デリー旅行記(ブログ) 一覧に戻る
独立記念日の前日にインドの首都デリーに到着。<br />オールドデリーにあるレッドフォートは、独立記念日の祝典の準備のため、近寄れなかったのですが、<br />遠くから眺める雄姿で十分にその偉大さが感じられました。<br /><br />クトゥブミナール(Qutub Minar)は、ミナレット(尖塔)のあるモスク。<br />インドといえば、ヒンドゥー教一色と勘違いしていた自分にとっては、<br />思いっきり予想外。<br />イスラムの美しい建築と模様にうっとりして、何枚も写真を撮ってしまいました。<br /><br />デリーでの観光を終え、翌朝、ニューデリー6:00発のシャタブディ・エクスプレスでアグラへ移動(アグラ8:06着)。鉄道乗車の様子も少し紹介。

デリーの世界遺産、クトゥブミナールとラール・キラー

5いいね!

2012/08/14 - 2012/08/15

1098位(同エリア1720件中)

0

32

redchilipadi

redchilipadiさん

独立記念日の前日にインドの首都デリーに到着。
オールドデリーにあるレッドフォートは、独立記念日の祝典の準備のため、近寄れなかったのですが、
遠くから眺める雄姿で十分にその偉大さが感じられました。

クトゥブミナール(Qutub Minar)は、ミナレット(尖塔)のあるモスク。
インドといえば、ヒンドゥー教一色と勘違いしていた自分にとっては、
思いっきり予想外。
イスラムの美しい建築と模様にうっとりして、何枚も写真を撮ってしまいました。

デリーでの観光を終え、翌朝、ニューデリー6:00発のシャタブディ・エクスプレスでアグラへ移動(アグラ8:06着)。鉄道乗車の様子も少し紹介。

旅行の満足度
5.0
観光
5.0
ホテル
5.0
交通
4.5
同行者
カップル・夫婦(シニア)
旅行の手配内容
個別手配
利用旅行会社
【日通旅行】日本通運株式会社

PR

  • Qutab Minar(クトゥブミナール)、<br />Minarとはミナレット、つまりモスクの尖塔<br />高さ72.5m、世界で最も高いミナレットなのだそうです。<br />ヒンドゥー様式とイスラーム様式が混ざった、エキゾチックな塔。<br />看板にComplexとあるように、尖塔だけでなく、周辺の当時の遺跡も含んだ複合遺跡です。

    Qutab Minar(クトゥブミナール)、
    Minarとはミナレット、つまりモスクの尖塔
    高さ72.5m、世界で最も高いミナレットなのだそうです。
    ヒンドゥー様式とイスラーム様式が混ざった、エキゾチックな塔。
    看板にComplexとあるように、尖塔だけでなく、周辺の当時の遺跡も含んだ複合遺跡です。

  • 1200年ごろの遺構。<br />ローマの遺跡みたいなアーチや列柱の柱廊も残っています。

    1200年ごろの遺構。
    ローマの遺跡みたいなアーチや列柱の柱廊も残っています。

  • 柱には、ぎっしりと文様が彫り込まれています。<br />白っぽいピンク、ローズ色、グレーなど、いろいろな石が組み合わされて<br />いる様子がわかります。

    柱には、ぎっしりと文様が彫り込まれています。
    白っぽいピンク、ローズ色、グレーなど、いろいろな石が組み合わされて
    いる様子がわかります。

  • コーランなのか、アラビア文字が彫り込まれています。<br />石の色もパステルや濃い茶色で、石だけでも見ごたえのあるモザイク柄

    コーランなのか、アラビア文字が彫り込まれています。
    石の色もパステルや濃い茶色で、石だけでも見ごたえのあるモザイク柄

  • 塔の足元の回廊。ひとつひとつ異なる装飾が施された列柱。<br />模様には統一感がないのに、材質が同じだから、全体として調和しています。

    塔の足元の回廊。ひとつひとつ異なる装飾が施された列柱。
    模様には統一感がないのに、材質が同じだから、全体として調和しています。

  • クトゥブ・ミナールは、イスラム寺院の尖塔ですが、当時、周辺のヒンドゥー教やジャイナ教の寺院の資材が使われていたようです。<br />タイの仏教寺院でよくみられるような装飾。<br />柱を支えるのは猿?邪鬼?

    クトゥブ・ミナールは、イスラム寺院の尖塔ですが、当時、周辺のヒンドゥー教やジャイナ教の寺院の資材が使われていたようです。
    タイの仏教寺院でよくみられるような装飾。
    柱を支えるのは猿?邪鬼?

  • ヒンドゥー寺院でよくみられるような装飾

    ヒンドゥー寺院でよくみられるような装飾

  • 列柱に埋め込まれた壺。これはなんだかギリシャっぽい装飾。<br />

    列柱に埋め込まれた壺。これはなんだかギリシャっぽい装飾。

  • コーランのアラビア語ではない、タミール語のような文字も書き込まれています。

    コーランのアラビア語ではない、タミール語のような文字も書き込まれています。

  • なんどか、落雷の被害にもあっているそうで、建物の一部が黒く焦げていました。

    なんどか、落雷の被害にもあっているそうで、建物の一部が黒く焦げていました。

  • Complexの中には、巨大な塚もあります。<br />これは、未完成のミナレットの基台なのだそうです。<br />もし、完成していたら現在のクトゥブミナールより大きな塔だったと考えられるそうです。<br />目立ちませんが、塔の足元に、小さく人が写っているのが確認できます。塔の基台がいかに大きいか実感できます。

    Complexの中には、巨大な塚もあります。
    これは、未完成のミナレットの基台なのだそうです。
    もし、完成していたら現在のクトゥブミナールより大きな塔だったと考えられるそうです。
    目立ちませんが、塔の足元に、小さく人が写っているのが確認できます。塔の基台がいかに大きいか実感できます。

  • クトゥブミナールでの観光を終え、ニューデリーの中心に戻ってきました。<br />インド門が見えてきました。

    クトゥブミナールでの観光を終え、ニューデリーの中心に戻ってきました。
    インド門が見えてきました。

  • 本日の宿泊はメリディアン・ニューデリー。<br />

    本日の宿泊はメリディアン・ニューデリー。

    ル メリディアン ニューデリー ホテル

    ニューデリーの中心、コンノート広場とインド門の中間 by redchilipadiさん
  • Club Floorの部屋を予約<br />空港や駅とホテル間の送迎がついたお得なパッケージを見つけました。

    Club Floorの部屋を予約
    空港や駅とホテル間の送迎がついたお得なパッケージを見つけました。

  • 部屋からの眺め。<br />さっき、スコールがあったので、緑がきれい。

    部屋からの眺め。
    さっき、スコールがあったので、緑がきれい。

  • ホテルで一休みした後、今度はオールドデリーへ。<br /><br />オールドデリーの中心にあるラール・キラー(レッドフォート)、これも世界遺産です。<br />この日は、ナショナルホリデー(独立記念日)の前日だったので、翌日の式典の準備が整えられ、敷地内に入ることができませんでした。<br />毎年、首相がここで演説をされるのだそうです。

    ホテルで一休みした後、今度はオールドデリーへ。

    オールドデリーの中心にあるラール・キラー(レッドフォート)、これも世界遺産です。
    この日は、ナショナルホリデー(独立記念日)の前日だったので、翌日の式典の準備が整えられ、敷地内に入ることができませんでした。
    毎年、首相がここで演説をされるのだそうです。

  • 「赤い城」と日本語で紹介されていますが、<br />城というよりまさに砦。アグラのレッドフォートを模して造られたのだそうです。<br />質実剛健といったイメージです。

    「赤い城」と日本語で紹介されていますが、
    城というよりまさに砦。アグラのレッドフォートを模して造られたのだそうです。
    質実剛健といったイメージです。

  • レッドフォートのおひざ元、Chandni Chowk 通りをリキシャでひと巡り。

    レッドフォートのおひざ元、Chandni Chowk 通りをリキシャでひと巡り。

  • ディガンバラ・ジャイン・ラール寺院(Shri Digambar Jain Lal Mandir)<br />トウモロコシのような屋根の建物は、ジャイナ教の寺院。<br /><br />ジャイナ教はアヒンサー(生きものを傷つけないこと)などの戒律があり、苦行、禁欲の教え。

    ディガンバラ・ジャイン・ラール寺院(Shri Digambar Jain Lal Mandir)
    トウモロコシのような屋根の建物は、ジャイナ教の寺院。

    ジャイナ教はアヒンサー(生きものを傷つけないこと)などの戒律があり、苦行、禁欲の教え。

  • Shahi Sunehri Masjid(モスク)<br />通りに面した門があり、大勢の人が出入りしています。

    Shahi Sunehri Masjid(モスク)
    通りに面した門があり、大勢の人が出入りしています。

  • グルドゥワラ・シス・ガンジ・サヒブ (Gurdwara Sis Ganj Sahib)<br />100年以上の歴史があるシク教寺院。<br /><br />シク教は、パンジャーブ地方から始まった宗教。ターバン着用の戒律があり、<br />カーストの差別と偶像崇拝を禁止しているのだそうです。<br />

    グルドゥワラ・シス・ガンジ・サヒブ (Gurdwara Sis Ganj Sahib)
    100年以上の歴史があるシク教寺院。

    シク教は、パンジャーブ地方から始まった宗教。ターバン着用の戒律があり、
    カーストの差別と偶像崇拝を禁止しているのだそうです。

  • 車道を横切ろうとしているおじさん2人。<br />腰に長いサーベルをさげています。<br />大道芸人ではありません。シク教の信者さんでしょうか、それとも導師さま?

    車道を横切ろうとしているおじさん2人。
    腰に長いサーベルをさげています。
    大道芸人ではありません。シク教の信者さんでしょうか、それとも導師さま?

  • 客待ちをするリキシャの運転手。<br />町のいたるところ、こんな風景。

    客待ちをするリキシャの運転手。
    町のいたるところ、こんな風景。

  • こぶ牛の運搬車もときどきみかけました。<br />牛は神聖な動物で、道端で寝そべっている、と聞いていたのですが、<br />お仕事する牛もいます。

    こぶ牛の運搬車もときどきみかけました。
    牛は神聖な動物で、道端で寝そべっている、と聞いていたのですが、
    お仕事する牛もいます。

  • さて、翌早朝、列車でデリーからアグラへ移動。<br />現地の旅行会社(日通旅行社)に切符の手配をお願いしました。<br /><br />早朝なのだけれど、駅構内はたくさんの人で賑わっていました。<br />改札前のセキュリティチェックも厳重。

    さて、翌早朝、列車でデリーからアグラへ移動。
    現地の旅行会社(日通旅行社)に切符の手配をお願いしました。

    早朝なのだけれど、駅構内はたくさんの人で賑わっていました。
    改札前のセキュリティチェックも厳重。

  • 駅構内はこんな感じ。<br /><br />駅舎は大きく、プラットフォームもたくさんあるのですが、<br />アグラ行きは、一番手前の線。列車はすでに入線。

    駅構内はこんな感じ。

    駅舎は大きく、プラットフォームもたくさんあるのですが、
    アグラ行きは、一番手前の線。列車はすでに入線。

  • 1等車。エアコン付き椅子の車輛<br />窓も大きく、電光掲示もあり、思ったより近代的。<br />定刻に出発。

    1等車。エアコン付き椅子の車輛
    窓も大きく、電光掲示もあり、思ったより近代的。
    定刻に出発。

  • 写真では、車内は簡素な感じに見えますが、なかなか立派な設備でした。<br />

    写真では、車内は簡素な感じに見えますが、なかなか立派な設備でした。

  • 出発してしばらくすると、ひとりひとりにバラの花束を届けてくれます。<br />ペットボトルの水もサービス。<br />

    出発してしばらくすると、ひとりひとりにバラの花束を届けてくれます。
    ペットボトルの水もサービス。

  • ほどなく、たっぷりと紅茶のポットサービス。<br />窓の外が明るくなってきました。

    ほどなく、たっぷりと紅茶のポットサービス。
    窓の外が明るくなってきました。

  • 半分ぐらい過ぎたあたりで、今度は朝食のサービス。<br />左側の白い紙包装のものは、イングリッシュブレッド。<br />右側のアルミホイルの包は、マイルドなカレーのクレープ包み。<br />温かくて美味しい。(見た目より、とっても美味しい。<br />たった2時間の乗車、朝食付きと知らなかったので、なおさら驚きました。)

    半分ぐらい過ぎたあたりで、今度は朝食のサービス。
    左側の白い紙包装のものは、イングリッシュブレッド。
    右側のアルミホイルの包は、マイルドなカレーのクレープ包み。
    温かくて美味しい。(見た目より、とっても美味しい。
    たった2時間の乗車、朝食付きと知らなかったので、なおさら驚きました。)

  • 最後にもう一度、クトゥブミナール。<br />温かみのある、美しい塔でした。インドのイメージが一変。

    最後にもう一度、クトゥブミナール。
    温かみのある、美しい塔でした。インドのイメージが一変。

    クトゥブ ミナールとその建築物群 史跡・遺跡

    南デリーの遺跡群。塔だけでなく建物群も見どころ一杯 by redchilipadiさん
5いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったホテル

この旅行で行ったスポット

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

インドで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
インド最安 489円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

インドの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集