    なんとも凛々しいワンコ

    しっかりカメラ目線

  • 丘の上からはどこまでも続く起伏に<br />富んだリムーザン高地が見える。<br /><br />さり気なく添えられた寄せ植えの<br />草花が美しい。

    丘の上からはどこまでも続く起伏に
    富んだリムーザン高地が見える。

    さり気なく添えられた寄せ植えの
    草花が美しい。

  • 頂上付近は海抜400m<br />麓からの標高差は約250m<br /><br />ちょっとした小山登り<br /><br />歩く、歩く、歩く<br />歩くの大好き♪

    頂上付近は海抜400m
    麓からの標高差は約250m

    ちょっとした小山登り

    歩く、歩く、歩く
    歩くの大好き♪

  • 丘の上から村を見下ろす<br /><br />そこは原寸大のジオラマワールド<br />精巧に作られたおとぎの国<br /><br />童話の世界の一場面

    丘の上から村を見下ろす

    そこは原寸大のジオラマワールド
    精巧に作られたおとぎの国

    童話の世界の一場面

  • 緑の中にひっそりと佇む教会<br />相変わらず人影はなくひっそり<br /><br />おとぎの国には三角屋根が良く似合う

    緑の中にひっそりと佇む教会
    相変わらず人影はなくひっそり

    おとぎの国には三角屋根が良く似合う

  • 外観に負けず劣らず<br />内部も簡素でひっそり<br /><br />心静かにお祈りするには<br />良いのだろう

    外観に負けず劣らず
    内部も簡素でひっそり

    心静かにお祈りするには
    良いのだろう

  • ふと気がつくとこの村の民家は<br />殆どガーデニングしてない<br /><br />それがこの村の落ち着きの理由か<br /><br />しかし公共の場にはさり気なく<br />サフィニアの寄せ植えが<br /><br />緑に映える素晴らしいアクセント

    ふと気がつくとこの村の民家は
    殆どガーデニングしてない

    それがこの村の落ち着きの理由か

    しかし公共の場にはさり気なく
    サフィニアの寄せ植えが

    緑に映える素晴らしいアクセント

  • 教会正面の全景<br /><br />ロマネスク様式でもゴシック様式でも<br />ないここ独自のスタイル<br /><br />明かり取り窓は小さく少なく<br />中は薄暗かった。

    教会正面の全景

    ロマネスク様式でもゴシック様式でも
    ないここ独自のスタイル

    明かり取り窓は小さく少なく
    中は薄暗かった。

  • サーキットコースを巡り、<br />村の入り口付近に戻ってきた。<br /><br />小さな広場<br />

    サーキットコースを巡り、
    村の入り口付近に戻ってきた。

    小さな広場

  • 村の小さな歴史博物館<br /><br />12世紀から徐々に今の姿を<br />造り上げたことが分かる

    村の小さな歴史博物館

    12世紀から徐々に今の姿を
    造り上げたことが分かる

  • Bye Bye, Turenne!<br /><br />日本は数年で様変わりする<br /><br />ここはずっとこの姿を守る<br />それが村人の意志

    Bye Bye, Turenne!

    日本は数年で様変わりする

    ここはずっとこの姿を守る
    それが村人の意志

この旅行記のタグ

70いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (2)

開く

閉じる

  • cheriko330さん 2016/01/17 02:59:03
    おとぎの国 チュレンヌ
    ももであさん、こんばんは☆

    お久しぶりです。
    私の所へも訪問頂き ありがとうございました。

    イタリアの田舎:ドライブ旅行記が復活されてて嬉しいです。

    フランスの最も美しい村 チュレンヌ 初めて知りました。中世そのものですね。
    こういう所 歩いてみたいものです。

    ももであさんのような ディープな旅行が理想ですね。 私には無理ですが
    行ってみたい所は数多しです。でも 暫くは行けない状況になり その分
    また、おじゃまして楽しませて下さいね。

    YouTubeも映像と音楽がマッチして素晴らしい出来栄えですね。
    九州新幹線CMイタリア旅バージョン が 今一番のお気に入りです。
    56さんの プリトビッチェもステキですね。
    私も 精進しなくては…

    九州出身同士で 今後も、より一層よろしくお願いします。

    今週、本来の寒さになるようです。お風邪など引きませんように。
    では、また。

    cheriko330

    ももであ

    ももであさん からの返信 2016/01/17 11:39:05
    猫のおとぎの国
    cheriko330さん

    留守中は!? お立ち寄りいただだき、たくさんのご投票まで
    いただいていたようで、本当にありがとうございます。

    ルーマニアと台湾の旅が終わり、一段落したところで気紛れに
    戻ってきました。

    ちぇり子さんの書き込みで、自分でも久々にチュレンヌを
    見ました。きっと生活するには何かと不便もあるのでしょうが
    旅人には夢を抱かせてくれる場所ですね。

    大震災翌日の開業で幻となった九州新幹線の開業CM
    震災からしばらく経過し、初めてあのCMの存在を知った時は、
    涙が出そうなくらい感動しました。
    海外の人達まで大絶賛していましたね。http://goo.gl/157kRJ

    九州の人達の優しさと郷土愛にが満ち溢れています。
    ひいては震災に負けない日本人の絆と力強さを感じます。

    先日仕事で新鳥栖駅に降り立ちました。
    そこからすぐ近くの街に住んでいたので、懐かしかった♪
    プロフの愛猫ももと初めて出会ったのもそこです。

    ぼくにとっては、九州こそがおとぎの国なのかもしれません。

    改めてよろしくお願いいたします。

    ももであ

ももであさんのトラベラーページ

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

フランスで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
フランス最安 247円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

フランスの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集