旅行のクチコミと比較サイト フォートラベル

ブウィンディ国立公園周辺 旅行記(ブログ) 一覧に戻る

ブウィンディ国立公園周辺人気旅行記ランキング1位(7件中)

マウンテンゴリラの故郷、訪問!

旅行時期 2006/06/23 - 2006/06/25 (2006/09/12投稿

毎年野生動物を撮影しに世界各地に出かけてきましたが、今年は世界中でも数少ない野生ゴリラの保護区として注目されている、ウガンダのブウィンディ国立公園に行ってきました!<br />動物の写真については、小生のH.P.「アニマル・ワールド」で掲載中です。<br /><br />「アニマル・ワールド」<br />http://www.ab.auone-net.jp/~katsy<br /><br />ここでは、現地住民の暮らしなど、ゴリラ以外の写真を公開しています。<br />

毎年野生動物を撮影しに世界各地に出かけてきましたが、今年は世界中でも数少ない野生ゴリラの保護区として注目されている、ウガンダのブウィンディ国立公園に行ってきました!
動物の写真については、小生のH.P.「アニマル・ワールド」で掲載中です。

「アニマル・ワールド」
http://www.ab.auone-net.jp/~katsy

ここでは、現地住民の暮らしなど、ゴリラ以外の写真を公開しています。

写真 42枚

テーマ:
動物・サファリ
交通手段 : 
エリア:
ウガンダ > ブウィンディ国立公園周辺
エリアの満足度:
評価なし
  • 500_11269306

    ブウィンディ滞在中の宿泊場所・ブホマホームステッド。
    こんな山奥でも、部屋には熱いお湯の出るシャワーがある。
    サービスもまずまずでスタッフの印象もいい。
    滞在中は快適に過ごせた…

  • 500_11269308

    国立公園オフィスで入山の手続き。
    写真の彼は、ここのボスで手にしているのは小生のパスポート。
    入山許可はすでに旅行前に、日本の旅行社に頼んで取得済みで、当日はパスポート照合で確認をとる。
    入山パーミッションの料金は、今年の7月から値上がりし、US$360也。

  • 500_11269309

    いよいよゴリラトレッキングのスタート!
    そして、ゴリラたちのいる山林へ…

  • 500_11269310

    山の中腹から、小生の泊まっているブホマホームステッドを臨む。

  • 500_11269311

    清流の脇に咲く、ユリの仲間。

  • 500_11271248

    この実はゴリラの好物(名前は不明、忘れた)。

  • 500_11271249

    ブウィンデイではほぼ確実に、野生のマウンテンゴリラに出会える。
    遭遇までの所要時間は、各群れによってまちまち(テリトリーの所在地による)である。
    ただしゴリラトレッキングには、ゴリラ保護のためのいろいろなルールが設けられている。
    我々旅行者・観察者はすべてそのルールに従わなければならない!
    その一部を紹介すると、

    ・トレッキングに参加できる人数は1日につき8人×3組(24人)。
    ・風邪をひいていたり、下痢気味の人は参加不可。
    ・子供の参加は不可。
    ・山中でのゴミ棄て厳禁。
    ・トレッキング中は極力小声で話すように心がける。
    ・山中で大便がしたくなった場合は、30cmの穴を掘り用を済ませ、し終わったら必ず土で埋めること。
    ・ゴリラのいる200m以内での飲食は厳禁。
    ・ゴリラに接近した場合はバラバラにならず、グループとして行動、決してゴリラを取り囲まないこと。
    ・撮影直前にバッグ類はすべてゴリラの見えないところに置いていく。持って行けるのはカメラだけ。
    ・ゴリラと出会ったら大声を出したり、走ったりと、急な動作は控える。
    ・ゴリラに向かって決して手を振ったり、指差したりしない。
    ・ゴリラに向かって咳やクシャミは禁物。
    ・ゴリラとの距離は常に7m以上を保つ(ゴリラから近づいてきた場合は別)。
    ・フラッシュ撮影は禁止。
    ・撮影はゴリラと遭遇してからキッカリ1時間。時間厳守。

    など…

    かなり細かい点まで制限されているが、このルールのおかげで我々旅行者(観察者)は確実に、そして安全に野生のマウンテンゴリラの写真を撮影できるのだと思う。
    ゴリラの写真については小生のH.P.「アニマル・ワールド」で公開中!

    http://www.ab.auone-net.jp/~katsy

  • 500_11271250

    ゴリラトレッキング終了後、国立公園オフィス近辺にて…

    トレッキング(軽い山登り)中は日差しも強く暑くてかなり汗もかくが、ゴリラたちは棘のあるイラクサなどのブッシュの中に潜んでいるため、やはり長袖などの装備が必要。

  • 500_11277849

    ブウィンディ国立公園では主だった動物としては、残念ながらゴリラしか見られない。
    午前中にゴリラに出会った場合、トレッキングも早く終了してしまうので午後は時間もタップリできる。
    そんな時はロッジでノンビリするのもいいが、アクティブな人向けに近隣のブホマコミュニティ散策といったオプションもある!

  • 500_11277850

    ブホマのクラフトショップストリート(土産店街)。

  • 500_11277851

    クラフトショップの内部。
    商品はアクセサリーや置物類、手編みの籠などの手工芸品…

  • 500_11277852

    パピルスを使ったかごなどの工芸品はこのようにして編んでゆく…

  • 500_11277853

    国立公園付近でも、里山には人の暮らしを感じる。

  • 500_11277884

    コーヒーの実。

  • 500_11277885

    一面の紅茶畑。他にバナナの栽培なども盛ん。

  • 500_11277886

    国立公園と里山を結ぶ渓流…

  • 500_11277887

    Waragiというバナナが原料の地酒を作っている図。
    冷たい渓流の水を利用して蒸留中。

  • 500_11277888

    次に、地元のtraditional doctor(伝統薬草療法士)の家を訪問。
    決して呪い師などではなく、日本でいえば漢方医のような人。
    この衣装(帽子と毛皮のベスト)は、伝統療法士の家に代々伝わる儀礼用の礼服だとか…
    小生が彼の家を訪ねていくと、いったん家の中に入って着替えてから庭に出てきた。
    センターの台の上には、さまざまな薬草、ハーブ類が…

  • 500_11277901

    一体、どの薬草が何に利くのか…

  • 500_11277903

    乾燥してあるのでわかりにくいが、セージやバジルなど料理のスパイスにも使えそうなものもあるらしい。

  • 500_11277905

    おなかの調子が悪い時は?とか怪我をした時は?などとコチラから質問をすると、親切にどの薬草を使って治療したらいいのかを教えてくれる。
    質問によっては、庭の隅っこから草を抜いてきて見せてくれたり…
    ちなみに、この老人の本業は農家である。

  • 500_11277907

    そして、バナナワイナリーも見学。
    この長い桶の中でバナナを潰して果汁をとる。
    そのジュースを発酵させてワインにするわけだが、発酵熟成期間は1週間〜10日ほどと短期なのが特徴。
    さらにできたワインを煮て蒸留させる(渓流での写真参照)とwaragiの完成!
    見学に行くと、バナナジュース、バナナワイン、waragiをそれぞれ試飲させてくれる(waragiはかなり強め)。

  • 500_11299935

    ブホマ村の教会内部。
    現在は、ウガンダ国民の半分以上がキリスト教徒。
    ここでも日曜には村民たちが集まってミサが行われるらしい。
    それにしても、まるで廃墟のよう…

  • 500_11299936

    教会の表。
    右が教会の建物。奥には地域の小学校の屋根が見える。

  • 500_11299937

    突然、近くに近所の住民たちが集まってきて、太鼓の音が…
    何やら始まりそうな様子。

  • 500_11299938

    踊り始める住民たち。原住民たちのダンス!
    ガイドの話では、ここの住民たちはピグミーだとのこと。

  • 500_11299939

    ピグミー族の民族舞踊の、始まり始まり♪

  • 500_11299950

  • 500_11299951

  • 500_11299952

  • 500_11299955

  • 500_11299957

    キリスト教徒であっても、一方で伝統的な文化も大事にしてる。
    ピグミーの人々に、敬礼ッ!

  • 500_11299964

  • 500_11299966

    アフリカンパワー爆発!

  • 500_11299967

  • 500_11299970

    子供たちもエネルギッシュだ!

  • 500_11299990

    ダンスの合間には、手で火をおこしたりして見せてくれた。

  • 500_11299991

  • 500_11299992

    自分で作った火でタバコを吸う。
    これぞまさに、自給自足の精神?!

  • 500_11299993

    写真の丘の向こうは隣国、コンゴ民主共和国。
    一見のどかな風景だが、コンゴは政情が不安定なため、この辺りは安全とはいえない。
    反政府ゲリラや密猟者などが出没することもあるという。
    しかし、1日も早く治安が良くなって、人間にとってもゴリラにとっても、今のこの平和が永久に続いてほしいと願う…

  • 500_11299994

    最終日の朝、いよいよブウィンディともお別れ…

  • 500_11300014

    国立公園エントランス付近の案内所にて。
    感動的だった野性のマウンテンゴリラたちとのご対面を思い出に、この後一路首都・カンパラへ…

ブウィンディ国立公園周辺人気旅行記ランキング1位(7件中)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。問題のある投稿を連絡する

出発前のあなた!ネットの準備は大丈夫?

ウガンダ旅行前にWi-Fiルーターのレンタルはお済みですか?「フォートラベル GLOBAL WiFi」なら1,760円/日~の定額料金で、さらにマイルに交換できるポイントもたまります!

Wi-Fiについてもっと見る

フォートラベル GLOBAL WiFi

内容が近い旅行記

このエリアの旅行記一覧へ

Katsyさん

Katsyさん 写真

海外10カ国渡航

国内0都道府県訪問

写真 | QA掲示板 | 行ってきます | 掲示板 | コミュニティ | 行きたい

Pickup!! フォートラベルからのおすすめ情報