ツェルマット旅行記(ブログ) 一覧に戻る
スイスに移住して1カ月。初の3連休を利用して、小旅行へ。ベルン、ジュネーブ、インターラーケン、行先をいろいろと考てみたが、やっぱりもともと行きたかったZermattへ。Zermattまでは電車で数時間。こんなに気楽に世界有数の山岳リゾートに行けるなんて。<br />当初は1泊だけするつもりで宿は取っていったのだが、結果的には2泊することに。初めてのドミトリー。日本に住んでた時は、いくら海外旅行を安くしたいからとはいっても、ドミトリーには泊まらなかった。それは、年に2回しか行けない海外旅行なのだから、せっかくの宿もある程度奮発したかったし、長旅なので疲れを残したくもなかったから。ところが、スイスに移住すると、ヨーロッパの各国まで数時間で行けてしまうし、月に1回(それ以上?)のペースで海外旅行が破格で出来てしまう。そうなれば、1泊や2泊、安宿に泊まるのなんてなんのその。<br /><br />今回は、2泊3日のZermattハイキングの旅です。※現地までの移動は省略しています。

真夏のZermatt ハイキングの旅

12いいね!

2020/08/10 - 2020/08/12

583位(同エリア1875件中)

0

37

taicok08

taicok08さん

スイスに移住して1カ月。初の3連休を利用して、小旅行へ。ベルン、ジュネーブ、インターラーケン、行先をいろいろと考てみたが、やっぱりもともと行きたかったZermattへ。Zermattまでは電車で数時間。こんなに気楽に世界有数の山岳リゾートに行けるなんて。
当初は1泊だけするつもりで宿は取っていったのだが、結果的には2泊することに。初めてのドミトリー。日本に住んでた時は、いくら海外旅行を安くしたいからとはいっても、ドミトリーには泊まらなかった。それは、年に2回しか行けない海外旅行なのだから、せっかくの宿もある程度奮発したかったし、長旅なので疲れを残したくもなかったから。ところが、スイスに移住すると、ヨーロッパの各国まで数時間で行けてしまうし、月に1回(それ以上?)のペースで海外旅行が破格で出来てしまう。そうなれば、1泊や2泊、安宿に泊まるのなんてなんのその。

今回は、2泊3日のZermattハイキングの旅です。※現地までの移動は省略しています。

旅行の満足度
4.5
観光
5.0
ホテル
4.0
グルメ
4.0
ショッピング
3.0
交通
3.5
同行者
一人旅
一人あたり費用
1万円 - 3万円
交通手段
鉄道 徒歩
旅行の手配内容
個別手配
利用旅行会社
Agoda

PR

  • 移住後、初の休暇でお出かけ。<br />Zermattなんて、日本から行こうと思えば数十万円はかかるだろうに、今ではほんの数千円で行けてしまうなんて。<br /><br />スイスの鉄道は、普通に乗ればそこそこな値段がする。しかし、お得な割引はたくさんあるので、旅行者でも調べて活用するのが吉。<br /><br />ちなみに私は、Half Fare Passといって、スイス国内の鉄道切符が半額になるPassを持っています。期限は1年間で185スイスフラン。おそらく、今回の旅の中で、3分の2は元が取れたくらい。おそらくこのパスは、スイス居住者向けで、旅行者向けは1ヶ月で120スイスフラン。他にも、乗り放題になるパスなんかも。<br /><br />Zermattへは、Vispという町で乗り換えてZermatt行きの電車で行きます。観光客も多く、ほぼ満席の状態でした。<br /><br />現在のスイスは、公共の場所や交通機関ではマスクが義務化されています。街歩きをしている人はほとんどマスクをしていませんが、電車の中ではみんなマスクをしていますし、マスクをしていないと乗客に注意されています。ちなみに、鼻が出ているだけで注意されました。

    移住後、初の休暇でお出かけ。
    Zermattなんて、日本から行こうと思えば数十万円はかかるだろうに、今ではほんの数千円で行けてしまうなんて。

    スイスの鉄道は、普通に乗ればそこそこな値段がする。しかし、お得な割引はたくさんあるので、旅行者でも調べて活用するのが吉。

    ちなみに私は、Half Fare Passといって、スイス国内の鉄道切符が半額になるPassを持っています。期限は1年間で185スイスフラン。おそらく、今回の旅の中で、3分の2は元が取れたくらい。おそらくこのパスは、スイス居住者向けで、旅行者向けは1ヶ月で120スイスフラン。他にも、乗り放題になるパスなんかも。

    Zermattへは、Vispという町で乗り換えてZermatt行きの電車で行きます。観光客も多く、ほぼ満席の状態でした。

    現在のスイスは、公共の場所や交通機関ではマスクが義務化されています。街歩きをしている人はほとんどマスクをしていませんが、電車の中ではみんなマスクをしていますし、マスクをしていないと乗客に注意されています。ちなみに、鼻が出ているだけで注意されました。

  • Zermattはなかなかの人出。<br /> <br />日本人もちらほら。私が見た日本人は、ほとんどが家族連れでした。駐在の方かもしれませんが…。ただ、スイスは入国した際に隔離期間を設けていないだけでなく、スイス航空はずっと就航している(NRT‐ZRH)のも影響しているかもしれませんが。

    Zermattはなかなかの人出。

    日本人もちらほら。私が見た日本人は、ほとんどが家族連れでした。駐在の方かもしれませんが…。ただ、スイスは入国した際に隔離期間を設けていないだけでなく、スイス航空はずっと就航している(NRT‐ZRH)のも影響しているかもしれませんが。

  • Zermattに到着してすぐ、Gornergratを目指しました。少し天気は悪かったのですが、明日も明後日も天気予報は曇りだったので。

    Zermattに到着してすぐ、Gornergratを目指しました。少し天気は悪かったのですが、明日も明後日も天気予報は曇りだったので。

  • 何が驚いたかって、車内アナウンスが英語の次に日本語のアナウンスが入ったこと。<br />やっぱり日本人多いんだなーと実感しました。

    何が驚いたかって、車内アナウンスが英語の次に日本語のアナウンスが入ったこと。
    やっぱり日本人多いんだなーと実感しました。

  • どんどん登っていきます。

    どんどん登っていきます。

  • いくつか駅を過ぎると、森林限界を迎え、荒野のような姿になります。

    いくつか駅を過ぎると、森林限界を迎え、荒野のような姿になります。

  • すぐ下をハイキングしている人達がいます。

    すぐ下をハイキングしている人達がいます。

  • 40分程度でGornergrat駅に到着。

    40分程度でGornergrat駅に到着。

  • さあ、ここが終点です。

    さあ、ここが終点です。

    ゴルナーグラート展望台 自然・景勝地

  • 乗客もそこそこの人数でした。

    乗客もそこそこの人数でした。

  • 氷河がすぐ間近に見えます。

    氷河がすぐ間近に見えます。

  • 今度は駅と一緒に。

    今度は駅と一緒に。

  • ひとしきり散策したら、下りハイキングの始まりです。切符は片道分しか買ってないので、歩けるだけ歩いて、「無理!」ってなったら途中から電車に乗る作戦です。

    ひとしきり散策したら、下りハイキングの始まりです。切符は片道分しか買ってないので、歩けるだけ歩いて、「無理!」ってなったら途中から電車に乗る作戦です。

  • 天気が悪くなってきました。

    天気が悪くなってきました。

  • すぐ近くをGornergrat鉄道が走ります。

    すぐ近くをGornergrat鉄道が走ります。

  • 曇りすぎてて、逆さも何もありません。<br /><br />この直後、雨が降ってきました。<br />気付けば周りには誰もいない。<br />かなり焦って、早足で次の駅まで。<br />なんとか本降りになる前にRiffelberg駅に到着。<br />雨宿りをしていると止んできたのですが、なんか疲れたので切符を買ってZermattまで戻ることに。

    曇りすぎてて、逆さも何もありません。

    この直後、雨が降ってきました。
    気付けば周りには誰もいない。
    かなり焦って、早足で次の駅まで。
    なんとか本降りになる前にRiffelberg駅に到着。
    雨宿りをしていると止んできたのですが、なんか疲れたので切符を買ってZermattまで戻ることに。

  • Zermattに戻り、ラクレットが食べたくてネット検索。<br />宿泊先のすぐ近くの店をチョイス。<br />しかし、ラクレットは無いと言われ、仕方なくフォンデュに。

    Zermattに戻り、ラクレットが食べたくてネット検索。
    宿泊先のすぐ近くの店をチョイス。
    しかし、ラクレットは無いと言われ、仕方なくフォンデュに。

    ロゼ ストール 地元の料理

  • 本来はワインのところですが、気分的にはビール。<br /><br />チーズでお腹いっぱい。<br />これで32スイスフランでした。やはりスイス価格に加え、観光地価格。

    本来はワインのところですが、気分的にはビール。

    チーズでお腹いっぱい。
    これで32スイスフランでした。やはりスイス価格に加え、観光地価格。

  • さて、今回の宿泊先のドミトリーへ。ホテルなので、個室もあるようですが、今回はドミトリーを選択。思っていたよりも快適。先客に挨拶をして、ベットでのんびり。疲労と満腹で、夕方5時頃には意識を無くし、朝までベッドの上。<br /><br />1泊38スイスフランと、ドミトリーにしては高めだが、ホテルのシングルだとゆうに100スイスフランは超えるので、十分な安さ。

    さて、今回の宿泊先のドミトリーへ。ホテルなので、個室もあるようですが、今回はドミトリーを選択。思っていたよりも快適。先客に挨拶をして、ベットでのんびり。疲労と満腹で、夕方5時頃には意識を無くし、朝までベッドの上。

    1泊38スイスフランと、ドミトリーにしては高めだが、ホテルのシングルだとゆうに100スイスフランは超えるので、十分な安さ。

    ホテル バーンホフ ホテル

  • 2日目。<br /><br />予定では1泊2日のつもりだったが、あまりにも天気がいいので、延泊決定。<br />ホテルのフロントが8時からだったので、8時5分に行くと、まだフロントはクローズ。数分待ってると、従業員の方が来たので、延泊を申し出ると「先にメールチェックするから、10分後に来て」とのこと。<br />ちなみに、2泊目は45スイスフランに。

    2日目。

    予定では1泊2日のつもりだったが、あまりにも天気がいいので、延泊決定。
    ホテルのフロントが8時からだったので、8時5分に行くと、まだフロントはクローズ。数分待ってると、従業員の方が来たので、延泊を申し出ると「先にメールチェックするから、10分後に来て」とのこと。
    ちなみに、2泊目は45スイスフランに。

  • 今日は、Sunneggaからさらに登り、Rothorn駅を目指します。<br /><br />どんな場所かもよく分からないので、ひとまず片道切符を握りしめ、

    今日は、Sunneggaからさらに登り、Rothorn駅を目指します。

    どんな場所かもよく分からないので、ひとまず片道切符を握りしめ、

  • SuneggaからロープウェイでBlauherdへ。<br />Blauherdからは大型のゴンドラでRothornへ。<br /><br />ゴンドラは数十人乗れるサイズだが、乗客は10人程度。<br />まさかの日本人のご夫婦がおられました。

    SuneggaからロープウェイでBlauherdへ。
    Blauherdからは大型のゴンドラでRothornへ。

    ゴンドラは数十人乗れるサイズだが、乗客は10人程度。
    まさかの日本人のご夫婦がおられました。

  • Rothornに着くと、展望台的な場所はあったが、ほとんどは工事中でした。<br />そこからOberrothornまでハイキングしようと思っていたが、道がわからずあたふた。<br /><br />先ほどの日本人夫婦と話してみると、どうやら駐在でドイツにおられ、ドイツから来られたとのこと。

    Rothornに着くと、展望台的な場所はあったが、ほとんどは工事中でした。
    そこからOberrothornまでハイキングしようと思っていたが、道がわからずあたふた。

    先ほどの日本人夫婦と話してみると、どうやら駐在でドイツにおられ、ドイツから来られたとのこと。

  • 次に、スイス人のご夫婦に聞いてみると、「私たちもOberrothornに行くから一緒に行きましょう。」と言っていただき、付いていくことに。

    次に、スイス人のご夫婦に聞いてみると、「私たちもOberrothornに行くから一緒に行きましょう。」と言っていただき、付いていくことに。

  • Oberrothornまでは1時間半くらい。<br /><br />結果的に、ちょうど1時間半で頂上まで行けました。<br />スイスの看板(黄色の)は、とても正確。

    Oberrothornまでは1時間半くらい。

    結果的に、ちょうど1時間半で頂上まで行けました。
    スイスの看板(黄色の)は、とても正確。

  • スイス人老夫婦のペースは、とてもゆっくりでした。<br />でも、それが山登りの極意のようでした。<br />ゆっくりでも同じペースで進み続けること。<br />決して焦って登ろうとはしないこと。<br /><br />なんか人生と同じだなーと感じました。

    スイス人老夫婦のペースは、とてもゆっくりでした。
    でも、それが山登りの極意のようでした。
    ゆっくりでも同じペースで進み続けること。
    決して焦って登ろうとはしないこと。

    なんか人生と同じだなーと感じました。

  • 頂上からの眺めは絶景です。<br /><br />ゴンドラの駅が下に見えます。

    頂上からの眺めは絶景です。

    ゴンドラの駅が下に見えます。

  • その後、歩いて下れる所まで歩くことに。<br /><br />

    その後、歩いて下れる所まで歩くことに。

  • 後々気づきましたが、Stelliseeに降りる道をいかず、車が通る道を行ってました。<br /><br />Sunneggaへは近道となりますが、ハイキングコースを逃していました。

    後々気づきましたが、Stelliseeに降りる道をいかず、車が通る道を行ってました。

    Sunneggaへは近道となりますが、ハイキングコースを逃していました。

  • それでも景色は綺麗です。

    それでも景色は綺麗です。

  • ひたすら歩いていて、あまり写真を撮っていなかったです。。。<br /><br />SunneggaからZermattへも歩けるとのことだったので、そのまま歩き続けました。<br />結果的にですが、大回りするルートを通っていたようで、SunneggaからZermattに帰り着くにはかなり歩きました。

    ひたすら歩いていて、あまり写真を撮っていなかったです。。。

    SunneggaからZermattへも歩けるとのことだったので、そのまま歩き続けました。
    結果的にですが、大回りするルートを通っていたようで、SunneggaからZermattに帰り着くにはかなり歩きました。

  • Zermattの街とマッターホルンの共演。<br /><br />いい景色が見れたので良しとしましょう。

    Zermattの街とマッターホルンの共演。

    いい景色が見れたので良しとしましょう。

  • 前日に乗ったゴルナーグラート鉄道です。<br />街中を走っています。

    前日に乗ったゴルナーグラート鉄道です。
    街中を走っています。

  • 宿に戻り、一休み。

    宿に戻り、一休み。

  • 明日には帰路に着くため、最後にZermattの街歩き。<br />

    明日には帰路に着くため、最後にZermattの街歩き。

  • アルペンホルンの路上コンサートです。

    アルペンホルンの路上コンサートです。

  • 昨日は食べれなかったラクレットを求めてスイス料理店へ。<br /><br />バルコニーは人がいっぱいだったので、屋内へ案内されましたが、中は誰もいませんでした。予約席を開けてくれました。5時くらいに行ったので、夕食時より少し早かったから入れたのかもしれません。<br />ラクレットとビールを一杯。ラクレットは目の前でチーズを削ぎ落としてくれるのかと思ってたら、この状態で出てきました。<br />これで14CHFほどでした。量的には少し物足りないですが、チーズが重いので、程よいくらいです。<br /><br />宿に戻ると、後はぐっすりと眠りにつきました。<br />次の日、も天気が良かったので、他のルートへ行くことも考えましたが、また次の機会に残しておくことに。<br /><br />コロナ禍とは言え、夏のZermattは大賑わいでした、

    昨日は食べれなかったラクレットを求めてスイス料理店へ。

    バルコニーは人がいっぱいだったので、屋内へ案内されましたが、中は誰もいませんでした。予約席を開けてくれました。5時くらいに行ったので、夕食時より少し早かったから入れたのかもしれません。
    ラクレットとビールを一杯。ラクレットは目の前でチーズを削ぎ落としてくれるのかと思ってたら、この状態で出てきました。
    これで14CHFほどでした。量的には少し物足りないですが、チーズが重いので、程よいくらいです。

    宿に戻ると、後はぐっすりと眠りにつきました。
    次の日、も天気が良かったので、他のルートへ行くことも考えましたが、また次の機会に残しておくことに。

    コロナ禍とは言え、夏のZermattは大賑わいでした、

    シュターデル 地元の料理

12いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

taicok08さんの関連旅行記

taicok08さんの旅行記一覧

この旅行で行ったホテル

この旅行で行ったスポット

この旅行で行ったグルメ・レストラン

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

スイスで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
スイス最安 600円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

スイスの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集