メキシコシティ旅行記(ブログ) 一覧に戻る
皆様こんにちは!ウォータースポーツカンクン店長吉田です。今月は何かとシティ出張が続きます。コロナ騒動が収まりませんが、先日のカンクンの状況につづきまして、今回はシティの最前線のご案内をしようと思います。<br /><br />というわけで、行ってみよう。<br /><br />WHOがパンデミック宣言をやっと出した。アメリカではトランプが欧州を閉鎖した。中国と韓国に滞在歴のある観光客も締め出し、日本も対象になるかもしれないとニュースになっている。そんなアメリカでは感染拡大が止まらない。この時期にボクの子供の卒業旅行はフロリダのディズニーランドに今月末に行くことになっている。学校側に、本当に行くのか?大丈夫なのか?!と確認をしているが、今のところ変更はないようだ。<br /><br />自分も来月には一時帰国を控えているが、フライトの変更連絡等が既に入っている。しかも、乗り継ぎ時間を考慮していない変更だったり、当日空港で変更の案内になるかもしれないというとんでもない連絡が来たりしていて、てんやわんやの現場状況が良く分かる。今は帰国は見合わせるべきかどうか、慎重に考えているところだ。<br /><br />そんな状況だから、当然日本からのお客様もキャンセルが続く。シティ支店も既に半分キャンセルになっている。こういう時期だからキャンセル規定を厳密に適用するなんて野暮なことも出来ないので、フレキシブルに対応はさせて頂いているが、とにかく今回キャンセルになった方も次回へと望みをつないで頂きたい。今はこういう時期だから仕方がないと諦める事も大事。楽しい想い出が出来るからこその旅行で、無謀な蛮勇とは違うのだから。<br /><br />さて、そんな暇を持て余すボクだが、何もしないで引きこもっているわけにもいかないし、こういう時期でもお客様はゼロになっているわけではないので、スタッフ全員で楽しい想い出を安全に楽しんでいただけるように頑張っているのだけれど、今日はメキシコシティの方の状況を少しご報告しようかと思う。<br /><br />カンクンは相変わらず。ここは常夏でコロナウィルスには好ましくない環境という事もあり、感染者報告は今のところゼロ。ただ、観光客の数そのものは減っているのは間違いないので、例年この時期はハイシーズンであるにも関わらずちょっと静かなカンクンになっている。まー、それでも、スプリングブレイクのフレッシュマンが大暴れして、トゥルム遺跡でドローン飛ばすわ、立ち入り禁止区域に入って自撮りするわ、タバコを遺跡内で吹かすはやりたい放題でセキュリティともみあいになったりしているが。。。若気の至りというのは分かるが、遺跡や文化に対しては敬意をもって接してほしいと切に願う。暴れるのはナイトクラブだけにしてほしい。<br /><br />さて、静かなカンクンに対して巨大都市メキシコシティはどうかと言えば、もう相変わらずの大混雑。。。人ひとヒトで溢れかえっている。ボクは会員になってしまっている関係で(だって更に安くなるんだもん(笑))、究極のプロレタリアート航空たるVIVA AEROBUSをもっぱら利用するのだけど(驚くな、カンクン⇔シティ往復、最安値だと1100ペソ(6600円)だぜ(苦笑))、安い便は到着も遅かったりと不便が多い。<br /><br />そうそう、今回、髪を切りにシティに行くと利用する美容院KOKOさんの店に一年ぶり?!くらいに行ったのだけれど、ビバアエロバス航空で来たと言ったら、メキシコ人の友人がこの前ビバに乗る前に遺書書いたって言っていたよ!!と笑っていた。まー、メキシコ人にもそういう認識の航空会社ということだ(笑) 乗ると分かるけど、労働者階級しか乗っていない。しかも、観光客ではなく出稼ぎ労働者がほとんどという感じ。相変わらずコンピューターのチェックインではなく手動のチェックインだし、機内では、このフライトはカンクン行きです。お乗り間違えのないよう今一度チケットをご確認ください。。。なんて放送がある。乗り間違えるなんてあんのかよ(汗)<br /><br />ま、そんなこんなで22:00過ぎにシティに到着。弊社ドライバーのロベルトが相変わらずランニングシャツ姿で迎えに来る(あ、お客様のツアーの際にはちゃんと制服着てます)<br /><br />この時間なのにもう町中大渋滞だ。相変わらずのメキシコシティ。コロナの影響も何もあったもんじゃない。コロナ騒動どうなんだ?と聞くと、もちろん、知ってますよと。でも、メキシコまだ2例しか出てないし、シティはゼロですから、問題ないですよ。。。と呑気な答え。でも、アメリカじゃー感染急拡大してんだぜ? アメリカに不法移民も沢山送り込んでるメキシコ人が、不法じゃなくても、往来が激しい隣国同士で、しかも、医者なんかにアメリカ同様、ほとんどかからないメキシコ人にとっても、対岸の火事でもないだろうと言うのだが、メキシコは、アメリカと違って公立病院の医療費が安いし、いざとなったら皆医者にかかりますから、アメリカみたいなことはないと言う。そういえば、メキシコでは基本的には会社勤めなら健康保険がある。まー、そういう視点からすればアメリカよりはマシかもしれないし、そもそも医療費がメキシコは安いので、そこは救いがあるのかもしれない。<br /><br />緊張感をもってシティに出てみたボクだが、そんなロベルトと話をしていたら、いつの間にか、まーどうにかなるかという気持ちになっていく。気にしても仕方がない。かかったらかかった時。そんな事より、今この瞬間が大事だという、、、メキシコ人特有の刹那的な人生観がボクの心を支配していく。<br /><br />コロナなんか致死率低いし、そんな事より現実的に強盗にあったり、誘拐や車上荒らしにあったりする危険性が高いメキシコでは、コロナなど大した問題じゃないのかもしれない。。。今回もスタッフの一人が、公園に車を止めてジョギングして戻って来たら車の窓が割られてビザからPCから財布から全て盗られたと報告があったし、スタッフの友人の一人など、拳銃突き付けられてそのまま車ごと強奪されたなんて言っていた(苦笑)<br /><br />日本食屋のトリトリという店に強盗が入ったり、スタッフの旦那のメキシコ人が管轄しているコンビニでは毎日のようにどこかしらの店で強盗が入っているなんて言っていたりする。今回も、食事をしながら、ここのところ、強盗被害の方はどう?!と聞いて見たが(そういう質問を普通にしちゃうところがメキシコっぽいだろ(苦笑))、もう三週間、強盗ゼロなんだよ!!と言うから、お!!凄いね!!といったしな、、、携帯電話がなり、、、え?!強盗???、、、なんてオチになったりもした(苦笑)<br /><br />こういう事を書くとメキシコシティはどんだけ危ないんだ!と感じるかもしれないけど、慣れてしまえば、危険なエリアには近づかないようになるので、基本的には問題はない。そもそも、危ない時間帯に危ないと言われるエリアに不用心に近づいたりすることで巻き込まれることが多いのだから、その点注意をすれば、つまり、基本的な注意事項を守ればまず安全だ。<br /><br />観光客の方にはだからこそ、危ない地域やエリアについては十分注意をさせてもらっているし、だからこそ、シティでは現地ツアーを利用する利点もあることを強調しておく。<br /><br />そもそも、それ以上に魅力にあふれ、文化の深いメキシコにはやってくる価値があるのだという点を忘れないでほしい。<br /><br />さて、話が横にずれたけれど、コロナについては、メキシコでは存在感が薄い。。。上にも書いたが、そんな「感染するかもしれない」という確率論で言えば、コロナなど他の危険事項よりずっと下位にくるメキシコにおいては、そんなことより自己主張する方が大事と、先日の女性デーなどではデモが暴徒化して商店や教会を襲撃(もちろん、女性デーのデモなので、犯人は全員女性!!)したことの方がコロナ関連のニュースより大きく取り上げられる始末だ(苦笑)<br /><br />コロナ感染に注意をしなければいけないこの時期に、大群衆が集会を行いデモ行進で目抜き通りを占拠して練り歩く。感染防止も何もあったもんじゃない(苦笑)<br /><br />ま、そんな世界を見ていると、生きることに貪欲なメキシコ人の姿に逆に勇気をもらったりする。コロナでも重症化するのはストレスが溜まっている人が多いそうだし、病は気からともいう。楽観的に構えているメキシコ人にはコロナも感染しようがないのかもしれない(汗)<br /><br />モールなどにも出かけてみたが、相も変わらず大混雑で、マスクをしている人など皆無に等しい。カンクンの方がまだマスクをしている人を見かけるくらいだ。人口がカンクンの20倍もあるメキシコシティでマスク姿が見えないのはこれが意味する事を考えると空恐ろしくなったりもする。<br /><br />空港でも、職員がマスクをしている姿は皆無。一応、政府は日本/中国/韓国からの旅行客には入国時の検査を強化する由通達があったと先のブログでも書いたが、今のところ、何か混乱があったり、隔離されたりという話は伝わっていない。空港に降り立ってみても、そういう危機感はまるっきりなかったと書いておく。なので、メキシコに来る予定の方、検査で引っかかったら隔離等心配だとご連絡を頂いたりしているけれど、基本的にメキシコは今のところ問題ないと書いておく。<br /><br />逆に、アメリカ経由でいらっしゃる方は、アメリカでのトランジットの際に引っかかる事があるかもしれないので、十分注意してください。<br /><br />さて、恒例の明るい話をしておこうかな(笑)<br /><br />今回の出張では、ベタなシウダデーラ市場に出掛けて来た。シウダデーラ市場と言えば、ガイドブックでは出てこない事はない、定番中の定番で、今更こんなところに出掛けて何を新しい情報を提供できるのか?!と思われるかもしれないのだけれど、まー、その通りで(苦笑)<br /><br />ただ、最近人気のメルカドバックや、後は本当は写真撮影はダメ!!って書いてあることが多いのだけど、モノを買えば写真OKになるので、小さなものでも購入すると、ザ・メキシコというようなフォトジェニックなインスタ映えする写真が沢山撮れるという事があるかなと思うので、今日は撮った写真をメインに紹介しておこうかと思う。<br /><br />それにしても、シウダデーラ市場はとりあえず弊社のツアーでもご希望があればご案内をしているけれど、広くて迷う(笑) もちろん、日本のお客様が希望される商品については、大体どこにあるかの店の位置などは把握しているので、弊社のツアーなら効率よく見て回ることが可能だけれど、この迷宮のようなところにも面白さがあって、さっきのあの店に戻ろうと思っても簡単にはいかず、ぐるぐる迷っている内にこれでいーやと、適当になってしまうのもメキシコ流だ(笑)<br /><br />とにかく、メキシコ全土にまたがるお土産がそろっている。まー、当然ながら観光客価格だけれど、それでも、ここだけの話、カンクンよりかは断然安い(笑)<br /><br />なので、メキシコのお土産を買うなら、シティで済ませるのが賢い選択。しかも、各地の特産品を一気に見ることが出来るのはやはり魅力で、かつ、カンクンのお土産屋のようにがっつり、つきまとって何か買わせようと手ぐすね引いて待っているということもなく、自由に放置プレイで物色が出来るのもいい。<br /><br />弊社でも最近はずーーーと何年も在庫切れしているサボテンのテキーラショットグラスも一個65ペソ(390円)で買える。カンクンだと普通に800円から1000円とかする(苦笑)<br /><br />人気のオトミ刺繍は流石に高額だけれど、日本で買う事を考えたら半額以下だし、人気のメルカド<br />バックなんかは、デザインも良いものが350ペソ(2100円)程度で買える。カンクンだと倍以上している上、セレクションも少ない。<br /><br />店長吉田はルチャリブレファンなので、プロレスショップがあるのもうれしい(笑) 今回は、サンソンとカリスティコのピンズを買って早速帽子につけた。一個35ペソ(210円)。ルチャの試合なら、会場周辺だと20ペソで買えたりするけど、試合がない日は買えないので、そういう意味ではまー、許容範囲内。本当はエプロンが欲しかったんだけど350ペソと言われて止めにした(苦笑) もう少し気に入ったデザインだったら買ったんだけどなぁ。。。料理好きのボクはエプロンコレクションも豊富だったりするのだ(笑)<br /><br />また、ルチャリブレファンなら、欲しくなるようなTシャツ、エコバック、応援マスクや、本物の試合用マスクのサイン入りまでそろっていて、ファンだと財布のひもがゆるゆるになるので注意されたい(笑) 試合会場周辺で売っているパチモンとは違うもう少し作りの良い品なのもウレシイ(笑)<br /><br />結局、市場調査とブログのネタ探しのつもりで出かけたシウダデーラ市場でかなりの時間を費やしてしまったボクなのでした。<br /><br />その後はタコスを食べに行ったわけだけれど、やっぱりメキシコシティで食べるタコスはレベルが違って、正直カンクンのタコスと比べたらかわいそうなのだれど、話にならないレベルだと改めて感じたりもした。やはり文化や歴史が深い土地というのは違うので、カンクンはビーチリゾートとしては最高の場所だけれど、もう一歩、メキシコという国の事を知りたいな。。。と思ったら、メキシコシティは、断然おススメな街であること、、、強調しておきたい。<br /><br />他のメキシコの地方都市もいいけれど、カンクンを入口にメキシコに興味を持った方には、次はシティ、そこから各メキシコ地方都市へと深入りしてきていただくと、より効率よく、このメキシコという国を理解出来るのではないかなと思います。<br /><br />そして、メキシコシティに来たら、是非一緒にルチャリブレで盛り上がり、文化と歴史の違いを語り合いましょう! そう最近では情報化のインフラのおかげで国境がなくなり、先進国の文化などは自国にいながら体験できるようになっているけれど、まだまだメキシコのような第三国は、来ないと分からない、来るからこそ分かる、肌で感じる大きな違いというものが存在しているので、その部分を是非感じ取っていただきたいと思います。<br /><br />テキーラ一つとっても、メキシコの空気で呑むテキーラの味は違うってこと、、、日本にいたら分からないでしょう? そんなの一緒だろ?!と思った方、是非体験して頂きたいと思いますよ(^^)<br /><br />そういう体験をすることが、旅の醍醐味でもあるのですから。<br /><br />皆様の素敵な一日を願って!<br /><br />店長吉田でした!<br /><br />PS.写真整理できてないので、少しずつアップ増やします<br /><br /><br /><br /><br />

【メキシコシティ発】シティのコロナウィルスの現状とお土産市場紹介 Byウォータースポーツカンクン吉田

18いいね!

2020/03/11 - 2020/03/11

169位(同エリア850件中)

7

12

watersportscancun

watersportscancunさん

皆様こんにちは!ウォータースポーツカンクン店長吉田です。今月は何かとシティ出張が続きます。コロナ騒動が収まりませんが、先日のカンクンの状況につづきまして、今回はシティの最前線のご案内をしようと思います。

というわけで、行ってみよう。

WHOがパンデミック宣言をやっと出した。アメリカではトランプが欧州を閉鎖した。中国と韓国に滞在歴のある観光客も締め出し、日本も対象になるかもしれないとニュースになっている。そんなアメリカでは感染拡大が止まらない。この時期にボクの子供の卒業旅行はフロリダのディズニーランドに今月末に行くことになっている。学校側に、本当に行くのか?大丈夫なのか?!と確認をしているが、今のところ変更はないようだ。

自分も来月には一時帰国を控えているが、フライトの変更連絡等が既に入っている。しかも、乗り継ぎ時間を考慮していない変更だったり、当日空港で変更の案内になるかもしれないというとんでもない連絡が来たりしていて、てんやわんやの現場状況が良く分かる。今は帰国は見合わせるべきかどうか、慎重に考えているところだ。

そんな状況だから、当然日本からのお客様もキャンセルが続く。シティ支店も既に半分キャンセルになっている。こういう時期だからキャンセル規定を厳密に適用するなんて野暮なことも出来ないので、フレキシブルに対応はさせて頂いているが、とにかく今回キャンセルになった方も次回へと望みをつないで頂きたい。今はこういう時期だから仕方がないと諦める事も大事。楽しい想い出が出来るからこその旅行で、無謀な蛮勇とは違うのだから。

さて、そんな暇を持て余すボクだが、何もしないで引きこもっているわけにもいかないし、こういう時期でもお客様はゼロになっているわけではないので、スタッフ全員で楽しい想い出を安全に楽しんでいただけるように頑張っているのだけれど、今日はメキシコシティの方の状況を少しご報告しようかと思う。

カンクンは相変わらず。ここは常夏でコロナウィルスには好ましくない環境という事もあり、感染者報告は今のところゼロ。ただ、観光客の数そのものは減っているのは間違いないので、例年この時期はハイシーズンであるにも関わらずちょっと静かなカンクンになっている。まー、それでも、スプリングブレイクのフレッシュマンが大暴れして、トゥルム遺跡でドローン飛ばすわ、立ち入り禁止区域に入って自撮りするわ、タバコを遺跡内で吹かすはやりたい放題でセキュリティともみあいになったりしているが。。。若気の至りというのは分かるが、遺跡や文化に対しては敬意をもって接してほしいと切に願う。暴れるのはナイトクラブだけにしてほしい。

さて、静かなカンクンに対して巨大都市メキシコシティはどうかと言えば、もう相変わらずの大混雑。。。人ひとヒトで溢れかえっている。ボクは会員になってしまっている関係で(だって更に安くなるんだもん(笑))、究極のプロレタリアート航空たるVIVA AEROBUSをもっぱら利用するのだけど(驚くな、カンクン⇔シティ往復、最安値だと1100ペソ(6600円)だぜ(苦笑))、安い便は到着も遅かったりと不便が多い。

そうそう、今回、髪を切りにシティに行くと利用する美容院KOKOさんの店に一年ぶり?!くらいに行ったのだけれど、ビバアエロバス航空で来たと言ったら、メキシコ人の友人がこの前ビバに乗る前に遺書書いたって言っていたよ!!と笑っていた。まー、メキシコ人にもそういう認識の航空会社ということだ(笑) 乗ると分かるけど、労働者階級しか乗っていない。しかも、観光客ではなく出稼ぎ労働者がほとんどという感じ。相変わらずコンピューターのチェックインではなく手動のチェックインだし、機内では、このフライトはカンクン行きです。お乗り間違えのないよう今一度チケットをご確認ください。。。なんて放送がある。乗り間違えるなんてあんのかよ(汗)

ま、そんなこんなで22:00過ぎにシティに到着。弊社ドライバーのロベルトが相変わらずランニングシャツ姿で迎えに来る(あ、お客様のツアーの際にはちゃんと制服着てます)

この時間なのにもう町中大渋滞だ。相変わらずのメキシコシティ。コロナの影響も何もあったもんじゃない。コロナ騒動どうなんだ?と聞くと、もちろん、知ってますよと。でも、メキシコまだ2例しか出てないし、シティはゼロですから、問題ないですよ。。。と呑気な答え。でも、アメリカじゃー感染急拡大してんだぜ? アメリカに不法移民も沢山送り込んでるメキシコ人が、不法じゃなくても、往来が激しい隣国同士で、しかも、医者なんかにアメリカ同様、ほとんどかからないメキシコ人にとっても、対岸の火事でもないだろうと言うのだが、メキシコは、アメリカと違って公立病院の医療費が安いし、いざとなったら皆医者にかかりますから、アメリカみたいなことはないと言う。そういえば、メキシコでは基本的には会社勤めなら健康保険がある。まー、そういう視点からすればアメリカよりはマシかもしれないし、そもそも医療費がメキシコは安いので、そこは救いがあるのかもしれない。

緊張感をもってシティに出てみたボクだが、そんなロベルトと話をしていたら、いつの間にか、まーどうにかなるかという気持ちになっていく。気にしても仕方がない。かかったらかかった時。そんな事より、今この瞬間が大事だという、、、メキシコ人特有の刹那的な人生観がボクの心を支配していく。

コロナなんか致死率低いし、そんな事より現実的に強盗にあったり、誘拐や車上荒らしにあったりする危険性が高いメキシコでは、コロナなど大した問題じゃないのかもしれない。。。今回もスタッフの一人が、公園に車を止めてジョギングして戻って来たら車の窓が割られてビザからPCから財布から全て盗られたと報告があったし、スタッフの友人の一人など、拳銃突き付けられてそのまま車ごと強奪されたなんて言っていた(苦笑)

日本食屋のトリトリという店に強盗が入ったり、スタッフの旦那のメキシコ人が管轄しているコンビニでは毎日のようにどこかしらの店で強盗が入っているなんて言っていたりする。今回も、食事をしながら、ここのところ、強盗被害の方はどう?!と聞いて見たが(そういう質問を普通にしちゃうところがメキシコっぽいだろ(苦笑))、もう三週間、強盗ゼロなんだよ!!と言うから、お!!凄いね!!といったしな、、、携帯電話がなり、、、え?!強盗???、、、なんてオチになったりもした(苦笑)

こういう事を書くとメキシコシティはどんだけ危ないんだ!と感じるかもしれないけど、慣れてしまえば、危険なエリアには近づかないようになるので、基本的には問題はない。そもそも、危ない時間帯に危ないと言われるエリアに不用心に近づいたりすることで巻き込まれることが多いのだから、その点注意をすれば、つまり、基本的な注意事項を守ればまず安全だ。

観光客の方にはだからこそ、危ない地域やエリアについては十分注意をさせてもらっているし、だからこそ、シティでは現地ツアーを利用する利点もあることを強調しておく。

そもそも、それ以上に魅力にあふれ、文化の深いメキシコにはやってくる価値があるのだという点を忘れないでほしい。

さて、話が横にずれたけれど、コロナについては、メキシコでは存在感が薄い。。。上にも書いたが、そんな「感染するかもしれない」という確率論で言えば、コロナなど他の危険事項よりずっと下位にくるメキシコにおいては、そんなことより自己主張する方が大事と、先日の女性デーなどではデモが暴徒化して商店や教会を襲撃(もちろん、女性デーのデモなので、犯人は全員女性!!)したことの方がコロナ関連のニュースより大きく取り上げられる始末だ(苦笑)

コロナ感染に注意をしなければいけないこの時期に、大群衆が集会を行いデモ行進で目抜き通りを占拠して練り歩く。感染防止も何もあったもんじゃない(苦笑)

ま、そんな世界を見ていると、生きることに貪欲なメキシコ人の姿に逆に勇気をもらったりする。コロナでも重症化するのはストレスが溜まっている人が多いそうだし、病は気からともいう。楽観的に構えているメキシコ人にはコロナも感染しようがないのかもしれない(汗)

モールなどにも出かけてみたが、相も変わらず大混雑で、マスクをしている人など皆無に等しい。カンクンの方がまだマスクをしている人を見かけるくらいだ。人口がカンクンの20倍もあるメキシコシティでマスク姿が見えないのはこれが意味する事を考えると空恐ろしくなったりもする。

空港でも、職員がマスクをしている姿は皆無。一応、政府は日本/中国/韓国からの旅行客には入国時の検査を強化する由通達があったと先のブログでも書いたが、今のところ、何か混乱があったり、隔離されたりという話は伝わっていない。空港に降り立ってみても、そういう危機感はまるっきりなかったと書いておく。なので、メキシコに来る予定の方、検査で引っかかったら隔離等心配だとご連絡を頂いたりしているけれど、基本的にメキシコは今のところ問題ないと書いておく。

逆に、アメリカ経由でいらっしゃる方は、アメリカでのトランジットの際に引っかかる事があるかもしれないので、十分注意してください。

さて、恒例の明るい話をしておこうかな(笑)

今回の出張では、ベタなシウダデーラ市場に出掛けて来た。シウダデーラ市場と言えば、ガイドブックでは出てこない事はない、定番中の定番で、今更こんなところに出掛けて何を新しい情報を提供できるのか?!と思われるかもしれないのだけれど、まー、その通りで(苦笑)

ただ、最近人気のメルカドバックや、後は本当は写真撮影はダメ!!って書いてあることが多いのだけど、モノを買えば写真OKになるので、小さなものでも購入すると、ザ・メキシコというようなフォトジェニックなインスタ映えする写真が沢山撮れるという事があるかなと思うので、今日は撮った写真をメインに紹介しておこうかと思う。

それにしても、シウダデーラ市場はとりあえず弊社のツアーでもご希望があればご案内をしているけれど、広くて迷う(笑) もちろん、日本のお客様が希望される商品については、大体どこにあるかの店の位置などは把握しているので、弊社のツアーなら効率よく見て回ることが可能だけれど、この迷宮のようなところにも面白さがあって、さっきのあの店に戻ろうと思っても簡単にはいかず、ぐるぐる迷っている内にこれでいーやと、適当になってしまうのもメキシコ流だ(笑)

とにかく、メキシコ全土にまたがるお土産がそろっている。まー、当然ながら観光客価格だけれど、それでも、ここだけの話、カンクンよりかは断然安い(笑)

なので、メキシコのお土産を買うなら、シティで済ませるのが賢い選択。しかも、各地の特産品を一気に見ることが出来るのはやはり魅力で、かつ、カンクンのお土産屋のようにがっつり、つきまとって何か買わせようと手ぐすね引いて待っているということもなく、自由に放置プレイで物色が出来るのもいい。

弊社でも最近はずーーーと何年も在庫切れしているサボテンのテキーラショットグラスも一個65ペソ(390円)で買える。カンクンだと普通に800円から1000円とかする(苦笑)

人気のオトミ刺繍は流石に高額だけれど、日本で買う事を考えたら半額以下だし、人気のメルカド
バックなんかは、デザインも良いものが350ペソ(2100円)程度で買える。カンクンだと倍以上している上、セレクションも少ない。

店長吉田はルチャリブレファンなので、プロレスショップがあるのもうれしい(笑) 今回は、サンソンとカリスティコのピンズを買って早速帽子につけた。一個35ペソ(210円)。ルチャの試合なら、会場周辺だと20ペソで買えたりするけど、試合がない日は買えないので、そういう意味ではまー、許容範囲内。本当はエプロンが欲しかったんだけど350ペソと言われて止めにした(苦笑) もう少し気に入ったデザインだったら買ったんだけどなぁ。。。料理好きのボクはエプロンコレクションも豊富だったりするのだ(笑)

また、ルチャリブレファンなら、欲しくなるようなTシャツ、エコバック、応援マスクや、本物の試合用マスクのサイン入りまでそろっていて、ファンだと財布のひもがゆるゆるになるので注意されたい(笑) 試合会場周辺で売っているパチモンとは違うもう少し作りの良い品なのもウレシイ(笑)

結局、市場調査とブログのネタ探しのつもりで出かけたシウダデーラ市場でかなりの時間を費やしてしまったボクなのでした。

その後はタコスを食べに行ったわけだけれど、やっぱりメキシコシティで食べるタコスはレベルが違って、正直カンクンのタコスと比べたらかわいそうなのだれど、話にならないレベルだと改めて感じたりもした。やはり文化や歴史が深い土地というのは違うので、カンクンはビーチリゾートとしては最高の場所だけれど、もう一歩、メキシコという国の事を知りたいな。。。と思ったら、メキシコシティは、断然おススメな街であること、、、強調しておきたい。

他のメキシコの地方都市もいいけれど、カンクンを入口にメキシコに興味を持った方には、次はシティ、そこから各メキシコ地方都市へと深入りしてきていただくと、より効率よく、このメキシコという国を理解出来るのではないかなと思います。

そして、メキシコシティに来たら、是非一緒にルチャリブレで盛り上がり、文化と歴史の違いを語り合いましょう! そう最近では情報化のインフラのおかげで国境がなくなり、先進国の文化などは自国にいながら体験できるようになっているけれど、まだまだメキシコのような第三国は、来ないと分からない、来るからこそ分かる、肌で感じる大きな違いというものが存在しているので、その部分を是非感じ取っていただきたいと思います。

テキーラ一つとっても、メキシコの空気で呑むテキーラの味は違うってこと、、、日本にいたら分からないでしょう? そんなの一緒だろ?!と思った方、是非体験して頂きたいと思いますよ(^^)

そういう体験をすることが、旅の醍醐味でもあるのですから。

皆様の素敵な一日を願って!

店長吉田でした!

PS.写真整理できてないので、少しずつアップ増やします




PR

  • シウダデーラ市場ではいろいろなものがそろいます。しかも、カンクンより断然安いのも◎。<br /><br />こちらは南部チョンタル族の民芸品ソト人形。麻で出来た店長大好きな素朴なぬいぐるみです。

    シウダデーラ市場ではいろいろなものがそろいます。しかも、カンクンより断然安いのも◎。

    こちらは南部チョンタル族の民芸品ソト人形。麻で出来た店長大好きな素朴なぬいぐるみです。

  • カラフルなメキシコ調のバッグチャームはお土産に人気ですね。

    カラフルなメキシコ調のバッグチャームはお土産に人気ですね。

  • 最近人気のメルカドバック。本当のメルカドバックはもっと素朴で作りが雑ですが、こういうファッショナブルにデザインされたメルカドバックが今、大変人気です。<br />

    最近人気のメルカドバック。本当のメルカドバックはもっと素朴で作りが雑ですが、こういうファッショナブルにデザインされたメルカドバックが今、大変人気です。

  • 種類も豊富でデザインも様々。330ペソ(1980円)からと破格なのも人気の秘密。当然、カンクンなどでは倍以上の値段になって、セレクションも少ないです。

    種類も豊富でデザインも様々。330ペソ(1980円)からと破格なのも人気の秘密。当然、カンクンなどでは倍以上の値段になって、セレクションも少ないです。

  • こんなガイコツ柄のバックも、メキシコならでは(笑)

    こんなガイコツ柄のバックも、メキシコならでは(笑)

  • 子供用の洋服も日本にはないデザインが多いですね。写真にするとインスタ映えがします。

    子供用の洋服も日本にはないデザインが多いですね。写真にするとインスタ映えがします。

  • 民芸品のお店もド派手なカラーに染まっています。

    民芸品のお店もド派手なカラーに染まっています。

  • ルチャリブレショップには魅力あふれる品物が一杯。。。店長どれにしようか迷った挙句、ピンズを購入しましたヨ。本当<br />エプロンが欲しかったのですが、次回のお楽しみにしました。

    ルチャリブレショップには魅力あふれる品物が一杯。。。店長どれにしようか迷った挙句、ピンズを購入しましたヨ。本当
    エプロンが欲しかったのですが、次回のお楽しみにしました。

  • シウダデーラ市場は、ガイドブックで必ず紹介されているお土産市場です。ソカロにも近く立ち寄りやすいので、一度行ってみるのも面白いと思います。買い物の後は、是非本物のタコスをご賞味あれ。ソカロ周辺にはたくさんのお店がありますよ!<br /><br />あ、、、でも、コロナビールがやっているお店はぼったくりだわ美味しくないわなので、注意です。コロナショップはビールだけにしておきましよう(笑)

    シウダデーラ市場は、ガイドブックで必ず紹介されているお土産市場です。ソカロにも近く立ち寄りやすいので、一度行ってみるのも面白いと思います。買い物の後は、是非本物のタコスをご賞味あれ。ソカロ周辺にはたくさんのお店がありますよ!

    あ、、、でも、コロナビールがやっているお店はぼったくりだわ美味しくないわなので、注意です。コロナショップはビールだけにしておきましよう(笑)

  • メキシコの操り人形って、独特の雰囲気があるので、映画でもよく小物して登場します。インテリアのアクセントにもなる味のあるお土産です。

    メキシコの操り人形って、独特の雰囲気があるので、映画でもよく小物して登場します。インテリアのアクセントにもなる味のあるお土産です。

  • シウダデーラ市場の中にはレストランなども完備しているので、こうしてトリオなんかが酔客目当てに繰り出して演奏をしているのですが、市場内でも歩きざまリクエストを出して即興で音楽を披露し、大合唱大会になったりもします。<br /><br />そう、トリオやデュオは決してレストラン内だけの限定ではないのもメキシコならでは(^^)

    シウダデーラ市場の中にはレストランなども完備しているので、こうしてトリオなんかが酔客目当てに繰り出して演奏をしているのですが、市場内でも歩きざまリクエストを出して即興で音楽を披露し、大合唱大会になったりもします。

    そう、トリオやデュオは決してレストラン内だけの限定ではないのもメキシコならでは(^^)

  • オマケ<br /><br />メキシコシティには数えきれないほどのタコス屋があります。こうして具材をガラスケースに並べながら、好きな部位をタコスにもってくれるスタイルも多く、好みを指定しながら注文します。<br /><br />このお店は、NUEVA ERA TACOSという、、、直訳すると「新時代のタコス」と銘打った看板が上がっていたのだれど、看板にかなりの味がついていて、店の親父が、これまた時代を感じるお爺さんだったので、ついつい誘われて入ってしまったお店です(苦笑)<br /><br />新時代も時代と共に移り変わり、その歴史がそのまま軌跡として新たな時代の礎になっていく。。。歴史のある町の中にふと見つける昔の新時代、、、お爺さんの時代の新時代タコスも、今では歴史のある時代にうまく溶け込んだタコスに変化しています。。。

    オマケ

    メキシコシティには数えきれないほどのタコス屋があります。こうして具材をガラスケースに並べながら、好きな部位をタコスにもってくれるスタイルも多く、好みを指定しながら注文します。

    このお店は、NUEVA ERA TACOSという、、、直訳すると「新時代のタコス」と銘打った看板が上がっていたのだれど、看板にかなりの味がついていて、店の親父が、これまた時代を感じるお爺さんだったので、ついつい誘われて入ってしまったお店です(苦笑)

    新時代も時代と共に移り変わり、その歴史がそのまま軌跡として新たな時代の礎になっていく。。。歴史のある町の中にふと見つける昔の新時代、、、お爺さんの時代の新時代タコスも、今では歴史のある時代にうまく溶け込んだタコスに変化しています。。。

18いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (7)

開く

閉じる

  • tekeさん 2020/03/18 09:31:23
    参考になりました!
    4月の予定をお盆休みに変更しようか思案中です。
    今ならまだお盆の飛行機に空席が・・・
    とりあえず1週間ほど様子見です。
    カンクン現地の状況配信とても助かります。アメリカでのトランジットを私は心配しています。通常であれば3時間近くある時間であれば余裕なんでしょうけれど・・・

    watersportscancun

    watersportscancunさん からの返信 2020/03/18 10:35:32
    Re: 参考になりました!
    teke様

    コメント誠にありがとうございます。現状、メキシコは、予想通りというかほとんど対策を取っていなかったこともあり、一気に感染数が拡大中です(涙) ブログにも書いていますが、コロナに注意しなければいけないのに、群衆が集まってのデモ行進など平気で行われていますし、イベントもサッカーの親善試合がキャンセルになった以外は全て予定通り執り行われてきました。

    まー、結果的には予想通りという事になりますが、マスクの値段が5倍に跳ね上がり、町中からはマスクが消え去り、シティから脱出する市民が日々増加中という話が連日ニュースになっています。

    この騒動は一カ月やそこいらでは収まりそうもありません。ですので、もし可能であれば、感染が拡大しているこの時期ではなく、もう少し先に旅程を延ばされた方が安心かな?!とは思います。

    特に、無料で変更が出来るのであれば、お盆の時期に変更は店長吉田賛成です。

    一応、メキシコ政府は学校閉鎖を3月20日から4月20日まで決定しております。公共の施設も閉鎖をし、市民に自宅待機を呼び掛けておりますので、これで少しは封じ込めが出来るかどうか、、、様子を見るほかありません。

    アメリカサイドの対応が日々厳しくなってきております。トランジットが出来なかったお客様よりのキャンセルも入って来ておりますので、もし、旅行を強行される場合は、十分ゆとりをもって乗り継ぎの時間を取った方が良いと思います。

    通常は3時間あれば十分ですが、現状を見る限りは3時間はギリギリの線だと思います。ただ、弊社のお客様の多くは、3時間のトランジットで問題なくいらしてはくださっていますので、基本3時間あるのなら大丈夫だとは思います。

    一応、いらつしゃると分かりますが、メキシコシティについては、コロナ何?!という雰囲気満載です。。。ニュースではパニックになっているように見えますが、実際に訪れると危機感は全く感じられないと思います(汗) お店も閉まっているところはほとんどありませんし、タコス屋の親父もコロナのことなど何一つ気にかけている様子はありません。

    まー、これが蔓延を助長しているのかもしれませんが、いらっしゃる場合は、どうか対策をしっかりと整えた上でいらしてくださいませ。

    店長吉田でした!



    teke

    tekeさん からの返信 2020/03/18 10:45:50
    Re: 参考になりました!
    カンクンとデルカルメンへ行きますが、夏に変更した方が良さそうですかね?
    藤野さんにも相談にのってもらっていて助かっています。

    watersportscancun

    watersportscancunさん からの返信 2020/03/18 11:12:12
    Re: 参考になりました!
    tekeさん

    カンクンにいらっしゃるんですね。カンクンは一応、3/20~4/20まで学校が閉鎖されます。市民にも14日間の不要不急の外出は控えるようにお達しが出ています。とりあえず、様子見ですが、現状コロナはメキシコ国内で拡大していますので、夏に変更が出来るのであれば、先に延ばした方が良いかとは思います。少なくとも、夏場はコロナにはカンクンの環境は全く適さないので、そのころにはカンクンの方は落ち着くとは思います(願望ですが)

    因みに、本日、明日以降再びピンクレイクのあるリオラガルトスは観光客受け入れが閉鎖と連絡が来ました。ピンクレイクのツアーは全面明日以降再び停止となります。。。今回は無期限停止との事なので、落ち着くまではツアーも中止になりそうです。今から2週間が勝負かなと思います。

    teke

    tekeさん からの返信 2020/03/18 11:16:19
    Re: 参考になりました!
    ピンクレイクとドスオホス、パジャドリ、エクバラムへのツアーを吉田さんのところへお願いしたいと思っているのですが…夏の方が良さそうですかね?ゴールデンウィークの方が日程的には会社が休みやすいのですが⤵︎
  • TakeC さん 2020/03/13 05:56:32
    11月に
    カンクンに行く予定です!
    そのころにはコロナの話題が無くなっていればいいんですが、、、

    watersportscancun

    watersportscancunさん からの返信 2020/03/13 12:51:28
    Re: 11月に
    takeC様

    コメントありがとうございます。おっしゃる通り早く終息してくれることを祈るばかりです。11月とまだもう少し先ですから、その前にコロナには厳しい真夏がありますし、流石に勢力は弱まる事とは思います。そう信じて祈るしか今はありませんよね。。。

    我々にとっても、厳しい時期が続きますが、TakeC様がいらっしゃるまでに更に素敵な魅力あるカンクンをご案内出来るように、準備を怠らないよう、今は鍛える勉強する時ととらえて精進したいと思いますので、是非のご縁を心よりお待ち申し上げておりますね。

    またブログ書きますので、どうぞよろしくお願いいたします。

    店長吉田拝

watersportscancunさんのトラベラーページ

旅の計画・記録

「旅の計画」作成でもれなく300ポイント!

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

メキシコで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
メキシコ最安 630円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

メキシコの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集