川越旅行記(ブログ) 一覧に戻る
   小江戸川越散策と七福神巡り     <br />「場所」埼玉県川越市  全行程 7時間55分                   赤字は七福神寺院です<br />  川越駅~(22分)西雲寺(3分)~(10分)川越八幡宮(5分)~(12分)川越駅(20分)~(14分)妙善寺(7分)~(18分)天然寺(7分)~(20分)中院(3分)~(3分)仙波東照宮(6分)~(2分)喜多院(14分)~(2分)日枝神社(4分)~(2分)成田山(10分)~(11分)熊野神社(3分)~(8分)蓮磬寺(4分)~一番街を歩く~(8分)法善寺(1分)~(1分)雪塚稲荷神社(1分)~(2分)長喜院(2分)~(2分)時の鐘・薬師神社(15分)~(3分)養寿院(1分)~大沢家住宅・川越城西大手門跡・太田道灌像~(15分)川越城中の門堀跡(1分)~(8分)川越城本丸御殿(16分)~(1分)三芳野神社(3分)~(12分)川越氷川神社(5分)~(11分)東明寺(2分)~大正浪漫通り~(54分)時の鐘(8分)~菓子屋横丁~(13分)見立寺(6分)~(14分)妙昌寺(10分)~(35分)本川越駅新年会会場 <br />「日時」2020年1月7日  曇り           <br />「アクセス」東武鉄道またはJR川越駅下車<br />

小江戸川越散策と七福神巡り(後編)

31いいね!

2020/01/07 - 2020/01/07

193位(同エリア1544件中)

0

26

zenkyou01さん

  小江戸川越散策と七福神巡り     
「場所」埼玉県川越市  全行程 7時間55分  赤字は七福神寺院です
川越駅~(22分)西雲寺(3分)~(10分)川越八幡宮(5分)~(12分)川越駅(20分)~(14分)妙善寺(7分)~(18分)天然寺(7分)~(20分)中院(3分)~(3分)仙波東照宮(6分)~(2分)喜多院(14分)~(2分)日枝神社(4分)~(2分)成田山(10分)~(11分)熊野神社(3分)~(8分)蓮磬寺(4分)~一番街を歩く~(8分)法善寺(1分)~(1分)雪塚稲荷神社(1分)~(2分)長喜院(2分)~(2分)時の鐘・薬師神社(15分)~(3分)養寿院(1分)~大沢家住宅・川越城西大手門跡・太田道灌像~(15分)川越城中の門堀跡(1分)~(8分)川越城本丸御殿(16分)~(1分)三芳野神社(3分)~(12分)川越氷川神社(5分)~(11分)東明寺(2分)~大正浪漫通り~(54分)時の鐘(8分)~菓子屋横丁~(13分)見立寺(6分)~(14分)妙昌寺(10分)~(35分)本川越駅新年会会場
「日時」2020年1月7日  曇り           
「アクセス」東武鉄道またはJR川越駅下車

旅行の満足度
5.0
観光
5.0
同行者
友人
一人あたり費用
1万円未満
交通手段
JRローカル 私鉄 徒歩
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 蓮磬寺呑龍堂 蓮磬寺は浄土宗の一寺で、創建は1549年、開基は河越城主大道寺政繁母蓮磬、開山は感誉存在貞上人(後の芝増上寺第十世法主)、本尊は阿弥陀如来です。境内の正面には呑龍堂(本堂)があり、呑龍上人(蓮磬寺の住職で後の芝増上寺十二世法主存応上人の直弟子)が祀られています。呑龍堂前面にはおびんずるさまが鎮座しており、触ると病気が治るまた頭が良くなる仏として人気があります。そのほか鐘楼、水琴窟があります

    蓮磬寺呑龍堂 蓮磬寺は浄土宗の一寺で、創建は1549年、開基は河越城主大道寺政繁母蓮磬、開山は感誉存在貞上人(後の芝増上寺第十世法主)、本尊は阿弥陀如来です。境内の正面には呑龍堂(本堂)があり、呑龍上人(蓮磬寺の住職で後の芝増上寺十二世法主存応上人の直弟子)が祀られています。呑龍堂前面にはおびんずるさまが鎮座しており、触ると病気が治るまた頭が良くなる仏として人気があります。そのほか鐘楼、水琴窟があります

  • 蓮磬寺福禄寿神 川越七福神の第五番福禄寿神がおられる寺院でもあります。福禄寿神中国出身の神様で、招福と立身出世の神様です

    蓮磬寺福禄寿神 川越七福神の第五番福禄寿神がおられる寺院でもあります。福禄寿神中国出身の神様で、招福と立身出世の神様です

  • 法善寺本堂 浄土真宗大谷派の一寺、創建は不明、本尊は阿弥陀如来像です。観光目的の人は立ち入り禁止とありましたので遠くから眺めるだけでした。こじんまりしたお寺で本堂と庫裏と虫食い奴以外建物は見られませんでした

    法善寺本堂 浄土真宗大谷派の一寺、創建は不明、本尊は阿弥陀如来像です。観光目的の人は立ち入り禁止とありましたので遠くから眺めるだけでした。こじんまりしたお寺で本堂と庫裏と虫食い奴以外建物は見られませんでした

  • 雪塚稲荷神社拝殿 村人に打ち殺された白狐の祟りを鎮めるために長喜院の境内に社を建て祀ったのが始まりとされます。こじんまりした神社で、鳥居をくぐり正面に境内社三峰神社、右手に社殿があります

    雪塚稲荷神社拝殿 村人に打ち殺された白狐の祟りを鎮めるために長喜院の境内に社を建て祀ったのが始まりとされます。こじんまりした神社で、鳥居をくぐり正面に境内社三峰神社、右手に社殿があります

  • 長喜院本堂 曹洞宗の一寺、創建は1550年、開山は大翁和尚、釈迦牟尼仏です。こじんまりしたお寺で、山門を入ると六地蔵があり、正面に本堂があります。本堂左手前には苦行の釈迦像があり、悟りを開く前後のお釈迦様を表わした像で初めて見ました

    長喜院本堂 曹洞宗の一寺、創建は1550年、開山は大翁和尚、釈迦牟尼仏です。こじんまりしたお寺で、山門を入ると六地蔵があり、正面に本堂があります。本堂左手前には苦行の釈迦像があり、悟りを開く前後のお釈迦様を表わした像で初めて見ました

  • 川越一番街を歩く 川越一番街には蔵造の趣豊かな建物が建ち並びます。重要伝統的建造物群保存地区に指定されています。もちろん電柱電線は無く地下埋設され散るようです。タイムスリップしたような感覚になりました

    川越一番街を歩く 川越一番街には蔵造の趣豊かな建物が建ち並びます。重要伝統的建造物群保存地区に指定されています。もちろん電柱電線は無く地下埋設され散るようです。タイムスリップしたような感覚になりました

  •  時の鐘 常蓮寺というお寺の高さ十六メートル鐘楼門(鐘楼と山門が一体化した建物)で江戸時代初期に川越城主酒井忠勝によって建てられました。創建当時より時の鐘として昔から川越街並みを代表するシンボルとなっています。門の最高部(高さ十六メートル)に銅鐘があり、江戸時代は一日12回時を知らせていたそうです。現在の鐘は十三代目で明治時代に鋳造されたものです。今も一日4回(6,12,15,18時)、自動鐘撞機で時を知らせています

     時の鐘 常蓮寺というお寺の高さ十六メートル鐘楼門(鐘楼と山門が一体化した建物)で江戸時代初期に川越城主酒井忠勝によって建てられました。創建当時より時の鐘として昔から川越街並みを代表するシンボルとなっています。門の最高部(高さ十六メートル)に銅鐘があり、江戸時代は一日12回時を知らせていたそうです。現在の鐘は十三代目で明治時代に鋳造されたものです。今も一日4回(6,12,15,18時)、自動鐘撞機で時を知らせています

  • 薬師神社社殿 ご本尊は薬師如来像です。以前は常蓮寺というお寺でしたが、明治時代の神仏分離で、寺は廃寺となり薬師神社となりました。五穀豊穣、家運隆昌、病気平癒にご利益があります。常蓮寺の山門であった鐘楼門(時の鐘)をくぐった正面に拝殿、その右隣りに鳥居と稲荷社があります。稲荷社は出世開運合格にご利益があります

    薬師神社社殿 ご本尊は薬師如来像です。以前は常蓮寺というお寺でしたが、明治時代の神仏分離で、寺は廃寺となり薬師神社となりました。五穀豊穣、家運隆昌、病気平癒にご利益があります。常蓮寺の山門であった鐘楼門(時の鐘)をくぐった正面に拝殿、その右隣りに鳥居と稲荷社があります。稲荷社は出世開運合格にご利益があります

  • 薬師神社銅鐘 銅鐘は度々の火災で焼失し、現在の鐘は十三代目で明治時代に鋳造されたものです。今も一日4回(6,12,15,18時)、自動鐘撞機で時を知らせています 

    薬師神社銅鐘 銅鐘は度々の火災で焼失し、現在の鐘は十三代目で明治時代に鋳造されたものです。今も一日4回(6,12,15,18時)、自動鐘撞機で時を知らせています 

  • 養寿院本堂 曹洞宗の一寺、創建は1244年、開基は河越経重、開山は大阿闍梨円慶法師、釈迦牟尼如来です。こじんまりしたお寺で、門を入る正面に本堂があります

    養寿院本堂 曹洞宗の一寺、創建は1244年、開基は河越経重、開山は大阿闍梨円慶法師、釈迦牟尼如来です。こじんまりしたお寺で、門を入る正面に本堂があります

  • 大沢家住宅 1792年近江出身の近江屋を営んでいた西村半右衛門が建て、明治の川越大火の焼失を免れた川越最古のかつ現存する関東最古の蔵造建築で、国重要文化財に指定されています。今は公開されていて、一階は川越の民芸品売り場、二階は民家をテーマとした絵画を展示しています

    大沢家住宅 1792年近江出身の近江屋を営んでいた西村半右衛門が建て、明治の川越大火の焼失を免れた川越最古のかつ現存する関東最古の蔵造建築で、国重要文化財に指定されています。今は公開されていて、一階は川越の民芸品売り場、二階は民家をテーマとした絵画を展示しています

  • 川越城大手門跡(西の丸大手門) 川越市役所の前に石碑が立っているが、跡というだけで遺構は全くありません

    川越城大手門跡(西の丸大手門) 川越市役所の前に石碑が立っているが、跡というだけで遺構は全くありません

  • 太田道灌像 川越市役所の前に建っています。山吹の花の言い伝えで有名な太田道灌は扇谷上杉家の家宰で、川越城や江戸城(徳川家以前のもの)を建てた室町時代後期の武将です

    太田道灌像 川越市役所の前に建っています。山吹の花の言い伝えで有名な太田道灌は扇谷上杉家の家宰で、川越城や江戸城(徳川家以前のもの)を建てた室町時代後期の武将です

  • 川越城中の門堀跡 中の門堀は西大手門から攻められたときの防御として作られています。深さ7M、幅18M,本丸側の土手の勾配60度、いかにも難攻です。川越城の遺構は本丸御殿以外皆無ですが、唯一整備されたのがこの空堀です

    川越城中の門堀跡 中の門堀は西大手門から攻められたときの防御として作られています。深さ7M、幅18M,本丸側の土手の勾配60度、いかにも難攻です。川越城の遺構は本丸御殿以外皆無ですが、唯一整備されたのがこの空堀です

  • 川越城本丸御殿玄関 1848年藩主松平斎典が造営、川越城唯一の遺構で現存しているものは一部の玄関、大広間、移築再建された家老詰所のみです。玄関は唐破風屋根を持ち風格がありまた彫刻も素晴らしい

    川越城本丸御殿玄関 1848年藩主松平斎典が造営、川越城唯一の遺構で現存しているものは一部の玄関、大広間、移築再建された家老詰所のみです。玄関は唐破風屋根を持ち風格がありまた彫刻も素晴らしい

  • 川越城本丸御殿家老詰所 建坪54坪、木造平屋、太い柱、立派ですが質素な武家屋敷です。藩主は常時江戸詰めですので、ここが政務の中心です。床の間を背にした武士が協議をしている人形が飾られていました

    川越城本丸御殿家老詰所 建坪54坪、木造平屋、太い柱、立派ですが質素な武家屋敷です。藩主は常時江戸詰めですので、ここが政務の中心です。床の間を背にした武士が協議をしている人形が飾られていました

  • 三芳野神社童歌発祥の地碑 とおりゃんせの童謡は三芳野神社の参道が舞台と言われています。神社川越城内の天神曲輪にあり、村人が神社にお参りするには南大手門から入り、お城の中の細い曲がりくねった道を田郭門、天神門と通り神社に行きました。帰りは厳しく調べられたので、このような童謡が生まれたのでしょう

    三芳野神社童歌発祥の地碑 とおりゃんせの童謡は三芳野神社の参道が舞台と言われています。神社川越城内の天神曲輪にあり、村人が神社にお参りするには南大手門から入り、お城の中の細い曲がりくねった道を田郭門、天神門と通り神社に行きました。帰りは厳しく調べられたので、このような童謡が生まれたのでしょう

  • 三芳野神社拝殿 三芳野神社は創建807年、御祭神はスサノオノミコト、クシイナダヒメです。鳥居をくぐると境内社の蛭子社、大黒社、正面に拝殿、奥に本殿があります。また川越城七不思議の一つ初雁の杉があります。雁が毎年同じ時期に渡ってきて、杉の木上で三声鳴き、三度回って南に飛び去ったということです

    三芳野神社拝殿 三芳野神社は創建807年、御祭神はスサノオノミコト、クシイナダヒメです。鳥居をくぐると境内社の蛭子社、大黒社、正面に拝殿、奥に本殿があります。また川越城七不思議の一つ初雁の杉があります。雁が毎年同じ時期に渡ってきて、杉の木上で三声鳴き、三度回って南に飛び去ったということです

  • 川越氷川神社拝殿 川越氷川神社は創建541年、御祭神はスサノオノミコト、クシイナダヒメ等です。石の鳥居をくぐると、右手にご神水、戌岩、左手に柿本人麻呂神社、山上憶良の歌碑、舞殿、正面に社殿、八坂神社、護国神社、ご神木、東側には高さ15Mの大きな朱色の木製鳥居等見るべき物が多くあります。夫婦円満・縁結びの神として信仰されています

    川越氷川神社拝殿 川越氷川神社は創建541年、御祭神はスサノオノミコト、クシイナダヒメ等です。石の鳥居をくぐると、右手にご神水、戌岩、左手に柿本人麻呂神社、山上憶良の歌碑、舞殿、正面に社殿、八坂神社、護国神社、ご神木、東側には高さ15Mの大きな朱色の木製鳥居等見るべき物が多くあります。夫婦円満・縁結びの神として信仰されています

  • 柿本人麻呂神社 川越氷川神社の境内社でご祭神は万葉歌人柿本人麻呂です。学業守護、受験合格、火防、安産守護等にご利益があります

    柿本人麻呂神社 川越氷川神社の境内社でご祭神は万葉歌人柿本人麻呂です。学業守護、受験合格、火防、安産守護等にご利益があります

  • 東明寺本堂 時宗の一寺、創建は十三世紀、開山は一遍上人、本尊は慈覚大師円仁作の虚空蔵菩薩像です。山門の横から境内に入ると、まず左手に夜戦跡の碑が目に入ります。 その後ろに大銀杏、境内社諏訪天満宮があります。正面には本尊が安置されている本堂があります。本堂の傍に3面にお地蔵さんを彫った石塔が建っています。ここは川越夜戦(日本三大夜戦の一つで、後北条氏軍が上杉連合軍を夜襲した戦い)の主戦場であったところでもあります

    東明寺本堂 時宗の一寺、創建は十三世紀、開山は一遍上人、本尊は慈覚大師円仁作の虚空蔵菩薩像です。山門の横から境内に入ると、まず左手に夜戦跡の碑が目に入ります。 その後ろに大銀杏、境内社諏訪天満宮があります。正面には本尊が安置されている本堂があります。本堂の傍に3面にお地蔵さんを彫った石塔が建っています。ここは川越夜戦(日本三大夜戦の一つで、後北条氏軍が上杉連合軍を夜襲した戦い)の主戦場であったところでもあります

  • 大正浪漫通り 川越市連石町にある商店街で、大正~昭和初期には埼玉県隋一の歴史ある商店街であった。今もレトロな商店が立ち並び、御影石畳の大正ロマンの香りを漂わすスポットです

    大正浪漫通り 川越市連石町にある商店街で、大正~昭和初期には埼玉県隋一の歴史ある商店街であった。今もレトロな商店が立ち並び、御影石畳の大正ロマンの香りを漂わすスポットです

  • 菓子屋横丁 石畳の道に20軒ほどのお菓子屋が立ち並ぶスポットです。大昔1円(?)を持って駄菓子を買いに行ったのを思いだします

    菓子屋横丁 石畳の道に20軒ほどのお菓子屋が立ち並ぶスポットです。大昔1円(?)を持って駄菓子を買いに行ったのを思いだします

  • 見立寺本堂 見立寺は浄土宗の一寺、創建は1588年、開山は感誉存貞上人、開基は大道寺政繁、本尊は阿弥陀如来像です。川越七福神の第六番布袋孫がおられる寺院です。こじんまりしたお寺で、門を入ると、右正面に本堂があります境内には旅たちの法然像と水琴窟がありました

    見立寺本堂 見立寺は浄土宗の一寺、創建は1588年、開山は感誉存貞上人、開基は大道寺政繁、本尊は阿弥陀如来像です。川越七福神の第六番布袋孫がおられる寺院です。こじんまりしたお寺で、門を入ると、右正面に本堂があります境内には旅たちの法然像と水琴窟がありました

  • 見立寺布袋孫 本堂内陣の手前に布袋孫は安置されています。布袋尊は実在した中国の高僧契此で、家庭円満の神様です

    見立寺布袋孫 本堂内陣の手前に布袋孫は安置されています。布袋尊は実在した中国の高僧契此で、家庭円満の神様です

  • 妙昌寺本堂 妙昌寺は日蓮宗の一寺、創建は1375年、開基は池上本門寺第四世貫主大阿闍梨日山聖人、開山は日意上人です。川越七福神の第七番弁財天がおられる寺院です。こじんまりしたお寺で、門を入ると、正面に本堂があります。本堂は新しく平成4年に建てられました。本堂の左へ回り込むと弁天堂がありますが、弁財天様は見ることができません。境内には小さな庭園と水琴窟がありました。弁財天は七福神唯一の女神、インドの河の神で、学業、良縁成就、芸術の神様です

    妙昌寺本堂 妙昌寺は日蓮宗の一寺、創建は1375年、開基は池上本門寺第四世貫主大阿闍梨日山聖人、開山は日意上人です。川越七福神の第七番弁財天がおられる寺院です。こじんまりしたお寺で、門を入ると、正面に本堂があります。本堂は新しく平成4年に建てられました。本堂の左へ回り込むと弁天堂がありますが、弁財天様は見ることができません。境内には小さな庭園と水琴窟がありました。弁財天は七福神唯一の女神、インドの河の神で、学業、良縁成就、芸術の神様です

31いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅の計画・記録

「旅の計画」作成でもれなく300ポイント!

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

川越の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集