1. ホーム
  2. 海外旅行
  3. ヨーロッパ
  4. トルコ
  5. ガズィアンテップ
  6. ガズィアンテップ 観光
  7. ゼウグマ モザイク博物館
ガズィアンテップ×
旅行ガイド
観光
グルメ
ショッピング
交通
ホテル
旅行記

ゼウグマ モザイク博物館 Zeugma Mosaic Museum

博物館・美術館・ギャラリー

ガズィアンテップ

観光の所要時間:
1-2時間

このスポットの情報をシェアする

ゼウグマ モザイク博物館 https://4travel.jp/os_shisetsu/10544322

クリップを編集する

ラベルを選ぶ

  • ラベルはまだありません

公開設定

施設情報

施設名
ゼウグマ モザイク博物館
英名
Zeugma Mosaic Museum
住所
  • Mithatpaşa, Hacı Sani Konukoğlu Bulvarı, 27500 Şehitkamil/Gaziantep
営業時間
9:00~18:30 (冬期 ~16:30)
休業日
月曜日
予算
10TL
カテゴリ
  1. 観光
  2. 文化・芸術・歴史
  3. 博物館・美術館・ギャラリー

※施設情報については、時間の経過による変化などにより、必ずしも正確でない情報が当サイトに掲載されている可能性があります。

クチコミ(2件)

ガズィアンテップ 観光 満足度ランキング 1位
3.23
アクセス:
5.00
コストパフォーマンス:
5.00
人混みの少なさ:
5.00
展示内容:
5.00
  • 満足度の高いクチコミ(2件)

    質・量ともに圧倒的に素晴らしいモザイク博物館

    5.0

    • 旅行時期:2018/10
    • 投稿日:2022/08/15

    2011年開館の博物館。ゼウグマの古代遺跡で発見された美しいモザイク画の数々を鑑賞することができます。ギリシャ神話を題材に...  続きを読むしているものが多く、その立体感、透明感はモザイクとは思えない完成度です。 中でも有名なのが「ジプシーの少女」と呼ばれるモザイク画。 ゼウグマは、ガジアンテップ郊外、ユーフラテス川の畔に建てられたコンマゲネ王国の古代都市。紀元前300年にアレクサンダー大王の将軍、セレウコス1世によって創建されました。ユーフラテス川に橋が架かっていたことから、ゼウグマはギリシャ語で「橋」の意。紀元前31年に、ローマ帝国の支配下に入りました。 当時ゼウグマに住む富裕層の邸宅は、ユーフラテス川から採れる様々な色の石を使って床にモザイクが敷かれ、壁はフレスコ画で装飾されたそうです。 これらの遺跡は、ユーフラテス川で計画されたダム建設によって発見されたものの、2000年のダム完成によって遺跡の3分の1は水没してしまいました。しかし考古学者の努力もあり、モザイク画のうち約3分の2は保護され、現在はガジアンテップのこのモザイク博物館に展示されています。  閉じる

    mishmish

    by mishmishさん(非公開)

    ガズィアンテップ クチコミ:2件

  • ジプシーガールは素晴らしい

    • 4.5
    • 旅行時期:2019/12(約3年前)
    • 1

    ガジアンテップ観光で最も行くのを楽しみにしていた場所です。高速道路の向こう側にあるので、市街から歩いて行くのは少し大変でし...  続きを読むた。トルコ政府が威信をかけて作っただけあって、とても素晴らしい博物館でした。有名なジプシーガールは、専用の部屋に飾られていました。うまい具合に一人だけで見ることができて、ゆっくり鑑賞できました、どの角度から見ても見つめられているように見える素晴らしいものでした。  閉じる

    投稿日:2019/12/08

  • 質・量ともに圧倒的に素晴らしいモザイク博物館

    • 5.0
    • 旅行時期:2018/10(約4年前)
    • 18

    2011年開館の博物館。ゼウグマの古代遺跡で発見された美しいモザイク画の数々を鑑賞することができます。ギリシャ神話を題材に...  続きを読むしているものが多く、その立体感、透明感はモザイクとは思えない完成度です。

    中でも有名なのが「ジプシーの少女」と呼ばれるモザイク画。

    ゼウグマは、ガジアンテップ郊外、ユーフラテス川の畔に建てられたコンマゲネ王国の古代都市。紀元前300年にアレクサンダー大王の将軍、セレウコス1世によって創建されました。ユーフラテス川に橋が架かっていたことから、ゼウグマはギリシャ語で「橋」の意。紀元前31年に、ローマ帝国の支配下に入りました。

    当時ゼウグマに住む富裕層の邸宅は、ユーフラテス川から採れる様々な色の石を使って床にモザイクが敷かれ、壁はフレスコ画で装飾されたそうです。

    これらの遺跡は、ユーフラテス川で計画されたダム建設によって発見されたものの、2000年のダム完成によって遺跡の3分の1は水没してしまいました。しかし考古学者の努力もあり、モザイク画のうち約3分の2は保護され、現在はガジアンテップのこのモザイク博物館に展示されています。  閉じる

    投稿日:2018/12/26

1件目~2件目を表示(全2件中)

このスポットに関するQ&A(0件)

ゼウグマ モザイク博物館について質問してみよう!

ガズィアンテップに行ったことがあるトラベラーのみなさんに、いっせいに質問できます。

  • mmm23さん

    mmm23さん

  • mishmishさん

    mishmishさん

このスポットで旅の計画を作ってみませんか?

行きたいスポットを追加して、しおりのように自分だけの「旅の計画」が作れます。
クリップ したスポットから、まとめて登録も!

PAGE TOP