パラカス 旅行記(ブログ) 一覧に戻る

 何があっても絶対に行きたい場所が2つあった。1つは天空の遺跡マチュピチュ。もう1つはボリビアにある世界最大の塩湖・ウユニ。両方とも行くには2週間は必要で、仕事の関係上なかなか実現できずにいた。<br /> 2006年8月、ついに時は満ちた。やっと2週間の休暇が取れ、いよいよ念願のペルー&ボリビア南米大紀行が幕を開けるのだった!<br /> まずは「リトル・ガラパゴス」と呼ばれるバジェスタス島へGo!<br /><br />■8/5(土)  成田空港出発(15:55)、リマ着(22:46)<br />■8/6(日)  リマ →バジェスタス島 →ナスカ地上絵 →リマ<br />□8/7(月)  リマ →(空路)クスコ<br />□8/8(火)  クスコ →マチュピチュ(アグアス・カリエンテス)<br />□8/9(水)  マチュピチュ →クスコ<br />□8/10(木) クスコ →プーノ(バスツアー)<br />□8/11(金) プーノ →(チチカカ湖横断ツアー&ボリビア入国)→ラパス<br />□8/12(土) ラパス →ティワナク →ラパス→(深夜バス)<br />□8/13(日) ポトシ →ウユニ<br />□8/14(月) ウユニ塩湖 →(深夜バス)<br />□8/15(火) ラパス →プーノ<br />□8/16(水) プーノ →ウロス島ツアー (空路)→アレキパ<br />□8/17(木) アレキパ (空路)→リマ<br />□8/18(金) リマ旧市街→帰国(23:55)<br />□8/19(土) ヒューストン乗換え<br />□8/20(日) 成田空港到着(14:20)<br />

"リトル・ガラパゴス"バジェスタス島でアザラシさんにこんにちは♪

3いいね!

2006/08/05 - 2006/08/06

12位(同エリア14件中)

    32

     何があっても絶対に行きたい場所が2つあった。1つは天空の遺跡マチュピチュ。もう1つはボリビアにある世界最大の塩湖・ウユニ。両方とも行くには2週間は必要で、仕事の関係上なかなか実現できずにいた。
     2006年8月、ついに時は満ちた。やっと2週間の休暇が取れ、いよいよ念願のペルー&ボリビア南米大紀行が幕を開けるのだった!
     まずは「リトル・ガラパゴス」と呼ばれるバジェスタス島へGo!

    ■8/5(土) 成田空港出発(15:55)、リマ着(22:46)
    ■8/6(日) リマ →バジェスタス島 →ナスカ地上絵 →リマ
    □8/7(月) リマ →(空路)クスコ
    □8/8(火) クスコ →マチュピチュ(アグアス・カリエンテス)
    □8/9(水) マチュピチュ →クスコ
    □8/10(木) クスコ →プーノ(バスツアー)
    □8/11(金) プーノ →(チチカカ湖横断ツアー&ボリビア入国)→ラパス
    □8/12(土) ラパス →ティワナク →ラパス→(深夜バス)
    □8/13(日) ポトシ →ウユニ
    □8/14(月) ウユニ塩湖 →(深夜バス)
    □8/15(火) ラパス →プーノ
    □8/16(水) プーノ →ウロス島ツアー (空路)→アレキパ
    □8/17(木) アレキパ (空路)→リマ
    □8/18(金) リマ旧市街→帰国(23:55)
    □8/19(土) ヒューストン乗換え
    □8/20(日) 成田空港到着(14:20)

    同行者
    一人旅
    一人あたり費用
    30万円 - 50万円
    交通手段
    レンタカー
    航空会社

    PR

    •  15:55成田発のコンチネンタル航空CO006便でまずはヒューストンへ。アルコールは有料だし機内食はまずいし、冷房きつくて寒いし最悪。<br /> 14:00、ヒューストン到着。乗り換え時間が2時間しかないのに、入国審査に40分かかった。少しあせる。<br /> 16:10、ペルーのリマ行きのCO590便が出発。ペルーはここから6時間。<br /> 22:30、リマに到着。空港の外に出ると、今晩泊まる日本人宿「当山ペンション」からの出迎えの車が来ていた。20分くらいで宿に到着。<br /> 宿に着くと事前に申し込んだパラカス諸島&ナスカ地上絵の1日ツアーの代金$350を宿のオーナーのペペ当山さんに支払う。高いけど、金額より時間の節約を優先させた。<br /> いろいろあって、02:00就寝。<br />http://www.pepepenshon.com/<br />

       15:55成田発のコンチネンタル航空CO006便でまずはヒューストンへ。アルコールは有料だし機内食はまずいし、冷房きつくて寒いし最悪。
       14:00、ヒューストン到着。乗り換え時間が2時間しかないのに、入国審査に40分かかった。少しあせる。
       16:10、ペルーのリマ行きのCO590便が出発。ペルーはここから6時間。
       22:30、リマに到着。空港の外に出ると、今晩泊まる日本人宿「当山ペンション」からの出迎えの車が来ていた。20分くらいで宿に到着。
       宿に着くと事前に申し込んだパラカス諸島&ナスカ地上絵の1日ツアーの代金$350を宿のオーナーのペペ当山さんに支払う。高いけど、金額より時間の節約を優先させた。
       いろいろあって、02:00就寝。
      http://www.pepepenshon.com/

    •  8月6日(日)<br /> 04:10起床。2時間しか寝てないけど気分は意外とスッキリ。<br /> 04:30、ナスカ行きの車(写真右側)が出発。ツアー参加者は自分と北海道で小学校教師をしている女性Oさんの計2人。<br /> ドライバーの兄ちゃんは眠いのか、運転中に大あくびを連発。ときどき中央車線をはみ出てコワイ…。彼が居眠りしないように、2人でなるべく大声で話をした。

       8月6日(日)
       04:10起床。2時間しか寝てないけど気分は意外とスッキリ。
       04:30、ナスカ行きの車(写真右側)が出発。ツアー参加者は自分と北海道で小学校教師をしている女性Oさんの計2人。
       ドライバーの兄ちゃんは眠いのか、運転中に大あくびを連発。ときどき中央車線をはみ出てコワイ…。彼が居眠りしないように、2人でなるべく大声で話をした。

    •  何も無い荒野をひたすら走り続ける。<br /> 宿のオーナーのペペ当山さんは沖縄からの移民の子孫ということで、車内では『涙そうそう』『島唄』など沖縄ソングが流れる。なぜか車窓から見える風景に沖縄音楽はよく似合う。<br /> 沖縄と南米には共通したものがあるのかもしれない。時間にルーズなところとか(笑)<br />

       何も無い荒野をひたすら走り続ける。
       宿のオーナーのペペ当山さんは沖縄からの移民の子孫ということで、車内では『涙そうそう』『島唄』など沖縄ソングが流れる。なぜか車窓から見える風景に沖縄音楽はよく似合う。
       沖縄と南米には共通したものがあるのかもしれない。時間にルーズなところとか(笑)

    •  07:30 パラカス港に到着。港にはペリカンがいっぱいいた。<br />写真に映ってるガキが2ドルくれと言ってきたが無視。

       07:30 パラカス港に到着。港にはペリカンがいっぱいいた。
      写真に映ってるガキが2ドルくれと言ってきたが無視。

    •  ペリカンはアップで撮るとなかなかハンサム。

       ペリカンはアップで撮るとなかなかハンサム。

    •  港には簡単なレストランや売店が並んでいる。その中の1つでコーヒーを飲んで出航までしばらく待つ。

       港には簡単なレストランや売店が並んでいる。その中の1つでコーヒーを飲んで出航までしばらく待つ。

    •  08:00、白人の団体といっしょの船でパラカス諸島へ出発。港を出て数分で鳥にハイジャックされた船を発見(笑)<br /> 今日は天気が悪く、冷たく強い風が吹き付ける。防寒具を持って来てよかった。<br />

       08:00、白人の団体といっしょの船でパラカス諸島へ出発。港を出て数分で鳥にハイジャックされた船を発見(笑)
       今日は天気が悪く、冷たく強い風が吹き付ける。防寒具を持って来てよかった。

    •  港のすぐそばでイルカにも遭遇!

       港のすぐそばでイルカにも遭遇!

    •  出航から約10分、「カンデラブロ」を海から見る。<br /> カンデラブロとは&quot;燭台&quot;という意味で、ナスカみたいな地上絵が山肌に残されている。ナスカと同様にインカ時代より前に作られたという説と、500年前にスペイン人が作ったという説があり、実際のところははっきり分からないらしい。

       出航から約10分、「カンデラブロ」を海から見る。
       カンデラブロとは"燭台"という意味で、ナスカみたいな地上絵が山肌に残されている。ナスカと同様にインカ時代より前に作られたという説と、500年前にスペイン人が作ったという説があり、実際のところははっきり分からないらしい。

    •  真ん中に立っているのがガイド君。英語とスペイン語で一生懸命ガイド中。

       真ん中に立っているのがガイド君。英語とスペイン語で一生懸命ガイド中。

    •  島が近づいてきた。海が荒れていて、波で船が揺れて大変!<br /> いかにも激しい波で侵食されました、という感じのダイナミックな地形。こんなすごい絶景が見れるとは思ってなかった。

       島が近づいてきた。海が荒れていて、波で船が揺れて大変!
       いかにも激しい波で侵食されました、という感じのダイナミックな地形。こんなすごい絶景が見れるとは思ってなかった。

    •  大量の鳥が岩肌にうじゃうじゃと…。ミニ・ガラパゴスと呼ばれるだけあって、鳥の人口密度が大変な事になってます。<br /> ちなみに岩が白っぽくなっているのは全部鳥のフン。写真じゃ伝わらないけど、ツアー中はとにかく臭くてたまらない!(~_~;)

       大量の鳥が岩肌にうじゃうじゃと…。ミニ・ガラパゴスと呼ばれるだけあって、鳥の人口密度が大変な事になってます。
       ちなみに岩が白っぽくなっているのは全部鳥のフン。写真じゃ伝わらないけど、ツアー中はとにかく臭くてたまらない!(~_~;)

    •  数は少ないけど、フンボルトペンギンもいた。野生のペンギンを見たの初めて!なんかうれしい。

       数は少ないけど、フンボルトペンギンもいた。野生のペンギンを見たの初めて!なんかうれしい。

    •  これ何だろ?<br /> 鳥の糞が堆積して石化したものを「グアノ」といって肥料として使われるけど、その積み出し港だったのかな?そういえばガイド君が何回かグアノと言っていた気がする。<br />

       これ何だろ?
       鳥の糞が堆積して石化したものを「グアノ」といって肥料として使われるけど、その積み出し港だったのかな?そういえばガイド君が何回かグアノと言っていた気がする。

    •  ただいまフレッシュなグアノを生産中(笑)

       ただいまフレッシュなグアノを生産中(笑)

    •  空を飛ぶ鳥の群れ。こんなにたくさんの鳥が一度に飛んでるの初めて見た。

       空を飛ぶ鳥の群れ。こんなにたくさんの鳥が一度に飛んでるの初めて見た。

    •  でました!岩陰で休む「オタリア」。<br /> 当山ペンションではバジェスタス島のことを「アザラシ島」と呼んでいるけど、オタリアは正確にはアシカの仲間。

       でました!岩陰で休む「オタリア」。
       当山ペンションではバジェスタス島のことを「アザラシ島」と呼んでいるけど、オタリアは正確にはアシカの仲間。

    •  ぐっすりと睡眠中のオタリア。おっさんに見える。

       ぐっすりと睡眠中のオタリア。おっさんに見える。

    •  別アングルから。<br /> 周りを観光船に囲まれてうるさいのに、すこやかな笑顔のオタリアさん。<br />

       別アングルから。
       周りを観光船に囲まれてうるさいのに、すこやかな笑顔のオタリアさん。

    •  こっちのオタリアさんは&quot;のび&quot;の最中。幸せそうだなぁ。

       こっちのオタリアさんは"のび"の最中。幸せそうだなぁ。

    1件目~20件目を表示(全32件中)

    この旅行記のタグ

      3いいね!

      利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

      この旅行記へのコメント

      ピックアップ特集

      パラカス(ペルー) で人気のタグ


      PAGE TOP

      ピックアップ特集