旅行のクチコミと比較サイト フォートラベル

千種・今池 旅行記(ブログ) 一覧に戻る

千種・今池人気旅行記ランキング1位(480件中)

わらびもちを食べに名古屋へ行きました ~京都の店との食べ比べ~

関連タグ

    旅行時期 2014/04/18 - 2014/04/19 (2014/04/28投稿

    貰い物の近鉄株主優待券を使おうと思慮していたら、以前より気になっていた
    「芳光」(名古屋では超有名店)のわらびもちを食べてみたくなり、目的地を
    名古屋にしました。
    今迄は(京都から)日帰りしかしたことなかったのですが、今回は片道で1枚の
    切符しか使えないので、2枚使う都合上、1泊することに。

    今回の「わらびもち」は単に有名店へ食べに行くだけではなく、ゆかりのある
    京都の店との食べ比べすることを目的としています。

    芳光のご創業者は独立される前に京都の「塩芳軒」で修業され、開業時に
    「芳」の1字を頂戴。
    更に塩芳軒の現ご当主の次男さんが独立して「聚洸」という店を営まれて
    いますが、最初の修業先が芳光なんです。
    (二度に亘り修業され計7年間)

     参考 聚洸のインタビュー記事
     http://www.bunet.jp/world/html/20_11/518_kyotogaku/index2.html

    つまり、塩芳軒-芳光-聚洸という図式ができ、わらびもちの中に漉し餡を
    加えた同じスタイルで実食が可能。

    3年前から考えていた旅行プランがついに実施できる高揚感とともに、
    他にも気になっている名古屋の店を絡めようと計画しました。

     1.芳光で「わらびもち」を食べる
     2.中央卸売市場に行く
     3.「あさくら」でトンカツを食べる
     4.ドテ焼きや味噌おでんを食べる

    かなり高カロリーな旅になるので、途中の食事では体に優しいものを
    挟んでいます。
    1食くらい抜きゃいいのにというご意見もあるでしょうが、旅先では
    行きたい店が沢山あり、抜くなんていう発想はありません。

    1~4以外にも事前に計画しており、無駄な時間を出さぬようしました。
    では、ご覧になってやってください。

    写真 80枚

    交通手段 : 
    • 現地移動 :  私鉄
    エリア:
    愛知 | 千種・今池
    エリアの満足度:
    評価なし
    • まずは、塩芳軒・芳光・聚洸の「わらびもち」について。

      わらびもちはわらび粉を熱しながら掻き混ぜ、冷やして固めるのが通常の製造方法で、
      一般的に黄な粉や黒蜜をかけて頂くスタイル。

      一方で上記の3店は、固まる前に漉し餡を入れ丸めてから黄な粉をふりかけて頂く、
      いわゆる生菓子のスタイルです。

      写真は塩芳軒のですが、断面図はこのようにあんこが入っています。
      名古屋へ行く前に京都の2店をリサーチしましょう。

    • 旅行前に塩芳軒に伺いました。

      塩芳軒
      京都市上京区黒門通中立売上ル飛騨殿町180
       075-441-0803
      9:00〜18:00 日祝・第3水曜定休
      http://www.kyogashi.com/kyoto/main.html

      この建物、NHK連ドラ「あすか」の舞台となった「扇屋一心堂」として撮影されています。

    • 塩芳軒は落雁で有名になっていますが、創業以来生菓子も作られています。
      土産屋や料理店にも卸してあり、お店で販売する分も含め、多量に用意を
      されているように思われます。

      3店舗中で、最も外側が固め(多少時間が経っていたのかも)、漉し餡の濃さが
      感じられました。 (454円/個 税込)

    • 続いて(もちろん旅行前)聚洸へ買いに行きました。

      聚洸(じゅこう)
      京都市上京区大宮寺之内上ル筋違橋町
       075-431-2800
      10:00〜17:00 売切れ次第終了 水・日・祝定休

      連日予約のみの販売になっており、電話しても繋がらないことが多いです。
      作業中は電話に出ない場合もあるので、タイミングを見計らって電話される
      ことをお勧めします。
      (因みに自分は前日に店に伺い予約)

    • 聚洸は基本的に助手との2人で仕込んでおり量も限られ、1日5種類の生菓子に
      絞って提供されています。

      わらびもちは、硬さも漉し餡の濃さも、塩芳軒と芳光の間という印象。

    • 今回の京都からの手土産はこれらを用意しました。

                赤い大地のちから(たま茶)
                http://www.tamacha.net/
      里山ブレンド                       かれぇどすえ
      (cafe ヒノコ)                     (宮川町歌舞練会)
                COEブレンド(カフェタイム)
                http://www.cafetime-kyoto.com/

    • 今回は近鉄の京都駅が出発点です。

    • 早めに着いたため、予定より1本前倒しで特急に乗車。

    • 写真の左が株主優待券です。
      京都〜名古屋の乗車券2,590円分が浮き、特急料金1,900円のみ自己負担。

      京都 09:50 → 10:38 大和八木 10:40 → 11:35 伊勢中川 11:37 → 12:37 名古屋

      大和八木駅は階段を登ってのホーム移動のため、2分でギリギリでした。

    • 今回も甘いものメインに高カロリー摂取がさけられないので、新発売の特保茶
      からだすこやか茶W(コカコーラ社)を準備。
      1泊2日なのに5〜6本も飲みました。
      ほうじ茶ベースで飲みやすいんですよね。

      名古屋駅に到着し、トラベラーのcrossさんが自家用車でお出迎えして頂きました。

    • crossさんの車で千種駅近くまで移動。
      この後、和菓子をハシゴするので、胃に優しい店を選択。

      空色曲玉(そらいろまがたま)
      名古屋市中区新栄3-16-21     052-251-6949
      11:30-19:00(19:00以降は要予約)  カフェ営業は水・木・金・土

    • 築130年の米蔵を改装し、2000年にオープン。
      名古屋のマクロビの中では有名店のようで、木曽川流域で栽培される無農薬野菜を
      なるべく選ばれています。

      地産地消、自然の摂理をテーマに営業されています。
      オープン当初は店主さん1人で切り盛りされていたようですが、訪問日は若い方が
      手伝われていました。

    • crossさんもmolmも野菜プレートランチ(1,200円+税)を注文。

      雑穀米に赤だし(昆布と椎茸の出汁)、野菜プレートはキャベツサラダから時計回りに
      みかん、ネギとマカロニの和え物、ひじき煮、車麩の天ぷら、タケノコお浸し、
      真ん中の紅イモが甘く味付けされています。

      名古屋の味噌汁にしては味が薄めですが、個人的には丁度いいです。
      crossさんも自分も車麩が気に入りました。
      感想の麩を出汁で水戻しして衣をつけ揚げてあります。

      朝食を抜いていたので、胃に優しく染み渡りました。

    • 更にcrossさんの車で移動し、旅の目的地である「芳光」に到着。
      駐車場が3台分しかなく、次々に停車して来ます。

      芳光
      名古屋市東区新出来1−9−1   052-931-4432
      9:00〜18:00  日曜・正月定休

    • 名古屋で知らない人は殆どいない超有名店で、わらびもちは飛ぶように売れます。
      (滞在30分中で数十個)
      多い日は1日で1,000個も作るんだとか。

      注意すべきなのが購入時期。
      一般的に夏の和菓子わらびもちですが、芳光では7〜9月は販売されません。

    • イートインができるので、crossさんと一緒にお茶しました。

      煎茶とプチ松露はサービスです。

    • わらびもちは295円(税込)と良心的価格。
      京都だと生菓子の相場は400円/個で、原価高や増税の影響で更に上昇。

      上記にも挙げましたが、塩芳軒や聚洸と比べ柔らか目、というよりトロトロ。
      断面図を撮ろうとしたら、形が崩れていくほどです。

      ハッキリ言って値段以上の価値があります。

    • カルメラのくずは無料で頂けます。
      柚子味が好みなので、1つだけ頂きました。

    • もう1軒和菓子を巡りたくて(事前計画済)、大曽根駅から西の西大曽根バス停まで
      crossさんの車で移動。

      crossさんとはここでお別れ。 送迎ありがとうございました。

    • 芳光とともに行ってみたく、かつ近所であるこの店。

      楽庵 老木や(らくあん ろうきや)
      名古屋市北区大曽根2−8−4    052-911-3388
      9:00〜18:00  木曜・日曜定休
      http://www.wakagiya.com/

      以前は「若木屋良恭」という名でしたが、店主さん自身が老いてきたため、
      2012年6月より「楽庵 老木や」に屋号変更。
      (法人名は若木屋良恭のままなんですが)

    • 芳光でわらびもちを食べたばかりですが、せっかくなのでイートイン。

      E・あんばい餅(税込150円)と抹茶(税込250円)を注文。

    • こちらがE・あんばい餅と抹茶。

      E・あんばい餅は店主さん1人で作られており、数が限られます。
      予約推奨ですが、開店から午前中なら入手しやすいそうです。

      一時期、東海テレビで紹介され、注文が殺到した影響で個数制限(1人6個まで)
      していたそうな。
      今は落ち着いており、個数制限しておりませんが、もちろん良識の範囲で注文を
      すべきです。

    • E・あんばい餅の横は約8cmです。

      黒胡麻ときな粉の塩梅もさることながら、おはぎのように米粒を残し、丹波大納言の
      食感・味わいの良さに感動。
      少し塩味がするなぁと思ったら、餅の部分に塩麹が入っているそう。

    • E・あんばい餅の断面図です。

      同じレシピでも他の人が作れば同じ味にならず、また店主さんも77歳で後継者も
      いない(継がせない)ので、この味を堪能できる時間は少なくなっています。
      もちろん1日でも長くご健在でいてもらいたのですが、営業するのもあと数年か。

      今回の旅で最大の収穫でした。

    • 大曽根駅から地下鉄で伏見駅へ移動し、宿泊先のリッチモンドホテル名古屋納屋橋へ。
      http://www.richmondhotel.jp/nagoya/

      楽天トラベルを通じショートステイ(21〜翌9時)プラン5,000円で予約。

      到着時は21時にはなっていないので、荷物だけ預けることに。
      夕食後だと21時を過ぎるので、これで充分。(しかも翌朝も早いので)

    • 旅行の数日前からトラベラーはな♪さん(県内在住)から連絡が入り、夜なら時間が
      取れるとのことで、かつ店は任せる(何で?)と言われ、では「島正にしましょう」と
      回答しました。

      島正(しましょう)
      名古屋市中区栄2−1−19   052-231-5977
      17:00〜22:00   土日祝定休   予約不可
      http://www.shimasho.biz/

      予約不可ですが、客の開店も早く、入店時は空き席がありました。

    • 店舗はリニューアルされていますが、基本はカウンター20席の店内。
      (宴会予約の場合のみ上の階を使用)
      創業は1949年に広小路通での屋台「きむらや」ですが、屋台廃止令に伴い伏見で
      店舗営業。

      はな♪さんは梅酒ロック、molmは生ビールを注文。
      お通しはジャコおろしです。

    • おでん盛り合わせ(1,250円)を頼みました。
      大根・玉子・里芋・豆腐・こんにゃくです。

      見た目は黒いですが、味はそう濃くありません。
      仕込みがしっかりしていることが想像できます。

    • 牛スジ煮込み、いわゆるドテ焼きです。
      柔らかく、思ったより脂身が少なくアッサリしています。
      (味噌のあじはそれなりにしますが)

      現在は鍋で煮込みますが、当初は鉄板の上に味噌で土手を設け、中に水を入れて
      焦がし煮詰めする「焼き」の手法でした。

    • オムレツ(牛筋なし400円)を追加。
      上に味噌ダレがかかっており、軽くツマむにいい一品。

      サラリーマンばっかりかと推測してましたが、客層は幅広く、女性2人組とかも
      いるほどで、長年愛されてきた印象。
      お通し・ビール・梅酒・おでん盛り合わせ・牛スジ煮込み・オムレツで計4,000円。
      次々に客が来たので、我々も40分ほどで出ました。

    • 夜の街を散策。

      オアシス21です。

    • テレビ塔です。

    • サンシャインサカエです。

    • 旅行前に夜カフェができる店を探していたら、この店を辿り着き計画。
      アップルパイが食べたくなったもので。(和菓子2軒も行ってるのに…)

      ヴァンサンヌ ドゥ
      名古屋市中区錦3−6−29 サウスハウスビルB1F(アパホテルの近所です)
       052-963-8555   11:00〜23:00  無休
      http://www.cafe-deux.com/

    • 地下に入った入口です。

      外観ではわかりにくいですが、店内は60席あるようです。

    • 入口の看板にはやはりアップルパイを前面に出しています。

      はな♪さんはアップルパイに食いつかれたんですよ。

      はな♪さんの旅行記 http://4travel.jp/travelogue/10877848

    • はな♪さんと2人で注文したのはこれらです。

      さすがに1人でアップルパイとハニートースト両方は食べられないし、
      シェアできる有難味が。

      それに、ここでは2時間近くトーク(殆ど食い物ネタ)で盛り上がりました。

    • まずはアップルパイ(アイス付きで税込750円)。
      熱々でサクサク、楽しみながら頂きました。

      入店時は空席があったものの、次々と客が舞い込み、待ってもらうor断る展開に
      なっていました。
      利用者にとっては夜カフェができると有難いのですが、店側は滞在時間が長い割に
      客単価が低いので、一般的に乗り気ではありません。
      そこでアップルパイを看板にし、客単価を上げる見事なスタイルです。

    • ハニートースト(アイスなしで税込600円)は中身が蜂蜜とバターが染み込んでおり、
      その一方で耳の部分は堅めでした。

      因みに予約は可能なようです。(リザーブ席もありましたし)
      どうしてもという方は事前に店へ電話されることをお勧めします。

    • コーヒーも前面に出している店ですが、何故か2人ともアールグレイを注文。
      (やはりスイーツにはアールグレイが合うので)

      はな♪さんからは手作りのベーグルを頂き、帰宅翌日に頂きました。(写真忘れた)
      素朴ながらビックリするほどの美味しさで、普段からこんなの食べられたならなぁ。
      原材料の小麦粉キタノカオリならデニッシュにも向きますよ。

      キタノカオリに関する旅行記  http://4travel.jp/travelogue/10684336

      はな♪さんとは栄駅でお別れ。
      楽しい時間で、お世話になりました。

    • リッチモンドホテル名古屋納屋橋まで歩き、23時半にチェックイン。

      シングルルームなのに広めで、特にデスクが大きいのは有難いです。
      コンセントも幾つかあるし、デスク上でPC電源と携帯充電ができます。

    • 甘いものを食いまくっているのに、夜食に柏餅(楽庵老木や)・わらびもち(芳光)を
      食べてしまいました。 (日持ちしないのに持ち帰りしたもので)

      すぐ寝りゃいいのに、荷物整理・パソコン作業・今日のまとめ・入浴・洗濯などに
      時間を要し、就寝したのが深夜2時。

    • 2日目は5時起床予定が寝坊して6時に。
      何とか6時40分にホテルを出ました。

      早起きする理由は、中央卸売市場に行くことです。
      伏見駅から日比野駅へ移動します。

    • 2日目は地下鉄に乗り捲るので、もちろんドニチエコきっぷ(600円)を購入。
       http://www.kotsu.city.nagoya.jp/ticket/weekend_ticket.html

      この日は、栄 → 日比野 → 相生山 → 瑞穂運動場西 → 名古屋 と移動し、
      乗車運賃1,010円のところ600円で済みました。

    • 7時過ぎに日比野駅に到着。

    • 日比野駅から徒歩5分くらいで中央卸売市場に。

      名古屋市中央卸売市場 本場
      http://www.city.nagoya.jp/kurashi/category/19-18-3-0-0-0-0-0-0-0.html

    • さすがに7時を過ぎていれば、セリもとっくに終わっています。
      それどころか、大半の魚は積み込みしています。

      残っている魚を撮影。

    • 仲卸の様子です。

    • 中央管理棟南館へ徒歩移動し、朝食を頂くことに。

      一力
      名古屋市熱田区川並町2−22 名古屋中央卸売市場内   052-671-2417
      04:30〜15:00   日・祝・市場休業日は定休

    • 店外に貼られているメニューです。

      安いと思いますよ。

    • 刺身の棚です。

      客層は外部者と市場関係者が入り混じっていて、外部者がやや多いか。
      次々に客が来て、相席は当たり前です。

    • 朝からガッツリ注文しました。
      白エビかき揚げ(700円)・きんき煮付け(900円)・生シラス丼(800円)。

    • 産地はわかりませんが、シラスは生臭さがなく新鮮でした。

      ただ、ご飯とシラスのバランスで、明らかにご飯が多いような。

    • 白エビ天ぷらは思ったより量が多かったです。

      途中からシラス丼の残りご飯の上に乗せ、白エビかき揚げ丼にしました。

    • きんきの900円は良心的ですね。
      北海道の漁港でも結構な値段しますし。

      中に卵があり、これも美味。

    • もちろん一人で平らげましたが、思った以上に満腹に。
      朝から揚げ物を食べてしまい、せめて白エビかき揚げはハーフにすりゃ良かった。
      (市場の兄ちゃんがハーフ注文していたので)

      次の予定は、3時間後に揚げ物ランチなのに。

    • 一力の隣にある浅野商店です。
      特保のお茶を買うために立ち寄り。

      ここのお姉さんは色々な店に詳しく食通なので(しかし甘いモノは苦手)、
      次回以降は立ち寄って情報収集せねば。

    • 名古屋市中央卸売市場を離れ、ランチのために移動です。

      地下鉄で日比野駅→金山駅→新端橋駅→相生山駅と乗り継ぎ。
       名古屋市営地下鉄 路線図
       http://www.kotsu.city.nagoya.jp/subway/sub_route.html

      相生山駅から次の目的地へは2km近くあります。
      写真のバス路線図だと、バス停「滝の水公園」と「滝ノ水一」の間です。

    • 目的地はトンカツ屋です。

      とんかつ あさくら
      名古屋市緑区滝の水1−809 エルパティオ滝ノ水1F  052-896-1732
      11:00〜14:00  17:00〜21:00  規定数の売切次第終了  月曜定休

      開店40分前に到着しても誰も並んでないのに一安心し、15分前に再び来ると
      夫婦1組だけ先客。
      開店11時には10人余り並んでました。

    • 一気に客を入れず、先客が注文してから次の客を入店させるシステム。
      トンカツは全てシェフ1人で揚げており、注文から時間がかかります。

      選り抜き特上ロースとんかつ定食(2,100円)を注文。
      平日は1,700円ですが、小鉢とデザートがなくなります。

    • まずはトンカツ。
      恐らく200gよりは少ないと思われます。

      文字通り素材から選り抜きで、脂身も少ないどころか殆ど無かったですね。
      敷いてある紙に染み込んでいるのは揚げ油ではなく、大半が肉汁です。

      3時間前に「一力」で食い過ぎたので、軽めのトンカツは助かります。

    • トンカツの断面図です。

      ご覧になればわかりますが、衣が薄く厚さは何と1mmあるかどうか。
      他のトンカツは一般的な衣ですが、特上は粉になるまでパン粉を挽いてあります。

      一方で肉の厚さは2.5cm以上です。
      肉の甘味・旨味を引き出すためじっくり二度揚げている印象。

      ドイツの岩塩かソースで頂くのですが、肉の味わいを楽しむなら断然塩です。
      ソースはケチャップが入っており酸味が強く、特上ロースには合わないです。
      でも、塩で食べたら抜群に旨いですし、豚肉なのにササミかと思うほどの軽さ。

    • デザートは柚子シャーベットでした。

      「ご飯は、普通と少し多目がありますが、どちらがよろしいですか。」
      「メニューはお下げしてよろしいですか。」
      「定食のご飯とキャベツは一回ずつお代わりできます。」
      などと店員のサービスが充実(マニュアル化)されており、料理の出し入れ、
      お茶を入れるタイミング、並ぶ客に待ち時間の具合などに好印象です。

      ここまで来た甲斐がありました。

    • 地下鉄相生山駅に徒歩で戻り、地下鉄で瑞穂運動場西駅で降りて、
      野菜カフェに到着。 (外観写真の撮影を忘れました)

      野菜カフェ Honfleur(オンフルール)
      名古屋市瑞穂区鍵田町2−9 
      10:00〜18:00  日曜祝日定休

    • 日替わりケーキ450円に紅茶+250円のセットを注文。
      今日のケーキは人参とアーモンドのチーズケーキ。
      細かく(フードプロセッサーか?)刻んだ人参が中に含まれていますが、
      基本はスフレが硬めのチーズケーキ。
      人参嫌いの子供でも食べられるタイプでしょうか。

      知多半島や岐阜県の野菜を中心に料理されています。
      野菜を前面に出していますが、モーニングやランチではベジタブルメニュー
      ばかりではありません。
      この日のランチもメインは魚料理でしたし。

    • 地下鉄で名古屋駅に戻り、名鉄百貨店へお土産購入。

      覚王山 吉芋 名古屋駅店
      名古屋市中村区名駅1−2−1  名鉄百貨店B1F   052-585-2179
      10:00-20:00  元日のみ休業
      http://www.kichiimo.com/shop/index.html

      1年前の旅行でも、本店に立ち寄りました。
       旅行記 http://4travel.jp/travelogue/10760440

    • 目的は左の芋けんぴ「花火」(600円)。
      保存料が入っておらず賞味期限は2日間ですが、甘藷を包丁で千切りして
      植物油で揚げ、水飴を絡めています。

      右は水飴ではなく「塩花火」(350円)。
      両方とも帰宅翌日に頂きましたが、勢いよく食べてしまう羽目に。

      名古屋に寄れば、molm鉄板の名古屋土産です。

    • お土産を購入したら、名古屋駅から北方面に徒歩15分ほどで飲み屋に到着。

      のんき屋
      名古屋市西区名駅2−18−6  052-565-0207
      17:00〜22:00 (土曜日)16:30〜21:00  日曜祝日定休

      店の外で立ち飲みもできます。

    • 昭和29年創業で、ドテ焼き(現在はドテ煮)と味噌おでんの居酒屋です。
      前日の島正と同様で、ドテ焼きと味噌おでんを連チャンしてみました。

      店内ではドテ焼き・串カツ・味噌おでんに次々火を入れています。

    • 大瓶ビールとドテ焼き・とん焼き(各80円/本)です。

      次々来客があるので、相席が基本です。
      狭いですが、サッと飲んで食べてという客が殆どで、回転は早いです。

    • 上がとん焼き・下がドテ焼きです。

      両方とも脂身やクセが殆どなく、下処理がしっかりしてあることが伺えます。

    • 串カツ(80円/本)は細めの牛肉を衣を絡めて揚げてあり、スナック感覚です。

      奥には生キャベツとソースのバットが。

    • 味噌おでん(各120円)は、はんぺん・芋を注文。

      見た目ほど味は濃くないんですよね。

    • 豆腐の味噌おでんも追加。

      入店したのが17時前ですぐ座れましたが、30分もしないうちに満席に。
      40分ほどで退席しました。

      帰りの電車まで2時間余りあり、模索していると、オンフルールの店主さんから
      教えてもらったお勧めの店を思い出し移動。

    • 名古屋駅からだと徒歩25分くらいかかりますが、少しでもお腹を減らそうと
      「のんき屋」から40分ほど歩くことに。

      山葵
      名古屋市中区栄1−29−8  052-221-9966
      11:30〜14:00  17:00〜23:00  日曜祝日定休
      http://www.soba-wasabi.com/

    • 土曜の夜なのもあり予約分を含め満席でしたが、予約客が来られる19時までなら
      という条件で入店。

      カウンターには大将と助手が立ち、仕込んだ惣菜が並んでいます。

    • 締めの一品として、ざるそば(800円)を注文。
      福井県丸岡産の麺は細く、つゆはアッサリしており、ワサビは自分で擦るタイプ。

      次回の泊まりの際は予約して立ち寄りたいです。

    • 名古屋駅に戻り、近鉄特急を待ちます。

      帰りのアーバンライナーは停車駅が、津・大和八木・鶴橋・大阪上本町のみ。

    • 帰りの列車がやって来ました。

      今回も高カロリーツアーになりました(2日間で推定1万kcal?)が、
      予定した店は全て訪問でき、充実した旅になりました。

      帰りの車内でに前日に買った残りの柏餅・わらびもちも食べましたよ。

    • 帰りの切符です。もちろん株主優待券と特急券。

      名古屋は和菓子が美味しいだけでなく、相場が安めの印象がありました。

      愛知県の和菓子の歴史を紐解くと、尾張徳川家の初代藩主:徳川義直が名古屋城へ
      入府に伴い、駿河藩より御用菓子として同道した桔梗屋から派生したそうです。
      両口屋是清も大阪から御用菓子として召され、歴史が培われています。

      和菓子は次回の旅行時にも食べてみたく、川口屋・むらさきや等に興味あります。

      今回も収穫の多い旅になりました。
      ご覧頂き、ありがとうございました。

    千種・今池人気旅行記ランキング1位(480件中)

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。問題のある投稿を連絡する

    この旅行で利用したホテル

    千種・今池 ホテル

    ホテルトラスティ名古屋栄

    3.42

    最安値(2名1室):6,500円~

    お得情報【最安値宣言】HPベストレートプラン 選べる朝食付♪

    1日の始まりは朝食から♪公式ホームページ限定の朝食付きベストレートプランです!ゆとりのある朝においしい朝食をご用意いたします。トーストセットはボリュームたっぷり... もっと見る

    お得情報を確認

    キャッスルプラザ

    3.46

    最安値(2名1室):8,000円~

    お得情報LEGOLAND® Japan 1DAYパスポート付きプラン

    話題のレゴランド®・ジャパンに行くならぜひオフィシャルパートナーホテルのキャッスルプラザをご利用ください♪レゴランド®ジャパンの1DAYパスポート付きプランで、... もっと見る

    お得情報を確認

    CANDEO HOTELS 半田

    3.38

    最安値(2名1室):9,180円~

    お得情報【最低価格保証】公式HPからの予約だからこそお得な最安料金♪

    ★ベストレート保証★公式ホームページでご提供する宿泊料金は「最低価格」であることを保証いたします。公式ホームページからの「WEB予約だからこそお得に、最安料金を... もっと見る

    お得情報を確認

    このエリアに旅行をご検討中の方へ!

    フォートラベルポイントが航空券代金の最大10%分たまる!

    フォートラベルの国内航空券なら、JAL、ANA、スカイマークをはじめ、話題のLCCも含めた13社の国内航空会社から、その時期おトクにいける航空券を比較しながら、予約できます。
    急な出張や休暇が取れたときでも…出発の3時間前までご予約いただけます!

    今すぐ!国内航空券を検索する

    内容が近い旅行記

    このエリアの旅行記一覧へ

    molmさん

    molmさん 写真

    海外0カ国渡航

    国内21都道府県訪問

    写真 | QA掲示板 | 行ってきます | 掲示板 | コミュニティ | 行きたい

    この旅行記の地図

    拡大する


    ピックアップ特集

    閉じる