サンクトペテルブルク 旅行記(ブログ) 一覧に戻る

 この日のテーマは、それぞれの母国の「祝日」について話しましょう、というものでした。<br /><br /> 先生のレーナは、日本に何度か来たことがあるという親日家で、私は先生にリクエストされた「女の子の日」すなわち桃の節句について、それから「男の子の日」すなわち端午の節句についてクラスで話しました。<br /><br /> クラスメイトたちは、私の話の中の『桃の節句が終わったらすぐにひな人形を片付けないと、そこの家の女の子はお嫁にいけなくなる、という言い伝えがある』というエピソードが最も印象的なようでした。

ロシア語短期研修体験記「デルジャーヴィン・インスティテュートで学んで」(2)

1いいね!

2007/10 - 2007/10

1170位(同エリア1273件中)

    3

    JIC旅行センター

    JIC旅行センターさん

     この日のテーマは、それぞれの母国の「祝日」について話しましょう、というものでした。

     先生のレーナは、日本に何度か来たことがあるという親日家で、私は先生にリクエストされた「女の子の日」すなわち桃の節句について、それから「男の子の日」すなわち端午の節句についてクラスで話しました。

     クラスメイトたちは、私の話の中の『桃の節句が終わったらすぐにひな人形を片付けないと、そこの家の女の子はお嫁にいけなくなる、という言い伝えがある』というエピソードが最も印象的なようでした。

    PR

    •  他のクラスメートたちは、クリスマスやイースターなど、それぞれの国の祝日について話してくれ、最後に先生からは、ロシアの代表的な祝日を教えてもらいました。<br /><br /> ロシアには2月(あるいは3月)に、復活祭の7週間前に7日間行われる、長い冬の終わりと春の訪れを祝うマースレニッツァと呼ばれているお祭りがあります。<br /><br /> マースレニッツァの週には、「ブリヌィ」というロシア風クレープを焼きます。この丸い形が太陽の形に似ているので、春をイメージしてお祝いをするそうです。この祭りが終わると復活祭までの間、肉食を断つ期間がはじまるので、マースレニッツァではみんなで思う存分飲んだり食べたりするそうです。<br /><br /> また、3月8日は女性の日です。ロシアではお祝いの行事として定着しており、家庭でも職場でもパーティーが開かれ、花束やチョコレートなどのプレゼントが、カードとともに全ての女性に贈られるそうです。これは日本の男性にもぜひ知ってほしい、と思いました。

       他のクラスメートたちは、クリスマスやイースターなど、それぞれの国の祝日について話してくれ、最後に先生からは、ロシアの代表的な祝日を教えてもらいました。

       ロシアには2月(あるいは3月)に、復活祭の7週間前に7日間行われる、長い冬の終わりと春の訪れを祝うマースレニッツァと呼ばれているお祭りがあります。

       マースレニッツァの週には、「ブリヌィ」というロシア風クレープを焼きます。この丸い形が太陽の形に似ているので、春をイメージしてお祝いをするそうです。この祭りが終わると復活祭までの間、肉食を断つ期間がはじまるので、マースレニッツァではみんなで思う存分飲んだり食べたりするそうです。

       また、3月8日は女性の日です。ロシアではお祝いの行事として定着しており、家庭でも職場でもパーティーが開かれ、花束やチョコレートなどのプレゼントが、カードとともに全ての女性に贈られるそうです。これは日本の男性にもぜひ知ってほしい、と思いました。

    • ■文化プログラムも充実!<br /><br /> 課外授業の文化プログラムも充実しています。10月8日から13日までのスケジュールは以下の通りです。先生達が熱心に誘ってくれるので、私は歌の授業に参加しました。<br /><br /> 校内で行われる歌の授業や映画鑑賞会のほかにも、市内の観光地へのエクスカーションや、美術館や博物館の見学。週末には、近郊の都市への小旅行も毎週企画されています。<br /><br />*文化プログラムスケジュール(10月8日〜13日)<br />10月18日14:00〜ペトロパブロフスク要塞観光<br />10月19日13:10〜ロシアの歌の授業<br />10月10日13:30〜 プーシキンの家博物館見学<br />10月11日14:00〜アンナ・アフマートヴァ博物館見学<br />10月12日11:00〜修了式<br />    14:00〜映画鑑賞会<br />10月13日11:00〜ガッチナ観光

      ■文化プログラムも充実!

       課外授業の文化プログラムも充実しています。10月8日から13日までのスケジュールは以下の通りです。先生達が熱心に誘ってくれるので、私は歌の授業に参加しました。

       校内で行われる歌の授業や映画鑑賞会のほかにも、市内の観光地へのエクスカーションや、美術館や博物館の見学。週末には、近郊の都市への小旅行も毎週企画されています。

      *文化プログラムスケジュール(10月8日〜13日)
      10月18日14:00〜ペトロパブロフスク要塞観光
      10月19日13:10〜ロシアの歌の授業
      10月10日13:30〜 プーシキンの家博物館見学
      10月11日14:00〜アンナ・アフマートヴァ博物館見学
      10月12日11:00〜修了式
          14:00〜映画鑑賞会
      10月13日11:00〜ガッチナ観光

    • ■毎週金曜日は修了式<br /><br /> こうして1週間の授業を終え、毎週金曜日の休憩時間には「修了式」が行われます。その週で研修を終える生徒達に、修了証書が授与されます。この日卒業するのは、私も含めて計3名。みんなの前で、この学校での思い出、先生への感謝の気持ちなど思い思いのことを話します。そしてもちろんまたケーキが出てきて、みんなでパーティーをしました。こうして、私のデルジャーヴィン・インスティテュートでの1週間の語学研修は終わりました。<br /><br /> いかがだったでしょうか?少しでも皆さんにロシア語研修の雰囲気を感じ取っていただければ幸いです。ここでは若い学生さんから年配の方まで、そして様々な国からの生徒が一同に集まっていたので、めまぐるしく毎日が過ぎ、アットホームな雰囲気の中で楽しくロシア語を学ぶことができました。<br /><br /> 実を言うと、たった1週間だけの研修でしたので、ペテルブルグでは長期留学の経験がある私でも、授業に慣れるだけで精一杯という感じでした。もっとしっかりと語学力をアップさせたいという目的をお持ちの方には、1ヶ月程度からの滞在をおススメします。<br /><br /> また、デルジャーヴィン・インスティテュートの一般グループレッスンは通常13時に終了するので、午後に観光をしたいとお考えの旅行者にもおススメです。皆さんもロシア人家庭にホームステイをしながら、気軽に本場でロシア語を学んでみませんか?

      ■毎週金曜日は修了式

       こうして1週間の授業を終え、毎週金曜日の休憩時間には「修了式」が行われます。その週で研修を終える生徒達に、修了証書が授与されます。この日卒業するのは、私も含めて計3名。みんなの前で、この学校での思い出、先生への感謝の気持ちなど思い思いのことを話します。そしてもちろんまたケーキが出てきて、みんなでパーティーをしました。こうして、私のデルジャーヴィン・インスティテュートでの1週間の語学研修は終わりました。

       いかがだったでしょうか?少しでも皆さんにロシア語研修の雰囲気を感じ取っていただければ幸いです。ここでは若い学生さんから年配の方まで、そして様々な国からの生徒が一同に集まっていたので、めまぐるしく毎日が過ぎ、アットホームな雰囲気の中で楽しくロシア語を学ぶことができました。

       実を言うと、たった1週間だけの研修でしたので、ペテルブルグでは長期留学の経験がある私でも、授業に慣れるだけで精一杯という感じでした。もっとしっかりと語学力をアップさせたいという目的をお持ちの方には、1ヶ月程度からの滞在をおススメします。

       また、デルジャーヴィン・インスティテュートの一般グループレッスンは通常13時に終了するので、午後に観光をしたいとお考えの旅行者にもおススメです。皆さんもロシア人家庭にホームステイをしながら、気軽に本場でロシア語を学んでみませんか?

    1件目~3件目を表示(全3件中)

    この旅行記のタグ

      1いいね!

      利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

      この旅行記へのコメント

      ピックアップ特集

      サンクトペテルブルク(ロシア) で人気のタグ


      PAGE TOP

      ピックアップ特集