1. ホーム
  2. 海外旅行
  3. ヨーロッパ
  4. デンマーク
  5. コペンハーゲン
  6. コペンハーゲン 観光
  7. 王立武器博物館
コペンハーゲン×
旅行ガイド
観光
グルメ
ショッピング
交通
ホテル
旅行記
Q&A

王立武器博物館 Toejhusmuseet

博物館・美術館・ギャラリー

コペンハーゲン

観光の所要時間:
1-2時間

このスポットの情報をシェアする

王立武器博物館 https://4travel.jp/os_shisetsu/10384261

クリップを編集する

ラベルを選ぶ

  • ラベルはまだありません

公開設定

施設情報

施設名
王立武器博物館
英名
Toejhusmuseet
住所
  • Toejhusgade 3, 1214 Koebenhavn
カテゴリ
  1. 観光
  2. 文化・芸術・歴史
  3. 博物館・美術館・ギャラリー

※施設情報については、時間の経過による変化などにより、必ずしも正確でない情報が当サイトに掲載されている可能性があります。

クチコミ(5件)

コペンハーゲン 観光 満足度ランキング 37位
3.27
アクセス:
4.00
クリスチャンスボー城の隣 by ひがしさん
コストパフォーマンス:
3.33
コペンカード利用可 by ひがしさん
人混みの少なさ:
4.75
展示内容:
3.50
展示量は多いがマニア向け by ひがしさん
  • 大砲・銃器類の展示量はすごい

    • 2.5
    • 旅行時期:2019/06(約2年前)
    • 0

     時間の余裕が生じたので、急遽訪れました。入り口レセプションを経て一旦外に出て入り口のある中庭に出たが,誰もいない、入り口...  続きを読むがどこかわからない、マゴついて改めて入り口の場所を聞き直す。建物は修道院か学校の寄宿舎を再利用したかと思われる,縦に長い2F建て。
     1Fに入っても、相変わらず私一人。それほど不人気な施設?
     1Fは大砲・銃器類のものすごい数の展示、壮観。2Fは海軍王国・デンマーク艦船の歴史をたどる充実した展示。
     全体的に保存状態が良く丁寧な展示で、静かにじっくり鑑賞できる。
     軍事オタク・軍事マニア向けの感じで、女性には不向きか。

       閉じる

    投稿日:2019/07/24

  • 静かな路地の奥にある

    • 3.5
    • 旅行時期:2017/08(約4年前)
    • 0

    クリスチャンスバー城の南側、やや細い静かな路地の奥にある。17世紀に王立武器庫として建てられた建物で外観はかなり古いが、館...  続きを読む内は改装されている。14世紀以降の大砲や戦車、武器、軍服などがずらりと並んでいてちょっとびっくりした。訪問者は少なくゆっくり見れた。クリスチャンスバー城と併せて訪問するのもいいかもしれない。  閉じる

    投稿日:2017/10/13

  • 世界中から集められた武器が展示されています

    • 3.5
    • 旅行時期:2014/10(約7年前)
    • 0

    この博物館はクリスチャン4世により17世紀初め、王立兵器庫として建てられました。
    クリスチャンスボー城や国立博物館のすぐ...  続きを読む近くにあります。
    水曜日は無料なのでお勧めです。コペンハーゲンカードも利用できます。
    観光客は少ないのでゆっくり見学できました。  閉じる

    投稿日:2015/11/18

  • A 訪問の経緯
    http://www.euro-t-guide.com/See_Type/Military_1.htm
    ...  続きを読む
    からデンマーク国内の軍事飛行機博物館を抽出し、訪問した。
    B 博物館までの交通機関
    市内中央駅から徒歩
    C 展示内容とデンマークの歴史 スカジナビア三国との比較
    シュレースヴィヒ=ホルシュタイン戦争で第一次は1848年から1852年にかけて休戦を挟んで断続的に、第二次は1864年に行われた。第二次の戦争がプロイセン側の勝利となり、シュレースヴィヒ=ホルシュタイン公国はプロイセンとオーストリア帝国の管理下に置かれ、後にプロイセンの州となった。
    1905年にデンマークノルウェーの同一君主連合からノルウェーが独立王国となり、ノルウェー独立。
    第一次世界大戦中はノルウェースウェーデンとともに中立。
    第二次世界大戦ではノルウェー、スウェーデンとともに中立を宣言するも、ノルウェーとデンマークはドイツに占領される。
    即ちデンマークの19世紀から20世紀の歴史は領土を失い敗戦の歴史である。
    第二次世界大戦後はノルウェーとデンマークはNATOに加盟
    スウェーデンはNATOに加盟せず中立。
    EUにはデンマークとスウェーデンは加盟。
    ノルウェーは二回国民投票をしたが、加盟せず。
    ユーロは三カ国とも採用せずいずれも通貨単位はクローネ
    アフガニスタンにはNATO加盟国として、ノルウェーとデンマークは軍を派遣し、ノルウェー軍は死者10人以上デンマーク軍は死者40人以上
    を出している。
    1.沿岸砲の歴史展示
    古い順にデンマーク製、デンマークノルウェー製、ドイツ製と並んでいる。ドイツ製はデンマーク語でTyskと表示。
    2.アフガニスタンへのデンマーク陸軍の派遣
    映画「アルマジロ」世界の展示。アフガニスタンの小さな村をアルカイーダから守るデンマーク陸軍の活躍展示。
    3.1864年第二次シュレスウィヒ戦争
    英語説明がなく、何故今展示が行われているのか不明。
    4.屋外展示
    F-16に乗降体験可能。
    F-16は、アメリカ合衆国のジェネラル・ダイナミクス社が開発したジェット戦闘機である。
    日本で採用されているF-15に比較して廉価であり世界各国で採用されている。
    デンマークはNATOの加盟国として、廉価なF-16を採用したと思われる。
    戦後においては、デンマークは友好国であるスウェーデン製サーブ戦闘機も採用した。サーブの展示はAalborgにある。
    D 参考文献と参考意見
    友人の意見、軍事博物館とレジスタンス博物館及び以下の文献を参考にしている。
    ウィンストン チャーチル著毎日新聞翻訳委員会 「第二次大戦回顧録」
    捲き起る嵐 第二編たそがれ戦争(下)
    第十二章 海上の激突
    第十三章ナルヴィク
    第十四章トロントハイム
    第十五章ノルウェーにおける失敗
    第十六章ノルウェー最終段階

    E 北欧諸国と第一世界大戦及び第二次世界大戦

    1.北欧諸国の分類
    旅の途中でスカンジナビア国の人に、デンマーク、ノルウェー、スウェーデン、アイスランド、フィンランド、ラトビア、エストニア、リトアニアの国々は
    どのように分類されるのか聞くと
    A Nordic Coutries
    B Scandinavian Coutries
    C Baltic Coutries
    の三種類の分類を聞かされる。
    A にはデンマーク、ノルウェー、スウェーデン、アイスランド、フィンランド
    B にはデンマーク、ノルウェー、スウェーデン、
    C にはラトビア、エストニア、エストニア
    が定説のようである。

    2.第一次大戦と北欧諸国
    デンマーク、ノルウェー、スウェーデンは中立を宣言し、戦禍を免れた。
    フィンランド、ラトビア、エストニア、リトアニアはロシア革命に乗じてロシアから独立を果たした。
    但し、ノルウェーの西部の諸港の漁船又は商船はドイツUボートにより沈没させられた例が多く存在し、強い反独感情を抱くようになっている。
    第一次大戦後の北欧諸国の軍備
    生産国は主としてドイツ、イギリス、小型の水雷艇は自国生産である。従って。ドイツ製の大砲及び航空機などが現在も保存されている。
    3.第二次大戦と北欧諸国
    デンマーク、ノルウェー、スウェーデン、アイスランド、フィンランドは中立を宣言した。
    フィンランドはソビエト連邦がフィンランドとの不可侵条約の破棄を宣言し、侵攻を開始した。
    1940年、コペンハーゲンで三国外相会議が設けられ、厳正中立の申し合わせと対フィンランド援軍派遣の拒絶が決定され、北欧中立ブロックはあっさりと崩壊してしまうこととなった。
    フィンランドとソ連の戦力差は明らかで、ソ連の圧倒的優位で戦争は進められたが、イギリスとフランスが大規模な援軍派遣を検討していることが表沙汰となるとソ連は態度を軟化させ、
    フィンランドとの和平交渉に乗り出した。1940年3月12日、カレリア地方およびフィンランド湾諸島の割譲などがなどが盛り込まれたモスクワ講和条約を締結した。
    バルト諸国占領などによってソ連の勢いが増したことに脅威を感じていたフィンランドはドイツとの関係を深めることで払拭を試みたが、
    バルバロッサ作戦を皮切りとして継続戦争が開始されると周辺諸国に枢軸国側として認知され、北欧で完全に孤立することとなった。
    4.ノルウェーのドイツにとっての戦略的価値
    ドイツへの鉄鉱石の供給
    スウェーデン Kiru na ノルウェー Narvic間の鉄道輸送 Narvicから鉱石運搬船により、ドイツへ。
    北海へのUボート、ドイツ艦隊の北海出撃基地 船舶の補修基地
    ノルウェーからは北海へ容易に出撃でき、北海はイギリスの重要な食料武器を供給する護送船団の航路となっている。この航路破壊の目的でノルウェーに海軍基地を作る。
    5.ノルウェー、デンマーク及びスウェーデンの厳正な中立維持
    ノルウェーはノルウェー領海内を航行する非武装の商船には航行を妨害しない。領海に武装した艦船の進入があった場合は排除する。
    このことがノルウェー回廊と呼ばれるナルビックからドイツ本土へのドイツ鉄鉱石運搬船の安全な航路を確保していた。
    デンマークは1939年にドイツの間に国境不可侵条約を結び、中立を維持しようとしていた。
    スウェーデンは中立を宣言し、フィンランドがソ連にによって侵略された際、イギリスがスウェーデン領内を通過して、フィンランドを通過させることを拒否していた。
    6.デンマークのドイツにとっての戦略的価値
    ユトランド半島のAARBORGを除き戦略的な価値はない。AARBORGはイギリスへの空からの攻撃又は防御及び北大西洋の空からの通商破壊のための空軍基地を設置することに価値がある。
    7.ドイツ軍のノルウェーとデンマークへ侵攻
    1940年4月9日未明ドイツ軍はノルウェーへは海と空から、デンマークへは空と海と陸から侵攻を開始した。
    ノルウェーは1940年6月7日までにノルウェー国王と政府はイギリスに脱出し、亡命政府を樹立する。同年6月10日ノルウェー軍は降伏する。現国王は当時3才であり、母、姉2人と共に、陸路スウェーデンに亡命する。スウェーデンはドイツから現国王他のドイツへの引き渡し要求があり、当時中立国であった米国ルーズベルト大統領の仲介により、米国に亡命した。現国王が、祖父王と父に再会したのは、ドイツに勝利した5年後のことである。現国王は、1940年にスウェーデンに亡命した時以降二度とスウェーデンを訪問して無い。自らの独立を維持するために、ドイツに協力したスウェーデンへの抗議と思われる。
    デンマークはドイツと国境を接しているためドイツ軍は陸から、一部は海からコペンハーゲンに上陸。AARBORGには空挺部隊により占領した。
    デンマークはノルウェーと異なり、ドイツとは平坦な平野で陸続き、ノルウェーは高い山深い雪により防ぐことが可能、ノルウェーは主要な都市はフィヨルドの奥にあり砲台、魚雷艇などにより防衛が可能。
    ノルウェーは首都オスロを守る砲台、魚雷艇の活躍により、オスロへの侵攻を遅らせ、ノルウェー国王と政府が陸路と海路、ノルウェー北部への脱出行を可能にした。
    デンマークは宣戦を布告することなく、ドイツ軍に占領され、一定の範囲内での自治を行う許される。
    デンマークはサボタージュ又はストライキ等でドイツの占領に抵抗し続けたためにドイツはデンマーク政府の自治を制限し、占領を強化し、戒厳令を施行しようとした。
    デンマーク政府は秘密裏に、ドイツ軍にデンマーク艦艇が利用されないように、1943年8月29日各艦艇が自沈又は当時中立国のスウェーデンに脱出するように指示した。この結果多数の海軍艦艇が自沈した。

    8.デンマークにおけるユダヤ人
    ノルウェーはドイツ軍の占領下においては、多数のユダヤ人がゲシュタポによって強制収容所に送られ死亡した。
    デンマークは1943年10月頃までの間はユダヤ人はノルウェーのように強制収容所に送られることはなかったが、
    1943年10月以降ゲシュタポがデンマーク領内のユダヤ人を強制収用所送りにする計画があることがリークされ、
    デンマーク国内にいた25000人以上のユダヤ人はスウェーデンに海路脱出した。
    9.他の訪問先との関連口コミ
    a ベタースクラム
    デンマーク海軍第二次世界大戦中と戦後を象徴する艦船 先代はドイツに引渡しを拒否して自沈 本艦はバルト海の防衛をドイツ海軍と共同
    https://4travel.jp/os_shisetsu_tips/11413253
    b Springeren Marine Experience Center 
    ドイツ占領軍への協力を拒否し、艦艇を自沈させたデンマーク海軍の記録展示
    https://4travel.jp/os_shisetsu_tips/11316307
    c Aalborg Defence- and Garrison Museum
    ドイツ難民33千人受入れたデンマーク1945-1948年 第二次世界大戦におけるドイツの占領、抵抗、解放と戦後 デンマークの戦争体験の記録と兵器を展示
    https://4travel.jp/os_shisetsu/10449540
    d デンマーク ユダヤ博物館
    ナチスの迫害から多数のユダヤ人を助けたデンマーク人 特別展「戦争中のユダヤ人」
    https://4travel.jp/os_shisetsu_tips/11335083
    e クロンボー城
    函館五稜郭と類似した星形要塞 1940年4月ドイツ軍攻撃にも立ち上がらなかったホルガー・ダンスク
    https://4travel.jp/os_shisetsu_tips/11727902  閉じる

    投稿日:2014/09/08

  • たくさんの大砲と武器と…

    • 4.5
    • 旅行時期:2009/09(約12年前)
    • 1

    クリスチャンスボー城の近くにあります。館内の1階にはいろいろな種類の大砲が並べられていました。大砲用の玉もありました。一度...  続きを読むにこれほどたくさんのものは今までに見たことがなく楽しくなります♪2階には、戦いのときに身に着けていた鎧や鉄砲、剣、ラッパ等が展示されていました。
      閉じる

    投稿日:2012/04/16

1件目~5件目を表示(全5件中)

このスポットに関するQ&A(0件)

王立武器博物館について質問してみよう!

コペンハーゲンに行ったことがあるトラベラーのみなさんに、いっせいに質問できます。

  • ひがしさん

    ひがしさん

  • Ptravelerさん

    Ptravelerさん

  • ぴょこたんさん

    ぴょこたんさん

  • kirstiNorgeさん

    kirstiNorgeさん

  • まっかーしーさん

    まっかーしーさん

このスポットで旅の計画を作ってみませんか?

行きたいスポットを追加して、しおりのように自分だけの「旅の計画」が作れます。
クリップ したスポットから、まとめて登録も!

PAGE TOP