ウベア島旅行記(ブログ) 一覧に戻る
映画「天国にいちばん近い島」(1984年公開)のロケ地として有名なニューカレドニアの離島、ウベア島。この映画は見ていないが、ニューカレドニアの環境映像を購入して見ていたことから、行ってみたいと思うようになった。イル・デ・パン島も映画に出て来て、ウベア島と同じくらい人気がある。両方行こうか迷ったが、ウベア島のみにした。ウベア島3泊、ニューカレドニアの首都ヌメア2泊の全7日間の日程。ウベア島唯一のリゾートホテル「パラディ・ド・ウベア」に宿泊。のんびりモードで過ごしつつ、部屋ではコロナウイルス関連のニュースをチェックしていた。<br /><br />ニューカレドニアは2020年3月19日以降、コロナウイルス感染拡大防止の為、ニューカレドニア非居住者の外国人に対して入国禁止となった。今回の旅行でニューカレドニアに入国したのが3月1日、出国が7日。入国禁止になる前に行って来られた。旅行申し込みをしたのが去年6月頃。まさか、こんな事態になると思っていなかった。<br /><br />旅行前の2月始め、横浜港に帰港したクルーズ船内でコロナウイルス感染者が確認され、その後2週間、乗客・乗員が船内にて検疫・隔離された。その様子が連日報道される度に不安になったが、キャンセル料が掛からない期限である旅行出発日30日前を過ぎていた為、申し込みを続行。また、4月下旬頃にも、イタリア・フィレンツェとその周辺への1週間程の旅行を予定していたが、こちらの方はキャンセルした。今後、いつ頃、安心して旅行に行けるようになるのか?<br /><br />※現時点(2020年8月)で、日本からイタリアへの入国時に14日間の自己隔離義務がある。<br /> <br />[日程]<br />3/1(日)成田→ヌメア (エアカラン)<br />3/2(月)ヌメア→ウベア島 (エアカレドニア)<br />3/3(水)ウベア島<br />3/4(木)ウベア島<br />3/5(金)ウベア島→ヌメア (エアカレドニア)<br />3/6(土)ヌメア<br />3/7(日)ヌメア→成田 (エアカラン)<br />※ヌメア:ル・ラゴン2泊<br /> ウベア島:パラディ・ド・ウベア(ガーデンバンガロー)3泊

【ニューカレドニア~ウベア島】天国にいちばん近い島。

32いいね!

2020/03/01 - 2020/03/07

19位(同エリア63件中)

1

74

arriettyさん

映画「天国にいちばん近い島」(1984年公開)のロケ地として有名なニューカレドニアの離島、ウベア島。この映画は見ていないが、ニューカレドニアの環境映像を購入して見ていたことから、行ってみたいと思うようになった。イル・デ・パン島も映画に出て来て、ウベア島と同じくらい人気がある。両方行こうか迷ったが、ウベア島のみにした。ウベア島3泊、ニューカレドニアの首都ヌメア2泊の全7日間の日程。ウベア島唯一のリゾートホテル「パラディ・ド・ウベア」に宿泊。のんびりモードで過ごしつつ、部屋ではコロナウイルス関連のニュースをチェックしていた。

ニューカレドニアは2020年3月19日以降、コロナウイルス感染拡大防止の為、ニューカレドニア非居住者の外国人に対して入国禁止となった。今回の旅行でニューカレドニアに入国したのが3月1日、出国が7日。入国禁止になる前に行って来られた。旅行申し込みをしたのが去年6月頃。まさか、こんな事態になると思っていなかった。

旅行前の2月始め、横浜港に帰港したクルーズ船内でコロナウイルス感染者が確認され、その後2週間、乗客・乗員が船内にて検疫・隔離された。その様子が連日報道される度に不安になったが、キャンセル料が掛からない期限である旅行出発日30日前を過ぎていた為、申し込みを続行。また、4月下旬頃にも、イタリア・フィレンツェとその周辺への1週間程の旅行を予定していたが、こちらの方はキャンセルした。今後、いつ頃、安心して旅行に行けるようになるのか?

※現時点(2020年8月)で、日本からイタリアへの入国時に14日間の自己隔離義務がある。

[日程]
3/1(日)成田→ヌメア (エアカラン)
3/2(月)ヌメア→ウベア島 (エアカレドニア)
3/3(水)ウベア島
3/4(木)ウベア島
3/5(金)ウベア島→ヌメア (エアカレドニア)
3/6(土)ヌメア
3/7(日)ヌメア→成田 (エアカラン)
※ヌメア:ル・ラゴン2泊
 ウベア島:パラディ・ド・ウベア(ガーデンバンガロー)3泊

PR

  • 昼12時過ぎに、成田発のエアカランで出発。搭乗カウンターのある第1ターミナルは、新型コロナウイルスの影響か、人も少なめ。<br /><br />直行便にて、8時間半程でヌメア・トントゥータ国際空港に到着。日本との時差は、ニューカレドニアの方が+2時間。南半球なので、季節が日本と逆。<br /><br />空港からは現地ツアー会社の送迎車(混載・大型バス)に乗り、ヌメア市内のホテルへ。写真はトントゥータ国際空港前で送迎車に乗る前に撮影。

    昼12時過ぎに、成田発のエアカランで出発。搭乗カウンターのある第1ターミナルは、新型コロナウイルスの影響か、人も少なめ。

    直行便にて、8時間半程でヌメア・トントゥータ国際空港に到着。日本との時差は、ニューカレドニアの方が+2時間。南半球なので、季節が日本と逆。

    空港からは現地ツアー会社の送迎車(混載・大型バス)に乗り、ヌメア市内のホテルへ。写真はトントゥータ国際空港前で送迎車に乗る前に撮影。

  • 「ル・ラゴン(Le Lagon Hotel)」に宿泊。ホテル左横は薬局(写真内左端)。日本では、近所の店ですでにマスクが手に入らなくなっていたので、こちらの薬局で購入しようと、後日出掛けた。しかし、1人6枚までの枚数制限があり、1枚100円以上した。しかも、ペラペラでかなり薄い(夏用マスクだったのかも)。でも、対応してくれた女性店員さんが綺麗で感じのいい人だったので、マスク6枚買ってしまった。それまで1枚6円(50枚入り1箱¥300)で買っていたので、かなりの高級品!<br /><br /><br />

    「ル・ラゴン(Le Lagon Hotel)」に宿泊。ホテル左横は薬局(写真内左端)。日本では、近所の店ですでにマスクが手に入らなくなっていたので、こちらの薬局で購入しようと、後日出掛けた。しかし、1人6枚までの枚数制限があり、1枚100円以上した。しかも、ペラペラでかなり薄い(夏用マスクだったのかも)。でも、対応してくれた女性店員さんが綺麗で感じのいい人だったので、マスク6枚買ってしまった。それまで1枚6円(50枚入り1箱¥300)で買っていたので、かなりの高級品!


  • 宿泊した部屋。

    宿泊した部屋。

  • 翌日早朝、送迎車にてマジェンタ空港へ。国内線のエアカレドニアでウベア島へ向かう。マジェンタ空港はヌメアにある国内線専用の空港。飛行機は全てプロペラ機。午前9時半頃出発する便に乗り込む(写真)。ウベア島まで約40分。<br /><br />エアカレドニアでは、預け入れ荷物が20Kgを超えると超過料金を取られる。重量オーバーした為、預け入れ荷物の一部を機内持ち込み手荷物(5Kgまで)に移し替える。搭乗手続き補佐の為に来ていた現地ツアー会社スタッフの方にも手伝ってもらい、空港内でスーツケースを開けて中身を調整。何とか追加料金なしでチェックイン。<br /><br />これ以外にも荷物はあったが、5日目にヌメアに戻り、再び「ル・ラゴン」に宿泊予定なので、ウベア島で使わない物は「ル・ラゴン」に預けて来た。無料で預かってくれる。海って、水着・ラッシュガードとか、マリンシューズの類で荷物が増える!

    翌日早朝、送迎車にてマジェンタ空港へ。国内線のエアカレドニアでウベア島へ向かう。マジェンタ空港はヌメアにある国内線専用の空港。飛行機は全てプロペラ機。午前9時半頃出発する便に乗り込む(写真)。ウベア島まで約40分。

    エアカレドニアでは、預け入れ荷物が20Kgを超えると超過料金を取られる。重量オーバーした為、預け入れ荷物の一部を機内持ち込み手荷物(5Kgまで)に移し替える。搭乗手続き補佐の為に来ていた現地ツアー会社スタッフの方にも手伝ってもらい、空港内でスーツケースを開けて中身を調整。何とか追加料金なしでチェックイン。

    これ以外にも荷物はあったが、5日目にヌメアに戻り、再び「ル・ラゴン」に宿泊予定なので、ウベア島で使わない物は「ル・ラゴン」に預けて来た。無料で預かってくれる。海って、水着・ラッシュガードとか、マリンシューズの類で荷物が増える!

  • 午前10時頃、ウベア空港に到着。あいにくの雨降りの天気。ホテルの送迎車で「パラディ・ド・ウベア」へ向かった。<br /><br />パラディ・ド・ウベアのガーデン・バンガローに3泊。宿泊の部屋が思ったより広く、得した気分(写真)♪

    午前10時頃、ウベア空港に到着。あいにくの雨降りの天気。ホテルの送迎車で「パラディ・ド・ウベア」へ向かった。

    パラディ・ド・ウベアのガーデン・バンガローに3泊。宿泊の部屋が思ったより広く、得した気分(写真)♪

  • トイレ・洗面台・シャワー・浴槽が一緒のバスルーム。結構広い。

    トイレ・洗面台・シャワー・浴槽が一緒のバスルーム。結構広い。

  • 窓(ウッドデッキ)からはガーデンビューだが、プライベートビーチ沿いに建つバンガロー越しに、海が見える。

    窓(ウッドデッキ)からはガーデンビューだが、プライベートビーチ沿いに建つバンガロー越しに、海が見える。

  • ウッドデッキを降りて、宿泊の部屋を撮影。

    ウッドデッキを降りて、宿泊の部屋を撮影。

  • ウッドデッキ近くに植えられているプルメリア。

    ウッドデッキ近くに植えられているプルメリア。

  • 白いプルメリア。

    白いプルメリア。

  • ホテル内のレストラン。ビーチが目の前。

    ホテル内のレストラン。ビーチが目の前。

  • レストラン内。朝食は宿泊費に含まれる。プラス、ツアー会社から1回分のランチクーポンが付いて来た。夕食もここでとった。夕食料金は1回4,000CFPフラン(フレンチ・パシフィック・フラン)。朝食も夕食もバイキング。他に、ホテルから歩いて数分、ムリ橋へ向かう途中の左手に「FASSY」というレストランがある。<br /><br />屋外と屋内の明暗の差が大きい所をオート設定で撮っていたら、写真が白飛びした。検索すると対処法として、ISO感度を下げる・絞り値を大きくする・シャッタースピードを速くする・露出補正をマイナスにする・部分測光を使うなどとあった。暗く撮って、後で適度な明るさに画像補正すればいいらしい。とは言え、簡単に綺麗に写せればラクなのに。その度に細かい調整(設定)をするのが面倒。高額なカメラじゃないし、機械に詳しくないので、何とか写っていればいいレベル。(T_T)

    レストラン内。朝食は宿泊費に含まれる。プラス、ツアー会社から1回分のランチクーポンが付いて来た。夕食もここでとった。夕食料金は1回4,000CFPフラン(フレンチ・パシフィック・フラン)。朝食も夕食もバイキング。他に、ホテルから歩いて数分、ムリ橋へ向かう途中の左手に「FASSY」というレストランがある。

    屋外と屋内の明暗の差が大きい所をオート設定で撮っていたら、写真が白飛びした。検索すると対処法として、ISO感度を下げる・絞り値を大きくする・シャッタースピードを速くする・露出補正をマイナスにする・部分測光を使うなどとあった。暗く撮って、後で適度な明るさに画像補正すればいいらしい。とは言え、簡単に綺麗に写せればラクなのに。その度に細かい調整(設定)をするのが面倒。高額なカメラじゃないし、機械に詳しくないので、何とか写っていればいいレベル。(T_T)

  • 朝食のプレート。バイキングだと、つい欲張ってしまう。バイキングメニューにライスが含まれていてGood! 夕食のデザートの種類も多い。ビーチリゾートって食事内容が充実しているのが魅力。

    朝食のプレート。バイキングだと、つい欲張ってしまう。バイキングメニューにライスが含まれていてGood! 夕食のデザートの種類も多い。ビーチリゾートって食事内容が充実しているのが魅力。

  • このレストランにはニャンがいた! ∩(=^・^=)∩〈ゴロニャン!〉<br />かわいすぎるぅぅ~! パンをやったけど食べない! なぜニャン??

    このレストランにはニャンがいた! ∩(=^・^=)∩〈ゴロニャン!〉
    かわいすぎるぅぅ~! パンをやったけど食べない! なぜニャン??

  • ニャンのドアップ画像。近い、ニャン!!

    ニャンのドアップ画像。近い、ニャン!!

  • レストランを出ると、ロビー。ホテル入口(写真内奥)、その左側にフロント・受付。受付デスクの横に、ウベア島の天気予報が貼ってあった。チェックイン日から数日間は雨マーク。でも、翌日・翌々日とも晴れて、時々軽いスコールのような雨はあったが、1日中降っていたわけではないので、気にしなくていいと思う。滞在中、一度、夜中に雷雨があった。

    レストランを出ると、ロビー。ホテル入口(写真内奥)、その左側にフロント・受付。受付デスクの横に、ウベア島の天気予報が貼ってあった。チェックイン日から数日間は雨マーク。でも、翌日・翌々日とも晴れて、時々軽いスコールのような雨はあったが、1日中降っていたわけではないので、気にしなくていいと思う。滞在中、一度、夜中に雷雨があった。

  • ホテルの前は道路を挟んで海。ホテル内のプライベートビーチとは反対側になる。朝食後、歩いてムリ橋へ出掛ける。

    ホテルの前は道路を挟んで海。ホテル内のプライベートビーチとは反対側になる。朝食後、歩いてムリ橋へ出掛ける。

  • 途中、道路沿いの海の景色は、ニューカレドニアの原風景のイメージ。

    途中、道路沿いの海の景色は、ニューカレドニアの原風景のイメージ。

  • 海の色、キレイ。

    海の色、キレイ。

  • 「パラディ・ド・ウベア」から1Kmちょっと歩いて、ムリ橋に着いた。

    「パラディ・ド・ウベア」から1Kmちょっと歩いて、ムリ橋に着いた。

  • 橋の下へ降りて来た。

    橋の下へ降りて来た。

  • ムリ橋付近のビーチは流れが速く、水深も深いので、遊泳禁止。でも、ここはいつも多くの人が泳いでいる。

    ムリ橋付近のビーチは流れが速く、水深も深いので、遊泳禁止。でも、ここはいつも多くの人が泳いでいる。

  • パウダーサンドが眩しい。知世ちゃんもいたビーチ!

    パウダーサンドが眩しい。知世ちゃんもいたビーチ!

  • ムリ橋を渡り始める。橋の手前はムリ島。橋の向こうはウベア島。このムリ橋によって、2つの島が繋がり、現在のウベア島になった。ウベア空港から「パラディ・ド・ウベア」へ来る時も帰る時もこの橋を渡る。

    ムリ橋を渡り始める。橋の手前はムリ島。橋の向こうはウベア島。このムリ橋によって、2つの島が繋がり、現在のウベア島になった。ウベア空港から「パラディ・ド・ウベア」へ来る時も帰る時もこの橋を渡る。

  • 橋の上からの眺め。世界遺産にもなっているラグーンが美しい。

    橋の上からの眺め。世界遺産にもなっているラグーンが美しい。

  • 今まで、映像や画像の中で見ていた景色が目の前にある!

    今まで、映像や画像の中で見ていた景色が目の前にある!

  • 橋を渡り切って、下まで降りて来た。

    橋を渡り切って、下まで降りて来た。

  • 対岸のムリビーチが見える。

    対岸のムリビーチが見える。

  • こちら側のビーチも、白砂にグラデーションの青い海で、すごーくきれい。

    こちら側のビーチも、白砂にグラデーションの青い海で、すごーくきれい。

  • 日差しが強過ぎて、長くいられなかったけど、ムリビーチの美しさに感動。

    日差しが強過ぎて、長くいられなかったけど、ムリビーチの美しさに感動。

  • ホテルに戻って来た。映画「天国に一番近い島」にも登場した、赤い屋根のかわいらしいカトリック教会「ムリ教会」を回るオプショナルツアーに参加する予定だったが、希望者が他にいない為、催行されず。ムリ教会まで片道5Km。ホテル内にはレンタサイクルもあったが、ムリ橋まで歩いて行っただけで疲れてしまい、自転車に乗る元気がない。結局、プライベートビーチで過ごした。家にある環境DVDでは何度か見たが、出来れば実物を見たかった。

    ホテルに戻って来た。映画「天国に一番近い島」にも登場した、赤い屋根のかわいらしいカトリック教会「ムリ教会」を回るオプショナルツアーに参加する予定だったが、希望者が他にいない為、催行されず。ムリ教会まで片道5Km。ホテル内にはレンタサイクルもあったが、ムリ橋まで歩いて行っただけで疲れてしまい、自転車に乗る元気がない。結局、プライベートビーチで過ごした。家にある環境DVDでは何度か見たが、出来れば実物を見たかった。

  • ホテル通路。各バンガローとフロント・レストラン棟を繋いでいる。

    ホテル通路。各バンガローとフロント・レストラン棟を繋いでいる。

  • ホテル敷地内に咲いているハイビスカス。

    ホテル敷地内に咲いているハイビスカス。

  • ホテル内のプール。

    ホテル内のプール。

  • プールで少し泳いだ。日本人カップルや外国人客もいて、賑やかだった。

    プールで少し泳いだ。日本人カップルや外国人客もいて、賑やかだった。

  • ホテル前のプライベートビーチ。

    ホテル前のプライベートビーチ。

  • 白い砂浜と青い海が、見渡す限り広がっている。

    白い砂浜と青い海が、見渡す限り広がっている。

  • ビーチ沿いに立ち並ぶバンガロー。

    ビーチ沿いに立ち並ぶバンガロー。

  • ビーチにも海にも他に人はいたけど、少ないせいか、圧倒的な開放感。

    ビーチにも海にも他に人はいたけど、少ないせいか、圧倒的な開放感。

  • 海に入り、泳ぐ。

    海に入り、泳ぐ。

  • 童心に返り、楽しい!

    童心に返り、楽しい!

  • 海、最高!!

    海、最高!!

  • わりと勢いのある波。

    わりと勢いのある波。

  • レストラン付近から眺める海。

    レストラン付近から眺める海。

  • 天然素材のビーチパラソルやチェアーが涼しげ。

    天然素材のビーチパラソルやチェアーが涼しげ。

  • 木陰から眺めるビーチチェアーと海。これと似たような構図のポスターを持っていて、家の中の壁は、ビーチリゾートのポスターだらけ。

    木陰から眺めるビーチチェアーと海。これと似たような構図のポスターを持っていて、家の中の壁は、ビーチリゾートのポスターだらけ。

  • ウベア島のきれいな海を眺めながら、のんびり過ごせた。

    ウベア島のきれいな海を眺めながら、のんびり過ごせた。

  • 旅行5日目、ウベア島ともお別れ。ウベア空港(写真)から、エアカレドニアでヌメアに向かう。

    旅行5日目、ウベア島ともお別れ。ウベア空港(写真)から、エアカレドニアでヌメアに向かう。

  • ウベア空港。

    ウベア空港。

  • 空港入口の上にある表示。

    空港入口の上にある表示。

  • 午前10時半頃にウベア島を出発。11時過ぎにヌメア・マジェンタ空港に到着(写真)。

    午前10時半頃にウベア島を出発。11時過ぎにヌメア・マジェンタ空港に到着(写真)。

  • 再び、ヌメア市内の「ル・ラゴン」ホテルへ戻って来た。

    再び、ヌメア市内の「ル・ラゴン」ホテルへ戻って来た。

  • ホテル・部屋からの眺め。

    ホテル・部屋からの眺め。

  • ホテル・部屋からの眺め。

    ホテル・部屋からの眺め。

  • ホテル近くの小さなスーパーで飲み物や軽食を買った。

    ホテル近くの小さなスーパーで飲み物や軽食を買った。

  • ホテルから歩いて5分くらいのアンスバタビーチ。

    ホテルから歩いて5分くらいのアンスバタビーチ。

  • ビーチ付近。ヒルトンやラマダなど、有名なホテルが見える。

    ビーチ付近。ヒルトンやラマダなど、有名なホテルが見える。

  • ビーチ近くのラ・プロムナードショッピングセンター。「ヒルトン・ヌメア・ラ・プロムナード・レジデンス」(コンドミニアムのホテル)の1階にある。

    ビーチ近くのラ・プロムナードショッピングセンター。「ヒルトン・ヌメア・ラ・プロムナード・レジデンス」(コンドミニアムのホテル)の1階にある。

  • イタリアンの「Pizza &amp; Pasta」

    イタリアンの「Pizza & Pasta」

  • ショッピングセンターから数分のところにあるハンバーガーショップで、エッグ・バーガーとポテトを注文。1,000円くらい。

    ショッピングセンターから数分のところにあるハンバーガーショップで、エッグ・バーガーとポテトを注文。1,000円くらい。

  • 旅行7日目午前2時過ぎ、トントゥータ空港よりエアカレドニアで帰国。<br /><br />チェックインの荷物預け入れの際、スーツケースの取っ手が取れてしまった。帰り際でよかった。今回1回のみの使用だが、超安物なので、元は取った。海に行く時は荷物が多く、Lサイズのスーツケースになってしまう。<br /><br />飛行機離陸が1時間以上遅れ、空港内で待たされた。喉が渇いたので、搭乗ロビーのカフェで缶ジュース(小さいサイズ)を買ったら¥500だった。<br /><br />今回の旅行はウベア島でもヌメアでも、あまり動かず、のんびりして終わった。現地が暑い時期で、体力的に疲れてしまったり、語学力と方向感覚がない為、一人であちこち移動する自信がない(特に公共交通機関)。でも、ウベア島のきれいな海を見るのが目的だったので、自分的にはこれで充分。本当は、こういったビーチリゾートでゆっくりの旅が理想。だが、貧乏性な為、同じ費用を掛けるなら、欧米の有名な所をいくつも回らないと損!と思い、短い日数に多くの観光地(行程)を詰め込んでいる。<br /><br />依然として出口の見えない新型コロナウイルス。ワクチン・特効薬に期待するしかないようだが、少しでも体力のあるうちに、行きたい所へ旅行したいので、なるべく早く安全な世界になって欲しいと思う。(終)<br /><br />

    旅行7日目午前2時過ぎ、トントゥータ空港よりエアカレドニアで帰国。

    チェックインの荷物預け入れの際、スーツケースの取っ手が取れてしまった。帰り際でよかった。今回1回のみの使用だが、超安物なので、元は取った。海に行く時は荷物が多く、Lサイズのスーツケースになってしまう。

    飛行機離陸が1時間以上遅れ、空港内で待たされた。喉が渇いたので、搭乗ロビーのカフェで缶ジュース(小さいサイズ)を買ったら¥500だった。

    今回の旅行はウベア島でもヌメアでも、あまり動かず、のんびりして終わった。現地が暑い時期で、体力的に疲れてしまったり、語学力と方向感覚がない為、一人であちこち移動する自信がない(特に公共交通機関)。でも、ウベア島のきれいな海を見るのが目的だったので、自分的にはこれで充分。本当は、こういったビーチリゾートでゆっくりの旅が理想。だが、貧乏性な為、同じ費用を掛けるなら、欧米の有名な所をいくつも回らないと損!と思い、短い日数に多くの観光地(行程)を詰め込んでいる。

    依然として出口の見えない新型コロナウイルス。ワクチン・特効薬に期待するしかないようだが、少しでも体力のあるうちに、行きたい所へ旅行したいので、なるべく早く安全な世界になって欲しいと思う。(終)

32いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (1)

開く

閉じる

  • 山のクマさん 2021/01/30 15:07:05
    懐かしく拝見させて頂きました
    arriettyさんの旅行記を観て、懐かしく感じさせられました。ありがとうございます。
    私の旅行記も見ていただけると分かるのですが、31年前の思い出を掲示しています。
    31年前とはすっかり変わっている様子も伺えましたが、基本は変わってない様です。
    ホテルもLe LAGONと同じですが綺麗になっていますね。
    後、私の場合はウベア島に行けなかったのが残念な所でしたが、お写真拝見できて楽しむことができました。
    それでは。

arriettyさんのトラベラーページ

旅の計画・記録

「旅の計画」作成でもれなく300ポイント!

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

ニューカレドニアで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
ニューカレドニア最安 1,750円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

ニューカレドニアの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集