旅行のクチコミと比較サイト フォートラベル

Sweet Homes Parisさんのトラベラーページ

Sweet Homes Parisさんのクチコミ全2件

条件をクリア
エリア
カテゴリ
並び順

  • ホテル
  • ショッピング
  • グルメ・レストラン
  • 交通機関
  • 観光スポット
  • 基本情報
  • 【安!美味!】モンマルトルの気軽なビストロ

    投稿日 2010年04月21日

    ランヴェール・デュ・デコール パリ

    総合評価:4.0

    よく知らない日本人観光客は、治安が悪いと決めてかかるモンマルトルですが、実は結構穴場がいっぱいあるところ。

    メトロ駅(2号線 Anversが一番近い駅、次いで12号線Abbesses)近くの気軽に入れるビストロ1件を紹介します。
    別途クチコミ投稿した
    http://4travel.jp/overseas/area/europe/france/paris/tips/10144215/
    のすぐ近く。

    店名:L'Anvers du Decor(ランヴェール・デュ・デコール)
    住所:32 Bis Rue d'Orsel 75018 Paris
    Tel. 01 42 58 17 56

    ランチ、夜共に低価格でラフなフランスらしい料理を気軽に楽しめ、雰囲気も古き良きパリとモンマルトルの「ヴィラージュ(村)」感覚を交え、夜も20時位なら予約せずにパッと席が取れ、店の人は気さく と良いこと尽くし。

    写真は先日プライベート・ホームズ(http://www.private-homes.com/paris/)のチームの面々とその他友人とで夕食を楽しんだ時の、「メイン プラスデザート」のセットメニューのデザートです。
    ・タルト・オー・シトロン(Tarte au citron、レモンのタルト)
    ・フォンダン・オ・ショコラ(Fondan au chocolat 真ん中とろ~りチョコレートケーキ)
    ・クレーム・ブリュレ(Creme brulee)

    夜でも3、4名で1人20ユーロも見積もれば、ワイン1本添えてしっかりお腹にたまる食事ができますよ。

    地元民が食事を楽しむ場所。
    観光客をカモにするろくでもない表通りのレストランではないので、日本語メニューはありませんが、かえってその方が観光客でも「いかにもカモにして」という感じでなくて良いんじゃないかと・・・

    アクセスは、メトロAnvers駅からサクレクール寺院を目指して、1本目の道(そこがRue d'Orsel)を左折して20メートル前後でしょうか、右手になります。
    気候が良い時期なら外(歩道)にミニテラスが設置されるのでより分かりやすいでしょう。


    旅行時期
    2010年04月
    一人当たり予算
    3,000円未満 
    コストパフォーマンス:
    4.0
    サービス:
    5.0
    雰囲気:
    5.0
    料理・味:
    4.0

  • 安!美味!モンマルトルのレストラン

    投稿日 2010年01月27日

    レ・デリス・ドゥ・ラ・グレース パリ

    総合評価:5.0

    プライベート・ホームズ(http://www.private-homes.com/paris/jp/home)のメンバーが、アパルトマン管理のためにモンマルトルへ出かけると必ず立ち寄る、気軽なギリシャ料理屋さん、
    「Les Delices de la Grece:レ・デリス・ドゥ・ラ・グレース(ギリシャの美食)」。

    なんでパリでギリシャ料理? と言うことなかれ。
    モンマルトルと言うと日本人の間では「観光客ばっかり」と思い込まれているのですが、実はパリ人の間でも知る人には人気の「シックな居住地」として結構人気な、静かで高級目な住宅地もあって、単純に観光客だらけなのがモンマルトル、と思い込むのは、知らない人だけ。

    そんなこの地区の、観光ルートからひょいと飛び込める小さな通りに、気さくでフレンドリーで、なおかつクオリティ高いギリシャ料理屋さんがあり、プライベート・ホームズのお勧めは、フレンチテイストを追加した、
    「ギリシャ・クレープ」。

    お惣菜を揃えてテイクアウトもできるお店なので、見ながら選べる中身を好みにチョイスして、その場でクレープ仕立てにしてもらえます。
    フライじゃないオーブン焼きの肉又は野菜団子、ギリシャ料理の代表格、「ドルマス(ぶどうの葉包みご飯)」、赤ピーマンのチーズ詰め、パセリたっぷりのサラダ、たらこソース、タジキ(ヨーグルトベースにキュウリ風味のサッパリソース)、フンモス(ひよこ豆のディップ)、オクラのトマト煮(とろっとろで美味!)、ナスのトマト煮(こちらも舌の上でとろけるよう)・・・
    などなど、チョイス沢山。

    普通の日本人女性のお腹じゃ食べきれないくらい見事なボリュームで、ほんの7.5ユーロという魅惑の価格。

    二度と戻って来ない観光客狙いのお店とは格段に違う、お勧めの点は、素材から厳選してこだわりの料理を手がけていて、店主のアムザ氏曰く、
    「儲けだけ考えてどうでも良いもの食べさせるところ、今多いじゃない? 僕自身、素材が怪しいものって受け付けない体質だからさ。お客さんにも良いものを楽しんで欲しいんだよね」。

    1人でも気軽に食事できる、小さな小さな、お惣菜屋のようなレストラン。
    住所:15 rue Andre Barsacq 75018 Paris

    アクセス:メトロ2号線「Anvers」駅から、モンマルトルのサクレクール寺院へ向かう道を上がり、ケーブルカー乗り場に向かって左側の、ケーブルカーに沿って寺院へアクセスする長い階段を登り始めて最初の小道を左に折れて、その道(rue Andre Barsacq:アンドレ・バルサック)を辿ってほぼすぐ左手。

    ちょくちょく入り浸っている仲間によると、
    「迷い込んだ外国人観光客が道を尋ねて、言葉が通じなくても気軽に応じて道案内したり、近所の人が通りすがりに立ち話して行ったり、今までいつも一人でふらっと寄ってるんだけど、退屈したことないのよ」。

    旅行時期
    2010年01月
    一人当たり予算
    1,000円未満
    コストパフォーマンス:
    4.0
    サービス:
    5.0
    雰囲気:
    5.0
    料理・味:
    5.0

Sweet Homes Parisさん

Sweet Homes Parisさん 写真

2国・地域渡航

0都道府県訪問

写真 | QA掲示板 | 行ってきます | 掲示版 | コミュニティ | 行きたい

Sweet Homes Parisさんにとって旅行とは

その土地その土地の「そこへ行かないと楽しめないこと」を求めて。

自分を客観的にみた第一印象

大好きな場所

東京、NY、Paris

大好きな理由

透明人間になれるから

行ってみたい場所

発展途上国。1度も行ったことがない。国内の「後進地区」なら沢山あるけど。

現在2の国と地域に訪問しています

現在0都道府県に訪問しています

参加中のコミュニティ(全1件)