白石 旅行記(ブログ) 一覧に戻る
小原温泉は地元福島市からクルマで約1時間。適当な距離でもあるので、日帰りでたまに出かけます。<br />今回紹介するのは共同浴場の「かつらの湯」。2005年の3月21日に行った時のレポートです。<br /><br />ここはもともと古い共同浴場だったそうなのですが、過去の大雨の時に増水で流されてしまい、それ以降は復旧もされていなかったのだそうです。<br />それが地元の温泉旅館からの協力も得ながら、県の2004年補助事業予算で復活しました。ですからまだ新しいですよ。<br />2005年の3月末日までは無料で、4月からは200円の料金が必要になりました。これを知らずに出かけましたが、ぎりぎり無料でトクした気分になりました。<br /><br />小原温泉には「かつらや」さんという旅館があるのですが、クルマは「かつらや」さんの奥の駐車場に停めることができます。そこから川に沿って徒歩数分行くと「かつらの湯」が見えて来ます。<br /><br />手前に管理人さんの常駐所があるのでそこで料金を支払います。<br />すぐ隣の浴室に行くと、まず表に下駄箱が。横ののれんをくぐると下へ降りる階段があって、下には脱衣所と浴槽が見えます。<br />木の香りのする脱衣所で衣類を脱ぐと、すぐ脇が浴槽。浴槽の奥には透明アクリルの引き戸があり、カランやシャワーが見えるのでそこで体を洗うことができます。ただし石鹸やシャンプーの類はありません。洗い場は位置的には下駄箱の真下あたりになります。<br />上を見上げると、壁と屋根の間に空間がありました。中が適当に明るいのはこの隙間のおかげだったんですね。寒い時は外気が中に入ってきてしまいますが、川の音もすぐ近くに聞こえ、半露天の雰囲気が楽しめます。<br /><br />浴槽は石で造られ、足を投げ出してお湯に浸かるとちょうどいい深さ。お湯の中をよく見ると、なにやら格子状になっていて、隣の女性用の浴槽とつながっているのが分ります。でもだからと言って隣が見えるわけではありません。<br />こちらは旅館からも近いせいか、行ってみると思ったより利用者が多い感じがしました。地元の住民からも長く復活が望まれていたとのことですから、見かけるご年配の方々は地元の方かも知れませんね。<br /><br />お湯は無色透明で無臭。若干ですが、湯の中で肌を触るとツルツルした感じがしました。管理人さんがおっしゃるにはかけ流しらしいです。私には熱くもなくちょうどいい温度でした。<br /><br />やがてお湯から上がって外に出ると、下駄箱の脇にはベンチが。風呂上りにこういうベンチがあると座りたくなりますね。夏の夕涼みなどはきっと気持ちがいいことでしょう。<br /><br />この「かつらの湯」、朝は8時から入れますが、夕方は18時までとなっております。時間ちょうどに閉めるので、夕方はあまり遅い時間に行かず、余裕をもって行かれることをお勧めします。<br /><br />

立寄り温泉レポート【宮城県白石市:小原温泉「かつらの湯」】

1いいね!

2005/03/21 - 2005/03/21

134位(同エリア147件中)

0

11

小原温泉は地元福島市からクルマで約1時間。適当な距離でもあるので、日帰りでたまに出かけます。
今回紹介するのは共同浴場の「かつらの湯」。2005年の3月21日に行った時のレポートです。

ここはもともと古い共同浴場だったそうなのですが、過去の大雨の時に増水で流されてしまい、それ以降は復旧もされていなかったのだそうです。
それが地元の温泉旅館からの協力も得ながら、県の2004年補助事業予算で復活しました。ですからまだ新しいですよ。
2005年の3月末日までは無料で、4月からは200円の料金が必要になりました。これを知らずに出かけましたが、ぎりぎり無料でトクした気分になりました。

小原温泉には「かつらや」さんという旅館があるのですが、クルマは「かつらや」さんの奥の駐車場に停めることができます。そこから川に沿って徒歩数分行くと「かつらの湯」が見えて来ます。

手前に管理人さんの常駐所があるのでそこで料金を支払います。
すぐ隣の浴室に行くと、まず表に下駄箱が。横ののれんをくぐると下へ降りる階段があって、下には脱衣所と浴槽が見えます。
木の香りのする脱衣所で衣類を脱ぐと、すぐ脇が浴槽。浴槽の奥には透明アクリルの引き戸があり、カランやシャワーが見えるのでそこで体を洗うことができます。ただし石鹸やシャンプーの類はありません。洗い場は位置的には下駄箱の真下あたりになります。
上を見上げると、壁と屋根の間に空間がありました。中が適当に明るいのはこの隙間のおかげだったんですね。寒い時は外気が中に入ってきてしまいますが、川の音もすぐ近くに聞こえ、半露天の雰囲気が楽しめます。

浴槽は石で造られ、足を投げ出してお湯に浸かるとちょうどいい深さ。お湯の中をよく見ると、なにやら格子状になっていて、隣の女性用の浴槽とつながっているのが分ります。でもだからと言って隣が見えるわけではありません。
こちらは旅館からも近いせいか、行ってみると思ったより利用者が多い感じがしました。地元の住民からも長く復活が望まれていたとのことですから、見かけるご年配の方々は地元の方かも知れませんね。

お湯は無色透明で無臭。若干ですが、湯の中で肌を触るとツルツルした感じがしました。管理人さんがおっしゃるにはかけ流しらしいです。私には熱くもなくちょうどいい温度でした。

やがてお湯から上がって外に出ると、下駄箱の脇にはベンチが。風呂上りにこういうベンチがあると座りたくなりますね。夏の夕涼みなどはきっと気持ちがいいことでしょう。

この「かつらの湯」、朝は8時から入れますが、夕方は18時までとなっております。時間ちょうどに閉めるので、夕方はあまり遅い時間に行かず、余裕をもって行かれることをお勧めします。

PR

この旅行記のタグ

1いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

白石(宮城) で人気のタグ

PAGE TOP

ピックアップ特集