南島原市 旅行記(ブログ) 一覧に戻る
青春18切符を3日分使い、温泉とローカル線の旅をしてきました。<br />今回は、来年3月に一部区間が廃止になる島原鉄道(それもキハ20で)に乗って雲仙温泉に浸かり、帰り道に餘部鉄橋に寄り道する旅です。<br /><br />その1は、島原半島の旅です。

島原と餘部鉄橋の旅 ~その1~

0いいね!

2007/03/24 - 2007/03/26

52位(同エリア56件中)

TRAVAIR

TRAVAIRさん

青春18切符を3日分使い、温泉とローカル線の旅をしてきました。
今回は、来年3月に一部区間が廃止になる島原鉄道(それもキハ20で)に乗って雲仙温泉に浸かり、帰り道に餘部鉄橋に寄り道する旅です。

その1は、島原半島の旅です。

同行者
一人旅
一人あたり費用
3万円 - 5万円
交通手段
高速・路線バス ANAグループ スカイマーク JR特急 JRローカル

PR

  • 計画では「ムーンライトながら」で名古屋まで行き中部空港発からのANA福岡行きに乗ることを考えていましたが、1ヶ月前の指定券発売日に臨時ですら買えず、予定を変えて、羽田からのスカイマークに。<br />この時期JAL、ANAは特割が無いので、スカイマークに普通運賃(18800円)ですら前日には満席になりました。<br /><br />え、スカイマークはどうだった?って<br />【個人的には次回はご遠慮したいですね】

    計画では「ムーンライトながら」で名古屋まで行き中部空港発からのANA福岡行きに乗ることを考えていましたが、1ヶ月前の指定券発売日に臨時ですら買えず、予定を変えて、羽田からのスカイマークに。
    この時期JAL、ANAは特割が無いので、スカイマークに普通運賃(18800円)ですら前日には満席になりました。

    え、スカイマークはどうだった?って
    【個人的には次回はご遠慮したいですね】

  • 福岡空港について午前中は空港で飛行機撮影の予定でしたが、九州は雨。<br />これじゃあ撮影してもロクな写真は撮れないので、地下鉄でぷらぷらして、お昼は博多駅前の地下街にあるラーメン屋「一蘭」へ<br />一人ひとり区切られているカウンターで食べるラーメン屋です。<br />ラーメン(650円)に半ライス(200円)を注文。<br />でも物足りず替え玉(200円)を追加しました。

    福岡空港について午前中は空港で飛行機撮影の予定でしたが、九州は雨。
    これじゃあ撮影してもロクな写真は撮れないので、地下鉄でぷらぷらして、お昼は博多駅前の地下街にあるラーメン屋「一蘭」へ
    一人ひとり区切られているカウンターで食べるラーメン屋です。
    ラーメン(650円)に半ライス(200円)を注文。
    でも物足りず替え玉(200円)を追加しました。

  • 博多駅から快速列車で鳥栖まで行き、早岐行き普通列車に乗換えます。<br />早岐行きは2両編成のワンマン列車で佐賀まで混雑していましたがその後はガラガラになりました。<br />早岐で大村線の快速に乗り換えて諫早へ向かいます

    博多駅から快速列車で鳥栖まで行き、早岐行き普通列車に乗換えます。
    早岐行きは2両編成のワンマン列車で佐賀まで混雑していましたがその後はガラガラになりました。
    早岐で大村線の快速に乗り換えて諫早へ向かいます

  • 諫早から今晩の目的地「雲仙温泉」へは駅前からバスがありますが、諫早16:47発の島原鉄道はキハ20の2両です。<br />旧国鉄のキハ20に乗れる貴重な列車ですから、これに乗って島原駅へ向かい、そこからバスで温泉へ行きます。<br />島原まで懐かしいキハ20の度を堪能します。

    諫早から今晩の目的地「雲仙温泉」へは駅前からバスがありますが、諫早16:47発の島原鉄道はキハ20の2両です。
    旧国鉄のキハ20に乗れる貴重な列車ですから、これに乗って島原駅へ向かい、そこからバスで温泉へ行きます。
    島原まで懐かしいキハ20の度を堪能します。

  • 島原鉄道では、昼間はワンマン運転ですが、朝夕には車掌が乗務します。<br />切符を車掌から買うと、これまた懐かしい切符に穴をあける切符でした。<br />窓脇のテーブルも木のものでノスタルジックです

    島原鉄道では、昼間はワンマン運転ですが、朝夕には車掌が乗務します。
    切符を車掌から買うと、これまた懐かしい切符に穴をあける切符でした。
    窓脇のテーブルも木のものでノスタルジックです

  • 島原駅からバスで45分程で雲仙温泉に到着しました。<br />今日は「かせや旅館」に宿泊します。<br />バスを降りると大粒の雨。さらに夜の7時で回りは暗く宿とは反対の方に歩いてしまい、結構濡れてしまいました。<br />チェックイン後、夕食の準備が整うまで一風呂浴びて生き返ります。<br />この宿は自家源泉の掛け流しで、白濁した温泉がなみなみと浴槽に注がれています。

    島原駅からバスで45分程で雲仙温泉に到着しました。
    今日は「かせや旅館」に宿泊します。
    バスを降りると大粒の雨。さらに夜の7時で回りは暗く宿とは反対の方に歩いてしまい、結構濡れてしまいました。
    チェックイン後、夕食の準備が整うまで一風呂浴びて生き返ります。
    この宿は自家源泉の掛け流しで、白濁した温泉がなみなみと浴槽に注がれています。

  • 温泉成分表です。

    温泉成分表です。

  • 温泉でさっぱりすると、部屋には夕食が用意されていました。<br />結構豪華です。これで1泊2食で8500円ですよ<br />刺身に鯛のホイル焼き、肉と野菜の陶板焼きなどなどと美味しいものばかりで、ご飯がすすみます。<br />

    温泉でさっぱりすると、部屋には夕食が用意されていました。
    結構豪華です。これで1泊2食で8500円ですよ
    刺身に鯛のホイル焼き、肉と野菜の陶板焼きなどなどと美味しいものばかりで、ご飯がすすみます。

  • 翌朝の朝食です。<br />寝起きに一風呂浴びて、さっぱりとしてからの朝食。うーーん温泉宿はこういうのが出来るがいいですねぇ<br />ビジネスホテルじゃこうはいきません。

    翌朝の朝食です。
    寝起きに一風呂浴びて、さっぱりとしてからの朝食。うーーん温泉宿はこういうのが出来るがいいですねぇ
    ビジネスホテルじゃこうはいきません。

  • 「ロビーにコーヒーの用意がありますのでどうぞ」と言われ、食後にコーヒーを頂く。<br />雲仙のおいしい湧き水で作ったというコーヒーは美味しかったです。<br />コーヒーも豆と水で味もかわりますからね

    「ロビーにコーヒーの用意がありますのでどうぞ」と言われ、食後にコーヒーを頂く。
    雲仙のおいしい湧き水で作ったというコーヒーは美味しかったです。
    コーヒーも豆と水で味もかわりますからね

  • チェックアウトは10時なのでそれまで雲仙を散策します。<br />まずは宿泊した旅館です。<br />日本風の旅情がある宿で気に入りました

    チェックアウトは10時なのでそれまで雲仙を散策します。
    まずは宿泊した旅館です。
    日本風の旅情がある宿で気に入りました

  • 宿の反対側にあるホテルには足湯があって、誰でも利用できるようになっています。<br />さすが温泉地です。<br />さらにこの隣の宿には「手」湯がありました。

    宿の反対側にあるホテルには足湯があって、誰でも利用できるようになっています。
    さすが温泉地です。
    さらにこの隣の宿には「手」湯がありました。

  • 温泉神社です。<br />まずはここで旅の安全を祈願して、お賽銭を・・・あれ5円玉がないや<br />じゃあ10円玉をと奮発しました。<br />お陰で今回はトラブルもありませんでした。

    温泉神社です。
    まずはここで旅の安全を祈願して、お賽銭を・・・あれ5円玉がないや
    じゃあ10円玉をと奮発しました。
    お陰で今回はトラブルもありませんでした。

  • 雲仙地獄を散策します。<br />九州は「火の国」ですから雲仙や別府など名高い温泉地が多いので、温泉ファンとしては九州が羨ましいです。<br />

    雲仙地獄を散策します。
    九州は「火の国」ですから雲仙や別府など名高い温泉地が多いので、温泉ファンとしては九州が羨ましいです。

  • もうもうと湯煙がだちこみます。<br />もちろん硫化水素(硫黄)臭たちこめなかなか気分が良いです。<br />あ、でもあまり吸いすぎる良くありませんと言うか中毒死してしまいますから・・・

    もうもうと湯煙がだちこみます。
    もちろん硫化水素(硫黄)臭たちこめなかなか気分が良いです。
    あ、でもあまり吸いすぎる良くありませんと言うか中毒死してしまいますから・・・

  • 遊歩道もその時の風向きによっては前が見えなくなってしまいことも・・・

    遊歩道もその時の風向きによっては前が見えなくなってしまいことも・・・

  • 写真を見ると荒涼とした場所に感じてしまいます。

    写真を見ると荒涼とした場所に感じてしまいます。

  • なんの穴かな?と思ったら、これは「温泉たまご」を作る穴なんだそうです。<br />たまごをこの穴でる噴気にあてて熱して温泉たまごにするそうです。<br />まだ朝なのでたまごは売ってませんでしたので食べれませんでした。

    なんの穴かな?と思ったら、これは「温泉たまご」を作る穴なんだそうです。
    たまごをこの穴でる噴気にあてて熱して温泉たまごにするそうです。
    まだ朝なのでたまごは売ってませんでしたので食べれませんでした。

  • ちょっとした高台から撮影するとなかなか雰囲気が良いですね。<br />草津の「西の河原」よりも温泉地!と言う感じがでてます。

    ちょっとした高台から撮影するとなかなか雰囲気が良いですね。
    草津の「西の河原」よりも温泉地!と言う感じがでてます。

  • 雲仙地獄めぐりの終点にあった、「新湯共同浴場」<br />地元用のお風呂ですが、外来者は100円払えば入れると言うことで早速入ってみました。

    雲仙地獄めぐりの終点にあった、「新湯共同浴場」
    地元用のお風呂ですが、外来者は100円払えば入れると言うことで早速入ってみました。

  • 今度は道沿いに歩いて宿に戻ります。<br />地獄からの噴気が道の方に流れるとこんな感じでいきなり霧に包まれたようになります。<br />その中から車が飛び出てくるので、道路横断には注意しないと

    今度は道沿いに歩いて宿に戻ります。
    地獄からの噴気が道の方に流れるとこんな感じでいきなり霧に包まれたようになります。
    その中から車が飛び出てくるので、道路横断には注意しないと

  • 地獄周辺の歩道は舗装されておらず木の橋みたいになっていて、その木の隙間から噴気が出ていています。<br />うーーんすごいぞ雲仙

    地獄周辺の歩道は舗装されておらず木の橋みたいになっていて、その木の隙間から噴気が出ていています。
    うーーんすごいぞ雲仙

  • 雲仙温泉を10:25発のバスで再び島原駅に戻ります。<br />昨日は雨が降っていて、島原駅をよく見なかったですが、お城風の建物でなかなか味わいがある駅舎です

    雲仙温泉を10:25発のバスで再び島原駅に戻ります。
    昨日は雨が降っていて、島原駅をよく見なかったですが、お城風の建物でなかなか味わいがある駅舎です

  • 島原駅を11:20分に発車する観光トロッコ号に乗車します。<br />今日が今年の運行初日で11月まで毎日3便が運転され、島原〜深江間を往復します。<br />運賃は往復500円で、予約が必要です(空席があれば予約なしでもOK)<br />

    島原駅を11:20分に発車する観光トロッコ号に乗車します。
    今日が今年の運行初日で11月まで毎日3便が運転され、島原〜深江間を往復します。
    運賃は往復500円で、予約が必要です(空席があれば予約なしでもOK)

  • 深江駅では、下りホームに到着した後、上りホームへ入換えとなります。<br />車掌さんの手旗誘導で100m程進行して、今度が逆戻りして上りホームへ入ります

    深江駅では、下りホームに到着した後、上りホームへ入換えとなります。
    車掌さんの手旗誘導で100m程進行して、今度が逆戻りして上りホームへ入ります

  • 列車の中では、ガイドさんが案内をして雲仙にまつわる話をしてくれます。<br />トロッコは貨車を改造した車両なので、結構音が大きいので、鉄橋なんかだと聞き取れない時も・・<br />残念ながら雲仙普賢岳は雲に隠れてしまいました。<br />列車は火砕流の導流提の上を渡ります。<br /><br />

    列車の中では、ガイドさんが案内をして雲仙にまつわる話をしてくれます。
    トロッコは貨車を改造した車両なので、結構音が大きいので、鉄橋なんかだと聞き取れない時も・・
    残念ながら雲仙普賢岳は雲に隠れてしまいました。
    列車は火砕流の導流提の上を渡ります。

  • 深江駅で折り返して島原へ戻ります。<br />トロッコ列車は深江駅でも下車することも出来るようです。<br />私は、島原外港駅で下車します。

    深江駅で折り返して島原へ戻ります。
    トロッコ列車は深江駅でも下車することも出来るようです。
    私は、島原外港駅で下車します。

  • 島原外港駅で降りた後、直ぐ来る加津佐行きの列車に乗り込みます。<br />島原鉄道では、2008年3月末でここ島原外港〜加津佐間の廃止が決まっているのです。<br />列車は天草諸島の眺めたりと海沿いを走るのでとても景色が良かったです

    島原外港駅で降りた後、直ぐ来る加津佐行きの列車に乗り込みます。
    島原鉄道では、2008年3月末でここ島原外港〜加津佐間の廃止が決まっているのです。
    列車は天草諸島の眺めたりと海沿いを走るのでとても景色が良かったです

  • 終点の加津佐駅です。<br />残念ながら無人駅でした。(駅員が居る駅なら硬券があるのですが・・・)

    終点の加津佐駅です。
    残念ながら無人駅でした。(駅員が居る駅なら硬券があるのですが・・・)

  • 島原外港から約1時間で終点の加津佐駅に到着です。<br />駅近くにコンビニがあったのでようやくお昼にありつけます。<br />コンビニがあってよかった(笑)

    島原外港から約1時間で終点の加津佐駅に到着です。
    駅近くにコンビニがあったのでようやくお昼にありつけます。
    コンビニがあってよかった(笑)

  • 加津佐駅のすぐ脇は海水浴場になっていてきれいな砂浜になっています。<br />海水もとても綺麗です。<br />夏なら泳ぎたいところです。<br /><br />弁当を食べながら、ココからバス(約1時間半)で諫早へ行くか、再び鉄道で諫早(約2時間半)へ戻るか・・・<br />

    加津佐駅のすぐ脇は海水浴場になっていてきれいな砂浜になっています。
    海水もとても綺麗です。
    夏なら泳ぎたいところです。

    弁当を食べながら、ココからバス(約1時間半)で諫早へ行くか、再び鉄道で諫早(約2時間半)へ戻るか・・・

  • やはり、昨日乗ったキハ20の感触が忘れられず、再び島原鉄道で諫早へ戻ることに。<br />トロッコに乗ったときには隠れていた平成新山が見られました。写真だと判りずらいですが、山の中腹の色が違うところが噴火の際の傷跡です

    やはり、昨日乗ったキハ20の感触が忘れられず、再び島原鉄道で諫早へ戻ることに。
    トロッコに乗ったときには隠れていた平成新山が見られました。写真だと判りずらいですが、山の中腹の色が違うところが噴火の際の傷跡です

  • 南島原駅で、同じホームに停車中のキハ20に乗換えました。<br />諫早寄りが島鉄3本髭(写真)で2両目が旧国鉄色で昨日とは車両が違うものの、同じカラー同士でした。

    南島原駅で、同じホームに停車中のキハ20に乗換えました。
    諫早寄りが島鉄3本髭(写真)で2両目が旧国鉄色で昨日とは車両が違うものの、同じカラー同士でした。

  • 駅の直ぐ脇は有明海です。島原半島から有明海を渡るフェリーや高速船もあって、そっちを使えば早いのですが、今日は毎月第4日曜日にしかつか利用できない、島原鉄道のフリー切符「のんびり1500(いこー)」を使っているので、島原鉄道経由です

    駅の直ぐ脇は有明海です。島原半島から有明海を渡るフェリーや高速船もあって、そっちを使えば早いのですが、今日は毎月第4日曜日にしかつか利用できない、島原鉄道のフリー切符「のんびり1500(いこー)」を使っているので、島原鉄道経由です

  • 16:20諫早駅に到着です。<br />ここから、大村線に乗り換えます。<br /><br />諫早駅は島原半島への玄関でもあります。駅前には西友、駅舎内にミスタードーナツなんかもあります

    16:20諫早駅に到着です。
    ここから、大村線に乗り換えます。

    諫早駅は島原半島への玄関でもあります。駅前には西友、駅舎内にミスタードーナツなんかもあります

  • 佐世保駅に到着した快速シーサイドライナー<br />諫早から佐世保まで混雑していたので立ちっぱなしでした。<br />

    佐世保駅に到着した快速シーサイドライナー
    諫早から佐世保まで混雑していたので立ちっぱなしでした。

  • 佐世保駅は高架化されて綺麗な駅になってました。<br />加津佐からバスで諫早に出ていれば1時間早くついて駅の周りを探検できたのですが、キハ20に乗った為滞在時間は30分ほどで佐世保を後にして、博多に向かいます。<br /><br />この後はその2へ続きます

    佐世保駅は高架化されて綺麗な駅になってました。
    加津佐からバスで諫早に出ていれば1時間早くついて駅の周りを探検できたのですが、キハ20に乗った為滞在時間は30分ほどで佐世保を後にして、博多に向かいます。

    この後はその2へ続きます

この旅行記のタグ

0いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (1)

開く

閉じる

  • しゅんはさん 2008/03/14 21:28:55
    決めました
    TRAVAIRさん
    はじめまして

    5月に主人の同窓会が雲仙であるのです。
    一緒について行こうと思うのですが、同窓会には出たくなく、
    近くの旅館かホテルを探していました。
    主人は、「富貴屋旅館」と言うこのとなので、近くでいい温泉がある、しかもリーズナブルが有難いと贅沢な希望で探していました。

    TRAVAIRさんの旅行記を拝見して、この旅館に決めたいと思います。

    有難うございました。

                            しゅんは (*^_^*)

TRAVAIRさんのトラベラーページ

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

南島原市(長崎) で人気のタグ

PAGE TOP

ピックアップ特集