サパ旅行記(ブログ) 一覧に戻る
3日前に、往復16kmくらいの山奥のシンチャイ村へ、ガイド無しで、行ってきたのは大きな自信になった。<br /><br />今度は、片道14km、往復28km、高度差400mの、ターヴァン村へのガイド無しトレッキングに挑戦した。<br /><br />地図を見る限り、こっちは舗装道路が続き、村々がそのワキにあることになっている。<br /><br />ターヴァン村は、モン族とザイ族の住む村として紹介されている。<br /><br />ザイは、街で今まで見たことの無い民族なので、興味しんしんだ。

北部ベトナム9: サパ 「ターヴァン村にザイ族を訪ねて」

6いいね!

2007/05/06 - 2007/05/06

212位(同エリア311件中)

0

72

アリヤン

アリヤンさん

3日前に、往復16kmくらいの山奥のシンチャイ村へ、ガイド無しで、行ってきたのは大きな自信になった。

今度は、片道14km、往復28km、高度差400mの、ターヴァン村へのガイド無しトレッキングに挑戦した。

地図を見る限り、こっちは舗装道路が続き、村々がそのワキにあることになっている。

ターヴァン村は、モン族とザイ族の住む村として紹介されている。

ザイは、街で今まで見たことの無い民族なので、興味しんしんだ。

旅行の満足度
4.5
観光
4.5
ホテル
5.0
グルメ
4.5
ショッピング
4.5
交通
4.5
同行者
カップル・夫婦(シニア)
交通手段
徒歩
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 朝8時、ホテル出発。<br /><br />村から街へ、セールス出勤中の、モン族の少女たち。<br />続々とやって来る。<br /><br />彼等の村からは、ずっと上り坂のハズだ。<br />彼女たちは、息ひとつ乱れていない。<br /><br />長年鍛えているので数キロ、10キロくらいはどうってことは無い様だ。

    朝8時、ホテル出発。

    村から街へ、セールス出勤中の、モン族の少女たち。
    続々とやって来る。

    彼等の村からは、ずっと上り坂のハズだ。
    彼女たちは、息ひとつ乱れていない。

    長年鍛えているので数キロ、10キロくらいはどうってことは無い様だ。

  • 検問所へ行くまでに、綺麗で立派な民家風の家が、整然と並んでいる。<br /><br />これらはどうも別荘らしく、日本でいえば、大会社の福利厚生施設としての「山の家」みたいなものだろう。<br /><br />共産国ベトナムでは、<br />「共産党○○公安局第389部山間部会議場」<br />とでも、名前が付いているのかもしれない。<br /><br />所詮、庶民とは関係の無いものだろう。

    検問所へ行くまでに、綺麗で立派な民家風の家が、整然と並んでいる。

    これらはどうも別荘らしく、日本でいえば、大会社の福利厚生施設としての「山の家」みたいなものだろう。

    共産国ベトナムでは、
    「共産党○○公安局第389部山間部会議場」
    とでも、名前が付いているのかもしれない。

    所詮、庶民とは関係の無いものだろう。

  • 15000ドン(111円)の入村料を支払い、約8kmの下り坂を降りていく。<br /><br />結構多くの外人が、モン族のガイドに連れられ、同じ方向に向っている。

    イチオシ

    15000ドン(111円)の入村料を支払い、約8kmの下り坂を降りていく。

    結構多くの外人が、モン族のガイドに連れられ、同じ方向に向っている。

  • この地図を参考に、今日のトレッキングコースを見てください。<br /><br />拡大版⇒http://www.geocities.jp/ariyan9911/4-3.jpg

    この地図を参考に、今日のトレッキングコースを見てください。

    拡大版⇒http://www.geocities.jp/ariyan9911/4-3.jpg

  • 途中の茶屋で見かけた、モンの女の子。

    イチオシ

    途中の茶屋で見かけた、モンの女の子。

  • 昔はこのような家に住んでいたのだろう。<br /><br />ヤシの葉で屋根を葺いている。<br />(これはかなり立派な家)

    昔はこのような家に住んでいたのだろう。

    ヤシの葉で屋根を葺いている。
    (これはかなり立派な家)

  • 途中の山道のアチコチに、このような幼い子供たちが、みやげ物セールスを仕掛けてくる。<br /><br />お姉ちゃんの振りを見て、まだヨチヨチの妹も、何かを持って、手をコチラに出す。<br />男の子は絶対にみやげ物セールスはやらない。<br /><br />キャッチ・セールスで、何度も相手にされない、 エンドレスな行為の繰り返し、一日中立っていても一銭にもならない日々、という辛酸を舐めて育つのだ。<br />そんな子供たちは、6才くらいから、子供の顔がオトナの険しい顔になってくる。<br /><br />まだ3―4才なら、こうした可愛さ、あどけなさがある。<br /><br />哀しいことだ。

    途中の山道のアチコチに、このような幼い子供たちが、みやげ物セールスを仕掛けてくる。

    お姉ちゃんの振りを見て、まだヨチヨチの妹も、何かを持って、手をコチラに出す。
    男の子は絶対にみやげ物セールスはやらない。

    キャッチ・セールスで、何度も相手にされない、 エンドレスな行為の繰り返し、一日中立っていても一銭にもならない日々、という辛酸を舐めて育つのだ。
    そんな子供たちは、6才くらいから、子供の顔がオトナの険しい顔になってくる。

    まだ3―4才なら、こうした可愛さ、あどけなさがある。

    哀しいことだ。

  • イチオシ

  • 田に水を入れて、これからモミを蒔く季節だ。<br /><br />一部芽が出て青くなっている。<br /><br />山の水がふんだんにある。

    田に水を入れて、これからモミを蒔く季節だ。

    一部芽が出て青くなっている。

    山の水がふんだんにある。

  • 顔に砂が付いたままの子供。<br /><br />宿の人の話では、モン族の不潔さは有名で、バイ菌だらけで、対策に困っている、らしい。<br /><br />それほど彼らは、衛生観念に無頓着らしい。<br />というより、無知なのか?<br />余裕がないのか?

    顔に砂が付いたままの子供。

    宿の人の話では、モン族の不潔さは有名で、バイ菌だらけで、対策に困っている、らしい。

    それほど彼らは、衛生観念に無頓着らしい。
    というより、無知なのか?
    余裕がないのか?

  • この谷底の盆地上にラオチャイ村(モン族)、ターヴァン村(モン、ザイ族)がある。<br /><br />先日、行ったシンチャイ(モン族)の谷より、かなり広く雄大。<br />大きな川もあり、土地も肥沃だ。<br /><br />シンチャイ村などに比べ、その裕福さが伺われる。

    この谷底の盆地上にラオチャイ村(モン族)、ターヴァン村(モン、ザイ族)がある。

    先日、行ったシンチャイ(モン族)の谷より、かなり広く雄大。
    大きな川もあり、土地も肥沃だ。

    シンチャイ村などに比べ、その裕福さが伺われる。

  • 途中、ラオチャイ(モン族)を下に見ながら通り過ぎ、ずっと下り坂を8km、高度差約500m下って、やっとターヴァン村が見えてきた。<br /><br />谷間の平野を、ザクッと削って、流れる川にかかる橋を渡ると、ワレワレが目指す、ターヴァン村だ。<br /><br />もうヘトヘト、足がガクガク、お腹がペコペコ。

    イチオシ

    途中、ラオチャイ(モン族)を下に見ながら通り過ぎ、ずっと下り坂を8km、高度差約500m下って、やっとターヴァン村が見えてきた。

    谷間の平野を、ザクッと削って、流れる川にかかる橋を渡ると、ワレワレが目指す、ターヴァン村だ。

    もうヘトヘト、足がガクガク、お腹がペコペコ。

  • 村へ続く道端に座り込んで、おこわのオニギリと果物のランチをとっていると、ザオの人達が、何かみやげ物はイランかね?っと来た。<br /><br />近在の村から来たのだろう。

    村へ続く道端に座り込んで、おこわのオニギリと果物のランチをとっていると、ザオの人達が、何かみやげ物はイランかね?っと来た。

    近在の村から来たのだろう。

  • このつり橋を渡ると、ザイ族の住むターヴァン村だ。

    イチオシ

    このつり橋を渡ると、ザイ族の住むターヴァン村だ。

  • 村の中に入っていくと、ザオ・ルージュの人がいた。

    村の中に入っていくと、ザオ・ルージュの人がいた。

  • モン族も居る。

    モン族も居る。

  • ザオやモンはよく見るが、ザイの人が見えなかった。<br /><br />オット〜!<br />来ました。<br /><br />ザイのおネエちゃんがオートバイで、2人乗りでやって来ました。<br /><br />ブルーやグリーンやピンクの上着で、シンプルにまとめた服装が特徴。

    イチオシ

    ザオやモンはよく見るが、ザイの人が見えなかった。

    オット〜!
    来ました。

    ザイのおネエちゃんがオートバイで、2人乗りでやって来ました。

    ブルーやグリーンやピンクの上着で、シンプルにまとめた服装が特徴。

  • ここの田畑は、結構広く、陽もよく当たるので、収穫は良いだろう。<br /><br />ここの人達の表情は明るい。<br /><br />ザイの人達は、あまり街に出て、民芸品のキャッチセールスをしなくても、生活は十分出来ている様子だ。

    ここの田畑は、結構広く、陽もよく当たるので、収穫は良いだろう。

    ここの人達の表情は明るい。

    ザイの人達は、あまり街に出て、民芸品のキャッチセールスをしなくても、生活は十分出来ている様子だ。

  • 現在使われている鉄の吊り橋の横に、昔、使われたであろう、木の吊り橋が保存されていた。

    イチオシ

    現在使われている鉄の吊り橋の横に、昔、使われたであろう、木の吊り橋が保存されていた。

  • 橋のたもとには2,3台のジープが駐車していた。<br /><br />ラオチャイで車を降りて、トレッキングでターヴァン村まで来る(約5km)ツアー客を拾うために、待っているのだ。<br />ここからそのジープに乗って、サパに帰るコースだ。<br /><br />ワレワレのように、全て歩きで、ガイドも付けずに、往復するアホは、他に居ないようだ。<br /><br />途中、オートバイで訪れる外人カップルはチョクチョク見かけた。

    橋のたもとには2,3台のジープが駐車していた。

    ラオチャイで車を降りて、トレッキングでターヴァン村まで来る(約5km)ツアー客を拾うために、待っているのだ。
    ここからそのジープに乗って、サパに帰るコースだ。

    ワレワレのように、全て歩きで、ガイドも付けずに、往復するアホは、他に居ないようだ。

    途中、オートバイで訪れる外人カップルはチョクチョク見かけた。

  • これから8km、高度差500mを、全て登りで帰らねばならない。<br /><br />かなりヘバっていたが、昼飯を食べて少し村で休んだので、まだエネルギーは残っている。<br /><br />それにファンタスティックでマニフィックなシーナリーの連続が、疲れを忘れさせてくれる。

    これから8km、高度差500mを、全て登りで帰らねばならない。

    かなりヘバっていたが、昼飯を食べて少し村で休んだので、まだエネルギーは残っている。

    それにファンタスティックでマニフィックなシーナリーの連続が、疲れを忘れさせてくれる。

  • 帰りの道をゆっくりと上っていく。

    帰りの道をゆっくりと上っていく。

  • 頑張りました。<br /><br />あと、3kmのマイルストーンのところまで、たどり着きました。<br />ウシさんもジッと見詰めてくれてます。<br /><br />このマイルストーン、不思議なことに「サパまであと○km」という表示側は残っているが、反対側、つまり「○○村まであと○km」っという表示側は、ことごとく何者かに削り消されているのだ。<br /><br />ワタクシの推理によると、「○○村まで○km」を消せば、訪れる外人は、どこがどこなのか?が分からない。<br />それがネライなのではないか?<br /><br />つまり外人には分かりにくくして、わが村の商品価値を上げて、ガイド付トレッキング・ツアーの参加者を増やす、ことがネライではないか?<br /><br />また、各村の入口などには、全く表示などない。<br />これでは、初めての人はサッパリ分からない。<br /><br />でも、入口付近や周辺で、地元の人達に聞けば、親切に教えてくれる。<br /><br />これでは、「頭かくしてシリ隠さず」ではないか。

    頑張りました。

    あと、3kmのマイルストーンのところまで、たどり着きました。
    ウシさんもジッと見詰めてくれてます。

    このマイルストーン、不思議なことに「サパまであと○km」という表示側は残っているが、反対側、つまり「○○村まであと○km」っという表示側は、ことごとく何者かに削り消されているのだ。

    ワタクシの推理によると、「○○村まで○km」を消せば、訪れる外人は、どこがどこなのか?が分からない。
    それがネライなのではないか?

    つまり外人には分かりにくくして、わが村の商品価値を上げて、ガイド付トレッキング・ツアーの参加者を増やす、ことがネライではないか?

    また、各村の入口などには、全く表示などない。
    これでは、初めての人はサッパリ分からない。

    でも、入口付近や周辺で、地元の人達に聞けば、親切に教えてくれる。

    これでは、「頭かくしてシリ隠さず」ではないか。

  • 歩いて帰る外人さんとガイドに初めて会った。

    歩いて帰る外人さんとガイドに初めて会った。

  • イチオシ

  • サパの近くでは、街から各村へ帰る人達の、ラッシュアワーに出会った。<br /><br />毎日、歩いたり、オートバイで通っているのだ。<br />ご苦労さん。

    サパの近くでは、街から各村へ帰る人達の、ラッシュアワーに出会った。

    毎日、歩いたり、オートバイで通っているのだ。
    ご苦労さん。

  • サパの街では、相変わらず、モン・ギャルたちが、最後の追い込みをかけていた。

    サパの街では、相変わらず、モン・ギャルたちが、最後の追い込みをかけていた。

  • さすが小さなモン・ジャリンコたちは、おやつをほおばりながら、帰り支度だ。

    さすが小さなモン・ジャリンコたちは、おやつをほおばりながら、帰り支度だ。

  • 山に日が沈む頃、皆さんわが村に帰る路につく。<br /><br />かくして、ワレワレのトレッキングも終わった。

    山に日が沈む頃、皆さんわが村に帰る路につく。

    かくして、ワレワレのトレッキングも終わった。

6いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

ベトナムで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
ベトナム最安 340円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

ベトナムの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集