ソロモン諸島旅行記(ブログ) 一覧に戻る
ケアンズにいたとき、旅行会社の「ソロモン・バヌアツ・フィジー周遊ツアー」という広告につられ、つい行ってしまいましたが、参加者は私たち2人だけ。<br /><br />またケアンズの移民管理事務所にオーストラリアの再入国ビザの申請に行ったところ、事務員のおば様達に「ソロモンもバヌアツもマラリアにかかる可能性大なのよ。私が母だったら絶対にソロモン行きなんて絶対に許さないわ。マラリアになったらどうするの」とか「お母様はこのこと知っているの」とか「嫁入り前にいくところじゃないわ」とまで言われました。当時(今も?)はソロモンからオーストラリアへ再入国する際には、移民管理局指定の医者へ行き、マラリアの予防薬を処方してもらい、指定期間服用する必要がありました。このマラリアの薬、とても強くて服用で意識が朦朧とするような薬でしたが、何とか無事ビザを取得し、実際にソロモンへ行ったところ、在ソロモンの日本人(建設会社や漁業関係の人が結構たくさんいた)から「そんなものききませんよ」と一笑されました。悲しい・・・・<br /><br />ところで、ガダルカナル島のダイビングスポットは第二次世界大戦中の沈船が主でした。私たちがダイビングしたときのガイドは南アフリカ出身の同年代の女性だったこともあって、地上(地元のマーケット)もガイドしてくれました。<br />知らずにダイビングをしていたのですが、ソロモン諸島の国旗はサメとワニということもあって、サメ、ワニともダイビング中に遭遇する確率が非常に高いそうです。<br /><br />マラリア、ワニ、サメときたらあとは怖いものは何もない・・・というのは嘘で、第二次世界大戦中の激戦地だったこともあって、戦後50年になろうというのに、島中に戦争の傷跡がありました。不謹慎にも私たちは「夜は日本兵の幽霊がでるかもねぇ」などと言っていたのですが、戦友の鎮魂に訪れた日本人の老人のグループを見た瞬間、そんなことを言っていたことをとても恥ずかしく思いました。

ガダルカナル島にてダイビング

3いいね!

1992/03 - 1992/03

37位(同エリア40件中)

0

2

Toondilla

Toondillaさん

ケアンズにいたとき、旅行会社の「ソロモン・バヌアツ・フィジー周遊ツアー」という広告につられ、つい行ってしまいましたが、参加者は私たち2人だけ。

またケアンズの移民管理事務所にオーストラリアの再入国ビザの申請に行ったところ、事務員のおば様達に「ソロモンもバヌアツもマラリアにかかる可能性大なのよ。私が母だったら絶対にソロモン行きなんて絶対に許さないわ。マラリアになったらどうするの」とか「お母様はこのこと知っているの」とか「嫁入り前にいくところじゃないわ」とまで言われました。当時(今も?)はソロモンからオーストラリアへ再入国する際には、移民管理局指定の医者へ行き、マラリアの予防薬を処方してもらい、指定期間服用する必要がありました。このマラリアの薬、とても強くて服用で意識が朦朧とするような薬でしたが、何とか無事ビザを取得し、実際にソロモンへ行ったところ、在ソロモンの日本人(建設会社や漁業関係の人が結構たくさんいた)から「そんなものききませんよ」と一笑されました。悲しい・・・・

ところで、ガダルカナル島のダイビングスポットは第二次世界大戦中の沈船が主でした。私たちがダイビングしたときのガイドは南アフリカ出身の同年代の女性だったこともあって、地上(地元のマーケット)もガイドしてくれました。
知らずにダイビングをしていたのですが、ソロモン諸島の国旗はサメとワニということもあって、サメ、ワニともダイビング中に遭遇する確率が非常に高いそうです。

マラリア、ワニ、サメときたらあとは怖いものは何もない・・・というのは嘘で、第二次世界大戦中の激戦地だったこともあって、戦後50年になろうというのに、島中に戦争の傷跡がありました。不謹慎にも私たちは「夜は日本兵の幽霊がでるかもねぇ」などと言っていたのですが、戦友の鎮魂に訪れた日本人の老人のグループを見た瞬間、そんなことを言っていたことをとても恥ずかしく思いました。

PR

  • この海の中にはサンゴが広がっています。<br />今まで見たことのないような巨大なテーブルサンゴがありました。<br />海の中はサンゴも魚もとても美しいのですが、いたるところに船や飛行機が沈んでいるのも事実です。海底に斜めに突き刺さるように沈んでいる日本の戦艦で、一升瓶や湯のみを見たときには胸が締め付けられる思いでした。

    この海の中にはサンゴが広がっています。
    今まで見たことのないような巨大なテーブルサンゴがありました。
    海の中はサンゴも魚もとても美しいのですが、いたるところに船や飛行機が沈んでいるのも事実です。海底に斜めに突き刺さるように沈んでいる日本の戦艦で、一升瓶や湯のみを見たときには胸が締め付けられる思いでした。

  • これは泊まっていたホテルでたまたま行われていた、年一回の「島対抗、伝統芸能合戦(?)」の写真です。私たちは何と在ソロモン日本領事のご夫婦と一緒のテーブルに着くことに。行儀良くしていたために、あまり写真を撮れませんでした。

    これは泊まっていたホテルでたまたま行われていた、年一回の「島対抗、伝統芸能合戦(?)」の写真です。私たちは何と在ソロモン日本領事のご夫婦と一緒のテーブルに着くことに。行儀良くしていたために、あまり写真を撮れませんでした。

この旅行記のタグ

3いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

Toondillaさんの関連旅行記

Toondillaさんの旅行記一覧

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集