旅行のクチコミと比較サイト フォートラベル

アンドラ・ラ・ヴェリャ 旅行記(ブログ) 一覧に戻る

アンドラ・ラ・ヴェリャ人気旅行記ランキング1位(97件中)

2泊4日弾丸バルセロナ&アンドラ公国

関連タグ

    旅行時期 2011/03/24 - 2011/03/27 (2011/04/23投稿

    大震災から10日ちょっと経った23日の水曜日。被災したわけではないのに自宅待機が続いており、非常に不謹慎な話で申し訳ありませんが暇すぎて本当に気がおかしくなってきました。(一昨日までちゃっかり台北に行ってきましたけど・・・。)

    「そうだ、明日から日曜日までの4日間でどこか行こう!」と思い立って調べるも・・・
    ・出発間際の航空券は激高。アジアでも20万くらい。
    ・JAL/ANAの特典航空券は4日前までに予約が必要なのでアウト。

    こんな時の強い味方は出発数時間前まで発券可能なデルタの特典航空券です。
    よし、前から乗りたかったAF(エールフランス)のビジネスクラスに乗ろう!とまず決めました。

    行ったことのない国がよかったので候補は以下の3国
    ・ルクセンブルグ →パリから陸路なのでいつでも行けそう。CDG以遠に乗り継いでも必要マイル数は一緒なので勿体ない。
    ・マルタ →AF便がなく2回乗り継ぎが必要で時間が勿体ない。AZ(アリタリア)のローマ経由なら飛んでいるがAZのビジネスクラスはショボいから嫌だ。
    ・アンドラ →起点となるバルセロナへは乗り継ぎも便利だし、スペインめっちゃ久々なのでいいかも♪

    こうしてアンドラ行きを決めたのが水曜の17時。翌日11時の便で出発です(笑)。

    写真 78枚

    交通手段 : 
    エリア:
    アンドラ > アンドラ・ラ・ヴェリャ
    エリアの満足度:
    評価なし
    • 往路はJALの方がスケジュールがよかったのでコードシェア便にした。
      よって出発は2タミでラウンジもJAL。AFのラウンジ入ってみたかったから残念〜。

      でも久しぶりに10分マッサージも取れたし、今日のスープは大好きな酸辣湯で大満足。

    • 11:05発のパリ行き。
      ガン空いてて一人で2〜3席占領できた。

      ANAのSTAGGEREDには敵わなくなっちゃったけど、このシェルシートもなかなか快適だし、フライト中は半分くらい寝て映画を3本見てかなり寛げた。

    • 1度目のお食事。

      シャンパーニュとアミューズ。
      このマリネみたいなの激ウマ!!

    • 前菜

       八つの肴
       ※料理の数が多すぎるので詳細割愛

      どれも美味しかった〜。やっぱりCメシはANAよりJALだね!

    • メイン

       烏鰈淡雪焼き 白菜蟹しんじょ添え
       ご飯・香の物・味噌汁

    • メインの途中から赤ワインにしたので、薦められるがままチーズも♪

      あまり好みでない赤だったのだけど、チーズがあると大分美味しくいただけました(^^)v

    • デザート
       
       アップルムースとキャラメルシナモンムース

      これ超ヒット!!

    • 2度目のお食事。

      カレーにしてみた。
      機内で食べるカレーとかラーメンみたいなジャンキーなものって美味しいよね〜。

    • 16:00前にパリ到着。次のバルセロナ便が出る2Fターミナルに移動。
      パリ、暖かいな〜。イギリス人観光客なんてみんな半袖だよ・・・。

      2FのAFラウンジでちょっと休憩。
      近距離フライトオンリーのターミナルなので食べ物はポテトチップスとクッキーくらいしかない。まあ、お腹空いてないから要らないけど。

    • 17:50バルセロナ行き。

      ビジネスクラスと言ってもヨーロッパ仕様のエコ3席の真ん中を使用不可にしただけのシート。結局3席全部使えたけど。

      機内食のおやつ〜。
      真ん中のdoughみたいなのは、ちょっといただけない。

    • 19:30バルセロナ着。

      空港からはAerobusで街の中心カタルーニャ広場まで。往復で買うと9.15ユーロで片道30分ほど。

      宿は目抜き通りLas Ramblasからも近いCenter Ramblasのミックスドミ、1泊16.75ユーロ。
      エアーはCでも宿はドミってのが私のスタイル。ツッコミはご遠慮願いますm(__)m

    • 夕ご飯はユースの隣にある立ち食いスタンドで陽気な店員と近所に住むドイツ人のお兄ちゃんとお喋りしながら。

      ブリーとハモンセラーノのホットサンド。
      生ハムって嫌いなんだけど、昔スペイン人の友人に連れて行ってもらったマドリッドのバルで食べたハモンセラーノの美味しさが忘れられなくて。

      ビールはCorona。スペインではCoronitaって言うんだね。
      スペイン人って何でも-ito,itaって語尾を変えちゃうよね。その方が親しみを感じるらしい。

    • 腹ごなしにレイアール広場付近をちょっとお散歩。
      観光客もわんさかいて女一人歩きも全然OKだけど、実は治安の悪いスペイン。生命を狙われるケースは少ないが、とにかくスリが多い。

      昔、↑のスペイン人とフランス人、私の同世代女子3人でクリスマスシーズンのイギリスの住宅地を歩いていた時のこと。
      一般人のお宅なのにプロ顔負けのイルミネーションが施され、通りに面した門の周りにはサンタなんかの電飾系置物がある家を見つけた。「うわぁ」って3人同時に感嘆の声を上げたんだけど、私はもちろん「凄い!キレイ!!」って意味で、フランス人の友人も同じだった。
      が、スペイン人の友人は「大変!こんなところに置いておいたら盗まれちゃう!!」という意味で驚いていたのだ。

      それを聞いてスペインって治安悪いんだなあ・・・と思った。

    • 旅2日目。

      今日は丸一日かけて日帰りアンドラ旅行♪
      最寄りのLiceu駅から地下鉄でしゅっぱ〜つ。超かわいい駅。

      「あなたを泥棒が狙っています。持ち物には十分注意してください」
      って日本語でアナウンスが流れてた。どんだけ被害に遭ってるんだよ、日本人。

    • アンドラ行きのバスは地下鉄1号線のArc de Triomfのすぐ傍にある北バスターミナルから。
      以前は鉄道駅だったものを改装して作ったらしく今もその面影が残る立派なターミナル。

      チケットの販売元はAlsa社で、カウンターは2階。
      往復割引で46.25ユーロ。要パスポート提示。

    • 8:30にチケット買ったのに、次の便は10:30・・・。

      仕方ないのでまずはのんびり朝ご飯でも食べようかな。

      トルティージャ(オムレツ)とクロワッサン、コーヒーで3.80ユーロ。
      日本より暖かいので、テラス席で街ゆく人を眺めながら♪

    • 朝のバルセロナの街並み。

      ここに来てまだ丸一日も経ってないけど、私この街が大好きだわ。
      こんな風に旅をしまくっていると、よく「世界でどこが一番よかった?」という無茶な質問を受ける。その答えは基本的に「アラブ圏」なのだけど、それとは別に私の中では「住みたい街(国)」というカテゴリーが存在し、今までだとベルリンなんかがその対象だった。

      今回、バルセロナも確実に「住みたい街」にランクインだな。

    • ヨーロッパを中心によく見かけるようになったレンタサイクル。市内のあちこちに設置されたステーションに乗り捨てられるのが便利。
      バルセロナではBicingの名称で呼ばれる。

      あまり、ガンガン使われてるカンジはしなかったけどね〜。
      あと登録カードが必要らしいので短期旅行者には不向き。

    • バルセロナにも凱旋門があるんだね☆

      街路樹がヤシの木ってとこが他のヨーロッパと違ってて、めっちゃ魅力的!

    • 青空に映える繊細な彫刻。

    • 時間潰しにシウタデリャ公園をお散歩♪

      公園内のオブジェもアートなカンジ。

    • 敷地内にある自然科学博物館。
      温室みたい。

    • 日本には無いカンジの不思議な街路樹。

    • カタルーニャ州議会議事堂。

    • 池にはボートが浮かんだりして。

      この街に住んだら週末はこんなトコでのんびりしたいな。

    • バルセロナから3時間ちょっとバスに揺られてアンドラへ。

      覚悟してたけど、凄い山道なので最後の1時間くらいはキツかった。
      途中通り過ぎた町も素敵だったけど記憶があんまない。

      国境は完全スルーなのでスタンプ貰えない・・・。個人の車なら言えば押してくれるって噂はある。

    • 国境からは10分くらいで首都アンドラ・ラ・ヴェリャのバスターミナルに到着。

      アンドラ公国
      フランスとスペインを隔てるピレネー山脈の山中に佇むミニ国家。
      93年国連加盟。同年に日本もアンドラを承認し、95年に外交関係が築かれた。

    • 自然と調和したお洒落マック発見!

      小さな国だけど、マック、ケンタなんかはちゃんと有る。
      スタバはないな〜。

    • ソメイヨシノじゃないけど、これって桜だよね?
      もう満開をすぎて葉桜になりかけてた。

      アンドラってスキーリゾートとして有名なんだけど、3月の最終週でもう20℃近い気温で、桜も散り始めちゃってるってどうなの?シーズン短すぎ。
      今日だって確実に日本より暖かいし。

    • 町の中心に位置するロトンダ広場。
      ぽかぽか陽気にスノーマンがミスマッチだけど、1年じゅういるのかも。

      ヨーロッパのスキーリゾートという共通点のせいか、ふとスイスのサンモリッツを思い出させるような雰囲気。

    • 車酔いも治まったので14:30頃ランチを食べにLa Forquillaという小っちゃなレストランへ。

      一皿目はスープをチョイス。
      ヒヨコマメと鱈のスープ。鱈のダシがスープに染み出てやさしい味。

    • メインは魚にしたけど、このお店、カタルーニャ語とスペイン語、フランス語しか通じないので魚の名前の単語がわからず何の魚かは不明。

      美味しかったんだけど、あまりにもポーションが多いのとスープでお腹いっぱいになってしまって3分の1くらいしか食べられず。

    • デザートはイチゴとミルクのアイスクリームをチョイス。
      盛りつけがかわい〜。

      この3コースメニューで8.50ユーロ。
      平日ランチなのでお得♪

    • アンドラはtax haven。ケイマンのような租税回避スキームの対象として機能しているのかどうかは知らないが、とりあえず買い物天国。

      週末となればフランス・スペインから格安商品を求めてたくさんのショッピング客が来るらしい。特に多いのはカメラやさんと化粧品やさん。

      EUには非加盟だけど、通貨はユーロ。
      がっつりシエスタを取るので、今は閑散としている。

    • これと言って見所のないアンドラ・ラ・ベリャの中ではシンボル的存在?なサン・エステバ教会。

    • 教会の西側は古いエリアで、かわいらしい石畳の入りくんだ路地となっている。
      旧家を改造したお洒落なお店やレストランなんかがちょこっとある。

    • 最後は高台から街全体を見下ろして観光は終了!

      でも、一つやり残したことが。初訪問の国ではポストカードを出さないとね☆

      アンドラ・ラ・ベリャには2つ郵便局があって1つはフランス、もう片方はスペインの郵便局だけど、切手はこの国オリジナルのもの。
      いずれの郵便局も午前中しか開いていないので、この時間はtourist informationで切手を購入。ポストもそこにある。

    • 17時発のバスでアンドラをあとに。

      行きはスルーだった国境でパスポートチェックがあった。スタンプは無し。まあスペインの入管だろうからどうせシェンゲンだけどね。でも、直行便廃止で近隣国乗り継ぎが主流になった今、日本人にとってスペインのスタンプは意外とゲットしにくい。

      帰りは行き以上の車酔いで地獄の苦しみ・・・。17時のバスは経由地が多いらしく、4時間以上かかったみたいだけど、辛すぎて何が何だか。

      バルセロナ帰着後はご飯も食べずユースに戻って、倒れ込むようにベッドへ〜。

    • 旅3日目(スペイン出国日)。

      13:00には街を出て空港に向かわなきゃなので、7:00には起きて半日バルセロナ観光。

      まずは宿のすぐ近くにあるサン・ジュセップ市場へ。
      Boqueriaの愛称で親しまれる、ローカルにも観光客にも大人気の市場。

    • 市場内のカフェではオヤジ集団がコーヒーを飲みながら朝刊チェック。

      カメラに気付いた店のおじさんがポーズを決めてくれた。

    • なんと言ってもまず目に付くのがフレッシュジュースやさん。
      種類豊富なジュースはめっちゃカラフルで見てるだけで楽しくなってくる。

      マンゴー&パイナップルをお買い上げ。1.5ユーロと物価を考慮すると激安。

    • ジュースやさんは何軒もあるけど、お店によってそれぞれディスプレイに工夫が。

      このお店はフレーバーごとにそのフルーツを飾ってる。

    • パックされたカットフルーツ。
      上にフォーク刺すだけで、どうしてこんなにかわいくなるんだろう。

    • 卵やさんもこの可愛いさ!!

      本当にこの市場だけじゃなくて、街を歩いてるとディスプレイのセンスがいいお店ばかり。

      パリも色々可愛いと思うけど、間違いなくその上をいってる!

    • 鮮魚コーナー。

      ボケてるけど、朝ご飯に買った鱈のコロッケ、2ユーロ。
      クリーミーでぺロっといけた。

    • そして何と言ってもハモンセラーノ。

    • まだ相当小っちゃそうだよ、この子たち・・・。
      可哀想すぎる。

    • 次は地下鉄でサグラダ・ファミリアへ。
      言わずと知れた未完のガウディ建築。☆世界遺産☆

      前回来た時よりだいぶ完成に近付いているんだろうけど、今回は中に入る時間ないし、よくわかんない。でも前回見た時より小っちゃく感じる。まあ、そんなもんだよね。1回目の感動は越えられない。

      ヨーロッパ内からの観光客が圧倒的に多いバルセロナ。日本人はほとんど見かけなかったけど、ここでは100人くらい見た。

    • 反対の「受難のファサード」側から。
      あ、やっぱこう見ると大きいかも。

      現在の完成予定見込みは2020年だっけ?
      それまで1回も来ないなんてことはないようにしたいわね・・・。

    • 同じくガウディ作(増改築)、海をテーマにしたカサ・バトリョ。☆世界遺産☆

      コレ、夜のライトアップがキレイそうなんだけどまた見逃した(涙)。

    • こちらもガウディ。
      山をテーマにした、カサ・ミラ。☆世界遺産☆

    • スペインと言えばLOEWE。

      この店舗が入った建物は、建築家ドメネク・イ・モンタネールによるモデルニスモ建築「カサ・リュオ・モレラ」。

    • いた〜! 「考える牛」!!

      もちろん元ネタはロダンの考える人でしょう。

    • ゴヤのマハ(着衣のマハ、裸のマハ)のパロディ「キリンのマハ」。

      「コケティッシュ」とも呼ばれるみたいだけど、本当にしっぽの辺りなんかまさにコケティッシュ!エロいぞキリン!

    • 朝からもの凄い距離歩いているので疲れ果てた。
      ってことで、ちょっとスタバでコーヒーブレイク。

      バルセロナは通り毎にスタバあり。

    • もちろんコイツをお買い上げ♪


      STARBUCKS世界のデミカップcollections
      http://4travel.jp/traveler/ayamariel/album/10358824/

    • 一度地中海も見ておこう!と思って、ウォーターフロントのポルト・ベイへ。
      旧港を再開発したおしゃれなエリア。

      昔この辺りのレストランでディナー食べた記憶があるな〜。

    • ランブラスの最南端に立つコロンブスの像。
      新大陸の方向を指しているっぽい。ロマンだね〜。

      大航海時代的なものスキ。
      学生時代「発見のモニュメント」見たさにポルトガル行ったし。

    • 最後はランブラスを北上。

      通りはかわいいものを売るお店やストリートパフォーマー達で溢れ、ここをブラブラしているだけで1日潰せそうだ。

    • ガウディ作、グエル邸。☆世界遺産☆

      何か屋上が凄いことになってそうなのは窺えるものの、正直外見だけでは何が凄いのかよく分からず。
      あ、ガウディが作ったてだけで凄いか。

    • 初日にも来たレイアール広場の昼の姿。

      うん、やっぱり私の心を惹きつけるのはこの歴史的なヨーロッパの建築×南国ムードたっぷりのヤシの木というコンビネーションらしい。

    • ランブラスを東側に入るとゴシック地区と呼ばれる旧市街。
      ローマ時代から続くバルセロナでも最も歴史のあるエリアだ。

      旧市街好きの私としてはたまらない!!

    • 広場の絵画市。

    • 迷路みたいな路地が張り巡らされ、かわいいお店やお洒落なレストランもいっぱい!!

      半日で足りるはずがない・・・。

    • 残念ながら改装中だったゴシック様式のカテドラル。
      もちろん中まで見学する時間はなし(泣)。

      これにて観光終了!
      4時間でよく周ったと思うけど、全然見足りないし、それに本当にこの街が気に入ってしまったのでまた来るぞー。

    • お昼ごはんは前回訪問時に気に入ったパスタパエリヤが食べたかったんだけど、1人前で注文できるお店が見つからず似通った料理を。

      要はシーフードスープで炊いたショートパスタにアイオリソースが添えてあればOK♪パエリヤパンに入ってないってだけで同じ味。
      やっぱコレ最高!

    • 予定通り13時過ぎにはユースで荷物をピックアップして、Aerobusで空港へ。

      ラウンジでcavaを♪
      このラウンジは何か来た覚えあるなー。(てか、間違いなく来たことあるんだけど)

      搭乗時間までのんびりして、ゲートに向かう途中チラっとお店を覗いたら、かわい〜スペインブランドの服がいっぱい!!
      ラウンジで呑気にネットなんかしてる場合じゃなかった(泣)。でも後悔先に立たず。もう、買い物する時間は1分たりとも残っていない。

      でも、これでまたスペイン来る理由ができた☆ってどんだけポジティブシンキングなんだか。

    • 15:55発CDG行き。

      帰りも最前列3席を占領☆
      スナックはいちじくのタルトにサーモンのパンケーキ。
      本当にこの辺りがおフランス的センスだよね〜。

    • パリ到着後はターミナル移動して、LADUREEでちょっとお買いものした後はラウンジへ。

      2Fと違ってスープやローストビーフなんかもあったけど、お腹いっぱいなのでペリエ飲んだだけ。

    • 3時間も乗り継ぎ時間があったし、これから夜間フライトなのでシャワーを浴びることに。

      AFのCDGのシャワーはヤバい(めっちゃ最高)と聞いたことがあったんだけどフツー。このターミナルじゃないのかな・・・。アメニティはロクシタン。

    • 21:00発ソウル経由成田行き。

      このフライト普段は23:00発だと思うけど、震災以降クルーのNRTオーバーナイト滞在が禁止されICNでメンバー交代を行っているので、スケジュールに調整が入っている。

      ビジネスクラスの搭乗率は25%で楽々。
      でもこのシート、ライフラットとも呼べないくらい傾斜あるし、アップライトの時に頭の位置が前に来すぎて気持ち悪くなるし全然よくない・・・。
      A380の方は知らないけど、こっちならもう乗りたくないかも。

    • サービスもアジア系と比較してしまうとキメ細やかさゼロだけど、担当してくれた黒人のお姉さんがとってもフレンドリーで、会話を楽しめたのは良かった。

      まずはおつまみ3種。

      せっかくのAFのCなんだからワインを飲みたいところだけど、身体が受け付けてくれず、飲み物はお水に・・・。

    • アペタイザーとサラダ

       シュリンプのソテー オレンジ&ジンジャーソース
       鴨と蕪のタンバル
       野菜のマリネ
       ベイビースピナッチ
       

    • メインは和食、チキン、フィッシュ、パスタからのチョイスだったので、パスタコースのペンネリガーテに。

      チーズもこのタイミングで一緒に出てくる。

      そしてスープはなぜか全員味噌汁。
      合わないって・・・。

    • デザート3点盛り

       レモンメレンゲのショートブレッド
       マンディアンタルト
       ヴァシュランメレンゲのケーキ

    • 色々シートにケチつけてみたものの、結局ぐっすり眠れて起きたらもう朝ご飯(笑)。

      ビジネスクラスだからイケるかと思ってオムレツにしてみたけど、やっぱりダメ。
      ベークドキャラメルアップルが美味しかった。

    • 普通なら機内食は2回で終わりだけど、ICN→NRTでさらに軽食が出た。
      それにしても一緒に飛んできたクルーがお客さん置いて降りてっちゃうってヘンな感じ・・・。

      予定より30分遅れて20:15頃成田到着。

      急に決めた旅だったけど、フライトも楽しめたし、1カ国稼げたし、何よりバルセロナが素晴らしいトコだって気付けたのが収穫だったな〜。

    アンドラ・ラ・ヴェリャ人気旅行記ランキング1位(97件中)

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。問題のある投稿を連絡する

    内容が近い旅行記

    このエリアの旅行記一覧へ

    このエリアのホテル

    アンドラ・ラ・ヴェリャ ホテル一覧へ

    MARIELさん

    MARIELさん 写真

    海外144カ国渡航

    国内1都道府県訪問


    ピックアップ特集

    閉じる